ハローワークに申告する「求職活動」とは?認定回数や事例とあわせて解説!

ハローワークに申告する「求職活動」とは?認定回数や事例とあわせて解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・「求職活動の実績」とは、次の仕事に就くために行っている求職活動の内容
  • ・失業保険を受給するためにはハローワークへ求職活動を申告し、失業認定を受ける
  • ・ハローワークから失業認定が受けられる求職活動の回数は、退職方法によって異なる
  • ・ハローワークに申告する求職活動は、内容によって実績と認められない場合がある
  • ・実績作りだけを目的とせず、自分が目指す目標に合った求職活動をしよう

退職後、ハローワークに申告する「求職活動」について知らない人も多いのではないでしょうか。
失業保険を受給するには求職活動の実績を作り、決められた回数をハローワークに申請して「失業認定」を受けなくてはなりません。このコラムでは、失業保険の仕組みや受給までの流れを解説。また、不正受給のリスクを避けるポイントや、受給条件を満たす求職活動の種類についても説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

ハローワークに申告する「求職活動の実績」とは?

「求職活動の実績」とは、次の仕事に就くために行っている求職活動の内容です。求職活動の実績は失業保険の受給に必要な証明となるため、失業保険を受け取る場合は求職活動の実績をハローワークに申告する必要があります。
また、失業保険は会社を退職したすべての人が必ず受け取れるわけではありません。ハローワークが定めている受給条件を満たしたうえで求職活動の実績を作り、「失業認定」を受けることで受給できます。
ハローワークインターネットサービスの「受給条件」によると、失業保険の受給条件は下記のとおりです。

・求職活動を積極的に行っている
・働く意思と能力があるにも関わらず、就職ができない「失業の状態」にある
・雇用保険に1年以上加入している(特定受給資格者・特定理由離職者は6カ月以上)

求職活動の実績が不十分な場合、支給が先送りになります。また、失業保険の受給期間(退職日翌日から1年間)を過ぎてしまうと受給できなくなってしまうので注意しましょう。
失業保険は、原則受給期間内に受け取るのが基本です。しかし、病気やけが、妊娠、定年などのやむを得ない事情ですぐに求職活動ができない場合は、受給期間の延長申請や時効(2年間)完成前の受給申請を行うこともできます。詳しくは「失業保険は遡って申請できる?期限や手続きの流れを解説」で解説していますので、あわせてご覧ください。

参照元
ハローワークインターネットサービス
受給条件

失業保険受給までの流れ

ここでは、ハローワークへの求職手続きから失業保険を受給するまでの流れを解説します。失業保険の手続き方法が分からない…とお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

退職

「雇用保険被保険者証」「雇用保険被保険者離職票(2枚)」を在職中に確認しましょう。
雇用保険被保険者離職票は失業保険を受け取るために必要な書類のため、忘れずに受け取ってください。書類は2枚綴りで、退職日から約10日前後で手元に届きます。(直接受け取りに行く場合もあります)

居住地のハローワークへ求職申し込みをする

求職の申し込みと同時に、雇用保険被保険者離職票を提出します。その際、マイナンバーカードや身分証明書、印鑑などが必要になるので、事前に準備しておきましょう。
このとき、先述した受給条件や離職理由などを確認したうえで、受給資格を決定します。

ハローワークが実施する受給説明会へ参加する

受給説明会では、失業保険の受け取り方に関する説明が行われます。求職申し込みの際に指定された日程が伝えられるので、忘れずに参加しましょう。
終了後には、「失業認定申告書」「雇用保険受給資格者証」が手渡され、1回目の失業認定日が伝えられます。

求職活動を行う

ハローワークが定める求職活動の範囲に基づいて、求職活動を行いましょう。具体的な求職活動の例については、下記の「ハローワークが認める求職活動の事例」で解説するので、そちらをご覧ください。

求職活動の実績を申告して「失業認定」を受ける

失業認定は原則4週間に1度行われ、求職活動の実績を確認します。失業認定日はあらかじめ指定されているので、該当日に自分が居住する管轄内のハローワークへ行き、失業認定を受けましょう。
ハローワークでは求職活動の内容を記入した「失業認定申告書」とあわせて、「雇用保険受給資格者証」を提出します。

失業保険の給付

失業認定日から通常5営業日に、指定した預金口座へ失業保険が振り込まれます。失業保険は所定の給付日数を上限に、再就職先が決まるまで受給可能です。このように「失業認定」と「受給」を繰り返すことで、金銭的に余裕をもちながら求職活動をすることができます。

ハローワークから失業認定が受けられる求職活動の回数

求職活動の実績を申告する回数は、退職理由によって異なるため注意が必要です。ここでは、会社都合と自己都合のそれぞれに必要な求職活動の実績回数について解説します。

会社都合で退職した場合

倒産や解雇、リストラといった理由で会社都合による退職をした場合、最初の失業認定日までに2回以上の求職活動の実績が必要です。ただし、参加必須である受給説明会が「1回目の求職活動」に含まれるため、実質最低1回以上の求職活動が必要となります。そのため、2回目の失業認定日までに求職活動の実績を作りましょう。

