ハローワークに行くときの服装と持ち物について

ハローワークに行くときの服装と持ち物についての画像

この記事のまとめ

  • ハローワークに行く時は、基本的に普段着で問題ない
  • 模擬面接は本番と同様にスーツで行くのがおすすめ
  • 履歴書や筆記用具があると便利
  • 分からないことは気軽に窓口に相談しよう

初めてハローワークを利用する方の中には、適切な服装が分からない方もいるのではないでしょうか。就活はスーツのイメージがありますが、求人を閲覧するだけなら普段着でも問題ありません。ただ、まれに当日中に面接が行われることもあり、注意が必要です。コラムでは、求人閲覧や失業保険の申請時など、状況別に適切な身だしなみを解説します。ハローワークの活用法も紹介するので、就活を成功させたい方はご覧ください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 自分に合った仕事を見つけたい
  • なんとかうまく生きていきたい・・
  • どうすればいいか教えて欲しい・・
不安な仕事探し、私たちが0からサポートします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

ハローワークに行くときの服装はどうすればいい?

ハローワークに行くときの服装はどうすればいい?の画像

ハローワークに行くときの服装について迷う方もいるかもしれませんが、仕事探しにいく場合や失業保険の申請に行く場合は普段着で問題ありません。

この際の服装がその後の選考に影響したり、ハローワークの職員に注意されたりすることはないので、ジーンズやサンダルなどラフな格好でも構いません。ただし、だらしない格好は避けて常識の範囲内で服装を選びましょう。

注意点として、急募の案件の場合はその場で「今から面接にいけますか?」と聞かれることがまれにあります。このとき、改めて日程調整することもできますが、なるべく早く仕事を決めたい方は、その日の予定を空けたうえで、念のためスーツで仕事探しにいくのも一つの手でしょう。

もちろん、スーツを持参していくこともできますが、靴や鞄も合わせると大荷物になってしまうので、車移動でない限りは現実的ではありません。

ハタラビット

自分の適職とは?
ハタラクティブで
相談してみませんか?

こんなお悩みありませんか?

  • 自分のやりたいことがわからない…
  • 就職・転職のタイミングがつかめない
  • 就活って、何からはじめたらいいの?

就活に関する不安や疑問にもハタラクティブでは、1つ1つ向き合います!
あなたに合った求人のご紹介だけでなく、今の転職市場のお話や必要な準備など、ご状況に合わせて、専任の担当が丁寧にサポート
今すぐでも、少し先の就活でもOKです!
まずは気軽に相談してみませんか。

未経験OK多数!求人を見てみる

ハローワークで模擬面接をするときの服装は?

ハローワークでは、求人紹介のほかに、模擬面接やセミナーなどの選考対策を行っているところもあります。就活を成功させるためにも、積極的な活用がおすすめです。ハローワークによって実施の有無やプログラムの内容が異なるので、あらかじめ問い合わせて確認しましょう。

模擬面接では、職員が面接官役になって実際の面接のシミュレーションを行い、良かったところや改善点などを指導してもらえます。服装の指定はありませんが、本番同様スーツで臨むのがおすすめです。スーツを着ることで気持ちが引き締まり、就活本番のような緊張感の中で練習できます。

さらに、スーツの着こなしやシャツ・ネクタイ・靴・かばんの色やデザインなどについても、同時に相談できるメリットがあります。

面接に慣れていない方や就活が初めての方にとっては、面接時の服装は「間違ったら怖い」という心配の種になることも。服装は第一印象を決める大切な要素なので、就活成功に向けてハローワークでアドバイスをもらえるのは有益です。

面接会や会社説明会の服装

ハローワークでは、求人を出す企業による合同就職面接会やミニ就職面接会、会社説明会が開催されることがあります。企業が参加するイベントは採否が決まる場でもあるので、就活にふさわしい身だしなみで出向きましょう。男女ともにスーツを着用すれば間違いありません。

あると便利な持ち物は?

あると便利な持ち物は?の画像

ハローワークに求人を探しにいくときにあった方が良い持ち物は、履歴書、メモ帳、筆記用具です。初めてハローワークを利用する場合は、求職申込書という書類に記入して求職登録を行います。この書類には、氏名、生年月日、現住所などの個人情報、連絡先のほか、今までの職務経歴、学歴、資格、希望職種や希望年収を記入する欄があります。記入済みの履歴書を持参すると、これらの情報をスムーズに書けるでしょう。

メモ帳と筆記用具があれば、求人について問い合わせる場合や、模擬面接でアドバイスをもらった際に、すぐにメモができ便利です。失業保険の申請・認定日や職業訓練など、状況別の持ち物を知りたい方は、「ハローワークに必要な持ち物とは?初めての来所や失業保険申請の場合を解説」のコラムも参考にしてください。

失業保険の申請時は写真や離職票も必要

失業保険の申請時は、離職票や本人確認できる写真、預金通帳なども必要です。写真の服装に決まりはありませんが、スーツで撮影すれば証明写真として就活中に活用できます。なお、マイナンバーカードを提示すれば写真の提出はいらないことになっています。

ハローワークを使う流れ

ハローワークを利用する際は、自分が向かうハローワークの開庁日、開庁時間を調べていくとスムーズです。地域によっては土曜や夜間に利用できる場合もあるので、在職中で平日に休むのが難しい方も利用できます。また、ハローワークはお盆期間中も利用可能なので、夏季休暇を使って効率的に求職活動をするのも良いでしょう。

ハローワークでは先ほどご説明した「求職申込書」を提出し、申込書が受理されると「ハローワークカード」が渡されます。カードは相談や求人紹介の際に使われるので、ハローワークを訪れる時は必ず持っていきましょう。

求人を探す際はハローワークに設置されたパソコンを使う方法がメインですが、ハローワークによっては新規の求人を展示していたり、地域ごとの求人をファイルにまとめていたりする場合もあります。

仕事探しのやり方が分からないときは一人で悩まず窓口に相談しましょう。窓口では、「就活のやり方が分からない」「応募書類の書き方が分からない」「求人の詳細が知りたい」といった幅広い相談を受け付けているので、気軽に利用してみてはいかがですか?

職業紹介や模擬面接はハローワークでも実施していますが、就活を確実に成功させるには、同時に就活エージェントの利用もおすすめします。エージェントでは、求人提案や企業とのやり取りの代行、キャリア相談など仕事探しに必要な多様な支援を提供しています。

ハタラクティブは20代の就活・転職成功をサポートするエージェントです。面接練習やカウンセリングも実施しており、利用はすべて無料です。ハローワークで取り扱っていない求人や第二新卒歓迎の求人も多いので、就活を成功させたい方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

ハローワークを訪ねる際の服装や準備に関する疑問

ここでは、ハローワークを訪ねる際の服装や準備に関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。

ハローワークにはスーツで行くべき?

ハローワーク訪問の服装に決まりはないため、スーツでも私服でも問題ありません。とはいえ、周囲への配慮に欠ける服装で行ってしまうと、ハローワーク職員に仕事を紹介するうえでの不安材料を与えてしまうことも。「ハローワークへ初めて行く方に!服装選びのコツ」でも説明しているとおり、服装や髪型は清潔感を意識し、就活に適した身だしなみを心掛けましょう。

ハローワークに行くのに予約は必要ですか?

仕事探しに行くだけなら、予約は不要です。ただし、職業相談や適性検査など特定のサービスにおいては、予約が必要な場合もあります。また、ハローワークの各種サービスを利用するには、求職登録が必須です。ハローワークの登録窓口に求職申込書を提出し、ハローワークカードを発行してもらいましょう。ハローワークの詳しい利用方法は、「ハローワークの使い方は?利用の流れとポイントを徹底解説」でご紹介しています。

ハローワークに行くときに必須の持ち物は?

求人を閲覧する仕事探しが目的の場合、必須の持ち物はありません。ただ、情報収集や求職申し込みをするつもりであれば、筆記用具や履歴書、職務経歴書の持参をおすすめします。ハローワーク利用時の持ち物については、「ハローワークを利用する流れは?初めての応募申し込みや失業保険の申請方法」も参考にしてください。

ハローワークを効率的に利用するには?

ハローワークの窓口相談を積極的に活用しましょう。「ハローワークは就職に使える?メリットとデメリット」でも解説しているとおり、求人票の詳細情報を得られたり、就活のアドバイスを受けられたりします。仕事探しにお悩みの方は、就活エージェントのハタラクティブもぜひご活用ください。ハタラクティブでは、ご相談者のお悩みや要望を丁寧にヒアリング。よりマッチ度の高い求人提案で仕事探しを成功に導きます。

この記事に関連するタグ