ニートへの就労支援機関とは?サービス内容や仕事選びのコツも解説

ニートへの就労支援機関とは?サービス内容や仕事選びのコツも解説の画像

この記事のまとめ

  • ニートが利用できる就労支援機関は、サポステやジョブカフェなどさまざまな種類がある
  • 「ニート」とは15~34歳までの就労、就職活動していない人のことを指す
  • 就業での挫折感や教育段階でのつまずきでニートになることがある
  • 就職支援機関がニートに推奨するポイントは、成功体験を積むための目標を立てること
  • ニートでも適切な就労支援を受けて早めに行動を始めれば、就職の成功につながる

「ニートの就職を支援してくれるサービスなんてあるの?」と不安に思う方もいるのではないでしょうか。ニートが仕事を探す際には、ハローワークやジョブカフェといった就労支援サービスの利用がおすすめです。このコラムでは、ニートから脱却したくても、一人で就職を目指すのは難しいと悩む方に対し、ニートの就労支援サービスの種類やサービス内容、仕事探しのポイントなどを解説します。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

ニートが利用できる就労支援サービス7選

ニートが利用できる就労支援サービス7選の画像

ニートの就労を支援している機関とサービス内容について具体的に紹介します。ニートの経歴は選考で不利になりやすいため、就職活動をするには就労支援サービスを活用するのがおすすめです。就職活動したいけれどどうしたら良いか分からない方は、下記を参考にして自分に合った就労支援サービスを見つけてみてください。

1.ハローワーク

就労支援サービスの一つであるハローワークの正式名称は「公共職業安定所」です。離職時に行う雇用保険や失業保険の手続きなどを行う公共の機関で、就職に関する多様なサービスも提供しています。ハローワークで受けられる就労支援は、求人紹介のほかに、求職活動の方法や履歴書の書き方などです。また、就職に向けたスキルが身につけられる職業訓練も受けられるので、ニートから初めて就活をする方におすすめです。
初めてハローワークを利用する方は、「ハローワークが初めてのニートでも仕事を探せる!利用方法や支援内容を解説」のコラムもぜひ併せてチェックしてみてください。

参照元
厚生労働省
ハローワークインターネットサービス

2.地域若者サポートステーション

通称は「サポステ」。就活に踏み出せずにいるニートの若者に対し、専門スタッフが相談を受け付け、ビジネスマナー講座や就業体験で総合的な就労支援をしています。
厚生労働省の委託機関であることから、公的な支援機関と連携した取り組みをしていることが特徴です。就職後も職場に定着するまでサポートをしてくれるため、正社員が初めてというニートの方にも向いています。

参照元
厚生労働省
サポステ

3.ジョブカフェ

就業相談やセミナーのほかに求人情報の提供や職業紹介をしており、サポステよりもさらに実践的な支援を受けられます。
各都道府県が主体となっていて、地域によって団体の名称や支援対象年齢等はさまざま。東京都の場合、「東京しごとセンター」という名称で、全年齢を対象にニートの就労支援を行っている機関です。

参照元
経済産業省
各地のジョブカフェ

4.子ども・若者総合相談センター

子ども・若者総合相談センターは、社会生活を円滑に営む上で困難がある子どもや若者を支援するためのネットワークづくりに基づいた内閣府による機関です。ニートとその家族に対して、専門の相談員が無料で面接相談を受け付けています。
就職に関する悩みの場合は、NPO法人などの民間支援団体や各公的支機関と連携を図って、支援をしていくことも可能。利用対象者は地域の相談センターによって異なるため、詳しくは各地域の子ども・若者総合相談センターのサイトを参考にしてみると良いでしょう。

参照元
内閣府
困難を有する子供・若者を支援する様々なネットワーク

5.生活困窮者自立相談センター

生活困窮者自立センターは、働きたくても働けない人や住む場所に困っている人など、生活が困窮している方の自立をサポートする機関です。
自立に向けて歩みを進められるよう、個別面談の実施や地域のイベントや講習会への参加、体験就労など継続的な支援を受けられます。ニートが感じる不安の解消法については「ニートはどんなときに不安を感じる?将来や就職で悩んだときの対処法」のコラムで紹介していますので、こちらも併せてご覧ください。

参照元
厚生労働省
自立相談支援機関 相談窓口一覧

6.ひきこもり地域支援センター

ひきこもり地域支援センターは、厚生労働省がひきこもり専用の相談窓口として設置した事業機関です。相談内容に応じて、ひきこもり対策に特化している社会福祉士や精神保健福祉士、臨床心理士が対応していきます。
就労関係は、ハローワークやサポステ、NPO法人などの民間支援団体と連携して支援していくのが特徴です。「独自の多彩なプログラムで、「働くこと」への不安を払拭!」のコラムでは、ちばサポステの例を紹介していますので、利用を検討しているニートの方はご覧ください。

参照元
厚生労働省
ひきこもり地域支援センター

7.ニート向け就職支援

民間企業やNPOなどが運営しているニート向け就職支援は、仕事選びやキャリアプランに関してカウンセリングを行い、就職をサポートしていく事業を行っています。
各企業・団体によって支援内容は異なりますが、就職に対する不安や対人関係への悩みなど、心理面に関しても相談に乗ってくれるサービスが充実しているところが多いでしょう。

「ニート」とは誰のことを指している?

「ニート」とは、15~34歳までの失業者や無業者の中で、学生や主婦を除いて求職活動を行っていない人のことです。アルバイトや契約社員などの非正規雇用で働いている人は「フリーター」と呼ばれ、ニートとは区別されています。就労経験がない方や働ける自信がない方は、適切な就労支援を受けて、まずはフリーターを目指すのも良いでしょう。

求職活動を始めたらニートではなくなる

就職が決まっていなくても、求職活動をしている人はニートではありません。「就職希望をしていない」 または「仕事を探したいけどまだ具体的に求人を探していない」という段階はニートと呼ばれますが、求職活動として、ハローワークで求職票を取得したり、求人サイトに登録して閲覧・検索を始めている場合は、「求職者」と呼ばれ、定義上ではニートではなくなります。ニートの定義については「ニートとは何?就活に失敗しやすい人の特徴や就職を成功させるコツを解説」のコラムで詳しく解説していますので、参考にしてください。

職歴なしのニートから就職をするための詳しい方法は、「30代ニートが就職するには?職歴なしでの就活を成功させるポイントを解説」のコラムでも解説しています。こちらもぜひ併せてご覧ください。

ニートになってしまう4つの要因

ニートになってしまう4つの要因の画像

ニートになってしまう要因には、就業に関して挫折感を味わったり教育段階でつまずきがあったりすることなどが挙げられます。ほかにも、就職の失敗から精神的に不安定となり、心身の健康を保つことが難しくなってしまうこともあるようです。
まずは下記でニートになる要因を理解し、必要な支援を検討しましょう。

1.就業に関して挫折感を味わったことがある

ニートになる要因の一つに、就業に関する挫折が挙げられます。就業に関する挫折は、上司からパワーハラスメントを受けてしまったり、過重労働をさせられたりして、大きなトラウマを抱えてしまうことがあるようです。
一度就業で挫折してしまうと、「次の職場でも同じように嫌なことがあるかもしれない」「すぐに仕事を辞めてしまうかも」と自信を失ってしまい、そのままニートになることがあるでしょう。
挫折を繰り返さないためにも、就職支援機関を利用して優良企業を探すのがおすすめです。

2.教育段階でつまずきがあった

いじめや不登校といった何らかの原因で教育機会が絶たれてしまい、教育段階でのつまずきがあった場合もニートになってしまう要因として考えられます。
中学や高校のみではなく、大学など学校教育を受け切らなかったことで、社会に出てやっていけるか自信が持てなくなってしまう方もいるようです。また、面接時に「学校に通えなかったことを追求されるのでは」と就職活動自体を恐れ、社会に出られずニート状態に陥ることがあります。面接への不安は模擬練習で乗り越えられるので、ハローワークや就職エージェントといった就職支援機関に相談すると良いでしょう。

