ニート向け求人はどう探す?仕事の選び方と活用すべき支援サービス

ニート向け求人はどう探す?仕事の選び方と活用すべき支援サービスの画像

この記事のまとめ

  • ニートにおすすめの求人は、未経験歓迎や経歴不問の条件
  • ニートから就業を目指すなら、警備員や工場勤務の求人がおすすめ
  • ニートにおすすめの求人は、ハローワークや就職エージェントで見つけよう

仕事の探し方を知りたいニートの方に向けて、求人を見つける方法を紹介します。自分に合った就職支援サービスを使うことで、就職に成功する可能性が高まるでしょう。
また、このコラムではニートの方が働きやすい仕事を紹介します。面接で空白期間について聞かれたときの答え方も解説するので、これから就職活動を始める方はぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

ニート向けの求人とは

ニート向けの求人とは、経験や経歴を問わないものが該当します。人手が不足しており、仕事に対する熱意を評価する業界や企業もニート向けでしょう。
ニートの方が即戦力を求める職場に就職するのは難しいですが、「経験がなくても若い人材が欲しい」「入社後に教育を行う」という企業であれば、採用される可能性はあります。「未経験者歓迎」の求人なら、社会人経験やスキルがなくても応募できるので、探し方を工夫して就職できそうな求人を見つけましょう。

未経験歓迎の仕事

ニートから就職を希望する場合は、経験を問わない求人に応募しましょう。未経験歓迎の求人は、字のとおり経験の無い人の採用を想定しています。経験や知識がない人を採用するため、教育環境が整っていると予想できるでしょう。

経歴不問の仕事

経歴不問の求人は、学歴や職歴を問わないもの。学校を中退していたり大学に進学していなかったりするニートの方でも応募できます。これまでの就業経験を問わないことも多いため、ニートから就職を目指しやすい条件といえます。

人手不足の仕事

人材不足の業界は、常に採用活動を行っています。そのため、意欲があれば経歴を問わず採用してもらえる可能性は高いでしょう。「人手不足の業界は就職成功率が高いってホント?」のコラムでも解説しているように、建設や飲食、医療介護の業界で人手不足が叫ばれています。資格や経験がなくても挑戦してみてはいかがでしょうか。

ニートは自分に合った仕事を探そう

無理なく仕事を続けるためにも、ニートの人は自分に合った仕事を選ぶのがポイントです。人と会うのが苦手なら接客のない仕事を選んだり、難しい仕事が苦手な場合は単純作業が多い仕事から始めたりすると良いでしょう。ニートの方にお勧めの仕事について詳しく知りたい方は、「ニートでもできる仕事とは?社会への一歩をご紹介」のコラムもご参照ください。

20代のニートは仕事に就くチャンスが豊富

一般的にニートを含む未経験者の就職は、年齢が若いほど有利になります。若い人材が欲しい企業は、経験がなくても入社後の成長に期待して「ポテンシャル採用」を行うことがあるからです。
30代、40代と年齢を重ねると経験や実績が求められるようになるため、ニートの方は1日も早く就活を始めることが重要といえます。

ニート期間が長引くと仕事を探すのが不利になる

ニート期間が長引くと年齢が上がり、無職期間も長期化して就職が不利になるでしょう。年齢が上がると未経験で採用してくれる企業の数が減り、選べる仕事の選択肢が狭まります。また、ブランクが長引くと企業に敬遠されやすくなるので、注意が必要です。
ニートを続けるリスクは、「ニートやひきこもりのままだとどうなる?末路や脱出方法をご紹介」でも解説しているので確認してください。

アルバイトや派遣から始めるのもOK

いきなり正社員として働くことに抵抗がある場合、まずはアルバイトや派遣社員として働き仕事に慣れていきましょう。フルタイムで働くのが難しければ、最初は単発のアルバイトを行ったり、週2~3日のシフトで働けたりする職場を選ぶのがおすすめです。

