新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ハローワークで認定してもらえる求職活動とは?

ハローワークで認定してもらえる求職活動とは?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・失業保険を受給するためには、手続きだけではなく求職活動が必須 
    ・求職活動は実績として認められる事例と認められない事例がある 
    ・求職活動回数が足りないと、失業保険が受給できなくなってしまう可能性がある

会社を退職した後、一定の期間受給できる失業保険。名前は知っていても、受給の仕組みについて詳しく知らない人が多いのではないでしょうか。
失業保険を受給するには、求職活動を決められた回数行わなくてはいけません。このコラムでは、失業保険の仕組みや受給要件を満たす求職活動の種類についてまとめました。

◆失業保険を受け取るには仕組みを理解しておこう

失業保険とは、公的保険制度の1つである「雇用保険」の基本手当のこと。会社を退職したとき、失業中の約1年国から給付される手当なので、失業保険という名前が定着していますが公的には基本手当と呼びます。
しかし、会社を退職すれば、必ずしも失業保険が受け取れる訳ではありません。

受給するためには、以下の条件を満たす必要があります。

・求職活動を積極的に行っている
・働く意思と能力がある
・雇用保険に1年以上加入している(特定受給資格者、特定理由離職者は6ヶ月以上)

失業保険の手続きや求職活動を行い、ハローワークから指定された認定日に「失業認定申告書」を提出することで、失業保険の受給が可能です。
この時、求職活動を行っていることを示すために、「失業認定申告書」に求職活動状況を明記します。求職活動方法や活動日、利用機関名、活動内容など、できるだけ具体的に記載しましょう。

◆「求職活動」にあてはまる事例

失業保険を受給するために求職活動は必須。求職活動をする際には、実績として認められる活動かあらかじめチェックしておきましょう。

【求人への応募】

求人へ応募することは、就職に必須の活動です。そのため、応募自体が積極的な求職活動とみなされ、ハローワークによっては「1回の応募で2回分の実績」「応募で1回、書類送付で1回の実績」と認められることもあります。

【ハローワークが実施する説明会やセミナーに参加する】

ハローワークで実施しているセミナー、求人説明会、職業紹介などを利用する方法も。また、求人情報を検索し、気になる求人を職員に相談することでも実績にカウントされます。
窓口では求人の検索方法や応募書類の添削など、さまざまなアドバイスが貰えるため、積極的に利用したいところです。

【民間企業が実施する説明会に参加する】

職業相談や転職フェアー、合同説明会など、民間企業が催すイベントに参加することでも実績になります。
定期的に行われているので、積極的に参加すると良いでしょう。申告書には主催元の連絡先などを記入する必要があります。

【試験や検定を受ける】

資格試験や検定を受けると、実績として認められます。ただし、全ての資格や検定が実績になるとは限りません。
事務職への就職を目指しているならパソコン関連や簿記、不動産業界であれば宅建など、希望の再就職に合った資格を取得する必要があります。
実績になるかどうかはハローワークで判断されるため、あらかじめ相談しておくと良いでしょう。

上記のように求職活動として認定されるものは、失業保険手続きの際に貰える「受給資格者のしおり」で確認することが可能です。
次項では、求職活動として認められない事例を解説します。

◆こんな例は求職活動に当てはまらない!

求職活動だと思って取り組んでいたら、対象にならなかったという場合もあります。事前に「受給資格者のしおり」をチェックするか、ハローワークの職員に問合せましょう。

実績になると勘違いしやすい求職活動には、以下のようなものがあります。


・ハローワークで求人を検索した
・興味がある会社に問合せをした
・民間の転職サイトに会員登録した
・友人に仕事の紹介を頼んだ

上記のように、検索や問合せ、依頼などをしただけでは、求職活動として認定されません。求職活動をしていなかったり、活動回数が少なかったりすると「不認定」とされ、失業保険を受給できなくなってしまいます。
さらに「不認定」が2回続くと、働く意思が無いとみなされ、次回以降の失業保険が受給できなくなってしまう恐れがあるため注意が必要です。

早期就職を目指すのであれば、転職エージェントを併用する方法もあります。
ハタラクティブでは、就活アドバイザーが1対1でカウンセリングを行い、あなたにぴったりの求人を提案。
キャリアビジョンがしっかり定まっていない場合も、アドバイザーと一緒にキャリアの方向性が考えられます。
転職や退職についてお悩みの方は、まずはハタラクティブにご相談ください。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