新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 面接時の印象は座り方で変わる!NGなクセは事前に確認

面接時の印象は座り方で変わる!NGなクセは事前に確認

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・面接では回答の内容だけではなく、印象や姿勢なども見られている 
    ・入室時はノックを3回。面接官から返事があったら「失礼します」と言って入室する 
    ・着席する場所は勧められた椅子か、下座の席 
    ・面接中は座り方によって与える印象が異なる。背もたれには寄りかからず、姿勢を正して面接に挑む 
    ・猫背や足を組む、貧乏ゆすりなどのクセは悪印象なので気をつけよう

面接では話す内容だけではなく、印象や姿勢という部分も見られています。
特に、質問中に面接官が気にしているのが「座り方」。だらしないという印象を与えてしまっては、せっかく考えた自己PRがしっかり伝わらないかもしれません。
このコラムでは、面接時の着席マナーや絶対にNGな姿勢についてなどをまとめています。面接前に確認してみましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

部屋に入って着席するタイミング

第一印象が決まる入室シーンのマナー、しっかり身に着いていますか?
まずは、入室から着席までのマナーを解説します。

入室

扉の前に立って、ゆっくりと3回ノックをします。
面接官からの返事を待ってから、「失礼します」と挨拶してドアを開けましょう。
入室時に面接官のほうを見ていなければ…と思うあまりに後ろ手にドアを閉める方がいますが、それはNG。きちんとドアを閉めてから面接官のほうを向き直るようにしましょう。

着席

入室後は勧められた椅子か、下座の椅子の横に立ちます。
基本的に、出入り口に一番近い席が下座となるので、座る場所がわからない場合は扉近くの席を選ぶと良いでしょう。
その後、「○○大学の○○です。本日はよろしくお願いいたします」と挨拶したあと、「どうぞおかけください」と声をかけられたら「失礼します」と言って着席しましょう。

面接官よりも先に部屋に入っている場合、座って待っていたとしても面接官の入室時には立ち上がって挨拶をしましょう。
以上が、入室と着席時のマナーです。

面接中の座り方で評価が変わる!

面接中、座っている時の態度で面接官に与える印象は大きく異なります。
回答の内容だけではなく、着席時の姿勢にも気を配ってみましょう。

座る位置

椅子に深く腰掛けると、だらしない印象を与えてしまいます。また、背もたれに背をつけると緊張感がないように見られるため、少し浅めに腰掛けるようにしましょう。浅すぎても落ち着きのない印象を与えるため、鏡などで綺麗に見える座り方を事前に確認しておくのがおすすめです。

脇は締め、手は膝の上

脇を大きく広げると、威圧的な印象になってしまいがち。自然に閉じた状態にしましょう。
男性の場合は足は肩幅に広げ、拳を膝の上に軽く置きます。
女性の場合は閉じた膝の上に手を重ねて置くと綺麗に見えます。足を斜めに流したり、組んだりするクセのある方もいるかもしれませんが、面接時には避けましょう。
ただし、足を斜めに揃えるのは低い椅子やソファーに座る場合は問題ありません。

テーブルがあっても姿勢を崩さない

テーブルがあると隠れているという安心感で足がだらしなくなりがちですが、姿勢が崩れると面接官には伝わってしまいます。
見えない部分にも神経をいきわたらせるのは大変ですが、「だらしなく見えない」ことが一番大切です。

着席してすぐは気をつけていても、段々と姿勢が崩れてくる…という人は意外と多いもの。
面接終了時まで気を抜かず、好印象を与える座り方を心がけましょう。

気が付かずにやっていない?こんな座り方はNG

面接官に悪印象を与える座り方は以下の通り。
うっかりやっていることもあるので、再度意識してみましょう。

・猫背
・足を組む
・腕を組む
・貧乏ゆすり
・姿勢が悪い

これらのクセは日常でも出てしまいがち。日頃から気をつけることで、面接時のうっかりを防ぐことができます。
どんなに良い志望動機や自己PRができても、姿勢や態度が悪いと一気に印象が下がってしまいます。事前のチェックが大切です。

万全な面接対策をしたい人は、ハタラクティブを活用しよう!

考え事をするときのクセなどは、意外と自分では気が付かないもの。
家族や友人に確認してもらうという手もありますが、就活のプロに客観的な意見をもらうのもおすすめです。

20代を中心とした若年層の方を対象に、就職・転職活動の支援を行っているハタラクティブ。
就活のプロであるアドバイザーが、利用者の方にマンツーマンでカウンセリングを行い、一人ひとりに合ったアドバイスを提供しています。

面接対策に自信がない、プロと相談しながら就活したい…そんな方は、まずはお気軽に相談してみませんか?

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