ニートにおすすめの仕事

ここでは、ニートの方が就職しやすい仕事を紹介します。未経験者歓迎かつアルバイトでも働ける仕事が多いので、ぜひ参考にしてください。

工場勤務

工場での仕事には、ベルトコンベアーで流れてくる製品の加工や検品を行う「ライン作業」や、指定された荷物を運ぶ「ピッキング」などがあります。ライン作業は単純作業が多いので、同じことを繰り返すのが苦にならない人に向いているでしょう。
工場での仕事は周囲とコミュニケーションをとることが少ないため、人と話すのが得意でないニートの方におすすめです。「ニートの就職先に工場がおすすめな理由」のコラムもご覧ください。

警備員

警備員は商業施設やビルなどを警備したり、道路工事やイベントの際に車両や人の誘導を行ったりする仕事。業務内容によって、「施設警備業務(1号警備)」「交通誘導・雑踏警備業務(2号警備)」「運搬警備業務(3号警備)」「身辺警備業務(4号警備)」の4つに区分されるのが特徴です。詳しくは「安全の裏に警備員!気になる仕事内容」でご確認ください。
警備員は人と話す機会が少ないため、工場の仕事と同様に会話が苦手なニートの方におすすめ。職場によっては巡回時間以外は部屋で待期するなど、体力に自信がなくても大丈夫です。

検針員

検針員とは、各家庭を回ってガスや水道、電気のメーターを確認し、専用の端末に入力して記録する仕事です。夏や冬でも外を回るので、一定の体力が求められます。ただ、外回りは一人で行うので、人とのコミュニケーションが苦手なニートの方でも取り組みやすいでしょう。
給与の支払いには出来高制を導入している会社が多く、短時間で多くの件数を回れば効率よく稼げます。

Webライター

Webライターは、インターネットのメディアなどに掲載する記事を作成する仕事です。Webライターになるには、クラウドソーシングに登録して案件を受注するのが一般的なやり方。実績がないうちは高収入を得るのは難しいですが、ニートの人にとっては家から出ずに働けるのがメリットでしょう。
「働きたいけど仕事をする勇気がない」「面接を受けるのが怖い」という方がチャレンジしやすい仕事です。

清掃員

清掃員はビルやホテル、商業施設などの清掃を行う仕事です。職場によってチームで動く場合もありますが、チームワークが苦手なニートの方は一人で働ける現場を選ぶと良いでしょう。具体的な仕事内容は「清掃業の仕事内容とは?メリット・デメリットと向いている人もご紹介」のコラムでまとめています。
清掃は体力が必要なので、体を動かすのが好きな人に向いている仕事です。汚れを落とす大変さはありますが、担当エリアが綺麗になると達成感があり、人の役に立っているというやりがいを得られます。

介護職

介護職は一人で日常生活を送るのが難しい高齢者をサポートする仕事です。食事や入浴、排泄、歩行などの手伝いを行います。資格が必要なイメージがありますが、実際は無資格・未経験者を歓迎する施設も多く、働きながら資格取得を目指すことも可能です。資格については「高卒から介護職になれる?資格は?給料や年収面も詳しく解説」のコラムでご確認いただけます。
介護業界は資格取得がキャリアアップに直結するのが特徴。職歴がないニートの方であっても、就職後に頑張れば介護職としての力やキャリアを身につけられるでしょう。
介護職は人と接する仕事なので、人とのコミュニケーションが苦にならない人、面倒見の良い人に向いています。

フードデリバリー

フードデリバリーには、特定の店舗でアルバイトとして雇用される働き方と、個人事業主として仕事をする働き方があります。
店舗で働く場合は、配達のほかに調理や店内の掃除、チラシ配りなどを行うこともあるでしょう。また、店舗から貸与された制服やバイクを使って配達を行うのが一般的です。一方、個人事業主としてフードデリバリーを行う場合は、自分の予定に合わせて働くことが可能。ただし、配達に使う自転車やバイクは自分で用意する必要があります。

ドライバー

ドライバーはタクシーやトラックを運転する仕事です。知らない人と話すのが好きならタクシードライバー、人と話すのが苦手ならトラックドライバーが向いているでしょう。トラックドライバーの仕事内容は、集荷や荷積み、荷下ろし、配送、梱包などです。担当エリアのスーパーや個人宅を巡ったり、長距離輸送を行ったりします。運転できる車両は免許の種類によって異なり、普通自動車第一種運転免許なら小型トラックの運転が可能です。トラックドライバーは一人で運転している時間が長いので、車の運転が好きな人に合った仕事といえます。正社員雇用を目指すなら、「正社員ドライバーになるためには?仕事内容や転職成功のポイントを解説!」のコラムが参考になるでしょう。

ニートが仕事を探すときのポイント

ニートが仕事を探すときは、仕事に求める条件に優先順位をつけることが大切です。
仕事に対してあれもこれもと条件を求めると、なかなか就職先を見つけることはできません。「給与が高くて残業がなくて家から近い職場が良い」と思っても、すべての条件を満たす職場はなかなか存在しないでしょう。また、すべての条件を満たす職場があっても採用されるとは限らず、就職活動の期間が伸びてしまう恐れがあります。
自分に合った仕事を探すには、求める条件を明確にすることがポイントになります。条件が多い場合は「妥協できる条件」と「妥協できない条件」に分けて、優先度の高い条件を満たす職場に応募するのがおすすめ。仕事を選び過ぎず、まずは就職して経験を積むことを考えましょう。

自分にとって「良い条件」とは?

どんな条件を重視するかは、人によって異なります。自分にとって優先度の高い条件を見つけるには、自己分析を行うのがおすすめ。自己分析の結果、「給与よりも人間関係」「勤務地よりも仕事内容」など、優先順位を客観的に確認できます。「「良い仕事」とはどんなもの?価値観や条件から自分に合う仕事を見つけよう」のコラムも参考にしてください。

ニートにおすすめの仕事の探し方

ここでは、ニートの方におすすめな仕事の探し方を紹介します。一人での就活が不安な方は、就職支援サービスを利用して自分に合った仕事を探すと良いでしょう。

ハローワーク

ハローワークは正式名称を「公共職業安定所(通称:職安)」といい、国が運営し日本全国に設置されている行政機関です。ハローワークでは職業紹介をはじめとするサービスを提供しており、仕事を探す人なら誰でも利用できます。
求人はハローワーク内に設置されたパソコンなどで探せるほか、窓口の職員と相談しながら選ぶことも可能です。探し方が分からない場合や、一人で探すのが不安な場合は相談してみてください。
ハローワークが扱う求人はハローワークインターネットサービスからも検索できるので、条件を入力して仕事を探してみましょう。実際に求人に応募する際は、ハローワークに出向いて求職申込み手続きを行います。詳しい手順は、ハローワークインターネットサービスの「求人申込み手続きの流れ」をご覧ください。

参照元
厚生労働省
ハローワークインターネットサービス

地域若者サポートステーション

地域若者サポートステーション(通称:サポステ)とは、ニートをはじめとする職業経験がない方の就職をサポートする支援機関。厚生労働省から委託された民間企業やNPO法人が運営を行い、全国各地に拠点が展開されています。
サポステの支援内容は、就職に必要なスキルを学べる講座の開催や、就業体験、面接・履歴書指導などです。具体的には、人と関わるのが苦手な人に向けた「コミュニケーション講座」や、向いてる仕事を探すための「ジョブトレ」、社会人のマナーを学べる「ビジネスマナー講座」といった講座を開催して若者を支援。就職に向けてどう行動するべきか分からない人に対し、合宿形式で生活面を含むサポートを行う「集中訓練プログラム」も開催しています。
サポステの対象年齢は15歳~49歳と幅広いですが、就職を考えているならなるべく早く利用すると良いでしょう。

参照元
サポステネット
サポステ 地域若者サポートステーション
厚生労働省
地域若者サポートステーション

ジョブカフェ

ジョブカフェは、都道府県が設置する若者の就職支援を行う施設です。正式名称は「若年者のためのワンストップサービスセンター」といい、就職を支援するサービスをワンストップで提供しています。
ジョブカフェでの支援内容は、就職セミナーや職場体験、カウンセリング、職業紹介など。都道府県と連携することで、地域の特色を活かした支援を行っています。
カフェのように気軽に立ち寄れる施設なので、「ハローワークには抵抗がある」というニートの方はジョブカフェを利用してみるのが良いでしょう。

参照元
厚生労働省
ジョブカフェにおける支援

就職エージェント

就職エージェントは、民間企業が提供する就職支援サービスです。キャリアアドバイザーなどと呼ばれる専任の担当者がヒアリングを行い、求職者に合った求人の提案を行っています。エージェントでは、求人提案のほかにも履歴書の添削や面接対策を行っており、内定までのサポートを受けながら就職活動を進められるのがメリットです。面接の日程調整、条件交渉といった企業とのやりとりも担当者が代行してくれるので、就活が初めての方も安心して利用できるでしょう。
エージェントには、総合的に幅広い求人を扱うサービスもあれば、特定の年齢や業界、性別に特化したサービスもあります。利用する際は自分の年齢や職歴、希望する仕事を考え、最適なサービスを選ぶのがポイントです。

ニートが就職を目指す場合に利用できる支援機関に関しては、「中年ニートや引きこもりでも就職できる?挑戦しやすい仕事や支援機関を紹介」のコラムでも詳しく紹介しています。1人で頑張るよりも専門家に頼って、最適な方法で就職をしましょう。

仕事に就きたいニートが面接を乗り切る方法

ニートの中には自分に自信がなく、面接を不安に感じる人が多いようです。ここでは、ニートの方が面接を乗り切るための方法をお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

はきはきと話す

面接室に入るときは「失礼いたします」と挨拶し、面接中は相手に聞こえやすい声ではきはきと話しましょう。面接では第一印象が大切です。暗い表情でぼそぼそと話すと頼りなく見えて印象が下がってしまいます。また、時折面接官と目を合わせてアイコンタクトをとることも大切です。

空白期間の説明を用意しておく

ニートの方が面接を受けると空間期間について聞かれることがよくあるため、なぜニートをしていたのかを答えられるよう準備しましょう。
答えにくい質問かもしれませんが、嘘をつくと後で矛盾が生じたり、面接官に見破られたりする恐れがあるため、正直に理由を説明するのが基本です。
面接ではニート期間に対する素直な反省を述べ、今後は前向きに働きたいことを伝えると好印象。面接官が確認しているのは、応募者がどれくらい意欲を持っているか、どんな思いで就職したいのかということです。過去は変えられませんが、今後の抱負を述べることが評価につながる可能性は十分あります。「ニートになった理由は?空白期間を上手く説明して就活を成功させよう」のコラムも参考にしながら、採用担当者が納得する説明を用意しましょう。

仕事への熱意を伝える

職歴やスキルのないニートの方は、仕事への熱意を伝えることが何より大切です。
面接の最後に「何か聞きたいことはありますか?」と逆質問をされたら、必ず何か質問するようにしましょう。質問がないと志望度が低いと思われてしまいます。
逆質問では、仕事への意欲が伝わる内容を尋ねるのがポイント。例としては、「◯◯様(面接官)にとって仕事のやりがいは何ですか?」「入社までに準備しておくことはありますか?」といった質問が挙げられます。
一方、給与や福利厚生などに関する質問は「働くこと自体に関心がない」ととられる可能性があるので、避けた方が良いでしょう。逆質問の意味やおすすめの質問については「面接の逆質問でアピール!意欲を上手く伝えるコツやNG例などを紹介」のコラムが参考になります。

これから就職活動を始める方や、一人での仕事の探し方が分からない方は、就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブではアドバイザーがカウンセリングを行い、仕事の不安や希望をお聞きします。そのうえで、あなたに合った求人をご提案。応募する企業が決まったら、履歴書の添削や模擬面接でサポートを行います。未経験者歓迎の求人を多数取り扱っているハタラクティブで、仕事を探してみませんか?サービスはすべて無料なので、お気軽にお問い合わせください。

関連タグ