職安(公共職業安定所)とは?具体的なサービス内容や利用方法などを解説!

職安(公共職業安定所)とは?具体的なサービス内容や利用方法などを解説!の画像

この記事のまとめ

  • 職安とは「公共職業安定所」の略称で、一般的に「ハローワーク」と呼ばれている
  • 職安は厚生労働省が設置する行政機関で、全国各地に拠点が点在する
  • 職安(公共職業安定所)では求人紹介や職業訓練、雇用保険の手続きなどが行える
  • 職安には地域密着型の求人が多く、地元で働きたい方は仕事が探しやすい
  • 職安には、求職者の状況に合わせた専門的な相談ができるサービスがある

職安とは何ができるところなのか、詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。一般的に「ハローワーク」と呼ばれている職安は、全国に拠点が点在する行政機関。職業訓練や雇用保険の手続きなど、さまざまな就職サポートを無料で受けられるのが特徴です。
このコラムでは、職安の具体的なサービス内容や利用方法などを解説します。また、専門的な相談ができる職安についても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

職安とは?

職安とは「公共職業安定所」の略称で、厚生労働省が設置する行政機関です。一般的には「ハローワーク」と呼ばれることが多く、各地の職安では職業の紹介や雇用対策が行われています。
職安は、「職業を紹介してくれる公共施設」というイメージがあるものの、気軽に利用できるか不安でなかなか足が向かないという人も多いようです。以下で詳しい職安の特徴を見ていきましょう。なお、職安を利用するうえでのポイントは、「ハローワークを使った転職活動の方法とメリット・デメリット」の記事でも紹介しています。

全国各地に拠点が点在している

職安は、国民に安定した雇用機会を作るために設置されており、全国各地に拠点が点在しています。多くの求人情報が開示され、職業紹介や就活相談を受けることも可能。年間を通して、老若男女問わず多くの人が訪れるオープンな施設です。

求人数が多く地元での職探しに強い

職安では、中小企業から大手企業まで、幅広い規模の求人が取り扱われているのが特徴です。求人掲載が無料でできることから、求人サイトよりも求人数が多い傾向にあります。また、地域密着型就職支援サービスである職安には近隣地域の求人が多く集まるので、地元の求人が探しやすいのも特徴です。地域での就活を見据えたアドバイスを受けられるので、転勤を考えていない方や地元で働きたいと考えている方は、理想に合った就活が行えるでしょう。

無料で利用できる

職安のサービスはすべて無料で利用できます。ただし、職業訓練を受ける際に使用するテキスト代は自己負担となるため、申し込み時に確認しておきましょう。職業訓練の受講内容によって金額も異なるので、注意が必要です。

居住地に関係なく利用できる

職安自体は管轄する地域が決められていますが、利用者は住所地に関係なく、どの地域の職安でも利用できます。そのため、仕事終わりに職場近くの職安でサービスを受けることも可能です。居住地付近だと開所時間に間に合わないという方や、転職活動の時間がなかなか取れない方でも利用しやすいでしょう。

職安の利用時間

職安の各種窓口を利用できる時間は、平日午前8時30分~午後5時15分です。一部の職安では、平日開庁時間を延長して職業相談サービスを実施したり、土曜日に開庁し職業相談サービスを実施したりしているところもあります。平日仕事で時間が取れない方は、厚生労働省や各地域のハローワークのWebサイトで、近くの職安がいつ何時まで開庁しているか事前に確認しておくと良いでしょう。
ただし、雇用保険の手続きについては一定の時間を要するため、平日午後4時前までに訪問するのがおすすめです。

参照元
厚生労働省
全国ハローワークの所在案内

職安が行う6つのサービス

職安を利用する前にどのような求職サービスが受けられるのか確認しましょう。職安で受けられる主な6つのサービスについてまとめました。

1.求人紹介

相談員が求職者の相談に応じ、職安の巨大なネットワークから最適な求人を提案します。職安は求人内容の提供や企業先への交渉など、求職活動のサポート体制が充実しているといえるでしょう。また、「ハローワークインターネットサービス」を利用すればインターネットからも求人情報を閲覧できますが、利用登録の有無によって閲覧できる情報量が異なるので、求人情報をチェックしたい場合は求職者登録をしておくのがおすすめです。

参照元
厚生労働省
ハローワークインターネットサービス

2.就職相談

職安では、適職が見つからないという悩みや解雇、賃金の引き下げ、いじめや嫌がらせ、パワハラなどの労働問題の相談にも対応しています。求人紹介以外のサービスも受けられるので、就職や転職に関して不安や悩みがある場合は、ぜひ利用してみましょう。

3.選考対策

職安は選考対策も実施しており、職務経歴書の書き方や面接のポイントなど、就職に関する講座やセミナーを開催しています、ほかにも、自己分析サポートや応募企業の選び方、履歴書の添削なども行っているので、選考に不安がある方は職安のセミナーに参加してみると良いでしょう。

4.公的職業訓練(ハロートレーニング)

ハロートレーニングとは、「公共職業訓練」「求職者支援訓練」の総称です。希望職種に就くために必要な資格や知識が身につけられます。建築や介護、事務、IT、デザインなど幅広いジャンルについて学ぶことができ、一部テキスト代を除いて基本的には無料で受講できるのが大きなメリットです。

職業訓練の種類に注意!

先述のとおり、職業訓練には「公共職業訓練」と「求職者支援訓練」の2種類があります。公共職業訓練は雇用保険を受給している求職者、求職者支援訓練は雇用保険を受給できない・受給が終了した求職者が対象です。また、受講内容や科目についても違いがあるため、職業訓練を希望する際は、職安への事前相談時にしっかり確認しておきましょう。

5.紹介状の発行

職安では求人に応募する際に使用する「紹介状」の発行をしています。紹介状は必須というわけではありませんが、場合によっては、提出しなければマナー違反となってしまう恐れも。なるべく発行してもらうようにしましょう。紹介状は職安の受付に求人票とハローワークを提出して受け取ります。ただし、紹介状があるからといって必ずしも選考に有利になるわけではなく、あくまで求人に応募するにあたり必要な事務手続きの一環だと捉えておきましょう。

6.雇用保険の手続き

職安では、雇用保険の手続きや申請ができます。失業給付金は、失業中の生活を心配せずに転職活動が行えるための支給なので、解雇や倒産などで失業してしまった方は利用すると良いでしょう。失業保険の受け取り方については、「失業保険の受け取り方のステップとは?支給額のルールと注意点も紹介」の記事で詳しく解説しているので、そちらもあわせてご覧ください。なお、申請の際は職安へ直接足を運ぶ必要があるので、前もって地域の職安の場所を確認しておくと慌てずに済みます。また、申請してすぐに給付が開始されるわけではないので、退職したら早めに申請を行いましょう。

目的や利用者を限定している職安サービス

求職者がより条件が良く、望む仕事に就けるように、求職者の状況に合わせて専門的な相談をすることができる職安サービスがあります。主な6つのサービスについて以下にまとめたので、自分に合うものを選んで利用しましょう。

1.新卒応援ハローワーク

新卒応援ハローワークは、新卒者の支援を行っている職安サービスです。大学院・大学・短大・高専・専修学校などの学生はもちろん、卒業後未就職の、いわゆる既卒の方も対象。主な支援内容は、求人情報の提供や就職相談、選考対策、セミナーや就活フェアの実施などです。また、一人ひとりの就職支援をサポートするナビゲーターを設置。求職者の就職に関するお悩み相談はもちろん、企業訪問による求人開拓や新卒者とのマッチングを図っています。

2.わかものハローワーク

わかものハローワークは、正社員での就職を目指すおおむね35歳未満の若者を対象にした職安サービスです。早期に就職できるように就職支援ナビゲーターが個別に職業相談や職業紹介、アドバイスを行っています。職業訓練から就職までをワンストップで実施するなど、長期間非正規雇用で働いている人に対しての支援も実施しています。

3.マザーズハローワーク

子育て世代の方々の就職活動を支援する職安サービスがマザーズハローワークです。拠点にはキッズコーナーが設置されていたり、ベビーカーが置けるスペースを確保していたりと子連れで職業相談ができます。求人の紹介や就職に役立つセミナーの実施だけでなく、子育てと仕事を両立できるように保育施設や支援サービスの紹介もしてもらえるため、小さい子どもを持つ方におすすめです。

4.ふるさとハローワーク

ふるさとハローワークは、職安が設置されていない市町村で、職業相談や職業紹介などを行っているサービスです。市町村と国が共同で運営しており、「地域職業相談室」とも呼ばれています。ほかの職安サービスと同様、利用料は無料です。職安まで行くのは遠いと感じる人は、自分が住む地域にふるさとハローワークが設置されていないか確認してみると良いでしょう。

5.就職氷河期時代専門窓口

就職氷河期時代専門窓口は、雇用環境が厳しかった就職氷河期に就職活動を行い、安定した職に就くことができなかった方の就職支援を行う職安サービスです。求人紹介をはじめ、専門担当者による面接・書類作成指導、職安が開催するセミナーの案内などを実施。また、就職後の職場定着に向けたアフターサポートも行っています。おおむね35~54歳の方で、これまで安定した就労経験がなく、正社員での就職を希望する方が利用可能です。

