新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ニートから再就職を目指す!就活前にやっておくことは?

ニートから再就職を目指す!就活前にやっておくことは?

公開日:

最終更新日:

ニートから再就職を目指す!就活前にやっておくことは?の画像

【このページのまとめ】

  • ・未経験者歓迎の求人も多くあるため、ニートから再就職することは可能
  • ・年齢が上がると求人数が減るため、できるだけ早く就活に取り組むことが大切
  • ・ニートから再就職しやすい仕事は、「介護職」「SE」「営業」「事務職」など
  • ・ニートから再就職を目指す前に、自己分析や面接対策などに取り組んでおくのがおすすめ
  • ・全国各地にある就職支援サービスを利用して、ニートから再就職を目指そう

監修者:室谷彩依

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

「ニートから再就職するのは無理?」と悩んでる方は多いでしょう。また、卒業後長期間働いていなかったり、退職後に仕事をしていない期間が長かったりする場合、再就職を諦めてしまう方もいるのではないでしょうか。
このコラムでは、ニートの方が就きやすい仕事や就活前の準備について解説します。「ニートから再就職するのは無理…」と諦める必要はありません。できることから始めて、自信をもって就活に挑みましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

ニートから再就職するのは無理?

職種によっては未経験者歓迎の求人も多く存在しているため、ニートから就職できる可能性は十分にあります。また、未経験者の募集では、技術や知識面よりも人柄を重視した採用がメイン。ニート生活を送っており、仕事の経験が少ないという方でも、再就職しやすいといえるでしょう。
ただし、年齢が上がるにつれて、求人数は徐々に減少していきます。また、30代になると企業側から求められる能力が高くなる傾向にあるため、できるだけ早く就活に取り組みましょう。

20代は意欲をアピールしよう

20代のニートの方は、仕事へのやる気や熱意が評価に繋がりやすいため、志望動機や自己PRでしっかりと入社意欲をアピールしましょう。これからの伸びしろに期待して、20代の方を採用する企業は数多くあります。これは、突出したスキルがなくとも、教育コストに対して活躍できる期間が長いためです。
特に、第二新卒と呼ばれる新卒で入社後3年以内に退職した方は、すでにビジネスマナーが身に付いているため、企業にとっても採用するメリットが大きいといえます。

30代はスキルをアピールしよう

30代のニートの方は、これまでの経験やスキルをアピールする必要があります。
年齢が上がると実績が重視されるため、応募企業で活かせる経験があれば、積極的に伝えましょう。活かせる経験がない方は、職種に関連するアルバイトをしたり、資格を取得したりとスキルを身に着けてから再就職に臨むのがおすすめです。

退職したばかりの方は早めに行動しよう

退職後に就職活動をせず、ニート生活を送っている方は早めに行動を開始しましょう。一般的に、3ヶ月以内のブランクであれば、再就職に影響はないといわれています。
ブランクが長引くと、計画性に疑問を持たれてしまったり、即戦力として認められにくかったりと、デメリットが生じる恐れも。ニート生活は時間に余裕があるため、リフレッシュには良いですが、3ヶ月を目処に再就職に向けて活動を開始しましょう。

再就職したいけど、「何から初めたら良いか分からない…」とお悩みの方は、「ニートの就活はどうすればいい?成功のためのコツを知っておこう!」をご覧ください。ポイントやコツを把握してから就活に臨めば、効率良く再就職できるでしょう。

再就職できるニートの3つの特徴

再就職に成功するニートの特徴として、「前向き」「反省できる」「行動力がある」の3つが挙げられます。以下で詳しくみていきましょう。

1.前向き

前向きな方は、再就職を成功させやすい傾向にあります。たとえ面接で失敗しても引きずらないので、次の選考に響くことがないためです。
また、ポジティブな方はストレスとうまく付き合える印象があり「長く働いてくれそう」と捉えられるため、企業からの評価も高くなります。反対にネガティブな方は、「すぐに辞めてしまうのではないか」と危惧されることもあるので注意が必要です。

