1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ヒキニートを脱出したい…バイトからスタートできる?

ヒキニートを脱出したい…バイトからスタートできる?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・ヒキニートとは、自宅に引きこもっている「引きこもり」と働いていない「ニート」の両方の条件を満たす人を指すネット用語
    ・脱ニートのきっかけづくりとして、求人情報を閲覧することから始めてみよう
    ・アルバイトから始めるなら、一人で黙々とこなすタイプの仕事や、大量募集で採用されやすい仕事を選ぼう
    ・まずは単発のアルバイトから始めて徐々に働くことに慣れていこう

「ヒキニート」という単語を聞いたことはありませんか?
これは、「ニート」と「引きこもり」をかけ合わせたネット用語であり、職に就かず、家にこもっている状態の人を指します。
ヒキニート状態になっている人の中には、現状に焦りを感じ、正社員としての就職を考えている方もいるようです。
今回は、ニートを脱出して正社員就職を検討している方におすすめの活動方法を中心に紹介していきます。

◆ヒキニートとは?

ネット上で見かける機会が多い「ヒキニート」という言葉。
これは、「家に引きこもっているニート」を指し、主に若者の間で使用されているネット用語です。

ニートとは、仕事に就いておらず、家事や学業も行っていない15歳~34歳の若年者を指します。
これに加え、自宅にこもって家族以外との交流がない状態が6ヶ月以上続いている「引きこもり」の状態になっている人が、いわゆるヒキニートです。

現在ヒキニート状態の人の中には、「現状を変えたい」という前向きな気持ちはあるものの、社会に出る、あるいは復帰することに対する不安から一歩を踏み出せない方もいるのではないでしょうか。

ヒキニートから脱出するために有効なことを次項で紹介するので、まずはそちらを参考にしてください。

◆脱ニートのきっかけは求人サイトの閲覧?

現状への不安から、いきなり「社会に出る」ことを考えていませんか?
決心が固まらないまま次のステップのハードルを上げすぎると、プレッシャーを感じてかえって社会復帰を遅らせてしまう可能性があります。
まずは、脱ニートのきっかけを作るところから始めてみましょう。

最初の一歩として、ひとまず求人サイトや広告を開き、掲載されている情報に目を通してみるのがおすすめです。
スタートの段階なので、仕事を探すということを意識しすぎず、流し見する程度で問題ありません。
少しでも目を通しておけば、募集している地域や給与など、掲載されている求人の傾向を把握しやすくなります。
もし気になる情報がある場合は、ページをブックマークする、手書きでアドレスをメモするなど、なんらかの方法で保存しておきましょう。

また、社会復帰のために働くことに慣れておきたいという場合は、短期のバイトや派遣からスタートするのも1つの手です。
バイトや派遣は、1日や数日間のものから数ヶ月間のものまで、勤務期間に幅があるため、自分に合ったペースで働けます。
フルタイムの長期間勤務に不安がある方には有効な方法といえるでしょう。

◆脱ニートにおすすめのアルバイト

アルバイトから始めて脱ニートに繋げるには、下記のような条件の仕事がおすすめです。

【黙々とこなすタイプの仕事】

コミュニケーションが苦手・自信がないという方は、警備員や工場、清掃系のアルバイトを選択肢に入れてみましょう。
これらは基本的に人と接する機会が少なく、各個人で黙々とこなすタイプの仕事であるため、コミュニケーションを最低限に留め、仕事に専念したい方におすすめです。
また、職場によっては仕事に関係する資格を取らせてくれる場合もあるため、就職に役立つスキルを身につけられるかもしれません。

【大量募集の求人】

せっかく「仕事を探そう」と動き出しても、不採用が続くとモチベーションの低下を招く恐れがあります。
なるべく早めにアルバイトを始めたいという場合は、オープニングなどで大量募集をかけている求人から探すのも良いかもしれません。
大量募集であれば、1名や2名募集の求人よりも採用される可能性が高くなります。

【未経験者歓迎の求人】

経歴に不安がある方は、未経験者を歓迎している求人も探してみましょう。
未経験者歓迎のアルバイトであれば応募条件のハードルは低く、採用後は仕事を丁寧に教えてもらえる可能性もあります。
そのため、やってみたい仕事がある場合は、未経験歓迎のアルバイトから探して経験を積んでおくのも良いかもしれません。

以上の項目を踏まえてアルバイトを探し、社会復帰への一歩を踏み出しましょう。

◆ヒキニートには正社員へのハードルが高い?

いわゆる「ヒキニート」の状態であっても、行動を起こせば正社員になれないということはありません。
しかし、一般的な新卒や第二新卒に比べると、正社員就職へのハードルは高くなるでしょう。

就職活動をする上では、ある程度のコミュニケーション能力は必須です。
社会に出ておらず、家族以外との交流の機会が極端に少ないと、必要なコミュニケーション能力が育まれていない可能性があります。

また、たとえ社会経験がなくても、就職活動の場では社会人としての素養の有無を厳しくチェックされることが多いです。
自宅にこもりがちになっていると、社会的なマナーが身につきにくくなります。

このように、ヒキニートの状態から正社員として就職するには、コミュニケーション、社会性の部分がネックになってしまうかもしれません。

いきなり正社員としての就職を目指すよりも、短期のバイトや派遣で仕事に慣れ、社会人としての素養を身につけていくのも有効な手段の1つです。

まずは1日や数日間の短い期間の仕事から始めていくと良いでしょう。
短期間・短時間であっても、与えられた仕事をやり遂げられればその体験が自信に繋がっていきます。

単発の仕事に体が慣れてきたら、今度は更新型の派遣や契約社員に挑戦してみましょう。
フルタイム・週5の勤務体制が習慣化すれば、自然と生活リズムを整えやすくなります。

このように、最初は少しずつステップを踏み、徐々に自信をつけていくことが大切です。
心身ともに働く姿勢が整ったら、正社員を目指して活動を開始しましょう。

ニート・フリーターから正社員になるには、ハローワークや就職サイト、就職エージェントなど、さまざまな方法があります。

就職エージェントであれば、就職のプロによるフルサポートを受けることが可能です。

自分の経歴に不安を感じている方は、未経験歓迎の求人を豊富に取り扱うハタラクティブを活用してみませんか?

ハタラクティブは、ニートやフリーターなどの社会人経験が浅い方や、退職してからブランクがある方といった、経歴に悩みがある若年層を中心に就活サポートを行っています。
まずはカウンセリングで希望を聞いた上でお仕事を紹介するので、「やりたいことが決まっていない」という方も安心です。
応募書類の書き方や面接対策など、就職活動に必要な取り組みもしっかりフォローします。
「ブランクが長すぎて社会復帰する自信がない」「ニートから就職したいけれど働くのが怖い」と悩んでいる方は、まずはハタラクティブにご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

やりたいことがわからなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたがやりたいことを見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる