ニート歴3年でも就職できる!成功のコツとは

ニート歴3年でも就職できる!成功のコツとはの画像

この記事のまとめ

  • 3年のブランクがあると経験やスキルがなく肉体や精神面でもすぐに就職するのは難しい
  • 3年のニート生活からブランクや生活リズムを取り戻すにはアルバイトを始めるのが有効
  • 就職活動には費用がかかるのでアルバイトで得た収入はある程度貯めておく
  • 進学や資格取得は明確な目的があれば有効だが、なければ無職期間が増える恐れがある
  • ハローワーク、民間のエージェントなど自分に合う就職支援サービスを受けると良い

自分のニート期間を思い起こして「もう3年経つ」と愕然とした方は多いのではないでしょうか。これから就職活動をしようと思っても、ブランクが気になって行動に移せない人もいるでしょう。
当コラムでは、ニート歴3年という経歴の就職への影響、就活のために貯蓄をしておいた方が良い理由、進学や資格取得の有効性について解説します。ぜひ、正社員を目指すときの参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

ニート歴3年でも就職できる?

ニート期間が3年ある人に対しては、正社員としての採用に難を示す企業が多いでしょう。
いつの間にか時が経ちニート期間がそれほど長くなかったように思う方もいるでしょうが、3年間は本人の意欲や環境によっては思った以上に大きく成長できる貴重な時間です。たとえば、新卒入社からずっと同じ会社に勤めていると新入社員の教育担当を任されたり、チームリーダーや係長などの役職に就いたりする場合もあるでしょう。3年は個人のスキルアップやキャリアアップには充分な期間といえます。
このように社会における3年は長い期間とされ、ブランクがあると年齢に伴う経験・スキルを求める中途採用での評価は厳しいものとなる可能性が高いです。

また、自分自身の心身状態も3年間働いていないことにより体力・精神ともに疲弊しやすくなっているのではないでしょうか。その状況ではもし就職できても、フルタイム勤務を辛く感じてしまうでしょう。社会的なニーズと仕事環境への適応能力を考慮すると、「ニート歴3年」の状態から正社員への就職は厳しい状況であることは否めません。

3年のブランクを取り戻すのにおすすめなのは、アルバイトを始めてみることです。
正社員としてすぐに通用するスキルは身につけられなくても、就活時にその経験や仕事に関連するスキルを評価してもらえる可能性があります。
また、生活リズムが自然に整い、体力・精神面も無理なく鍛えていけるでしょう。

このとき、早く正社員になりたいからとフルタイムでシフトを入れたり、自分の特性や好みに合わないアルバイトを選んだりしないように注意してください。
無茶な働き方で働き始めた場合、途中で挫折してニートに戻ってしまう人が少なくありません。
挫折しないように無理のないシフトや業務内容を検討し、生活リズムを正しつつ正社員の仕事を探してみると良いでしょう。

なかにはブラック企業に入ってしまうのではという心配や応募先企業で空白期間について聞かれるのが怖いと思う気持ちから、就職活動を始めるのを躊躇して行動に移せない人も。
しかし、まず行動しなければ空白期間が増える一方です。そうすると、いよいよニートから抜け出すのが難しくなってしまうでしょう。少しでも年齢の若いうちに就活を始めることで、企業から採用される可能性が高まります。あれこれ心配せず、他の人を頼りながらでも行動を起こすのがニート脱出のカギです。

将来に不安を感じているニートの方は「ニートはどんなときに不安を感じる?将来や就職で悩んだときの対処法」のコラムも併せてご覧ください。

ニートの就職活動にはお金が必要?

ニートの立場では、親からの援助や貯金を切り崩しで生活していることが多いでしょう。
アルバイトを始めて収入を得ると急に自由に使えるお金が増え、無計画に散財してしまう恐れも。せっかく稼いだ分を浪費すると就職活動でかかる費用を捻出できず、後々苦労することになります。
生活が維持できると「多少散財しても問題ないだろう」と思うでしょうが、就活にかかる費用分のお金はある程度貯めておくのが必要です。
アルバイトをはじめる際は、「面接時は普段着」「通いやすい自宅周辺の求人から探せる」など必要なお金は最小限で済んでいたでしょう。
しかし、正社員の面接にはビジネススタイルで行くのがマナー。スーツ・鞄・靴などを一とおり揃えるには多額の費用がかかります。
「できるだけ安いスーツを買い、交通費のかからない会社を選んで就活する」という人もいますが、スーツが身体のサイズや本人の雰囲気に合っていなければ「意欲が低い」と思われ、印象の悪化に繋がるため、かえって就活を長引かせてしまうことになりかねません。
また、志望動機を伝える際も、自分の中での本当の志望動機が「家から近い」などの理由だった場合、「この会社で○○したい」と上手く熱意をアピールしても取り繕った内容であると分かってしまうでしょう。
以上のことから計画的に就活用のお金を貯め、就活時に最高のパフォーマンスを発揮できるように準備しておくのをおすすめします。
貯蓄を頑張っても就職したいタイミングで費用が足りなければ、親に話してサポートしてもらう手も。頼みにくいと感じる人もいるでしょうが、「就職後に徐々に返済する」といった提案をしながら相談してみるのをおすすめします。
ニートから就職できる仕事にはどんなものがあるかを知りたい方には「ニートが就職しやすい仕事6選!支援機関でプロの力を借りよう」のコラムが参考になるでしょう。

3年のニート期間後の進学や資格取得は意味がある?

