ハローワークのサービス内容と利用方法について

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ハローワークのサービス内容と利用方法について

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・ハローワークとは公共職業安定所で、通称「職安」と呼ばれる厚生労働省管轄の行政機関
    ・利用するには、窓口で求職申込書を提出しハローワークカードを受けとる必要がある
    ・ハローワークのサービス内容は、求人の検索や就活・転職についての相談が中心
    ・サービス内容を理解し、自分の求職にとって有益な情報や支援を受けられるようにしよう
    ・ハローワークに行く際は、普段どおりの服装で筆記用具を持参する
    ・気になる求人を見つけたら、職員に紹介状の発行や面接日程の調整を依頼する

ハローワークとは、職業紹介事業を行う機関です。「名前は聞いことがあるけど、利用したことはない」という求職者の中には、利用方法がよく分からない方もいるのでは。ハローワークでは、求人や紹介、就活・転職についての相談などのさまざまなサービスを受けることができます。コラムでは、これから就職や転職を考えている場合には知っておいたほうがいい、ハローワークの特徴と利用方法についてご説明します。

◆ハローワークってどんなところ?

ハローワークの正式名称は、公共職業安定所といい、「職安」と呼ばれることも。全国各地にあり、地元密着型の求人情報を多く扱っていることで知られています。
ハローワークの特徴は、以下のとおりです。

【求職者のための職業紹介事業を行う国営機関】

主なサービス内容は、職業紹介を含む求職手続きです。主に職業紹介事業を行う機関で、国営であるという点で、民間の職業紹介事業者とは別のものとして区別されます。

【転職者に役立つ就職支援も充実】

ハローワークでは、転職者のためのサポート体制も充実。職業相談や転職セミナーなどの情報提供、面接練習などの面接対策、職業訓練コースの案内や申し込み受付など包括的な就職支援を行っています。

【失業保険の給付手続きも実施】

ハローワークでは、失業保険の手続きを行っています。失業保険は、「雇用保険」と呼ばれる保険制度の1つ。次の勤務先が見つかるまでの間、失業手当を受給することが可能です。
注意すべきは、失業保険が誰でも受給できるわけではないということ。勤務先で雇用保険に加入しているなど一定の条件を満たす必要があるので、失業保険の受給資格や給付条件をよく確認しておくこと。また、ハローワークで失業保険の手続きをする際は、必要書類をよく確認し、持参しましょう。

【ハローワークの利用可能時間】

ハローワークは、基本的には平日8時30分~17時15分までが開所時間となっています。地域によってはもっと長い場合もあるほか、休日に開所しているところも。開所日や時間については、利用する前によく確認しておくと良いでしょう。

◆ハローワークのサービス内容

ハローワークで受けられるサービス内容を知っておきましょう。以下に、転職の際に役立つハローワークのサービス内容をまとめました。

【求人紹介】

専門スタッフが相談に応じ、ハローワークのネットワーク網を利用して最適な求人を提案。また、詳細な求人内容の提供や応募状況の確認、応募先への交渉など、求職活動の手厚いサポート体制が整っています。

【各種面接対策】

専門スタッフによる履歴書やエントリーシートの添削、面接のシミュレーション、自己分析のレクチャーなど、面接に関するさまざまな対策を実施しています。

【就活セミナー】

面接対策や自己分析、コミュ二ケーションスキル向上など、就職に役立つさまざまなセミナーを無料で開催。また、求職者同士のグループワークも実施しており、転職活動の悩みを共有し不安を解消することができます。

【紹介状の発行】

ハローワークから求人に応募する際に必要な面接の「紹介状」の発行をしています。紹介状とは、ハローワークで求人を応募する際に発行する、企業の住所や面接日時などが記載された書類。求人に応募したあと、ハローワークのスタッフから「紹介状」を受けとり、企業の面接に出向きます。


ハローワークのサービス内容は拠点によって異なります。自分の通える拠点ではどのようなサービスを実施しているのか、よく確認しましょう。

◆ハローワークの利用方法5ステップ

ハローワークを利用する際は、登録手続き後に発行される「ハローワークカード」が必要です。そのため、まずは窓口に「求職申込書」を提出します。以下、ハローワークで求人を探す手順をまとめました。ルールを守り、正しく利用しましょう。

