ニートでブランクありでも就職できる?経理になるには

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ニートでブランクありでも就職できる?経理になるには

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・経理の仕事は、会社のお金の流れを管理すること
    ・日次、月次、年次ごとのルーティンワークをメインに構成されている
    ・働き方において「ルーチンワークが多い」「年間イベントによって業務量が左右される」「企業規模によって業務範囲に違いがある」といった特徴がある
    ・採用基準で多くを占めるのは実務経験なので、未経験から目指すのであれば非正規雇用でキャリアをスタートさせるのも1つの手

ニート経験者が就職活動をする際に、気になることの1つが「希望の職種に就けるのか?」というもの。ブランクや経験の浅さを気にして、本来希望している仕事を諦めたという人もいるのではないでしょうか。

そこで当コラムでは特定の職種にスポットを当てて、業務内容や求められるスキルに触れながら、就職活動のポイントについて解説します。

今回ご紹介する職種は「経理」。資格やスキルが重視される印象の強い職種ですが、果たしてニート経験者が目指す方法はあるのでしょうか?職種選びの参考に、ぜひご覧ください。

◆経理の仕事内容

経理の仕事を一言で表すと「会社のお金の流れを管理すること」。それに付帯する業務全般を担当するのが経理の仕事です。
イメージしやすくするため、下記に具体的な業務内容を挙げましたので参考にしてみてください。

【日次】

・現金出納管理
・売掛金、買掛金の管理
・伝票の記帳、整理
・新規顧客の与信審査業務
・経費精算

【月次】

・住民税、源泉所得税の計算と納付(毎月10日まで)
・売上取引、仕入取引の業務
・予算実績管理業務
・月次の決算書作成
・給与計算
・社会保険料の計算と納付

【年次】

・税金(法人税や消費税など)の計算と納付
・年末調整
・社会保険料、労働保険料の計算と申告
・年次の決算書、決算書類(損益計算書や賃借対照表など)の作成
・既存顧客の与信管理(サイクルは企業により異なる)

上記からも分かるとおり、「日次」「月次」「年次」の3サイクルごとに、異なる定型業務をするのが特徴です。業種や企業規模によって若干異なる場合もありますが、概ね上記のような業務内容でしょう。

ちなみに、経理は会計や財務と混同されやすい仕事でもあります。その理由としては、業務内容が会計や財務と密接に関連していること、企業によっては兼任する場合もあることが挙げられるでしょう。

しかし、実際は「経理が作成した帳簿や集計資料をベースに、会計や財務が業務を進める」というイメージ。
会計と財務は、収支や資金調達に関する社内での折衝、税理士や公認会計士への報告など、経営方針に関わる重要な業務ですが、どちらも経理(または経理業務)がないと成り立たない仕事です。
以上のことから、経理は業種や企業規模を問わず、ニーズの高い職種であることが分かります。


◆働き方における特徴

経理業務ならではの特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。下記にいくつか挙げましたので、先ほどの項目で解説した業務内容と照らし合わせてご覧ください。

・ルーチンワークが多い
・年間イベントによって業務量が左右される
・企業規模によって業務範囲に違いがある

まず、前の項目でもお伝えしたとおり、日次・月次・年次のルーチンワークがメインの業務です。それに付帯する形でのイレギュラー業務はあるかもしれませんが、全くの新しい業務が発生するケースは稀でしょう。
経営に関わるお金の流れを記録する業務ですから、一から何かを生み出すというよりも、期限内に正確な処理ができるかという点が重要な仕事です。

そして、決算期やボーナスの支払い、税金の納付など、イベントがある時期は経理の繁忙期。このような時期は残業時間も多くなるのが一般的です。加えて、それぞれの業務を期限内に正確にこなす必要がありますから、先を見越した上で日々の業務を進める必要があるでしょう。

また、企業規模で業務範囲の広さに違いがあるのも経理ならではの特徴です。
大手企業では、経理業務を分業化していることが多いため、一人ひとりの業務範囲は狭い傾向にあります。一方、中小企業では会計や財務が行うような業務を兼任することが多いでしょう。
専門性を磨けるのは前者、幅広い経験を積めるのは後者と言えそうです。実務経験が少ない、または未経験者の場合は、中小企業で経験を積み、オールラウンダーを目指すのがベター。将来的なキャリアの選択肢も広げられるのではないでしょうか。


◆企業が評価するのはどんな人?

経理に求められる事柄を下記にいくつか挙げてみました。経理を目指す際の参考にしてみてください。

・経理としての実務経験
・日商簿記検定などの関連資格
・オフィスソフトを扱うスキル
・正確に物事を処理する力
・コミュニケーション能力

まず、企業が経理事務に採用する人物に対して求める要素は実務経験。関連資格さえ取得していれば良いと考える人もいるようですが、経理に必須の資格はありません。

これまでお伝えしてきたとおり、経理は企業によって業務内容やその範囲に違いがあります。資格取得で学んだ内容がそっくりそのまま業務になるケースはあまりないでしょう。そのため、実務経験の多寡こそが、企業側が持つ採用基準の1つになります。

また、経理は業務上、重要な情報に触れることが多く、信頼できる人物なのかという点も企業にとっては大切なこと。実務経験はその点においても判断の指針になりやすく、経験者を歓迎する求人が多い理由の1つとして挙げられるでしょう。

しかし、日商簿記検定などの関連資格も取得しておいて損はありません。資格は「経理業務について一定レベルの知識はある」というアピール材料になるため、時間に余裕がある人は資格取得を検討しても良いでしょう。

そして、業務のほとんどはExcelやWordなどのオフィスソフトを使用して行います。PC操作に加えて、それらのソフトを扱う基本的なスキルは必須と言えるでしょう。
ミスが許されない責任の大きい業務であること、社内外の人とやりとりする機会が多いことも経理ならではの特徴。それだけに、几帳面さや物事を正確に処理する力、コミュニケーション能力も求められる要素と言えます。


◆ニート経験者でも経理として働ける?

経理に限らず事務職は、求職者からの人気が高く、業務自体を外部委託している企業も増えています。そのため、採用難易度は高い傾向にあるのが現実。未経験者を歓迎する求人は少なく、即戦力を求める経験者に限定した求人が比較的多いでしょう。

しかし、先ほどもお伝えしたとおり、実務経験が重視されるのが経理。もし未経験から経理を目指すなら、資格取得よりもアルバイトや派遣社員などで実務経験を積むのが賢明です。資格取得が必須ではない仕事ですし、取ろうと思えば働きながらでも可能です。まずは非正規雇用で働きながら知識を身に付け、就職に向けたアピール材料を蓄えておくのが良いでしょう。

就職活動はハローワークや就職支援サービスの助けを借りるのがおすすめ。ニートの経験がある方は就活自体から離れていた期間が長いか、未経験であることが多いため、第三者のサポートを受けながら効率よく進めたほうがうまくいく可能性が高まります。
特に、非公開求人を多く扱う民間のエージェントは、1人では見つけられなかった優良企業の求人が見つかることも。就職に関するさまざまな相談にも対応してもらえるので、ニート経験のある方も安心です。

20代特化型の就職・転職エージェント、ハタラクティブでは、あなたの条件や適性に合わせて1,500件以上の求人からぴったりのものをご提案します。一人ひとりに専任の就活アドバイザーが担当としてつくため、就活に関するお悩みにも素早く対応。ブランク期間や求人選びについて不安がある方も大歓迎。お気軽にお問い合わせください。




関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