2.反省できる

反省できる方は、失敗を次の成功に活かせるため、再就職しやすいでしょう。反省して改善点を実行できれば、面接での立ち振舞も次第に良くなり、面接官に好印象を残せます。
一方、反省しない方は、失敗を人のせいにする傾向があるので気をつけましょう。もし再就職できたとしても、失敗を反省せず他人のせいにしていると、社内での人間関係がうまくいかなくなり、ニートに戻ってしまう恐れがあります。

3.行動力がある

再就職を成功させるには、行動力も大切です。就活は行動しないと内定がもらえません。不合格が続く場合でも、諦めずに積極的に就活を進めましょう。
行動せずに就活を先延ばししていると、徐々に再就職へのハードルが上がってしまいます。まずはニート期間の期日を決めることからでも良いので、行動を開始しましょう。

ニートが再就職しやすい6つの仕事

この項目では、職種未経験でも採用されやすい仕事を紹介します。ニートの方の中には、前の仕事との相性が悪く、退職した方もいるでしょう。再就職では、これまでに関わったことのない分野の仕事に挑戦してみるのも一つの手です。下記を参考に、ニートからの再就職を検討してみてください。

1.介護職

介護業界は慢性的に人手不足のため、資格や経験がないニートの方でも正社員として採用されやすい状況にあります。教育制度が整っている企業も多いため、未経験でも挑戦しやすい職種です。また、資格を取得することでキャリアアップできる可能性もあります。
今後も介護職の需要はますます高まる見込みがあることから、経験を積んでおけば後々転職しやすくもなるでしょう。

2.SE

「未経験だからできない…」と考える方も多いようですが、SEの採用では知識や技術よりもコミュニケーション能力が重要視されています。SEの主な仕事は、顧客とどのようなシステムを作るかを話し合い、希望の要件を実現するために必要な機能を洗い出すこと。そのため、技術力よりも相手の意図を汲み取るスキルが重視されます。

3.工場勤務

未経験歓迎の求人が豊富にある、工場での仕事。セラミックやプラスチック、薬などさまざまな種類の工場があるため、興味のあるところを探してみましょう。
また、資格取得支援を行っている企業も多いため、再就職後も不安なくスキルアップを図れる環境なのも魅力です。

4.事務職

事務職も未経験者の求人が数多く出ています。ワークライフバランスが整っている企業も多いので、残業に不安がある方やプライベートの時間も充実させたい方におすすめの職種です。
仕事内容は、書類作成やデータ入力、電話対応など。ルーチンワークが好きで、黙々と作業をするのが得意な方に向いています。

5.営業

営業の仕事は、人柄やコミュニケーション力が重視されやすい傾向にあるので、実績がなくとも採用に影響しない場合が多いでしょう。営業する顧客が個人であるか法人であるかで仕事内容は大きく変わるため、自分の適正を意識して選ぶことが大切です。

6.動画編集

動画コンテンツは年々増加しているため、社会的にも需要が高い仕事です。依頼主の反応だけでなく、再生回数やコメントから視聴者の反応も分かるので、大きなやりがいを感じられるでしょう。

ニートが再就職をめざす前にやるべき5つのこと

下記の5つを行うことで、効率良く再就職を目指せます。「何から始めたら良いかわからない…」といった方は、ぜひ順番に取り掛かってみてください。

1.自己分析

自己分析をして自分を知ることは、就活をするうえで非常に重要です。自己分析で自分の適性や意欲の元が分かれば、自分に合った再就職先を見つけやすくなったり、面接で自分の強みを的確にアピールできたりします。
まずは、これまでの人生の中で、「頑張ったこと」や「楽しかったこと」、「苦労したこと」など、印象に残っている出来事を書き出してみましょう。そこから、自分が大切にしている価値観や強みを言語化していきます。
もし、なかなか思いつかなければ、家族や友人に自分の印象や性格について聞いてみるのも一つの方法です。これまで気づけなかった、新しい自分を発見できる可能性もあります。