6.外国人雇用サービスセンター

外国人雇用サービスセンターは、日本での就労を希望する外国人留学生や専門的・技術的分野の外国人労働者といった高度外国人材に対する就職支援などを行う職安サービスです。東京・名古屋・大阪・福岡に設置されており、就職ガイダンスの実施、インターンシップの提供、就職説明会の実施などの就職支援を行っています。

参照元
厚生労働省
ハローワーク

職安に持っていくべきもの

ハローワークに仕事を探しにいくなら、特別な持ち物は必要ありません。しかし、失業保険の手続きに行く場合は、離職票や雇用保険被保険者証などが必要になります。職安に行く目的に合わせた持ち物を確認しましょう。

仕事を探しに行く場合

ハローワークに仕事を探しに行くのであれば特別な持ち物は必要ありませんが、メモ帳や筆記用具を持っていくのがおすすめ。求人情報についてメモしたり、職員から言われたことを書き留めておいたりするのに必要だからです。
加えて、利用者登録の際にこれまでの学歴や職歴を入力する必要があるため、記入済の履歴書があると入力時間の短縮や間違いを防ぐことができます。

履歴書をチェックしてもらおう

履歴書の内容をハローワークの職員にチェックしてもらい、アドバイスをもらうことも可能です。履歴書の書き方などに自信がなかったり、書類選考が通過しにくかったりする方は持参して添削してもらいましょう。

失業保険の手続きに行く場合

前述したように、ハローワークは求人だけでなく、失業保険や雇用保険の手続きも行っています。もし、失業して失業等給付を受け取りたい場合には、離職票と雇用保険被保険者証、さらに本人確認書類が必要です。
ただし、失業保険を受け取るためには、雇用保険に加入しており、離職の日の以前2年間で12ヶ月以上被保険者期間がなければなりません。
条件に該当する場合には、離職票などに必要な情報がすべて記載されていることを確認しましょう。

職安の利用方法4ステップ

ここでは、申し込みから職業紹介まで順を追った職安の利用方法を紹介します。初めて職安に行くという方は、利用方法が分からず戸惑ってしまうことも。以下の内容をよく確認してから職安を訪れましょう。

1.最寄りの職安で求職の申込みをする

まずは、職安で求職の申し込みをして、利用に必要な「ハローワークカード」を発行してもらいます。
受付で求職者の申し込みを希望する旨を伝えれば、説明と案内があるので指示に従いましょう。求職申込書の記入内容は、氏名や学歴、職歴、希望条件など、10分程度で書き終えられる簡単なもの。求職申込用紙を提出したら、その場で「ハローワークカード」が発行されます。

2.求人を探す

求職者登録を済ませたら、職安に設置されているパソコンを使って求人検索をします。受付で求人情報を検索をしたい旨を伝えましょう。パソコンを使用する際は、必ず番号札を受け取ってください。番号札に書かれた番号のパソコンを使用し、情報を検索します。
パソコンは職安のインターネットサービスに接続されており、企業が出している求人情報の検索が可能です。検索された求人の中から、自分の希望に合う企業を探しましょう。

3.窓口で求人の相談をする

気になる求人情報が見つかったら、プリントアウトをして窓口へ持っていきます。窓口にいる職安の相談員に応募する企業の情報を聞き、希望する条件を相談しましょう。話がまとまったら、企業に面接のアポを取ったり、書類選考への参加を申し込んだりといった選考フローに進みます。このタイミングで面接の日時が決まることが多いので、自分のスケジュールをきちんと把握しておくようにしましょう。企業への応募が済んだら、先述した「紹介状」が手渡されます。紹介状は、書類送付の際や面接を受ける際に必要になるので、失くさないよう注意しましょう。

4.応募した企業で面接を受ける

職安で紹介状をもらったあとは、決められた日時に企業へ向かい、面接を受けます。面接の際は、スーツを着用し、社会人として相応しい格好を心掛けましょう。万が一、面接の日程に行けなくなってしまった場合は、早めに相手企業に連絡を入れ、別日程の調整を行うようにしてください。
職安経由の企業面接について詳しく知りたい方は、「ハローワーク紹介の求人で面接!大切なこと、NGなこと」の記事もおすすめです。

職安で求人を見つける際のポイント

求職者にとって便利なサービスが充実している職安ですが、利用する際は注意が必要です。自分に合った条件の求人を見つけるためにも、求人探しのポイントを押さえ、実りある求職活動を実現させましょう。