3.心身の病気を抱えている

それまで通勤・通学していた人が、何らかの要因によって会社や学校に行きづらくなってしまうケースがあります。そのあと、回復が困難な状態になると外に出ることが怖くなり、ニートになることがあるようです。
うつ病や適応障害などの場合、モチベーションの低下や仕事を辞めたい気持ちになり、勤め続けることが難しくなる場合もあるといえます。心身の病気は専門家の支援が必要です。1人で乗り越えようとするのではなく、医療機関を利用して適切な支援を受けましょう。

厚生労働省「ニートの状態にある若年者の実態および支援策に関する調査研究報告書(概要)」によると、ニートになった人の55.0%が「学校でいじめられた」と半数以上を占めています。
また、ニート全体の半数弱が「ひきこもり」(49.5%)、「精神科又は心療内科での治療を受けた」(49.5%)という経験があるようです。精神科・心療内科での治療は、メンタル面の問題があることでニート状態になったケースと、ニート状態になったことがメンタル面の問題につながっているケースの両方があると思われます。

4.社会とのつながりがない

社会とのつながりをなくしてしまった場合、そこからどうやって社会の中に入っていけば良いのか分からずニートになった、ということもあるようです。
社会とのつながりがない人とは、家族以外の他者との交流を持たずに生活している人や、自室に閉じこもっている人などが該当し、心身の病気ではない状況であれば「ひきこもり」と呼ばれます。
一度ひきこもりになってしまうと、他者を恐れることから交流や支援を自ら断ってしまうため、なかなか社会復帰できなくなる恐れがあるでしょう。

参照元
厚生労働省
ニートの状態にある若年者の実態および支援策に関する調査研究報告書

ニートが仕事を選ぶ際の5つのポイント

ニートが仕事を選ぶ際の5つのポイントの画像

ニートからの就職は、これまで社会経験が少なかったり「すぐに辞めてしまうのではないか」という懸念点があったりすることから、難易度が高いと思われがちです。しかし、仕事選びのポイントを押さえれば、就職の成功率アップにつながります。ここでは、ニートにおすすめの仕事の探し方についてまとめました。

1.まずは心の安定を手に入れる

仕事を選ぶ前に、ストレスを発散できる趣味や心を安定させるものを見つけましょう。就職は、収入を得ることや自立などを目指すことでもありますが、精神のバランスを崩してしまうと就職してもすぐに仕事を辞めてしまう可能性もあります。特に、ニート期間が長い方は生活の変化がストレスになりやすいので、就職後に楽しめる趣味を見つけるのがおすすめです。
たとえば、没頭できる趣味があれば、仕事とプライベートでメリハリのある生活ができるようになるため、嫌なことがあってもマイナスに思い込み過ぎず、日々の充実にもつながるでしょう。

2.スキルや実績を積み上げておく

就労を意識した時点から、スキルや実績を作る努力をしてみましょう。ニートの経歴は就職活動ではネガティブな印象になりやすいですが、スキルや実績を積むために行動していれば、就職への熱意や意欲をアピールできます。
面接では、ニートであったことを隠さず「働く意欲が出てきてから、スキル習得のために勉強し、○○の資格を取得しました」と伝えられれば、面接官にプラスの印象を与えられるでしょう。面接でのアピール方法は、就職支援サービスを利用してプロのアドバイスを受けるのがおすすめです。

3.職歴不問の職場を選ぶ

仕事を選ぶ際は「未経験歓迎」「職歴不問」と書かれた求人を探してみましょう。20代前半のうちはニートであってもポテンシャルで採用される可能性がありますが、20代後半~30代になると即戦力を求められるため就職が難しくなる場合があります。また、就労していない空白期間があると、職歴を問われる仕事は厳しい場合があるため、未経験歓迎や人材が不足している業界などを選ぶのもおすすめです。ニートにおすすめの就職先とは?ブランクがあっても大丈夫な職種をご紹介」のコラムで、ニートが就職しやすい仕事を紹介していますので、ご一読ください。