2.企業研究

企業研究を行い、応募する企業への理解を深めておきましょう。採用への近道は、企業が求める人物像を把握し、それに沿ってアピールすることです。企業の理念や社風、事業内容などをよく調べ、その企業に相応しい人物像を確認しておきましょう。
また、企業理解が深いことをアピールできれば、入社意欲の高い人物と捉えられ、評価につながることもあります。

3.面接対策

面接では、高い確率でニート期間について質問されます。特に、「ニートになったきっかけ」や「ニート期間の過ごし方」は頻出の質問なので、事前に回答を考えておきましょう。
質問に対しては、嘘で取り繕ったり言い訳したりせずに、本音で答えることが大切です。本番で慌てないよう、しっかり練習して備えておいてください。
また、企業からニートの期間について聞かれても、「責められているわけではない」ということも理解しておきましょう。採用側にとって、あなたがどのような人物なのかを知ることは、共に仕事をしていくうえで重要です。ニート期間についての質問される理由は、人柄を知るためだと捉えておきましょう。

4.仕事上必要なスキルの習得

ニートである時間を利用して、資格の取得に挑戦してみるのもおすすめです。
資格を持っていることで自分に自信がつき、就活への意欲が高まることも。また、資格を持っていれば未経験でも応募可能といった求人も多いため、仕事の選択肢の幅が広がる可能性もあります。興味がある職種で役立つ資格を、事前に調べておきましょう。

5.生活リズムを整える

昼夜逆転の生活を送っているニートの方は、生活リズムを整えることも大切です。夜起きている時間が長いと自律神経が乱れてしまい、身体だけではなく心の不調にも繋がりやすいといわれています。
ニート生活を脱出したい方は、朝起きて夜は寝る生活に少しずつ慣れていきましょう。
また、自宅で過ごす時間が長かった方は、体力が低下していることもあります。再就職の前に、筋力トレーニングやウォーキングなど、無理のない範囲から体力づくりに取り組んでおきましょう。

上記に加え、履歴書対策も進めておくのがおすすめ。ニート期間を履歴書に記載するコツは、「ニートが就活を「怖い」と感じる理由と面接対策」で解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

ニート期間が長い場合はアルバイトから始めるのも手

ニート期間が長く、「いきなり再就職を目指すのはハードルが高い…」と感じる方は、アルバイトや派遣社員、期間工から社会復帰を目指すのもおすすめです。
アルバイトは、1日単位や1週間単位など、短期間の募集もあるので始めやすいでしょう。また、派遣社員の中でも紹介予定派遣なら、派遣期間終了後、双方の合意の元に正社員として雇用されます。派遣期間中の相性が良ければ、スムーズに再就職を決められるのが魅力です。
また、期間工は空白期間を問われないことが多いため、ニートの方でも始めやすい仕事。多くは寮生活となり、給与も貯金に回しやすいので、再就職のためのステップとして挑戦してみるのも良いでしょう。

ニートにおすすめのアルバイトとは?面接に受かるためのコツも解説!」では、アルバイト探しのコツを紹介しています。警備員や清掃員など、おすすめの職種も具体的に解説しているので、ぜひご覧ください。

ニートが再就職するために利用すべき6つのサービス

ニートの方が再就職を効率的に進めるために便利なサービスをまとめました。第三者のサポートやアドバイスを受けながら、積極的に活動しましょう。

1.求人サイト

まずは、求人サイトに登録してみましょう。パソコンやスマートフォンなどで24時間求人検索ができるので、自宅でも気軽に再就職に向けて活動できます。生活が不規則になっている方にもおすすめのサービスです。

2.ハローワーク

ハローワークでは、職業相談や求人の紹介をはじめ、職業訓練や就職セミナー、各種講習会などを実施しています。スキルを身に着けたい方は、職業訓練を受けるのがおすすめです。Webや介護、事務など、さまざまな分野から学びたい技術を選択して受講できます。まずは、ハローワークの窓口に行き、受付で求職者登録を行いましょう。

