サポステとは?就職支援サービスの内容や利用方法を解説

サポステとは?就職支援サービスの内容や利用方法を解説の画像

この記事のまとめ

  • サポステとは、一定期間働いていない15~49歳の方の就職をサポートする機関
  • サポステは電話予約後に面談を実施し、登録や就職支援などを行う
  • サポステでは、専門家によるヒアリングや職場見学などを行っている
  • 求人紹介は実施せず、就活や就職に踏み出せる支援を行うのがサポステの特徴
  • サポステ以外の就職支援機関はハローワークや就活エージェントなどがある

サポステは、厚生労働省認定の企業や法人が運営する就労支援機関です。働くことや進路に悩んでいる方が、就活を始めるサポートをしています。このコラムでは、サポステが実施しているサービス内容や利用の流れなどを解説。また、サポステ以外の就職支援サービスについても紹介しているので、自分に合う就職活動を見つけることにお役立てください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

サポステとは?

サポステは、正式名称「地域若者サポートステーション」といい、一定期間就労していない15〜49歳の方を対象に、就労相談や面談、面接指導などの就労に関する支援を行う機関です。
厚生労働省認定のNPO法人・社団法人・株式会社・学校法人が運営しています。2006年に地域における若者自立支援ネットワーク整備事業として開設されました。厚生労働省によると、現在では全国177ヶ所に事業所があります。

サポステの特徴

サポステは、主に以下に該当する人を対象にした就労支援が特徴です。

・15~49歳の方
・働きたいものの気持ちが進まない
・働くことに自信がない

働くことに意欲はあるものの、人間関係や就活の仕方に不安がある人を正社員として勤務するまでをサポート。事業所によっては臨床心理士・産業カウンセラーが常駐しており、必要に応じて相談できる仕組みです。ほかには、職場見学のフォローや就労体験、ジョブトレーニングなどを行っています。サポステは、厚生労働省が地方自治体と協働・実施しているので利用料金は原則無料です。ただし、一部有料のサービスもあるようなので、利用前にサポステで確認してみてください。
また、サポステは地域ごとに異なる部分もあるので、「独自の多彩なプログラムで、「働くこと」への不安を払拭!」や「就業後の定着支援も実施!広島県福山市のサポステ」を読み、それぞれの特色を把握しておくと良いでしょう。

参照元
厚生労働省
地域若者サポートステーション

サポステで行われている5つの支援サービス

サポステでは、セミナーや職場体験といったさまざまなサービスを行っています。ここでは、サポステで行われている各支援サービスを紹介するので、参考にしてください。

1.専門家による相談対応

サポステでは、若年者の就職に詳しい専門家による相談対応を行っています。就職に関する希望や悩みなどを専門家がヒアリングし、その人に合った就職支援プランを提案。場合によってはメンタルケアの実施や外部機関の紹介をすることもあります。

2.利用者に合わせたセミナー

利用者の悩みや希望に合わせたセミナー受講も、サポステで行っているサービスの一つです。たとえば、「人と接するのが苦手」「集団行動が不安」といった悩みを持っている方に向けて、グループワークを通して人とのコミュニケーションを学ぶセミナーを行っています。ほかにも、自己分析セミナーや就職後に活用できる実践的な就職関連のセミナーなども行っているため、自分の悩みに合わせて受講してみると良いでしょう。
サポステで提供する就活に役立つセミナーの一例は、「厚労省認定「サポステ」で、働きたい若者へ「面接力アップセミナー」開催」でも紹介しています。

3.職場見学や体験

サポステは職場見学・体験も行っています。見学・体験の受け入れをしている企業にサポステのスタッフと一緒に訪問し、実際の職場の様子を見る、働いている人の話を聞く、業務を体験するといったことが可能です。見学・体験の後は体験先の担当者やサポステのスタッフとともに振り返り・フィードバックを行い、自分のアピールポイントの発見につなげていきます。

4.若年無業者等集中訓練プログラム事業

地域によっては、若年無業者等集中訓練プログラム事業を行っている場合もあります。自宅を離れ、合宿形式で社会参加訓練や資格取得支援などのプログラムを実施。一緒に参加している仲間もいるため、互いに励まし合い情報交換もできる環境です。

5.ステップアップや定着支援

サポステでは、利用者の就職が決定した後も長く働けるよう、希望者にステップアップ・定着支援を行っています。シフトの増加や正社員への転換など、利用者のキャリアアップを支援。さらに、就職後の悩み相談や必要に応じて労働環境改善のための支援、就職者限定のセミナーなど、さまざまなサービスを実施しています。

サポステで求人紹介はしていない?