4.どのように成長したのかという過程を記録しておく

ニートからどのように成長したのかという過程を記録しておくと、面接時の自己PRに役立ちます。面接でスキルや実績をアピールする際は、「どのような努力をしたか」「スキル習得のために工夫したことは何か」といった過程が大事です。「資格取得のため、勉强の計画表や短期目標を設定してモチベーションを維持した」といった過程を説明すると、面接官に「計画実行力」を評価される可能性があるでしょう。ニートから脱却するために身につけたスキルや努力したポイント、具体的な成果など、自分の変化についても細かく記録をつけるようにすると、面接で明確にアピールできるようになります。

5.雇われる以外の選択肢を考えてもよい

「働きたい」という気持ちがあっても、労働環境や人間関係などが原因でなかなか就職活動ができなかったニートの方は、雇われる以外の選択肢を視野に入れてみましょう。いきなり個人事業主を目指すのはハードルが高い部分もありますが、まずは利益の大小は考えず、自分でモノを作って売るのも一つの手です。
たとえば、ハンドメイドで自作したものをフリマアプリで出店してみたり、自分で描いたイラストを商品として出品してみたりするのも良いでしょう。自分の好きなことを仕事にすることで、働く自信につながることが期待できます。

就職支援機関が勧めるニート脱却のための4ステップ

就職支援機関では、ニートが就職するまでにいくつかのステップを設けています。ニート生活から脱却し、就職活動を経て就職するための主なステップは以下の4つです。

1.小さな目標を立てる

自分の状況や能力に合わせた小さな目標を設けます。失敗した際に挫折を感じるような高い目標設定にはせず、成功体験を積めるような目標が良いでしょう。達成できたときの自己評価を向上させることで自信を持って就活に臨めます。就職支援機関を利用すると、どのような目標が良いかをアドバイスしてくれるようです。

2.規則正しい生活をする

ニートが陥りがちな昼夜逆転など不規則な生活から規則正しい日常生活にすることで、就職活動や就職後に必要な基礎体力を養いましょう。生活リズムを整えるために、定期的に就職支援機関を利用するのも良い方法です。

3.人とのコミュニケーションを増やす

日頃から他人とコミュニケーションを増やすことで、対人関係のみではなく、その前提段階となる声の出し方や話し方を習得でき、面接や勤務の際に有利に働きます。ニート期間中に人と接する機会が少なかった方は、就職支援期間を積極的に利用して職員と話すように心がけましょう。

4.就労体験を利用する

短期・長期のアルバイトやインターンシップといった就労体験を利用すると、社会とつながることへの手応えを感じ、ニート生活から脱却するきっかけとなるでしょう。就職後の生活をイメージしやすくなるのでおすすめです。就労体験はジョブカフェやサポステといった就職支援機関で紹介してくれます。

ニートになる過程は人それぞれであり、またそれを脱却するきっかけもそれぞれ。自分に合った就活支援機関を活用し、段階的に就活・就職に結びつけることが重要です。

就労支援を受けてニートから就職につなげよう

ニートから就職を目指したいという人は、これまで紹介した機関で支援を受け、まずは短期の仕事やアルバイトで働き始めてみるのもおすすめです。少しずつ自信をつけていけば、正社員になるための就職活動にも踏み切れるでしょう。特に、20代などの若者であれば、未経験から挑戦できる求人も少なくありません。早めに行動することが、就職の成功につながります。

一人で就活するのが不安な方は、就活エージェントの利用も検討してみましょう。
若年層向け就職エージェントのハタラクティブでは、専任アドバイザーによるマンツーマンのサポートが魅力です。ハタラクティブはニートやフリーターを対象にサービスを提供しているため、未経験者歓迎の求人を多数扱っています。職歴がないニートの方でも、自分にぴったりの仕事を見つけられる可能性が高いでしょう。また、書類添削や面接対策なども受けられるので、初めての就活も安心です。登録・利用料は無料ですので、「どんな職業があるの?」と興味のある方は、ぜひお気軽にご連絡ください。

関連タグ