3.若者サポートステーション

地域若者ステーション(通称サポステ)は、働くことに対して不安や悩みを抱えている方に向けて就職支援を行います。対象年齢は、15歳から39歳までです。個別相談や支援計画の作成、教育訓練、職場体験など、さまざまな支援を提供。社会復帰を目指すニートの方を応援する体制が整えられています。

4.ジョブカフェ

都道府県と連携し、若者の就職支援をワンストップで行っている施設です。ジョブカフェ内にハローワークが併設されていることも多く、職場体験や就職に関するサービスが提供されています。原則として15歳から34歳までの方が対象となっていますが、各地域によって年齢が異なるため事前の確認が必要です。

5.NPO団体などの就職支援サービス

就職支援をはじめ、ご家族に向けた勉強会や教育プログラムを提供しているNPO法人は全国各地に点在しています。就職支援だけではなく、引きこもりやコミュニケーションについて相談に乗ってくれる場所も多いようです。

6.就職エージェント

就職エージェントとは、人材が欲しい企業と仕事が欲しい人をマッチングさせる民間のサービスです。
求人の紹介や応募書類の添削、面接対策、企業との連絡代行など、多様なサービスを無料で受けられます。1人での就活に不安を感じる方は、ぜひ就活エージェントを利用してみてください。

ハタラクティブでは、経歴に自信がないニートの方の相談も受付けています。
就活アドバイザーがマンツーマンでお話をお聞きし、一人ひとりの状況や希望を汲み取ったうえで、最適な求人をご提案。就活に関する初歩的な疑問や悩みにも、丁寧にお答えしていきます。
「ニートを辞めたいけど、再就職できるか不安…」といった方は、お気軽にハタラクティブまでご連絡ください。

こんなときどうする?ニートからの就職に関するお悩みQ&A

ニートからの再就職は、決して無理ではなく、適切な対策を講じれば内定の可能性は十分にあります。しかし、不安から一歩を踏み出せない方が多いのも実情。ここでは、ニートから再就職を目指す方が抱えやすい悩みや疑問をまとめました。

ニート期間はどう説明したらいい?

どんな理由であれ否定的・ネガティブな回答は避けましょう。反省を取り入れた前向きな回答が効果的です。ニート期間中に取り組んでいたことを伝えたり、過去の経験を生かして仕事に取り組む姿勢をアピールしたりすると良いでしょう。詳しくは「ニート期間を聞かれたら?面接で気をつけたいポイント」をご参考ください。
 

ニートは何歳まで就職できますか?

就職は何歳でも可能です。「ニートって何歳まで?20代のうちに就活すべき理由や注意点を解説!
」でも説明しているように、ニートは定義上34歳までですが、就職に関しては年齢の制限はありません。しかし、実際は年齢が上がるにつれて、仕事に対する豊富な経験や高いスキルを求められる傾向にあります。空白期間を持つニートの方は、再就職に向けて1日でも早く動き出しましょう。
 

大学卒業から1度も就職したことがありません

卒業から3年以内なら新卒枠でも応募可能です。ただし、空白期間について質問された際にしっかりと説明することが大切。「既卒・ニート期間ありでも大丈夫!就活のポイントとは」を参考に、質問の回答を考えてみましょう。もし、良い回答が思い浮かばない場合は、ハタラクティブにご相談ください。経験豊富なアドバイザーがしっかりとサポートします。
 

いきなり正社員になれるか不安です

働くことに慣れる目的で、アルバイトから始めるもの一つの方法です。特に、これまで就業経験のない方や空白期間が長い方は、働くこと自体に慣れるためにもアルバイトからスタートするのがおすすめ。しかし、アルバイトに慣れてしまって就職が遠のくのは、本末転倒です。「脱ニート!バイトから就職を目指す方法」でも解説しているように、最初から期間を決め、目的意識を持って働きましょう。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

やりたいことがわからなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたがやりたいことを見つけましょう!

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

  • 経歴が不安でも大丈夫!

    未経験でも正社員での就職・転職を
    プロがしっかりとサポート!

  • あなたに合った仕事がわかる!

    あなたの性格や得意にあわせて
    厳選した求人をご紹介

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