ニートの就職面接対策!ブランクの説明や苦手意識をなくすコツ

ニートの就職面接対策!ブランクの説明や苦手意識をなくすコツの画像

この記事のまとめ

  • ニート状態で就職面接を受けるときは自信を持って自分の言葉で回答するのがコツ
  • ニートの面接で聞かれる空白期間についての質問は、相手が納得できる理由を話そう
  • ニートのみならず面接対策のためには企業研究や業界研究をしておくのがおすすめ
  • ニートから正社員を目指すなら、就職支援機関で模擬面接を受けると良い

就職のための面接では誰しもが緊張したり不安になったりするもの。ニートを経験している場合は特に、空白期間についてどう答えたらいいかわからなかったりニートになった理由を答えづらかったりと心配な点が多いでしょう。このコラムでは、ニートが面接を受ける際に気をつけたいポイントについてまとめました。ぜひ参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

ニート状態で就職面接を受けるときの注意点

ニート状態で正社員の就職面接を受けるときは、「回答内容で嘘をつかない」「自分の言葉で伝える」「話し方や姿勢に気を配る」の3点に注意しましょう。

回答で嘘をつかない

「ニートだとネガティブな印象を与えるのでは」「ニートになった理由をいうと怒られるのでは」などと考えて、面接の質問に対して嘘の回答をしてしまうのは避けます。
採用担当者や面接官は多くの人を見てきた選考のプロ。嘘を伝えても話の内容や挙動から見抜かれる可能性が高いです。

自分の言葉で話す

志望動機などが思いつかないから、とWebなどにある例文を転用するのも避けてください。面接では「なぜこの企業に興味を持ったのか」「この企業のどこに惹かれたのか」などを自分の言葉で説明することが大切です。

姿勢や話し方に気を配る

経歴に自信がないから、あまり人と話すのが得意ではないから、といった理由で下を向き勝ちになったり、猫背になったりするなら要注意。面接ではこのような姿勢だと「自信がない」「採用しても結果を出せないのでは」とネガティブな印象を与えてしまいます。面接では自信を持ち、普段より大きな声、ハキハキした話し方を意識しましょう。姿勢については「面接時の印象は座り方で変わる!NGなクセは事前に確認」のコラムを参考にしてください。

服装にも注意しよう

ニート状態だからといって、普段着で面接を受けるのはマナー違反といえます。働いているかどうかに関わらず、正社員の選考を受けるときはスーツを着用するのが基本。「正社員の面接の服装はどうすれば良い?男女ごとに詳しく解説!」を参考に、マナーを守った服装を心がけましょう。
未経験OK多数!求人を見てみる

ニートで面接を受けるとき不安になること

ここでは、ニート状態の人が面接を受けるにあたって不安に感じることをまとめました。「面接そのものが怖い」「ニートの経歴を怒られないか不安」といった方は多いようです。

面接が怖いときはどうしたら良い?

面接や就職が怖いと感じる理由を考えてみましょう。
ニートが就活を「怖い」と感じる理由と面接対策」によると、経歴に空白期間があったり、働いた経験がなかったりするために就職に対してネガティブになる方もいるようです。また、面接は独特な雰囲気で行われるため、「怖い」「怒られそう」「うまく話せない」と感じることもあるでしょう。面接への不安や恐怖を解消するには、「面接」の雰囲気や流れに慣れることがポイントになります。後述する「ニートから就職するなら面接練習は必須!」も参考にしてください。

面接でニート経験があると怒られる?

一概にはいえませんが、ニート経験がある人に対してネガティブな印象を抱いている人がいるもの事実です。「働ける状態にも関わらず働かない」といったイメージから、強い口調や態度を示す採用担当者もいるでしょう。しかし、初対面かつ入社を希望する人材に対して、頭ごなしに怒ったり否定したりする企業は良い企業といえない可能性も。少しでも違和感を覚えたら、選考を辞退することも検討してみてください。

面接で緊張してうまく話せないときは?

話せない理由として、「緊張している」「もともと人と話すのが苦手」に分けられます。前述したように、面接は特殊な雰囲気で行われるもの。面接の雰囲気で緊張する人は多いため、「緊張すること=悪いこと」と捉えないようにしましょう。自ら「緊張しています」と採用担当者に伝えてしまうのもひとつの方法です。
もともと人と話すのが苦手な場合は、「コミュニケーションが嫌い…苦手な人の特徴や仕事での対処法を解説!」を参考に、結論から話し始めるといった工夫を行いましょう。

面接で自己紹介と言われたら何と答える?

面接で自己紹介をするよういわれたら、ニートの場合は「氏名」「最終学歴」「学校卒業後にしていたこと」「現在の状況」を答えましょう。また、「なぜニートから就職を目指したのか」など選考を受ける理由を添えると、志望度や意欲の高さのアピールになる可能性も。自己紹介については「面接での効果的な自己紹介!自己PRとの違いは?回答例文でコツをつかもう」で触れています。

悩む人は多い?空白期間についての答え方

ニート経験のある人が面接で最も不安に思うのは、「無職の間に何をしていたか聞かれたらどう答えよう」という点ではないでしょうか。空白期間について触れる場合は、正直に、前向きに話すことが大切です。

面接官が納得できる理由を話す

まずは、なぜ空白期間があるのかを答える必要があります。
病気の療養や家族の介護、資格取得や進学のためという理由も受け入れられることが多くなっています。
深掘りされやすいのは、卒業時に就職活動をしなかった、前職でトラブルのため退職し休養していた、というような場合。冒頭で説明したように嘘はつかず、前向きな回答を意識しましょう。「空白期間を面接で聞かれたら?「何もしてない」はOK?答え方や例文を紹介」のコラムも参考にしてください。

反省していることを伝える

理由の後には、空白期間を作ってしまったことへの反省の言葉も添えましょう。
「前職を退職後、自分に合った仕事を探したいと思うあまり、半年間という貴重な時間を無駄にしてしまいました。しかし、アルバイト経験と自己分析を通して自分が本当にやりたいことを見極めることができました」というように、反省を活かしてどんな行動をしたかも添えて話します
やむを得ない事情でニート状態になった方もいるでしょう。それでも、事情を言い訳と取られないように開き直った態度は避けることが大切。これからどうしていきたいかという意志を示して、働く意欲をアピールしましょう。

期間の長さや職歴をごまかさない

空白期間が長いと、年数を短めに申告したり、「アルバイトをしていた」と嘘をついたりと経歴をごまかしたくなる気持ちがわいてくることもあるでしょう。
しかし、これは経歴詐称に当たります。
職歴などの嘘は、雇用保険の加入期間などで判明することが多いようです。発覚すれば、内容によっては懲戒解雇となることも。もし嘘に気づかれなくても、後ろめたい思いのままで仕事を続けるのは気持ちが良いものではありません。正直に話したうえで、今後はしっかり働いていきたいと伝えることが大切です。

面接対策として企業研究・業界研究を行おう

空白期間の答え方は共通で構いませんが、志望動機や自己アピールは企業ごとに内容を変えた方が効果的です。
その理由は、求める人物像が企業によって違うため。どんな人材が求められているかを知るには、企業研究や業界研究が欠かせません。

企業研究

まずはその企業の基本的な情報を確認します。
企業概要や企業理念、事業内容、社員向けの制度などを調べてみましょう。沿革や採用情報にも目を通すとさらに理解が深まります。このとき、業界大手の企業や比較検討したい企業についても、同様に情報を集めておくのがポイント。
情報がまとまったら、各項目について志望する企業とその他の企業を見比べます。比較することで、志望する企業の独自性や規模の大きさが見えてくるでしょう。
企業の特徴がわかれば、自分のやりたいことや考え方とマッチするかを照らし合わせることができます。

業界研究

最初に、大きなシェアを持つ企業や、市場規模、成長の度合いなどから、その業界の大まかな立ち位置といった業界の概要を把握します。
続いて、業界内での細かい業種の分類や、他業界との関わりなどを見ていきます。業界内で急成長した企業や特徴的な事業を行っている企業をチェックするのも大切。
最終的には企業研究と同様に複数の業界について調べ、比較検討することで自分との適性を見極めましょう。
企業や業界についての知識があれば、企業がどんな人材を欲しがっているかがわかります。その人物像にフィットするような志望動機や自己アピールを作成し、面接に備えましょう。

ニートから就職するなら面接練習は必須!

