ニートで職歴なしの人は就職できる?おすすめの仕事や就活の進め方をご紹介

ニートで職歴なしの人は就職できる?おすすめの仕事や就活の進め方をご紹介の画像

この記事のまとめ

  • ニートで職歴なしの状況から就職することは可能だが、年齢が若いほうが有利になる
  • 職歴なしのニートでいると、就職先が見つからなくなるうえ社会的に孤立する恐れがある
  • 職歴なしのニートの人が就職活動を始める際には、少しずつ自信をつけるのが大切
  • ニートの人が求人を選ぶ際には、学歴不問や経験不問のものを選ぶのがポイント

ニートで職歴なしの状態から就職できるのか不安な方もいるでしょう。職歴なしのニートの方も、求人の選び方を工夫したり就職支援サービスを上手く利用したりすれば、正社員になることは可能です。ただし、職歴がない場合は個人のポテンシャルを元に判断されるため、年齢が重要になります。このコラムでは、就活の準備や仕事選びのポイントなどを解説していますので、就職活動にお役立てください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

ニートで職歴なしの状況から就職は可能?

ニートで職歴なしの状況から就職することは可能です。学校を卒業後3年以内であれば、新卒枠に応募できる場合も。詳細は以下で解説します。

早めに行動を起こせば就職は十分に可能

職歴なしのニートの状態から就職できるかどうかは、年齢による部分が大きいといえます。20代のうちなら、ポテンシャルに期待する企業からの採用が見込まれるでしょう。しかし、30代になると実務経験やスキルが求められるようになるため、未経験で職歴がないことがネックとなり、正社員として就職できる可能性は低くなります。
28歳ニートの職歴なしから正社員になれる?就職を成功させるコツを紹介!」のコラムでは、28歳で職歴なしの状態から就活を成功させる方法をご紹介しています。20代後半で就職先を探している方は、こちらもあわせてチェックしてみてください。

学校を卒業後3年以内の20代なら新卒枠も狙える

厚生労働省は、学校を卒業して3年以内の人を新卒と同様に扱うよう企業に働きかけています。よって、学校を卒業後3年以内であれば新卒枠に応募できる可能性があるでしょう。
就職を考えているニートの方は、「ニートから就職は可能?どんな仕事がおすすめ?正社員になるコツを解説」や「高卒ニートが就職するために本当に必要なこと」のコラムも併せてご覧ください。

参照元
厚生労働省
【事業主の皆さまへ】卒業後3年以内の既卒者は、「新卒枠」での応募受付を!

ニートで職歴なしのまま就職しないとどうなる?

ニートで職歴なしのまま就職しないとどうなる?の画像

職歴なしのニートのまま就職しなければ、親の高齢化や社会的信用の低下などに悩まされる場合があります。ここでは、ニートで職歴なしのままいることのリスクを解説するので、将来を考える際の参考にしてみてください。

親の高齢化により生活が立ち行かなくなる場合がある

自分が歳を重ねるにつれて親も高齢になるので、介護の必要が出てくる可能性があるでしょう。また、親が高齢で働けなくなり収入がなくなると、経済的な援助を受けられなくなります。よって、自分の生活もままならなくなるリスクが生じるでしょう。

社会的信用が低くなる

職歴なしのニートのままだと、社会的信用が低くなる恐れがあります。具体的には、クレジットカードを作れない、ローンを組めない、賃貸契約の審査が通りにくいなどです。ニートのままでいると、売買契約やクレジットカード契約を結べず不便な思いをすることもあるでしょう。

社会から孤立する可能性がある

仕事をせずニートのままでいると周囲の人との関わりが少なくなるため、社会から孤立してしまう可能性があります。いざというときに頼る人や友人がいないと、将来的に困ることもあるでしょう。

就職先が見つかりにくくなる

職歴なしのニートのまま年齢を重ねると、就職先が見つからなくなる可能性が高いでしょう。なぜなら、職歴なしの状態から正社員として雇われる可能性が高いのは、主に20代のうちだからです。30代、40代になるとある程度のスキルを求められることが多くなり、職歴なしから就職を目指すのが難しくなります。