ニートから就職を検討し始めると、「もう一度学生になれば就活しやすいのでは」「資格があれば就活に有利になるのでは」と思う人もいるようですが、進学や資格取得は「何のためにするのか」を明確にするのが大事です。
一口に就職といっても、業界や職種などによって求められるスキルは異なります。どれだけ勉学に励み資格を取得しても応募先企業のニーズと合わなければ評価の対象にならないため、明確な目的のない進学や資格取得はかえって空白期間を増やしてしまう恐れも。しかし、「この仕事に就くために、業界や業務に必要となる○○について勉強したい」という明確な目的があるなら、進学したり資格取得を目指したりするのは有効です。
ただし、学校へ通う期間や勉強に費やす時間は数カ月~年単位に及ぶので「学んだことを将来に繋げたい」という強い覚悟がない場合は、早く就活をしたほうが無難でしょう。

3年のニート生活から正社員を目指す3つのポイント

ニート生活を3年送ったのち、正社員としての就職を目指す際のポイントは以下の3つです。仕事の探し方や面接対策など、基本的な事柄を押さえておきましょう。

1.未経験可・学歴不問の仕事に注目して探す

まず、「未経験可」「学歴不問」という文言に着目して探してみるのも一つの手です。
ニートから正社員を目指す場合は、採用が経歴に左右されにくい求人を選ぶのがポイント。「未経験可」「学歴不問」といった文言のある求人は人手不足であったり一から始められる業務内容であったりすることが多く、ニートの人がチャレンジするのに向いています。

2.面接でよくある質問の回答を練っておく

ニートの人に対してよくある質問には「空白期間に何をしていたか」と「今後働き続けられるかどうか」の2つが挙げられるでしょう。これらは必ずといっていいほど聞かれますが、はっきり答えられない人が多い質問です。選考を受ける前にどう答えたら良いかを念入りに検討しておきましょう。周囲の人に相談しながら考えるのもおすすめです。

3.就職支援サービスを利用する

すでにニート生活を脱してアルバイトをしていても、1人での就活に不安を感じる人もいるでしょう。
また、そもそも就活をしたことがなくやり方が分からなくて戸惑ってしまう人も。近年では、社会人経験のない人を対象とした就職支援サービスが増えてきているため、ニートやフリーターの方は積極的に活用するのをおすすめします。

代表的な就職支援サービスには、ハローワーク、地域の若者を対象としたサポステ(地域若者サポートステーション)、民間の就職エージェントなどが挙げられるでしょう。
特にサポステではニート・引きこもりの方を対象に支援を行っているうえ、民間の就職エージェントでもニートやフリーターの就職に力を入れているサービスがあります。
就職支援サービスを利用する際には担当者の雰囲気、自分との相性などがサービスによってそれぞれ異なるため、自分に合うサービスを選びましょう。

正社員になりたいとお悩みの方は、20代のニートやフリーターの方に向けて就職支援サービスを行っているハタラクティブを利用して就職を目指してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブでは「適性に合う仕事を選ぶためのアドバイス」「未経験者歓迎の求人の紹介」「書類添削や面接指導」「チャットツールでの連絡」など、就活に役立つサービスがすべて無料です。
お悩みの際は、ぜひご活用ください!

ニート歴が3年あっても正社員になれる?就職を成功させるには

ニート歴が3年を経過し、正社員として就職することができるのか不安になる方は多いでしょう。こちらでは、ニート歴がある方に向けた就職のお悩みをFAQ方式で回答します!

ニート歴3年…今からでも正社員になれますか?

正社員になることは可能です。特に年齢が若いほど「経験」よりも「伸び代・成長性(ポテンシャル)」が評価されるため、ニートから脱出したい方は早いうちに行動した方が有利に就活を進められます。詳しくはこちらの「ニート歴4年に終止符を!就職への第一歩を踏み出そう」を参考にしてください。 

ニート歴が長くても就職しやすい業種を教えて下さい。

介護職とIT関係は、それぞれ少子高齢化、ITの普及により現在需要が高まっている業種です。そのため未経験者への指導が手厚く、ニート歴がある方も安心して就職できる環境といえます。また、営業職はほとんどの会社で配置される職種のため、数多くの求人が期待できます。「ニート歴10年でも就職できる!就活のポイントを知ろう」でも詳しい内容が記載されていますので、ご覧ください。

仕事に合わせたリズムで生活ができるか不安です。

就活と並行して、一般的な生活リズムとなるよう整えていきましょう。毎日の起床、就寝、食事時間を決め、メリハリを持って過ごすことが大切です。ニート期間中、外に出ていなかったという方は、日中、散歩や買い物、軽いランニングなど外出する機会を作り、陽の光を浴びておくのも良いでしょう。「ニート歴10年以上でも就職できる?まずやるべき事とは」もぜひ参照してください。

ニート歴は正直に伝えるべきですか?

就活では正直にニート歴の期間と、期間中に行っていたことを伝えましょう。空白期間をなかったことにすれば経歴詐称になりますし、期間中の行動を偽っても、入社後に嘘が判明する可能性もあります。自分の経歴や伝え方に不安がある方は、「ニートからの脱却を目指す方に履歴書の書き方を解説!」もご覧ください。

数ヶ月程度であれば気にならないニート期間でも、3年以上となると本当に就職できるのか不安になってしまうのは仕方ありません。しかし、正社員になりたい気持ちがあるのに、今、踏み出さないことで、年月が経つに連れてより一層の後悔が待っている可能性もあるでしょう。
空白期間が半年から1年以上あると転職に不利?履歴書にはこう書く!」でも紹介しているように、ニート期間があっても上手く伝えることで良い印象を与えられるはずです。

この記事に関連するタグ