新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ハローワークで行う退職後の手続きとサービスをご紹介!

ハローワークで行う退職後の手続きとサービスをご紹介!

公開日:

最終更新日:

ハローワークで行う退職後の手続きとサービスをご紹介!の画像

【このページのまとめ】

  • ・退職後はハローワークで失業保険の受給手続きを行う
    ・失業保険の受給期間は退職日の翌日から1年間
    ・手続きが遅れると失業保険の受給期間が短くなるため、できるだけ早くハローワークへ行こう
    ・ハローワークでは失業者に向けたさまざまなサービスがあるので、必要に応じて利用してみよう

失業保険を受給するためには、ハローワークでの手続きが必要です。
こちらのコラムでは、失業保険に関する手続きや受給条件、失業者に向けてハローワークが実施しているサービスについて詳しくご紹介。安心して転職活動に取り組むために知っておきたい情報が満載です。今後の進路の参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

退職後、失業保険を受給するにはハローワークへ

雇用保険の基本手当である失業保険を受給するためには、ハローワークで手続きが必要となります。


雇用保険は、再就職する意思と能力がありハローワークで求職活動をしていること、退職日より前の2年間に雇用保険に加入していた期間が1年以上あることが受給条件です。
会社の倒産や解雇などの理由により、再就職の準備ができないまま離職を余儀なくされた「特定受給資格者」は、退職日より前の1年間に雇用保険に加入していた期間が6ヶ月以上あれば、受給資格が得られます。

失業保険を受給するには

失業保険の受給手続きに必要なものは以下の通りです。


・雇用保険被保険者離職票1、2
・マイナンバーが分かるもの(通知カード、住民票など)
・本人確認証明書(マイナンバーカード、運転免許証など)
・写真2枚(縦3cm×横2.5cmの、直近3ヶ月以内に撮られた正面上半身が写ったもの)
・印鑑
・金融機関の通帳またはキャッシュカード


必要なものが揃ったらハローワークへ行き、失業保険の受給手続きの前に、まずは求職の申し込みを行います。
求職申込書に就職先の希望条件やこれまで経験した仕事などについて記入し、退職した会社から受け取った雇用保険被保険者離職票と共に提出。提出書類の内容に関するいくつかの質問を受け、問題がなければ失業保険の受給資格を得ることができます。


失業保険は、退職の翌日から1年間受給することが可能です。ただし、待機期間などお金を受け取れない期間があるため、手続きが遅れるとその分受給できる期間が短くなってしまいます。必要なものが揃ったら、速やかに住所を管轄するハローワークで手続きを行いましょう。

失業後にハローワークでできること

ハローワークが失業者に向けて提供しているサービスを一部ご紹介します。


公共職業訓練

職業能力開発促進法に基づき、再就職に必要な技能や知識を習得するためのサービス。
電気設備科、住宅サービス科など、訓練内容は多岐にわたっています。


職業訓練受講給付金

雇用保険を受給できない方にハローワークが無料の職業訓練を支援指示し、就職支援を行う制度。
一定の要件を満たす方には、職業訓練を受講している間「職業訓練受講手当」と「通所手当」が、職業訓練受講給付金として支給されます。


母子家庭の母に対する職業相談や職業紹介

子育てをしながら就職を希望する女性等に対し、希望やニーズに応じた就職支援を実施するサービス。全国13か所にある「マザーズハローワーク」をはじめ、ハローワーク内ある「マザーズコーナー」では、子供連れの方でも来所しやすい環境が整えられています。


ジョブカフェ

若者のためのワンストップサービスセンター。カウンセリングや適正判断など、就職関連のサービスをワンストップで提供。46の都道府県に設されており、就職セミナーや職場体験・職業相談・職業紹介などのサービスが提供されています。


上記の他にもハローワークでは多様なサービスを展開しているため、必要に応じて利用してみてはいかがでしょうか。


退職後、なかなか希望にあった仕事が見つからない…とお悩みの方は、転職エージェントの併用がおすすめです。
ハタラクティブでは、これまでの経験や希望を丁寧にヒアリングし、今のあなたにぴったりの転職先をご紹介します。
豊富な求人の中には非公開の求人も多数。希望にマッチする転職先を、ハタラクティブで一緒に探してみませんか?
まずはお気軽にご相談ください。


ハローワークが実施しているサービスに関するQ&A

退職後に失業保険を受給するためにはハローワークでの手続きが必須。そのほかにもハローワークでは失業中に受けられるサービスがあります。今回はハローワークが実施しているサービスについてQ&A方式でお答えします。


退職後、失業保険をもらうためにはいつハローワークへ行けばいい?

失業保険をもらうための必要書類に離職票があります。この離職票は退職後10日前後で発行され、会社から送られてくる、もしくは取りに行く書類です。そのため、ハローワークへは離職票が手元に届き次第すぐに行くと良いでしょう。詳しくは「退職後の生活を支える失業保険の申請方法と必要書類とは」をご覧ください。

ハローワークの面接練習は誰でも利用できますか?

誰でも利用できます。基本的には平日の日中に実施されていて、事前予約制となっている場合が多いです。また、面接練習は何度でも受けることが可能。「ハローワークの面接練習を活用しよう!申し込み方法や服装はどうする?」の記事でも詳しくご紹介しています。

ジョブカフェは若年層向けですか?

ジョブカフェは若年者の雇用問題の対策として取り組みが始まったこともあり、基本的には34歳以下が対象とされています。しかし、地域に寄っては対象を29歳までに制限していたり、39歳まで拡大していたりするなど差があるようです。また、ジョブカフェのほかにも若年層に特化した就職・転職サービスの活用がおすすめ。就活アドバイザーがサポートするハタラクティブでは、就業経験が少ない方でも安心してご利用できます。

ハローワークの職業相談ってどんな話をすればいい?

ハローワークの職業相談では、就活に関する初歩的なことから何でも聞けます。また、適性検査や自己分析、応募書類の添削なども行ってもらえるので、心配なことは始めのうちに質問しておくと良いでしょう。職業相談で行えることについては「ハローワークの職業相談では何ができる?」で詳しく解説していますのでご覧ください。

ハローワークに行くときはスーツのほうが良いですか?

面接練習のときは実際の面接と同じようにスーツで行くほうが良いでしょう。そのほかのサービスを利用するときは、基本的に普段着で問題ありません。服装や持ち物については、「ハローワークに行くときの服装と持ち物について」でもご紹介しています。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