ニートで職歴なしの人が就職先を選ぶ際のポイント

職歴なしのニートの人が正社員の求人を探す際には、次のようなことに気をつけると良いでしょう。以下、それぞれ説明します。

1.仕事選びの視野を広く持つ

求人を選ぶ際は仕事に関する思い込みを捨て、多くの選択肢を検討するのが大事です。まずはできるだけ多くの求人に応募し、内定獲得のチャンスを広げましょう。多くの求人に興味を持ち、自分がその企業で働いているところを想像してみてください。

2.好きな仕事よりできる仕事を選ぶ

自分の好きなことに着目するのも大切ですが、内定をもらうチャンスを広げるためには実際にできそうな仕事を選ぶのがおすすめです。「好きなことを仕事に選んだけれど、思っていた業務内容と違った」となれば、採用されたとしても長く働き続けるのが難しいもの。求人に応募する際は、働き続けられるかを重視して選びましょう。

3.「未経験可」「学歴不問」の求人を探す

職歴なしのニートの人は、「未経験可」「学歴不問」といった条件の求人を探すと良いでしょう。経験や学歴を問わない仕事は、応募者の経歴にこだわることが少ないからです。よって、経験や学歴を問う仕事よりも空白期間に寛容である可能性が高いでしょう。

経験を問わない仕事を探す方向けの

求人一覧はこちらから

4.通勤が苦にならない職場を選ぶ

職歴なしのニートの人は、通勤しやすい職場を選ぶのが大事。なぜなら、通勤に時間がかかり過ぎる職場だと、仕事の往復だけで疲弊してしまう可能性があるからです。すぐにニートに戻らないためにも、働き続けられるかどうかをよく考えてから求人を選びましょう。「気になる!通勤時間の平均や長い場合のメリットとは」のコラムでは通勤時間の平均についてまとめているので、あわせて読んでみてください。

5.少しでも興味のある分野を探す

どうしても応募したい求人が見つからない場合は、少しでも興味のある分野を探してみましょう。自分の趣味や好きなことに関する仕事、気になる働き方など興味のままに挙げてみてください。挙げていくうちに共通点が見つかれば、それが求人探しの軸になります。

ニートで職歴なしの人の就職先としておすすめの仕事

ニートで職歴なしの人の就職先としておすすめの仕事の画像

職歴なしのニートの人におすすめの仕事には、次のようなものが挙げられます。以下、それぞれ見ていきましょう。

工場の作業員

工場の作業員は、会話が苦手なニートの人におすすめできます。一人で黙々とでき、人と話す機会の少ない仕事だからです。また、基本的に決まった作業を繰り返すことが多いので、臨機応変に対応する場面が少ないのも安心できます。

正社員

半導体材料の粉末の袋詰め、運搬スタッフ

  • 月給 277万円 ~ 353万円

ドライバー

職歴なしのニートの方には、ドライバーもおすすめです。ドライバーと一口にいっても、大型車両で荷物を運ぶ運送ドライバーやタクシードライバーといった職種があります。運送ドライバーの場合、普通自動車免許があれば、大型免許は入社してからの取得で構わないという企業も多いのが特徴。よって、車の運転が好きな人なら仕事に就ける可能性が高いといえます。長距離運転をするのである程度の体力は必要ですが、人とのコミュニケーションが少なく業務に集中しやすいのが魅力です。普通自動車免許を持っている人は、検討してみると良いでしょう。
タクシードライバーの仕事ってどう?きつい?内容や実情を詳しく解説」では、タクシードライバーの仕事内容や必要な資格をご紹介しています。興味のある方は読んでみてください。

正社員

ルートセールス

  • 月給 365万円 ~ 464万円

ITエンジニア

ITエンジニアは、プログラミングに興味のある人に向いています。チームで進める仕事もあるためコミュニケーション力は必要ですが、基本的には単独作業がメインです。IT業界では常に新しい技術が生まれているため、コツコツと学び続けられる人にも向いているといえます。IT業界で働けば高い専門スキルが身につくので、次の転職にも有利です。

正社員

ITエンジニア職・ヘルプデスク職

  • 月給 328万円 ~ 506万円

介護職

介護職は、少子高齢化による人手不足で未経験の人材を一から育てようとする施設が多いため、比較的門戸が広いのが特徴です。また、現場で働きながら経験を積める点や資格を取得してキャリアアップできる点も大きな魅力。手に職がつくので転職しやすく、長く働き続けられる仕事です。就業経験がなくても、長く働き続けたいと考えるニートの人に向いているでしょう。

正社員

サービススタッフ(介護職)

  • 月給 277万円 ~ 327万円

ニートで職歴なしの人が就職するための8つの準備

ニートで職歴なしの人が就職するための8つの準備の画像

ニートで職歴なしの状態から就職するためには、生活リズムを整えたり周囲との会話を増やしてみたりするなど、これまでの習慣を変化させることがポイントです。以下、詳しく解説します。

1.生活リズムを整える

就職活動を始める前に生活リズムを整えましょう。ニートの場合、起床時刻や就寝時刻が自由なため、生活リズムが乱れている場合が多いからです。正社員になると、毎日朝起きて夜まで働くという決まった習慣で活動することになるので、あらかじめ慣れておきましょう。

2.周囲の人との会話を増やす

ニートの場合、周囲の人との会話を徐々に増やしていくのも大切。ニートでいると家から出ることが少なく、家族以外の人と話す機会が少ない場合が多いからです。就職すると、上司や先輩、社外の人などさまざまな立場の人と話すことになるので、少しでも慣れておくと良いでしょう。

3.アルバイトを始めてみる

就職活動に移る前にアルバイトを始めてみるのも良い方法といえます。アルバイトを始めると、働く感覚に少し慣れるからです。いきなり正社員として働き始めるのが不安なニートの方は、アルバイトから始めてみましょう

4.髭や髪型などの身だしなみを整える

髭が伸びていたり髪型が崩れていたりしている場合は、就職活動の前に整えておきましょう。身だしなみは人に対する印象を左右するうえ、就職活動では特に清潔感が求められるからです。また、身だしなみを整えると気持ちも引き締まり、就職活動に前向きになれるでしょう。

5.スーツやシャツ・小物を用意する

採用面接のためにスーツやシャツ、小物を準備しておきましょう。スーツの色は黒か紺色、グレーが一般的。購入する際は、体形に合ったものを選ぶのが大切です。シャツの色は白を選ぶのが無難でしょう。男性のネクタイはストライプ柄が定番なのでおすすめです。ほかに、A4書類が入る大きさの自立する黒のバッグ、黒い革靴も用意しておきましょう。

6.就職活動に対する心配ごとを挙げてみる

就職活動を始める前に、どのようなことが心配なのかを考えてみましょう。たとえば、「面接官にニートだったことを批判されないか」「仕事が続けられるか」「自分に合った仕事が見つかるか」など、思いつくままで構いません。一度紙に書き出してみると、頭のなかが整理できます。書き出したら、自分なりに対策を考えてみてください。仕事が続けられるか不安ならどのような条件なら良いか挙げてみる、自分に合った仕事が見つかるか不安なら周囲の人に聞いてみるなど、一つひとつ対策を考えて心配事をなくしましょう。

7.むやみに不安がらない

就職活動を始めるにあたって、むやみに不安がらないのも大事です。無職の状態から就職活動をする際には、大きな不安を抱く人もいるでしょう。しかし、過度な不安は焦りにつながり、就職活動がうまくいかない原因になります。たとえ選考に落ちたとしても、また次があると前向きに捉えて気持ちを切り替えましょう。

8.少しずつ自信をつける

不安な様子は採用面接での態度に現れてしまうので、普段から少しずつ自信をつけるよう心がけるのが大切。自信をつけるには、小さな目標を立てて達成することを繰り返すのがおすすめです。最初から難しい目標を設定するのではなく、達成しやすい些細なことから始めると挫折しにくく自信にも繋がりやすいでしょう。

ニートの方が生活改善する方法については、「ニートになる原因と心理的要因は?生活を改善して正社員就職を目指す方法」のコラムもご参照ください。

ニートで職歴なしの人の就職活動の進め方4ステップ

ニートで職歴なしの人の就職活動の進め方4ステップの画像

職歴なしのニートの人が就職活動をする際は、次の4つのステップで取り組んでみましょう。以下、それぞれ解説します。

1.内定までのスケジューリングをする

まずは、いつまでに内定をもらいたいのかを考えて就職活動のスケジュールを立てます。内定をもらいたい時期の3ヶ月前には就職活動に取り掛かるのが望ましいです。1ヶ月ごとに、自己分析や企業研究をする時期・応募する時期・面接を受ける時期と分け、その期間内に終わらせるように心がけると良いでしょう。

2.自己分析をする

次に、自己分析をして自分の強みや弱み、好き嫌いなどを明確にします。同時に、それにまつわるエピソードも書き出しましょう。エピソードは、学業やアルバイトの内容で見つからなければ趣味のことでも構いません。自分がした体験を元に、強みや弱みを考えてみてください。自己分析の方法をさらに詳しく知りたい方は、「自己分析って何?やり方がわからない方へのヒント集」のコラムがおすすめです。

3.企業研究をする

応募したい求人が決まったら、企業の特徴や欲しい人材像、業界における立ち位置などを調べます。企業のWebサイトだけでなく、業界にまつわるニュースや四季報をチェックしておくと良いでしょう。企業研究をどれだけ綿密にできるかによって、自己PRや志望動機の説得力が変わります

4.ニート期間の説明を考える

ニート期間については面接で聞かれることが多いため、どのように説明するのか考えておきましょう。ニート期間にしていたことや正社員になろうと決めた理由などを紹介しながら、前向きな内容で締めくくるのがコツです。ニートになったきっかけや空白期間中のことは、正社員になりたいと思った気持ちの変化やこれからどうしたいのかに紐づけて述べると、前向きな印象を与えられます。

ニートで職歴なしの人が就職活動を成功させるポイント

ニートで職歴なしの人が就職活動を成功させるポイントの画像

職歴なしのニートの人が就職活動を成功させるには、次の3つがポイントです。以下、それぞれ説明します。

必ず就職するという強い意志を持つ

ニートの人が就活を始めるにあたっては、必ず就職するという強い意志を持つことが大事です。何件も求人に応募していれば、何度も不採用を経験することはあるでしょう。しかし、そこで諦めずに選考を受け続けるのが正社員への道を拓くことにつながります。困難があっても、就職活動を辞めない前向きな姿勢を忘れないようにしましょう。

職業訓練や資格取得も検討する

職歴なしの場合は、就職活動を始める前に職業訓練や資格取得を検討するのもおすすめ。職業訓練を受けたり資格取得をしたりすることで、仕事に役立つスキルを身につけられるからです。ただし、スキルを身につけるのにはある程度の期間が必要なので、年齢によってはすぐに就職活動を始めたほうが良い場合もあります。まずはスキルを身につけようと安易に考えず、自分にとって有利なほうを選びましょう。「職業訓練の種類はどれくらい?受講メリットとハローワークで申し込む方法」のコラムでは、職業訓練の種類やメリットを解説しています。就活前にスキルを身につけたいと考えるニートの方は、こちらも読んでみてください。

自分に合った就職活動の方法を選ぶ 

やみくもに就職活動を始めるのではなく、自分に合った方法を選ぶのも重要です。企業選びの軸が定まっている場合は一人で進めても良いですが、自分に合った仕事が分からない場合や就活に自信がない場合は、第三者からのサポートを受けるのが望ましいでしょう。以下、就職支援サービスについて3つご紹介します。

