ジョブカフェはニートも利用できる?ハローワークとの違いとは

ジョブカフェはニートも利用できる?ハローワークとの違いとはの画像

この記事のまとめ

  • ジョブカフェはニートなど若者を対象にした就職支援施設である
  • ジョブカフェでは、ニートなど若者に就職のセミナーやカウンセリングなどを行っている
  • ニートなど若者向けの支援サービスはジョブカフェやサポステなど多く存在している
  • 都道府県が管轄するジョブカフェに対し、ハローワークは厚生労働省が運営している
  • ハローワークはネットから求人情報を検索でき、詳しい企業情報を聞くこともできる

ジョブカフェに対して、「名称は知っているけど、実際にどのようなサービスを行っているのかは知らない」という人もいることでしょう。このコラムでは、ジョブカフェの概要やサービス内容について詳しく説明します。ハローワークとジョブカフェそれぞれの違いを知って理解を深め、就職活動を効率よく進めるうえでの参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

ジョブカフェとは?

「ジョブカフェ」とは、若者を対象にした就職支援施設です。
近年のフリーターや若年失業者の増加に伴い、若者の自立や挑戦をサポートする策として作られました。46の都道府県が主体的に設置しており、その名の通りカフェのような感覚で立ち寄れる就職支援機関です。
ジョブカフェの正式名称は「若年者のためのワンストップサービスセンター」ですが、キャリアセンターやしごとセンターなど、さまざまな愛称で知られています。
若者が自分の希望に合った仕事を見つけられるよう、就職に関するサービスを無料で提供している機関です。

ジョブカフェの対象年齢は?

対象年齢は地域によって異なりますが、15歳から34歳までをメインとしているのが一般的。
若い人にとって相談しやすい雰囲気や環境を大切にしており、ジョブカフェ利用者は年々増加傾向。もちろんニートの方も利用できます
ジョブカフェの利用を検討している方は、自身の年齢がサービスの対象になるか問い合わせてみましょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

ジョブカフェの詳しいサービス内容を知ろう

ジョブカフェではどのようなサービスを受けられるのでしょうか。
以下に詳しいサービス内容をまとめました。

セミナー

就職活動の進め方や仕事の探し方など、さまざまな項目のセミナーを行っています。
基本となるガイダンスが受けられるので、これから就職活動を始める人に向いているといえるでしょう。
セミナーは日時と定員が決まっているため、予約が必要です。また、就職希望者向けだけでなく、保護者向けのセミナーも開催しています。

カウンセリング

キャリアカウンセラーに就職活動の悩みを相談できるコーナー。
1対1でカウンセリングを行うため、安心して話すことができます。

履歴書の書き方や面接の指導

履歴書の書き方や面接の手順が分からない人に向けて指導を行っており、就職活動のノウハウを効率良く学ぶことが可能です。
応募する企業へ良い印象を与えられるよう、採用ポイントを押さえたアドバイスが期待できるでしょう。

ジョブカフェとハローワークの違いは?

就職支援を受けたい人は、ジョブカフェ以外にもハローワークを利用できます。
ハローワークは無料で職業紹介を行う機関で、正式名称は公共職業安定所。
ジョブカフェが都道府県の所轄であるのに対し、ハローワークは厚生労働省が運営しています。
また、ジョブカフェは若年者を対象としていますが、ハローワークは全ての人を対象としています。

ハローワークの主なサービスは、仕事を探している方へ求人情報を提供すること
ハローワークで取り扱いのある求人情報は、インターネットを通して検索や閲覧が可能です。気になる企業を見つけたら職員に問い合わせてみましょう。応募条件を確認したのち、応募を決めると紹介状を発行してもらえます。
また、ジョブカフェと同様に、履歴書の書き方をサポートしたり就職相談も行っているので、相談から応募まで対応してもらいたい、という方はハローワークを利用すると良いでしょう。

なお、ハローワークは職業紹介以外にも、雇用保険制度の窓口としての機能を有しており、雇用保険の変更や失業給付金の受給などの手続きを行うことが可能です。ハローワークについては「職安(公共職業安定所)とは?具体的なサービス内容や利用方法などを解説!」のコラムでご確認ください。

地域若者サポートステーションとは?ジョブカフェとの違い

ジョブカフェやハローワークとは別に、「地域若者サポートステーション」という機関があります。
引きこもりやニートと呼ばれる方々の職業的自立を促進している相談窓口として機能しており、対象者は、働くことに悩みを抱えている15歳から39歳までの若者です。

地域若者サポートステーションでは、キャリアコンサルタントによる相談対応やコミュニケーション訓練などを提供。メンタル面を考慮しながら段階に応じたプログラムを展開し、利用者のステップアップを図っています。
また、協力企業で職場体験も実施しているため、実際に働く現場を見学し、体験することで、「働く」とは何かを学ぶことができます。

地域若者サポートステーションは、厚生労働省が委託した若者支援の実績があるNPO法人や株式会社が運営。全ての都道府県に設置されており、身近に相談できることを強みとしています。
若者の働くことへ踏み出したい気持ちと向き合い、職場が安定するまでトータルサポートに努めている機関です。詳しくは「サポステとは?就職支援サービスの内容や利用方法を解説」のコラムで解説しています。

ジョブカフェだけじゃない!自分に合った支援先を見つけよう

説明したように、就職活動を支援する機関にはさまざまな種類があります。
就活に対するハードルを下げるためにも、まずは相談することからスタートしてみましょう。
どのサービスを選ぶべきか迷っている人は、家から近いところや自分に合いそうなものから利用してみてはいかがでしょうか。
たとえば、気負わずに気軽に就職相談をしたいならジョブカフェや地域若者サポートステーションがおすすめ。求人を具体的に探したければ、ハローワークや就職エージェントが良いでしょう。
手厚いサポート、良質な求人、気軽に相談できる環境を求めるなら就職エージェントがおすすめです

就職エージェントとは?

就職エージェントとは、就職活動を総合的にサポートする民間の支援機関のこと。就職カウンセリングや求人紹介、選考対策など行っている内容はハローワークやジョブカフェと似ていますが、民間企業ならではの手厚いサポートや独自の求人情報が特徴です。詳しくは「就職エージェントとは?活用するメリットやデメリットを知ろう」をご覧ください。
「初めての就職活動だから手順がよく分からない…」という人は、ハタラクティブへお気軽にご相談ください。
ハタラクティブは、若年層に特化した就職・転職支援サービスです。プロの就活アドバイザーがあなたの希望条件を伺い、求職者の個別相談から求人紹介までを一貫してサポート。

面接日のスケジュール調整や入社時の交渉など、応募先の企業との細かいやり取りも代行しています。就職に対して悩んでいる方も、意欲的な姿勢を示している方も、まずはお問い合わせください。

この記事に関連するタグ