雇用条件をしっかりと確認する

求人の内容と実際の企業の内情が異なっていたなどのミスマッチが起きないように、応募前には雇用条件をしっかり確認しておきましょう。
職安の相談員に聞くと、業務内容や残業、職場環境について詳しく教えてもらえます。特に給与や待遇については、入職後に損をすることがないよう、しっかりと聞いておきましょう。給与面についてはどうしても聞きにくいかもしれませんが、理想的な働き方を実現させるためにも、妥協せずに確認することが大切です。

企業の情報は自分自身でもリサーチしておく

就職・転職活動を成功させるために重要なのが、抜かりない情報収集です。職安で求人情報を得たからといって安心せず、企業の情報は自分でもよく調べるようにしましょう。
地元の中小企業でネットに情報が少ない場合は、自身で口コミを集めてみるのがおすすめ。近所の知人や友人に企業のことを聞けば、思ったよりも多くの情報を得られる可能性もあります。ほかにも、SNSで企業の検索をかけてみるのも一つの手です。ただし、ネットやSNSを利用する場合、情報の信憑性はしっかりと見極めましょう。

頻繁に募集をかけている求人は要注意

頻繁に募集が行われており、常に目にする求人には注意が必要です。職場や労働環境、待遇などに問題があり、人材不足に陥っている恐れがあります。優良企業であればすぐに採用が決まることが多いので、頻繁に募集をかけ続けている企業は、それだけの問題を抱えている可能性があることを念頭に置いておきましょう。

効率的な就活は職安とエージェントの併用がおすすめ!

職安は求人件数が多く、無料で利用できるところが魅力ですが、効率よく就職・転職活動をするには、多くの求人情報を知ることがポイントになります。職安に求人情報を掲載している企業は地元密着型のところが多いので、近隣他府県の情報をより幅広く知りたい場合や、より多くの情報を集める場合には、就職・転職エージェントの併用がおすすめです。

若年層向け就職・転職エージェントのハタラクティブでは、あなたの就活を全力でサポートします。知識豊富な専任アドバイザーによる丁寧なヒアリングで、一人ひとりの希望に合った求人をご紹介。自分の適職を見つけたい方にもおすすめです。また、面接対策や書類作成指導をはじめ、就活に関するさまざまな悩み相談もできるので、安心して内定獲得が目指せます。登録・利用料は無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

こんなときどうする?ハローワークでの求職活動に関するお悩みQ&A

ハローワークで求職活動中の方に向けて、よくあるお悩みについてQ&A方式で解決していきます。

ハローワークの求人はどんな人に向いている?

ハローワークに登録されている求人数は幅広いため、さまざまな業界や職種から求人探しをしたい方に適しています。また、地域の中小・中堅企業の求人が数多く登録されているので、地元にUターン・Jターンを考えている方にもおすすめ。ハローワークの職員が支援してくれる点も心強いポイントです。ハローワークで就職活動をするときの特徴は、「ハローワークは就職に使える?メリットとデメリット」にも掲載しています。

紹介状を発行されたら、すぐ履歴書を送るべき?

応募しようと考えている企業の応募期日が紹介状に記載されている場合は、期日までに応募すれば問題ありません。何も記載がない場合は、遅くとも1週間を目安に書類を送るのが望ましいでしょう。ハローワークから応募する際の流れは、「ハローワークの利用方法とは?初めて使うときはどうすれば良い?」でも詳しく解説しています。

ハローワーク経由の応募で掛け持ちはOK?

応募できるのは何社までといった決まりはないので、基本的には複数応募は可能です。
ただし、選考のスケジュール調整や辞退連絡などは自分で行うことになるため、同時に申し込む求人が多いのも考えもの。1社に絞りきれない場合は、ハローワークの相談員に相談し、計画を立てて応募しましょう。ハタラクティブでも、求人応募する際のポイントをお伝えしています。転職を成功させたい方は、ぜひご利用ください。「転職活動で頼れる味方はハローワークだけじゃない?」でも、求人探しのコツを詳しく解説しています。

自分に合いそうな求人が見つかりません

ハローワークの相談員に、自分がやってみたい仕事や求人が多く集まる時期について積極的に問い合わせてみましょう。希望の求人が紹介してもらえるまで根気強く続けるのも良いですが、思い切ってハローワーク以外の選択肢を視野に入れてみるのも一つの手。「仕事が見つからない時に考えてほしいポイント」もあわせてご覧ください。スキルや経験を活かした仕事に就けるよう、ハタラクティブでもサポートしています。

この記事に関連するタグ