ハローワーク

ハローワークは全国各地に所在し、幅広い層を対象にしている就職支援サービスです。ハローワークのなかには、わかものハローワークと呼ばれる若年層向けの施設もあります。わかものハローワークは、おおむね35歳未満の人を対象に就職支援を行っている施設です。しかし、時期にもよりますがハローワークは利用人数が多いため、職員が一人ひとりとじっくり向き合うのが難しい場合も。基本的に一人で動かなくてはならないので、就職活動に自信のない人には向いていない可能性があります。

参照元
厚生労働省
わかものハローワーク

転職サイト

自分で求人を探したい方は、転職サイトの利用がおすすめです。転職サイトに登録すれば、勤務地や給料など、自分なりの希望条件を設定して求人を探せます。また、自分の経歴や希望する職種を登録しておくことで、企業からオファーが届く機能が実装されていることも。なお、一人で就活を進めるのが不安な場合は、ハローワークや転職エージェントと併用するのが良いでしょう。

就職エージェント

就職エージェントは、運営企業によって支援対象や扱う業界が異なるのが特徴です。就職エージェントでは、就活のプロであるアドバイザーが応募者の経歴や希望を聞いたうえでその人に合った求人を紹介してくれます。また、アドバイザーが選考対策や企業とのやり取りも行ってくれるので、一人で就活を進めることに不安を持つ人に向いているでしょう。

職歴のないことに悩むニートの方は、これらのサービスの利用を検討してみるのがおすすめです。「ニートからの就職はスピードが肝心!支援機関を使って就活を有利に進めよう」のコラムでも就活支援サービスについてご紹介しているので、あわせて読んでみてください。

正社員就職を希望する職歴なしのニートの方は、就職支援サービスのハタラクティブをご活用ください。ハタラクティブでは、20代の方の就職活動を全面的にバックアップしています。ハタラクティブで扱うのはポテンシャルや人柄を重視する企業の求人なので、経験やスキルに不安を持つ方も安心です。また、経験豊富なアドバイザーがお悩みやご希望を丁寧に伺ったうえで求人を厳選してご紹介するので、仕事選びに自信がなくても大丈夫。ご登録・ご利用はすべて無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

ニートで職歴なしの人の就職活動に関するQ&A

ここでは、職歴なしのニートの人の就職活動についてよくある質問と回答をご紹介します。

ニートで職歴なしの状態から就職できる?

ニートで職歴がなくても就職は可能ですが、年齢によるところが大きいといえるでしょう。なぜなら、未経験の人に対して企業はポテンシャルを望むため、できるだけ年齢の若い人を採用したいと思っているからです。よって、少しでも就活を有利に進めるには一刻も早く動くことが大切といえます。詳しくは「ニートから就職できないは嘘!正社員になる方法やおすすめの職業をご紹介」のコラムもご覧ください。

25歳ニートで職歴がない…就職できますか?

できます。ただし、年齢が上がるほど経験やスキルを重視される傾向にあるため、できるだけ早く行動に移すことが大切です。採用面接では、ニートであった理由やその期間に何をしていたかを聞かれる可能性があります。前向きに答えられるよう、あらかじめ回答を準備しておくのがおすすめです。「25歳ニートが就活を成功させるための5つのコツ」では、25歳のニートから就職するためのコツをご紹介しています。就職できるか不安な方は、ぜひ参考にしてみてください。

ニートで職歴なしの人におすすめの仕事は?

職歴のないニートの人には、未経験から挑戦できる仕事や自分のペースで黙々と進められる仕事が向いているでしょう。自分の性格や得意不得意を把握したうえで、続けられそうな仕事を考えてみてください。「ニートにおすすめの職業11選!就職するための方法も紹介」のコラムでは、ニートの方におすすめの職業をより詳しくご紹介していますので、あわせてご覧ください。

職歴なしのニートで就職活動に自信がない…

就職活動に自信のない方は、就職支援サービスを利用するのがおすすめです。専任の就活アドバイザーが全面的にサポートしてくれるので、就職活動の進め方が分からない方や自分に合った仕事を選べない方に向いています。就職支援サービスのハタラクティブでは、主に経験やスキルに不安のある20代の方に向けて多様な求人をご紹介していますので、一度ご相談ください。

この記事に関連するタグ