1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 知りたい!ニートにとって楽な就職先ってあるの?

知りたい!ニートにとって楽な就職先ってあるの?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・ニートだけではなく誰にとっても「楽な仕事」はない
    ・楽な仕事ではなく、やりたい仕事や興味がある業界を探そう
    ・自己分析を行い自分の強みや関心を知ることで、企業選びや志望動機作成がスムーズになる
    ・発展している業界や人手不足の職場など、ニートが就職しやすい職種はある
    ・実績や経験の差で就職のしやすさは変わってくるので、早めに行動しよう

ニートの状況から就職活動を行う場合、「仕事を覚えられるのか」「どのような職種が就きやすいか」と悩むところでしょう。その不安から、「楽な仕事がしたい」と考える人も多いかもしれません。
こちらのコラムでは、ニートでの仕事探しのポイントやおすすめの仕事、自己分析の方法をお伝えしています。

◆ニートにおすすめの楽な仕事はある?

働いていない期間が長い場合、「できるだけ楽な仕事がしたい」「忙しい業界や職種には就きたくない」と考える人は多いでしょう。
しかし、ニートだけではなく、誰にとっても「楽な仕事」というのは存在しません。ニートであるならば社会経験がない分、仕事の選択肢は多くはないでしょう。
ニートの就職活動は将来的な不安から「早く就職先を決めたい」と焦り、すぐに始められる仕事を探してしまいがちですが、重要なのは「自分がやりたいことか」ということです。
せっかく働くのであれば、長く勤められる仕事をおすすめします。自分が納得のいく職場であれば仕事のモチベーションが上がり、長期的なキャリアプランを意識できるでしょう。また、一定の職場で長い期間働くことで「昇進や昇格の機会がある」「業務の技能を上げられることで転職の際も有利」というメリットがあります。
求人を探す際は、単に楽な仕事ではなく「希望する業界」「興味のある分野」「向いていること」などを重視して探すことがおすすめです。
自分の長所短所、得意不得意、譲れること譲れないことなどを見極めて、「やりたい仕事」「好きなこと」を探してみましょう。


◆自己分析のやり方

就職活動の中で、「自分を知る」ことは非常に重要なポイント。自己分析は、「就職活動の軸」を作る大切な作業と言えるでしょう。
自分の興味や強みを把握することで、「どのような仕事がしたいのか」「将来どのようになりたいか」などが明確になります。
そこが明らかになると、志望動機作成や仕事探しを効率的に進められるでしょう。
自分自身と向き合うことは難しく感じるかもしれませんが、自己分析を十分に行わないと、履歴書作成や企業選び、面接などさまざまな場面で壁にぶつかってしまいます。
また、企業が採用で重視していることは、応募者の人間性や会社への熱意です。
自分を深く知ることで、「私はこのような人間です」「過去の経験を活かして、このような仕事がしたいです」など、面接でしっかりアピールできるでしょう。
そのためには、効果的な方法で進めることが大切です。以下に自己分析のコツをまとめているので、参考にしてみてください。

【過去の経験を掘り下げる】

まずは、過去に打ち込んできたことや、努力したことなどを振り返ります。「華やかな経歴がない」「これといった実績がない」と悩むかもしれませんが、継続している趣味や学生時代の勉強や部活など、「真剣に取り組んだこと」であればどのような出来事でもかまわないので、洗い出してみましょう。

【自分のアピールポイントを探す】

経験を振り返ったら、さらに深掘りして「そこから何を学んだのか」「問題に対してどのように対処したのか」など、その出来事から得られた具体的なエピソードを思い出して整理します。
いくつかの経験を深掘りしていくと、「決断力がある」「地道な努力ができる」「コミュニケーション能力が高い」など、共通する自分の強みが見つかるでしょう。

【他己分析】

「自分のことは自分が一番分かっている」と思いがちですが、他の人が思うイメージと異なることもあるでしょう。
自分一人で自己分析を行うと、「こうなりたい」「短所を知りたくない」という気持ちから、つい主観的になってしまう可能性も。
そこでおすすめなのが、身近な人に自分を評価してもらう「他己分析」です。
複数の人が多角的に分析を行うので、客観的な長所や短所を発見でき、自己PRがより具体的になるでしょう。
自分では気づかなかった、新たなアピールポイントが見つかるかもしれません。


◆ニートから就職しやすい職種は存在する

「楽な仕事」というものはありませんが、就活では敬遠されやすく「ニートが就職しやすい職種」は存在します。
たとえば、高齢化によってニーズの高まる介護職、ECサイト増加の影響を受け発展している物流業界などは、人材の補充を積極的に行っているのでおすすめです。
飲食業や販売業などは「体力が必要」「勤務時間が長い」などの理由から、離職率が高めの業界。人手不足の職場が多く、未経験でも可能な求人を見つけやすいでしょう。
また、工場での検品やライン生産などマニュアルに沿った業務が多い製造業は仕事が覚えやすく、ニートも歓迎されています。


◆経験や実績によっても就職のしやすさは変わる

ニートの期間によりますが、正社員としての経験がある人は「同業種へ就きやすい」というメリットがあります。
正社員の場合、手厚い研修や教育を受ける機会が多く、業務に関する知識やスキルを身につけられます。
業務内容も幅広く、裁量の大きな仕事を任されることも多いのが特徴。そのため、経験や実績をアピールでき就職活動では有利になるでしょう。
アルバイトや派遣社員などの非正規雇用であっても、業務経験があればスキルを活かすことができ、その業界で重宝されるケースもあります。
また、就職活動では「年齢」というのは重視されるポイントの1つ。実際、「若年層向け」「35歳以下の方」といった求人も少なくありません。
企業側は若い人を採用することで、「会社の雰囲気に馴染みやすい」「仕事を覚えるのが早い」「体力がある」などのメリットが多くあるからです。
年齢が上がると、企業が求めるものは「経験やスキル」「リーダーシップ」など即戦力を重視した部分になってくるでしょう。
長期的にブランクが空くと仕事探しの幅も狭くなってしまうので、思い立ったら早めに行動することをおすすめします。


◆少しでも楽な気持ちで就活するために

家族や友人など身近な人に就職活動していることを話すと、日常生活の中でサポートしてもらえることも。
ニートでの生活は日常の時間が不規則になりがちなので、周囲の協力は心強いでしょう。
しかし、実際は企業選びや面接の準備など、一人での就職活動はモチベーションが下がってしまいがちです。
そのような場合、転職エージェントを利用すれば、気持ちも就活自体も楽になるのではないでしょうか?
ハタラクティブでは、専任の就職アドバイザーが一人ひとりのお悩みに寄り添いながら就活をサポート。
プロの目線で自己分析のフォローや履歴書の添削、面接対策などを行っています。
「第三者からアドバイスをもらいたい」「効率的に就職活動を進めたい」という方は、ぜひお気軽にご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる