新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ハローワークの窓口で相談できることは?準備すべき内容や流れを紹介

ハローワークの窓口で相談できることは?準備すべき内容や流れを紹介

公開日:

最終更新日:

ハローワークの窓口で相談できることは?準備すべき内容や流れを紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・ハローワークに相談するときは、電話ではなく直接窓口に行こう
  • ・ハローワークでは就職や失業保険に関することを相談できる
  • ・ハローワークの職業相談では、仕事の紹介や面接対策などの支援を受けられる
  • ・ハローワークの相談員には職務経歴や希望条件などを聞かれる
  • ・民間のエージェントでも就職に関する支援サービスを受けられる

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

「ハローワークではどんなことを相談できるの?」と疑問に思っている方もいるでしょう。ハローワークの職業相談では、求職に関する内容であれば何でも相談できます。このコラムでは、ハローワークを利用するメリット・デメリットや、職業相談でできることなどをまとめました。ハローワーク利用時の大まかな流れを知り、職業相談を利用してみましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハローワークとは?

ハローワーク(公共職業安定所)とは、国が運営する求職者支援サービスであり、全国に約540ヶ所あります。主に職業紹介・雇用保険・雇用対策などを目的として利用される施設です。
「転職活動をしたい」「地元で働きたい」「ニートから就職したい」など、仕事に関するさまざまな悩みや希望を持っている方の相談に対応しています。

最寄りのハローワークを調べたい方は、ハローワークインターネットサービス「ハローワーク等所在地情報」をご覧ください。こちらのページでは、ハローワークをはじめ、わかものハローワークやふるさとハローワーク、マザーズハローワークといった関連施設の所在地も調べられます。

ハローワークについて詳しく知りたい方は、「ハローワークは就職に使える?メリットとデメリット」も併せてご覧ください。

ハローワークへの相談の仕方は?電話でもいい?

 

 

ハローワークで労働に関する相談を希望する場合は、直接窓口に行き、案内を受ける必要があります。地域にあるハローワークを検索し、通いやすい場所を選ぶと良いでしょう。
なお、ハローワークは電話での相談対応は行っていません。電話でできるのは、簡単な質問や問い合わせ、相談予約に限られるので、注意が必要です。

ハローワークで相談できる内容とは?

ハローワークで相談しようと考えているものの、具体的にどのようなサービスが受けられるのか知らない人もいるのではないでしょうか。
ハローワークには職業支援に関するサービスが充実しているので、必要なときに活用できるよう知っておくと良いでしょう。

就職活動に関する相談

ハローワークが提供する主なサービスは職業紹介です。求職者と企業を結びつける役割を持つハローワークでは、求職者の就職を支援するサービスを提供しています。たとえば、ハローワークを通して職業訓練を受講することが可能です。職業訓練は、求職者がスキルや知識を得て就職先の選択肢を広げることを目的としています。
そのほか、履歴書の添削や面接対策なども実施。求人情報について不明な点があれば、相談員が答えてくれたり、企業に連絡を取って確認してくれたりするため、1人で就職活動をするよりも安心して進められるでしょう。

ハローワークは在職中でも利用できる

ハローワークは在職中の方も利用可能です。ハローワークの受付で求職者登録をすれば、職業相談や紹介などの支援が受けられるようになります。
施設によっては19時まで開庁している場合や、土曜日も開庁している場合もあるため、「平日は仕事で忙しい」という方も安心です。

人材確保対策コーナーも活用してみよう

ハローワークには、「人材確保対策コーナー」があるところもあります。
人材確保対策コーナーは、人材不足が深刻な介護、看護、保育、建設、警備、運輸の6分野に特化した就職支援を行っている窓口のことです。
6分野に該当する職業に興味がある方は、人材確保対策コーナーも活用してみると良いでしょう。職業相談やセミナー、職場見学会の案内など、さまざまなサポートを受けられます。

ハローワークに相談して正社員を目指したいと考えている方は、こちらの「ハローワークの相談サービスを活用して正社員就職を!」もチェックしてみてください。

失業保険の受給手続き

ハローワークでは、失業保険の受給手続きも対応しています。住居地を管轄するハローワークで求職者登録をし、離職票を提出しましょう。受給資格が確認されたら、別日に受給者への説明会があるので、出席して説明を受けます。
失業保険は誰でももらえるわけではなく、条件を満たさなければ受給できません。その条件の一つとして挙げられるのが、「求職中である」ということです。そのため、失業保険を受給するためには何度かハローワークで職業相談をする必要があります。

失業保険の受給対象者

失業保険とは、仕事を失った人が安心して求職活動に専念できるようサポートするための制度です。そのため、退職後すぐに求職活動を始めている人が対象となります。

失業保険については、「知らなきゃ損!失業保険の条件とは」でも詳しく解説しています。

ハローワークの職業相談でできることは?

ハローワークでは、初歩的なことから具体的なことまで気兼ねなく相談できます。求職するにあたって不安なことや分からないことは、最初のうちに相談員に質問して解決しておくと良いでしょう。
具体的な相談内容例は以下のとおりです。

・適性検査、自己分析
・求職活動のやり方の指導
・応募書類の作成指導、添削
・志望企業や気になる企業についての問い合わせ
・紹介状の発行
・面接対策
・セミナーなどの案内
・個別の悩み相談

また、ハローワークには、わかもの支援コーナーやマザーズコーナーなど、年齢や状況に合わせた労働関連のコーナーも設けているので、その点もチェックしておくのがおすすめです。分からない場合は相談員に聞けば案内してくれます。
自分の悩みや希望を明確にし、ハローワークの職業相談を活用しましょう。

ハローワークで受けられるサービスについては、こちらの「ハローワークのサービス内容と利用方法について」も参考にしてください。

ハローワークの相談員にはどんなことを聞かれる?

ハローワークの相談員に聞かれることは、求職者の情報です。これまでの経歴や保持している資格、希望する就職先など、聞かれそうなことをある程度予測して相談に行くことをおすすめします。

職務経歴について

職務経歴は相談員がマッチングしやすい求人を紹介するのに欠かせない情報のため、詳しく聞かれる場合があります。
これまでしてきた仕事や経験、今までに身につけたスキル・知識などを詳しく話せるように準備しておくのがおすすめです。些細なことが求人紹介のきっかけになるので、「これで良いのかな…」と思うような内容でも話してみるのが良いでしょう。

資格や免許について

ハローワークでは、持っている資格や免許も聞かれることがあります。
少しでも有利な求人を紹介してもらうために、いつどんな資格・免許を取得したのか、相談員に伝えられるようまとめておいてください。未経験職種でも、資格を持っていることで優遇される場合があります。また、応募条件に運転免許を必要とする求人もあるでしょう。

就職先についての希望

給料や仕事内容、休暇など、就職先に求める条件を相談員に伝えられるようにしておきましょう。もし具体的な希望が決まっていないのであれば、通勤方法や通勤可能な範囲だけでも決めておくことをおすすめします。ハローワークは地元の求人が豊富なので、通勤可能な地域から求人紹介をしてくれるでしょう。

相談員と話すなかで、自分のスキルを活かせる職場を発見したり、希望の条件に似た別の職種があったりする可能性があります。かしこまらず、リラックスして相談すると良いでしょう。

ハローワーク求人への効率的な申し込み方5選」では、ハローワークの求人探しのコツを解説しているので、ご一読ください。

ハローワークで職業相談をするときの流れ

初めてハローワークで職業相談をするときは、まず求職者情報を登録する必要があります。ハローワークは目的によって窓口が異なるため、まずは受付に行くのがおすすめです。
ここでは、初めてハローワークで職業相談をするときの流れを簡単にご紹介します。

1.求職申込書の記入、提出

ハローワークの支援サービスを利用するために必要なのが、求職申込書の記入と提出です。まずは案内に従って求職申込書に記入して仮登録をし、そのあと窓口で本登録をする必要があります。この入力の仕方には以下の2パターンがあるので、やりやすい方法で仮登録すると良いでしょう。

・ハローワーク内に設置されているパソコンで入力し、仮登録する
・自宅のパソコン等で入力し仮登録をする
・仮登録から14日以内にハローワークへ行く

求職者情報の登録が完了すると、ハローワークカードが発行されます。一度ハローワークカードが発行されると、次回からはカードを提示するだけで受付ができ、気軽に職業相談や求人検索などを利用できるようになります。

2.求人を探す

ハローワークの窓口で相談員に相談しながら求人を探したり、ハローワーク内に設置されたパソコンで求人検索をしたりと、さまざまな方法で求人を探せます。また、ハローワークインターネットサービスを利用することで自宅でも求人検索が可能。探しやすい方法でたくさんの求人に目を通してみてください。

3.窓口で職業相談をする

最初は相談員から聞かれることに答える場合もありますが、不安なことや求人に関する疑問など何でも聞けます。順番待ちのときに気になる求人があれば、それについて質問してみるのも良いでしょう。
求人に応募したあとの職業相談では、履歴書の添削や面接対策など具体的な対策について相談できます。また、ハローワークでは多彩な対策セミナーが実施されているので、受講できるセミナーについて聞いておくのもおすすめです。

こちらの「ハローワークの使い方は?利用の流れとポイントを徹底解説」では、ハローワークを有効に利用するコツをご紹介しています。

ハローワークに相談するときの持ち物や服装は?