サポステが提供するサービスに、求人の紹介や職業斡旋はありません。サポステは、利用者に合った就活の仕方や働き方を見つける場所ともいえます。就労を目指すものの、何らかの理由があってできない人に向けて、正社員として就活を行い、採用後に勤務先で長く就労できるように手助けをする機関です。ペン字や電話応対などの実務的なビジネスマナー講習の実施や企業説明会の情報を発信する、独自の就労支援をしています。

サポステ利用の流れ

サポステを利用する基本的な流れは、予約→手続き→面談→就活支援になります。以下に具体的なステップをまとめているので、チェックしてみましょう。

電話予約

サポステは登録するための面談が必要なので、その予約を電話で行います。利用者本人はもちろん、家族が予約をすることも可能です。

初回面談と登録手続き

初回面談は、登録手続きも兼ねた面談になります。本人だけではなく家族の相談にも対応。就職に対する不安や悩みの相談、サポステを利用しようと思った経緯など、事前に話したいことを考えておくと良いでしょう。

個別面談

担当の相談員が個別面談を行います。利用者一人ひとりに合った就活に取り組むためのプログラムやトレーニングなど、就労に向けたプランを提案。ほかにも、学校を中退した方の進路相談にも対応しています。

就活支援

個別面談で提案したプログラムやトレーニングを実行し、スムーズな就職活動ができるよう準備をしていきます。

就職後バックアップ

希望する方は、就職後もバックアップを受けられます。
サポステによるバックアップ内容の詳細については、「サポステで行われている5つの支援サービス」をご覧ください。

サポステ以外の就職支援サービスとは?

サポステのほかに、ハローワークや就職・転職エージェントといった就職支援サービスがあります。それぞれについて詳しく解説するので、就職支援サービスの利用を検討している方はご一読ください。

ハローワーク

ハローワークは、国が運営する就職支援機関です。厚生労働省の管轄にあり、全国に500ヶ所以上に設置されています。正式名称は公共職業安定所です。就職関連の相談や職業紹介、職業訓練などを行い、就職や転職のサポートを実施。雇用保険受給の手続きもハローワークで行っています。利用に年齢制限はないものの、「わかものハローワーク」や「新卒応援ハローワーク」など、特定の年齢に特化したハローワークもあるため、自分の状況に応じたサービスを確認して使い分けると良いでしょう。
前述のとおり、サポステでは職業紹介は行っていません。サポステで求職活動ができる体勢を整えてから、ハローワークに移行するという場合もあります。
ハローワークの利用を検討している方は、「ハローワークとはどんなところ?サービス内容と利用の流れを解説!」もあわせてご覧ください。ハローワークの利用方法や受けられるサービスを詳しく解説しています。

就職・転職エージェント

就職・転職エージェントは、民間の就職・転職支援サービスです。専任のアドバイザーが面談を通して一人ひとりの希望や長所を把握し、求人紹介や就職関連のサポートなどを行います。エージェントには、幅広い業界や求人を取り扱っている総合型と、特定の業界に特化している専門特化型などの多くの種類があるので、自分の希望や状況に合わせて選ぶと良いでしょう。

就職・転職エージェントを利用したいと考えている方は、若年層に特化したハタラクティブがおすすめです。ハタラクティブでは、学校を中退した方やニート、フリーターなど、学歴や経歴に不安がある若年者にも対応しています。面接対策や応募書類の添削、求人紹介など、丁寧な就職・転職サポートを実施。求人は企業に直接取材したもののみを紹介しているので、安心です。「就職活動を始めたいけれど、自信がなくて心配…」という方は、ハタラクティブにご相談ください。

この記事に関連するタグ