ニートで面接を受けるとき不安になること」でも触れたように、ニート状態から就職を目指したときの不安要素になるのが面接。面接の雰囲気に慣れたり、基本的な流れや質問を把握したりするためにも、できるだけ面接練習を行いましょう。

面接練習はできるだけ第三者に依頼する

面接練習とひとことで言っても練習内容や練習方法は多くありますが、ニートから正社員を目指すなら、できるだけ就職活動に詳しい第三者に模擬面接をしてもらうのが理想です。
家族や友人だと、慣れや照れが出てしまい十分な対策ができないことも。しかし、就職活動に詳しい第三者なら、より面接官に近い感覚で模擬面接を行えます。

面接対策、模擬面接を受けられる場所は?

面接対策や模擬面接ができる場所は、ハローワークやジョブカフェ、地域若者サポートステーションといった公的機関のほか、民間企業が運営している就職エージェントでも可能です。

ハローワークは仕事を探す人すべてに広く門戸を開いている機関。拠点が多く立ち寄りやすいこともポイントです。
ジョブカフェと地域若者サポートステーションはどちらも若年層向けの就職支援を行っています。ジョブカフェはカウンセリングやセミナー、求人紹介などを1カ所で受けられるワンストップサービスが特徴。地域若者サポートステーションは学校中退者や就職未経験の層に向けた機関なので、ニートの利用も多くなっています。

どうしても面接が怖い・苦手なニートの方へ

ハローワークなどの公的機関は、担当者によってはサポートが不十分と感じることもあるようです。
就活で第三者の力を借りたい場合は、就職エージェントのハタラクティブを利用してみませんか?
ハタラクティブは、正社員未経験の方に向けて就職支援を行っています。
面接対策では、空白期間や志望動機などよく聞かれる質問について一つひとつ解説。
企業や業界についても詳しく、直接足を運んで得たリアルな情報をお伝えできます。
また、利用者全員にマンツーマンでじっくり対応するので、人と話すことが苦手な方も安心です。
まずはお気軽にご連絡ください。

ニートの面接に関するQ&A

ニート期間が長く、面接で何を聞かれるか不安な方もいるでしょう。ここでは面接の疑問をQ&A方式で解決していきます。

なぜニートになったのか聞かれたら?

ニート期間が生じた理由がたとえネガティブなものだったとしても、正直に反省点を述べましょう。そのうえで、今後どうしていくつもりなのか前向きに伝えればOKです。 詳しくは「ニート期間を聞かれたら?面接で気をつけたいポイント」のコラムをご覧ください。

空白期間になにをしていたか聞かれたら?

空白期間中、資格取得の勉強など意欲的に行動していることがあれば積極的にアピールしましょう。「特に理由がなくニート期間を過ごしてしまった」という方も諦めず、これからの目標など前向きな内容を伝えることでポジティブな印象を与えられます。 「空白期間が半年から1年以上あると転職に不利?履歴書にはこう書く!」では、回答例も記載しているので、「どう答えたら良いか分からない」という方は参考にしてみてください。

面接にはどのような服装で行くべき?

就職面接はスーツで挑みましょう。 ニートからの就活は中途採用になりますので、リクルートスーツではなく、実際に勤務するようになってからも着用可能なビジネススーツがおすすめ。 服装だけでなく、髪型にも注意が必要です。大切なのは清潔感を意識すること。詳しくは「正社員の面接の服装はどうすれば良い?男女ごとに詳しく解説!」のコラムで紹介していますので、気になる方はご一読ください。

面接対策はどこでしたら良い?

面接対策や模擬面接はハローワークやジョブカフェ、地域若者サポートステーションなどで実施しています。また、空白期間や志望動機などよく聞かれる質問など、詳しい話を聞きたいという方は、就職エージェントのハタラクティブを利用してみませんか?
ハタラクティブでは、正社員未経験の方に向けてマンツーマンでじっくりと就職支援を行います。面接対策や模擬面接はもちろん、自己分析や企業分析など就活に関するアドバイスをしていますので、1人の就活に不安がある方は、ぜひご相談ください!

この記事に関連するタグ