【1.求職の申し込み】

ハローワークに行ったら、まず求職申込書に個人情報や希望の仕事内容などを記入して「求職者登録」を行います。登録後、ハローワーク内にある求人検索機で求人を探すことができます。

【2.ハローワークカードの受け取り】

求職申込書を提出し、求職者情報が登録されれば、ハローワークカードが発行され、受けとることができます。
ハローワークカードは、ハローワークを利用する際に必要なカードです。

【3.求人探し】

次に、求人検索端末を利用し、自分が興味のある求人を探します。
端末では、「雇用形態」や「職種」「賃金」「場所」など、さまざまな条件で検索することができます。

【4.窓口で求人の相談】

気になる求人が見つかったら印刷して窓口に持って行き、提出した求人内容に応募可能と判断されると、その場で企業へ連絡して募集状況の確認をしてもらえます。また、窓口では、職員の方に求人内容や企業について、また一般的な就職・転職に関する相談ができます。

【5.企業の面接を受ける】

面接が決まれば、ハローワークから紹介状を作成してもらうので、それを持って面接に行きます。企業によって書類選考があることもあれば、その日のうちに面接という場合もあります。

◆ハローワークに行く際の服装と持ち物

ハローワークに行く際の服装や持ち物で悩んでいる方もいるのではないでしょうか。以下、ハローワークへ行く際の服装や持ち物をまとめました。よく確認しておきましょう。

【基本的には私服で問題ない】

ハローワークに行く際の服装は、基本的には私服で問題ありません。もし面接の服装に不安があるという方は、あえて本番と同様のスーツを着て行ってアドバイスをもらうのも、一つの手でしょう。

【求人探しをする際は念のためスーツを着ていく】

企業によっては、求職探しをしたその日に面接が決まり、直行するケースがあります。そのため、求人探しを目的として行く場合は、スーツを着ていく方が無難でしょう。

【基本的に持参する書類は必要ない】

失業保険の手続きの場合は、持参しなければならない書類が決まっていますが、それ以外の場合は特に必要な書類はありません。

【あると便利な持ち物】

求職申し込みをする際に今までの職務経歴や資格などを記入する欄があるので、履歴書や職務経歴書を持参しておくと便利です。また、職業相談することを考えると、アドバイスなどをすぐにメモできるように、メモ帳と筆記用具は常に持っていたほうがいいでしょう。

◆ハローワーク以外の就職支援サービス

前述のとおり、ハローワークは就職支援を全般的に行っている機関です。ハローワークの営業時間は拠点によって異なりますが、基本的に平日の朝から夕方までなので、現職中の方にとっては営業時間中に通うのが難しかったり、頻繁に通う時間が取れなかったりするということもあるでしょう。
その場合は、ハローワーク以外の就職支援サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

【求人サイト】

求人サイトは、最も手軽に転職活動を行えるツールの1つでしょう。スマートフォン1つで求人を検索することができますし、自分の希望する条件に絞って探すことが可能です。転職を考えはじめた方は、まず求人サイトを利用してみると良いでしょう。

【転職エージェント】

効率的に就職・転職活動をするためには、転職エージェントの利用もおすすめです。
転職エージェントでは、転職に必要な手続きや面接対策・履歴書作成のサポート、求人サイトには載っていない、一人ひとりの適正を考えた求人を紹介しています。現職中に、よりスムーズに自分に合った仕事を見つけたいという方に、転職エージェントは最適といえるでしょう。

ハタラクティブは20代の若手や第二新卒に特化して職業紹介を行っている転職エージェントです。ハローワークにない非公開求人や、ハローワークでは少ない未経験歓迎の若手向け求人を多く取り扱っています。
また、月曜から土曜日の21時までカウンセリングを実施しており、担当者とのやりとりも電話やメール、チャット機能を使っているのが特徴。在職中の方も隙間の時間を利用して転職活動を進めることができます。もちろん、履歴書の書き方や面接対策、就職全般に関する相談にも対応しておりますので、1度ご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