気になるハローワークの営業時間…在職中も利用できる?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 気になるハローワークの営業時間…在職中も利用できる?

2018/01/24

【このページのまとめ】

  • ・ハローワークの利用時間は、基本的には役所と同じ
    ・地域によって異なるので、webページなどで確認しておこう
    ・混雑を避けたいなら、開庁直後の時間帯が狙い目
    ・ハローワークは土日祝は基本休みだが、地域によっては土曜日も対応している
    ・ハローワークに行くのが難しいなら、エージェントを利用するのも1つの手

ハローワークを利用するなら、利用できる時間や開庁日は知っておきたいものです。
特にお仕事をしながら転職活動をしている方にとっては、重要であるといってもいいでしょう。
今回は、ハローワークの利用時間やお休みの日、混みやすい時間帯などについて紹介しています。

◆ハローワークの利用時間

お仕事を探している方、特に現職を続けながら転職活動をしている方は、ハローワークの利用時間は気になる所ではないでしょうか?
各ハローワークにもよりますが、基本的には役所と同じイメージで考えるとわかりやすいでしょう。
具体的にはおおよそ8時半~17時15分くらいが目安ですが、都市部などでは19時頃まで開庁している場合もあります。
ただ地域によって差があるため、自分が行くハローワークのwebページなどで事前に確認しておきましょう。


◆混雑する時間は?

就職活動をするにあたり、なるべく無駄な時間を使いたくないと思う方は多いでしょう。
そのため、ハローワークに行く際もできるだけ混雑は避けたいところです。
会社をやめてから転職活動をする方もいますが、経済的な面などから考えて仕事をしながら転職活動をしている方も一定数います。
そのため、一概にいえないですが、夕方以降の時間帯は会社帰りの方で混雑する傾向にあるようです。
朝の開庁直後は比較的すいている可能性があるため、効率よく就職活動をしたい場合はその時間帯が狙い目といえるでしょう。


◆ハローワークのお休み

利用時間と同じくらい気にした方がいいのは、ハローワークの開庁日です。
基本的に土日祝は休みのところが多く、休日がカレンダー通りの仕事をしている方は利用しにくいかもしれません。
ただし、ハローワークによっては土曜日も対応している場合があるため、こちらも事前に確認しておくことが大事です。
また、年末年始のお休みも各ハローワークによって異なるので、気をつけましょう。
なお、お盆の時期は開庁しているため、普段仕事でなかなか行けないという方には絶好のチャンスです。


エージェントでも仕事は探せる!

生活面に不安を抱きたくないので、できれば退職をせずに転職活動をしたい。
しかし、仕事をしながらだと忙しくてハローワークに行く時間がなかなか取れない。
そのようにお悩みの方もいるのではないでしょうか。
有給休暇を取ることもできますが、日数に限りがあります。
現職の事情でハローワークを訪れるのが難しい場合は、民間のエージェントを活用するのも1つの手です。
転職を支援するエージェントでは、平日は仕事帰りの時間帯に対応していることが多く、営業時間は短くなるものの土日に対応しているところもあります。
また、丁寧なカウンセリングに基づいた求人紹介や就職活動に関するお悩みへの対応、書類・面接対策、企業とのやり取り代行など、さまざまな支援を行っているため、一人での活動よりも負担を軽減できるかもしれません。
そのため、現職を続けながらの転職活動を検討している方にはおすすめのサービスです。

もし、どのエージェントを利用するか迷っているなら、ハタラクティブを選択肢に入れてみませんか?
ハタラクティブでは、就職活動中はもちろん、就職後も定期的に近況確認し、しっかりフォローします。
経験豊富なアドバイザーが求職者の方に寄り添って丁寧なカウンセリングを実施。
ご紹介するのは実際の取材に基づいた信頼度の高い求人に限られるため、ミスマッチの防止にもなり安心です。
ハタラクティブは、あなたのよりよいワーキングライフをサポートします。
就職・転職を検討している方は、ぜひハタラクティブをご活用ください!




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