自己都合で退職した場合

自己都合で退職した場合は、3カ月間の給付制限期間があります。この期間が満了しないと失業保険が受け取れません。その際、給付制限期間とその後の認定対象期間をあわせると、3回以上の求職活動の実績が必要になります。しかし、先述のとおり受給説明会は1回目の求職活動とみなされるため、2回目の失業認定日までに実質最低2回以上の求職活動の実績を作っておきましょう
このように、自己都合で退職すると失業保険の受給に時間が掛かったり、求職活動の実績回数が増えてしまったりするデメリットがあります。

不正受給に注意!
失業認定を受ける際、求職活動の実績を偽るのは避けましょう。虚偽の実績を申告すると、「不正受給」にあたる可能性も。また、不正受給が発覚した場合は失業保険の給付停止のほか、給付金の倍額に値する金額を返還するなどの罰則が与えられます。
不正受給については、「不正受給となるケース」でも詳しく解説しているので、あわせてチェックしてみてください。

ハローワークが認める求職活動の事例

求職活動をする際には、実績として認められる活動を事前に確認しておきましょう。また、求職活動として認定されるものは、失業保険手続きの際に配布される「受給資格者のしおり」で確認することも可能です。

求人への応募

求人へ応募することは、就職に必須の活動です。そのため、応募自体が積極的な求職活動とみなされ、ハローワークによっては「1回の応募で2回分の実績」「応募で1回、書類送付で1回の実績」と認められることもあります。

ハローワークが実施する説明会やセミナーへの参加

ハローワークが実施しているセミナーや求人説明会、職業紹介などを利用する方法もあります。また、求人情報を検索し、気になる内容を職員に相談することも求職活動の実績に含まれるので、率先して行いましょう。ハローワークの窓口では求人の検索方法や応募書類の添削など、さまざまなアドバイスが受けられます。
ハローワークで求職活動を行うポイントは、実績の証明となるハンコがもらえること。このハンコは1つで「1回分の求職活動」とみなされるため、「いろいろと動き回るのが難しい」「自分のペースで求職活動がしたい」といった方におすすめです。

民間企業が実施する説明会への参加

職業相談や転職フェアー、合同説明会など、民間企業が催すイベントへの参加も求職活動の実績になります。これらは定期的に行われているため、開催日を調べて積極的に参加すると良いでしょう。イベントに参加した場合、失業認定申告書には主催元の連絡先を記入する必要があります。

試験や検定を受ける

資格試験や検定を受けると、求職活動の実績として認められます。ただし、すべての資格や検定が求職活動の実績になるとは限りません。事務職への就職を目指しているならパソコン関連や簿記、不動産業界であれば宅建など、希望の再就職に合った資格を取得する必要があります。
求職活動の実績になるかどうかはハローワークで判断されるため、あらかじめ相談しておくと良いでしょう。

失業保険受給中のアルバイトも申告しよう
失業保険の受給中にアルバイトやボランティア活動などを行った際も、必ず失業認定申告書に記載しましょう。給与や謝礼が発生した場合、給付額(日割り)の減額や受給日の先送りが行われます。もし、給与を受け取ったにも関わらず申告していないことが発覚すると、不正受給となる恐れも。そのため、給与が発生していない活動も含めて、すべての求職活動を正しく申告することが重要です。
対処方法が分からない場合は、求職活動前に一度ハローワークへ相談しておくと良いでしょう。

ハローワークが認めていない求職活動の事例

求職活動だと思って取り組んでいたら、実績の対象にならなかったという場合も。実績になると勘違いしやすい求職活動には、下記のようなものが挙げられます。

・ハローワークで求人を検索した
・興味がある会社に問い合わせをした
・民間の転職サイトに会員登録した
・友人に仕事の紹介を頼んだ

上記のように、検索や問い合わせ、依頼などをしただけでは、求職活動として認定されません。求職活動をしていなかったり、活動回数が少なかったりすると「不認定」とされ、失業保険を受給できなくなります。さらに「不認定」が2回続くと、働く意思がないとみなされ、次回以降の失業保険が受給できなくなってしまう恐れがあるため、十分に注意しましょう。
求職活動の実績については、「失業の認定で必要?求職活動の実績とは」もあわせてチェックしてみてください。

求職活動の実績を作るなら転職エージェントへ!

早期就職を目指すのであれば、転職エージェントを併用する方法もおすすめです。
転職エージェントは、企業や職種について豊富な知識をもつプロのアドバイザーが、あなたの就活をサポートする民間の職業紹介サービス。企業選びや応募書類の添削など、さまざまなサービスを提供しているので、自分の力だけでは求職活動が難しい…とお悩みの方に最適です。転職エージェントで見つけた求人に応募すれば、求職活動の実績になります。
実績作りを目的とした求職活動は失敗を招きやすいもの。自分がやりたいことや目標を軸にして、本当に働きたいと思える就職先を見つけましょう。

若年層向け就職・転職エージェントのハタラクティブでは、専任アドバイザーが1対1でカウンセリングを行い、あなたにぴったりの求人を提案。キャリアビジョンがしっかり定まっていない場合も、アドバイザーと一緒に将来の方向性を構築できます。転職や退職についてお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION