新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ニートになった理由は?就職を成功させるコツ

ニートになった理由は?就職を成功させるコツ

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・ニートの就活は、年齢や空白期間の長さ、経験の有無などが影響する 
    ・空白期間について正直に話すことで、良い印象に繋がる 
    ・ニート期間を素直に受け止め、就職に向けて努力していることを伝えよう 
    ・志望動機は細分化して考えることで、より意欲が伝わり印象に残りやすくなる 
    ・就活を始める前に、生活習慣や自分の考えを整えよう

就職したいと思っても、応募書類や面接で、空白期間についてどのように説明すれば良いのか悩む人もいます。 
ニートが就活をスムーズに進めるためには、早い行動と事前の準備が大切。空白期間が長引く前にしっかり準備をして、就活を進めましょう。 
このコラムでは、空白期間について説明するコツや、志望動機の作成方法、就活前に行うべき対策についてまとめました。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

◆ニートでも就職できる?

ニートを脱出したいと思っても、「ニートだと正社員になれないのでは?」「ニート期間があると就職は難しいだろう」と考える人は多いでしょう。
ニートから正社員として就職することは可能です。しかし、年齢や経験の有無、空白期間の長さによって、選択肢が限定されるなど一定の難しさがあります。

就職は、年齢が若いほど採用ニーズが高い傾向です。30代後半から40代、50代と年齢を重ねるにつれて、求人数が減ってしまうだけではなく、その年齢に応じた経験や実績を求められることが多いため、ブランクがある人の就活はより難しくなってしまうでしょう。
しかし、20代~30代前半といった若い人を対象に、意欲や熱意、人柄といったポテンシャルを重視した採用を行っている企業が多いのも事実。経験やスキルがない人でも、年齢が若いほど採用されやすくなるのです。
また、ニートやフリーターを対象にした民間の就職支援サービスは、20代や30代を対象にしていることがほとんど。40代、50代になると、利用できるサービスの数も減ってしまい、就職がより困難になるでしょう。

さらに、ニートや無職の期間が長いというだけで、「採用してもすぐ辞めてしまうのでは」「遅刻や早退が多くなるのでは」「人間関係でもめるのでは」など、悪い印象に繋がってしまいがち。
空白期間が長引くほど、年齢を重ねるほど就職が難しくなってしまうため、就職したいと思ったときはできるだけ早く行動することが大切です。

◆ニート期間は正直に話そう

採用の場では、空白期間(ニート期間)について質問されることが多くあります。しかし、ニートをしていた後ろめたさから、「嘘でもいいから印象の良い話をするべきでは?」と考えてしまう人もいるでしょう。
空白期間について質問されたときは、嘘をつかず正直に答えることが大切です。面接官は採用のプロなので、小さな嘘でも見抜かれると思ったほうが良いでしょう。
また、嘘がばれてしまうと経歴詐称になってしまい、マイナス評価に繋がります。

資格取得やボランティア活動など、目的を持って空白期間を過ごしていた人、病気や怪我といったやむを得ない事情があった人は、企業側が納得できる理由を説明することができます。
それでは、ゲームやインターネットなどの趣味、遊びに熱中していた人はどのように伝えれば良いのでしょうか。
イラストやCGを描いていた人は「高度な写真のレタッチができる」、ゲームをしていた人は「攻略Wikiを作った」など、その時間から得たこと、達成できたこと、構築できたことを話すのがおすすめ。
それだけではなく、「家族に迷惑をかけたくないので、ちゃんと働きたい」といった反省の言葉も併せて伝えると良いでしょう。

空白期間中、上記のように資格取得もゲームも家事手伝いも何もしていなかったという人もいるはず。その場合でも、嘘をついて誤魔化すのは絶対に避けます。
正直に「何もしていなかった」こと、働くつもりになった理由、働く意欲を伝えて、熱意をアピールしましょう。

◆ニート期間について答えるときのコツ

面接官は、空白期間について質問するとき、空白期間ができたことに対して「反省しているか」「今後働く意欲はどの程度あるのか」などを確認しています。特に、空白期間が長くなるほど、面接でその期間に関する質問をされるでしょう。

面接官が納得する理由を説明するためには、あらかじめニート期間を振り返っておくことが大切です。
前項で説明したように、ニート期間中に思ったこと、そこから得られたことなどを考えておきます。また、より良い印象を与えるために、「今後どのようにするべきか」「考え方に問題はなかったか」といった反省点を分析しましょう。
さらに、「仕事を理解するために本を読んでいる」「資格取得を目指している」など、就職に向けて現在努力していることを併せて話すと、意欲を効果的に伝えられます。

そのほか、話し方にも注意して答えるようにしましょう。暗い声でボソボソと自信がなさそうに話してしまうと、面接官に気持ちを伝えることはできません。
回答するときは、落ち着いたトーンで、自信を持ってハキハキと話すことが大切です。自信を持って答えられるように、質問されそうな物事は事前に整理しておくと良いでしょう。


◆志望動機は明確に伝える

選考では、志望動機を明確に伝えることが大切です。
そのためには、ニートから正社員になりたいと思った理由だけではなく、なぜその仕事がしたいのか、なぜその会社で働きたいのか、という3点を考えてみると良いでしょう。

【正社員の志望動機】

ニート期間が長いほど、面接官は「どうして今更正社員を目指しているのだろうか」と疑問に思います。そのため、正社員を志望する理由を説明しなくてはいけません。

・夢を追っていた
・病気を患っていた
・家族の介護をしていた

上記のように、明確な理由がある場合は、「そこに重点を置く必要がなくなった」ことから、正社員を目指しているという説明ができるでしょう。
ニートから正社員を目指す場合、「自立した生活をするため」「安定した暮らしがしたいから」といった理由でも問題はありません。ただし、今まで職に就けなかった理由や、現在働けることを併せて説明する必要があります。

【職種の志望動機】

「なぜその仕事に就きたいのか」という、職種や業種に対する志望動機も必要です。学校やアルバイトで得た経験、目指していた夢などが関連している場合もあるでしょう。
また、求人情報を見て「興味が湧いた」「自分に向いていそう」と思った人は、どのポイントでそう思ったのか詳しく考えてみることが大切。「○○という仕事内容に興味が湧いた」「○○が得意なので向いていると思った」など、具体的に説明することで明確な志望動機になります。

【会社への志望動機】

どの会社に応募しても、「なぜ同業他社ではなく、この会社に入社したいのか」という理由は必ず説明しなくてはいけません。
そのためには、会社のWebサイトや求人概要、業界紙を読み込み、応募する会社独自の事業、理念、社風などについて調べてみることが大切です。共感するポイントがあれば、事業内容に限らず、社長や従業員を志望理由にするのも良いでしょう。

志望動機を作成するときは、まず最初に簡潔に結論を話します。その後具体的なエピソードを伝え、最後に話をまとめることで、より分かりやすく、印象に残りやすくなるでしょう。

◆就職を成功させるには事前準備が重要

就職を成功させるためには、事前にしっかりと準備しておくことが大切です。

【生活習慣の改善】

ニートになると、夕方近くに起きて朝型眠るような、昼夜逆転の生活になっている人も少なくないでしょう。
しかし、ほとんどの会社は、朝の9時や10時に始業し、17時、18時まで働くもの。遅刻や早退を避けるためにも、規則正しい生活に直しておきましょう。
また、睡眠時間だけではなく、3食しっかり食べることや、日中に活動するのも大切。
担当者からの連絡や面接は日中に行われることが多いため、就活を始めるまでに生活習慣を直しておきたいところです。

【情報収集と自己分析】

ニートの良いところは、自分のために使える時間がたくさんあること。就活をスムーズに進めるために、業界、企業、職種研究や自己分析はしっかり行っておきましょう。
就活を始める前に自己分析を行うことで、自分に合った業種や職種が分かるだけではなく、自己PRの作成にも役立ちます。
興味のある求人が見つかったら、応募する前に業界研究や企業研究を綿密に行うことが大切。より説得力のある志望動機の作成に繋がります。

【面接対策】

選考の面接は、何度経験しても緊張するもの。特に、人と接する機会が少ない人やブランクがある人は、受け答えを少しでもスムーズにするために、事前に対策をしておきましょう。
志望動機や自己紹介、空白期間の理由など、質問される可能性が高いものは、あらかじめ回答を考えておきます。文章を暗記するのが苦手な人は、話すポイントだけでも覚えておきましょう。
また、毎日テレビや新聞をチェックして、最近のニュース、時事問題について把握しておくのも大切です。

上記のような事前準備に自信がない人は、就職エージェントのサポートを利用するのもおすすめ。

ハタラクティブでは、社会人未経験の人やブランクがある人も、就職までマンツーマンでサポートしています。
専任のアドバイザーが、求人探しから応募書類の添削、面接対策、入社後のフォローまで実施。学歴や職歴、経験の有無に関わらず、安定した仕事に就職することが可能です。
就活で不安なこと、悩んでいることがある人は、まずはお気軽にハタラクティブにご相談ください。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 真那

    私のカウンセラーの方がとても親身になって色々手伝って貰いました …

    2021/02/26

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

やりたいことがわからなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたがやりたいことを見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?