 


ハローワークに相談しに行くときは、メモ帳やボールペン、シャーペンなどの筆記用具を持っていきます。筆記用具があると、事前に質問したい内容を書いておいたり、相談員から受けたアドバイスをメモしたりするのに役立つでしょう。また、履歴書や職務経歴書の書き方を知りたい人は、事前に記載したものを持参するとスムーズです。
ハローワークへ行くときの服装は特に決まっていません。ほとんどの人が私服ですが、面接対策をするときはスーツが適しているでしょう。なお、まれにその日のうちに企業へ応募書類を提出しに行くことになったり、面接を受けることになったりする場合もあるため、早く仕事を見つけたい人はスーツのほうがおすすめです。

ハローワークに行く際の服装については、「ハローワークへ初めて行く方に!服装選びのコツ」でも解説しています。

 

失業保険を受給する人はハローワークのハンコを貰おう

 


失業保険を受給する方は、ハローワークの職業相談・紹介や職業訓練など、求職活動をするたびに雇用保険受給資格者証にハンコを押して貰う必要があります。
失業保険を受給するには求職活動の実績が必要であり、ハローワークで貰うハンコが証明となるため、忘れないようにしましょう。

 

ハローワークのハンコなしの場合は?

求職相談をした際にハンコを貰い忘れてしまった場合は、ハローワークに行ってハンコを押してもらいましょう。求職活動にハローワークを利用した場合は履歴が残るため、ハンコを貰っていない旨を伝えれば相談員が調べてくれます。

ハローワークで職業相談するときの4つのポイント

 


ハローワークで職業相談をするときにはいくつかのポイントがあります。相談時間が長引くことがないように、ポイントを押さえて事前に準備しておくのがおすすめです。

 

1.ハローワークの営業時間をチェック

ハローワークの営業時間は、基本的に平日の9時前後から17時頃までの場合が多いようです。各地域のハローワークによって営業時間にずれがあるので、事前に確認しておきましょう。職業相談は予約制ですが、土日明けや連休明けは混雑が予想されるので注意が必要です。また、時間帯によっては混雑するので待ち時間も考慮しておきましょう。

2.相談したい内容は事前に具体的に考えておく

ハローワークに予約した相談時間を無駄にしないためにも、聞きたい内容は具体的に決めておきましょう。たとえば、給料や手当、残業時間など重視する希望条件を明確にしておくことで、勧められた求人の応募条件についてすぐに質問できます。
「質問しようと思っていたのに忘れてしまった…」ということがないように、事前に質問したい内容をリストアップしておくと良いでしょう。

3.同じ質問を繰り返さない

ハローワークの職業相談では、同じ質問を何度もしないように心がけましょう。
情報共有のために相談内容が記録されているため、職業相談のたびに同じ質問をしていると、「働く気がないのでは?」と思われてしまうので注意が必要です。
同じ質問を繰り返さないためにも、相談員からのアドバイスはきちんとメモを取っておくことが大切です。

4.希望の条件を満たさない求人は断る

希望に合わない求人を紹介された場合は、遠慮せず断りましょう。
相談員は多角的な視点から求人を紹介するため、なかには希望の条件を満たす求人ではないときもあります。雰囲気に流されて、興味がない就職先に応募してしまわないように気をつけましょう。
相談員に必要以上に気を遣ってしまい、意見を言いにくいと感じる方もいるでしょうが、ハローワークで求人を紹介されたからといって必ず選考を受けなければいけないわけではありません。
貴重な相談時間を有効に使うためにも、自分の意見をしっかり伝えることが大事です。

ハローワークへ相談に行くメリットとデメリット

ハローワークの活用には、メリット・デメリットがあります。国が運営する機関のため、誰でも足を運びやすいメリットがある一方で、相談員に不満を感じる人もいるようです。ハローワークを利用する前に、メリットとデメリットの両方を知っておきましょう。

メリット

ハローワークには、下記のようなメリットがあります。

・地元の求人が多い
・求職者や企業から手数料を取らないため、無料で支援サービスを利用できる
・求職者の意思を尊重し、強く就職を勧めてこない
・不採用の理由が聞ける

ハローワークの大きなメリットは地元の求人の多さです。特に中小企業が多い傾向にありますが、住んでいる地域からあまり遠くに通いたくないという人におすすめといえます。また、国が運営する公的機関のため、誰でも平等に無料で利用が可能。相談員が就職を強く勧めてくることもないので、自分のペースで就職活動を進めたいという人に向いているでしょう。
ハローワークの相談員は企業と連絡をとれる立場です。そのため、ハローワークの紹介状を持って採用試験を受けた場合、不採用になった理由を相談員を通して聞けます。不採用になった原因を知りたい方や、次の採用試験のために活かしたいと考える方におすすめです。

デメリット

ハローワークにはメリットだけでなく、デメリットもあることを知っておきましょう。具体的なデメリットは、以下のとおりです。

・求人の質や相談員の質にばらつきがある
・地元中心のため、大企業の求人が少ない
・自から積極的に行動する必要がある
・求人情報から社内の雰囲気が読み取れないことが多い

ハローワークは公的機関であるため平等性はありますが、質の面ではばらつきがあるようです。特に相談員に関しては、事務的な受け答えで終わってしまう人がいる場合も。ハローワークの相談員は、順番待ちを減らすため担当制にはなっていません。相談員を指名できるかどうかは、各ハローワークによって対応が異なるようです。そのため、自分の話を親身に聞いてほしいという人には不向きな可能性があります。
さらに大企業への就職や地元以外の地域への就職を希望する場合、ハローワークでは物足りなさを感じる人が多いようです。また、自から積極的に質問をしたり、情報を得ようとしたりしないとなかなか就職活動が進まない点をデメリットに感じる人もいるでしょう。求人から得にくい情報も多いので、自から気づいて質問したり、行動したりすることが大切です。

ハローワークのメリットとデメリットについては、こちらの「ハローワークに相談するメリットとデメリット」でも詳しく解説しています。

就職相談はハローワーク以外でもできる

 


ハローワークで行っている職業相談や面接対策などの支援サービスは、民間のエージェントでも無料で実施されています。
エージェントではハローワークで取り扱っていない求人を多く扱っているので、併用してみるのもおすすめです。

 

就職エージェントとは

就職エージェントとは、専属のアドバイザーによる就職や転職に関するサポートを受けられる民間の機関です。
アドバイザーと個別で面談を行い、相談内容を基にした企業の紹介や、書類作成の添削・アドバイス、面接対策など、きめ細やかな就職・転職サポートを実施します。
就職エージェントでは自分に合ったサポートを受けられるので、「一人での求職活動は不安」「求人を探そうにも自分の希望が明確になっていない」という方は、利用を検討すると良いでしょう。

就職エージェントを併用するメリット

ハローワークと就職エージェントの併用には、以下のようなメリットがあります。

・Web上で登録ができる
・専属のアドバイザーによる個別サポートを無料で受けられる
・プロから履歴書作成のコツを聞ける
・企業ごとに面接のコツを教えてもらえる
・アドバイザーに就職相談できる
・自分に合った企業を紹介してもらえる
・面接の日程調整など、企業とのやり取りはアドバイザーが間に入ってくれる
・就職後もアドバイザーから定期的に連絡がある
・就活関連で困ったことがあったら些細なことでも相談に乗ってくれる

就職エージェントは、一人ひとりに合った個別のサポートを受けられるのが最大のメリットといえるでしょう。
ハローワークで自分に合った求人がなかなか見つからない、思うように就活が進まないという場合は、就職エージェントを活用することをおすすめします。

ハローワークのほかに民間のエージェントを使ってみようと思っている方は、ハタラクティブに相談してみませんか?
ハタラクティブでは、まず悩みや不安をお聞きし、あなたに合った求人をご紹介します。ほかにも、応募書類の添削や面接対策、セミナーなど、就職・転職を支援するサービスが豊富です。
親切・丁寧なサポートが特徴ですので、ハローワークに行ったことがない人でも安心してご相談いただけます。
転職活動や就職活動を行いたいけど一歩が踏み出せないという方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