経理になるには?ニートやブランクのある人が活躍する方法

経理になるには?ニートやブランクのある人が活躍する方法の画像

この記事のまとめ

  • 経理の仕事は、会社のお金の流れを管理すること
  • 経理の仕事には「日次業務」「月次業務」「年次業務」などがある
  • 経理になるには、「日商簿記検定」や「FP技能検定」があると有利
  • 正社員の経理になるには、一般事務やアルバイトでの経験を積むのも手
  • 経理で高収入になるには、資格取得や実務経験を積み昇進することが大切

経理の仕事に興味を持っている方は、多いのではないでしょうか。経理はどの会社にも必要な存在なので、スキルがあれば幅広い業界で活躍できます。未経験者やニート、ブランクのある人でも、資格や実務経験によってスキルアップが目指せるでしょう。このコラムでは、経理の仕事内容や向いている人の特徴も紹介しています。経理として活躍したいと考えている人は、一読ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

経理とは

経理の仕事は、会社内のお金の流れを管理することです。社員に支払う給与や社内経費、売り上げの入金や取引先への支払いなど、あらゆるお金の動きを管理します。経理の仕事は、会社になくてはならない存在です。そのため、会社がある場所には必ず経理の仕事もあるでしょう。一度スキルや知識を身につければ、日本全国どこででも活躍できる仕事のため、ライフステージの変化がある人にもおすすめできる仕事です。

経理と財務の違い
経理と似た職種に、「財務」があります。経理は、実際に支払ったお金や入金されたお金を管理する業務です。一方、財務は経理が管理した情報をもとに、資金調達や予算管理を行う仕事となっています。銀行から融資を受けたり、株式を発行したりするのが財務の役割です。しかし、会社によっては経理と財務を兼任することもあるため、混同されやすくなっています。「就活アドバイザーが教える!会計(経理)・財務のお仕事」も参考に、経理と財務の仕事について理解を深めてください。

経理が行う仕事内容

経理の仕事は、大きく分けて「日次業務」「月次業務」「年次業務」の3つがあります。
さらに、会社の規模によっては、日々の売り上げ管理も経理の仕事になっているケースもあるようです。売上伝票や納品書の発行、売上の集計といった業務も含まれます。

1.日次業務

日次業務は、経理が毎日行っているような業務のことです。具体的には、下記のようなものがあります。

・現金出納管理
・売掛金、買掛金の管理
・伝票の記帳、整理
・新規顧客の与信審査業務
・経費精算

その中でも重要な業務が、現金や預金の管理です。経理職は現金の入出金管理や銀行振り込みなどの確認、納品書や請求書、領収書などの確認を行い、毎日正確に管理する必要があります。

2.月次業務

月次業務には、月締めで行う業務で、1か月ごとのサイクルで業務をこなします。具体的には、下記のような業務が月次業務です。

・住民税、源泉所得税の計算と納付(毎月10日まで)
・売上取引、仕入取引の業務
・予算実績管理業務
・月次の決算書作成
・給与計算
・社会保険料の計算と納付
締日や支払日は取引先によって異なるため、経理は取引先ごとに把握しておき、請求書どおりに支払いが行われているのかを確認します。
試算表と損益計算書の作成は、月次業務の締めくくりです。経営陣は、経理が作成するこれらの資料によって社内のお金の動きを確認し、経営判断を行うことになります。
また、会社によっては給与計算が経理の仕事になっているケースもあるでしょう。月次業務として社員に支払う給与に間違いがないように計算を行い、支払いを行います。

3.年次業務

年次業務は年に一度行う決算に関する業務です。経理の中でも、経験を積んだベテランが担当することが多いでしょう。年次業務の具体例は、下記のとおりです。

・税金(法人税や消費税など)の計算と納付
・年末調整
・社会保険料、労働保険料の計算と申告
・年次の決算書、決算書類(損益計算書や賃借対照表など)の作成
・既存顧客の与信管理(サイクルは企業により異なる)

決算の集計業務が終わったら税務署に決算申請を行い、税金を納付します。また、企業には数年に一度税務署の監査が入るため、いつ監査が入っても問題ないよう、必要な書類をきちんと作成し、整理しておくことが大切です。

ニートやブランクがある人が経理になるには

経理は専門知識が必要な仕事ですが、国家資格は必要ありません。しかし、未経験者やニート、ブランクがある人が経理になるには、専門的な学習を行ったり、資格を取得したりすると効果的でしょう。
資格を取得しておけば、実務未経験であってもある程度のスキルがあることを証明できます。さらにやる気や熱意のアピールにもなるため、資格を取得しておいて損はないでしょう。
ここでは、未経験者が経理になるのに有効な方法や経験を紹介します。ニート経験者やブランクのある方も、ポイントを押さえれば就職できる可能性が高まるでしょう。

1.一般事務職での経験を活かす

経理の仕事には、一般事務職の経験を活かすことができます。経理も、資料作成や連絡といった事務職と似た作業を行う仕事です。ブランクのある方が経理職の正社員になるには、一度一般事務で職歴を作ってから経理に転職するという道もあります。

2.資格を取得しておく

先述のとおり、未経験でも資格を取得しておけば、経理の仕事に必要な基本的な知識や熱意を持っていることを証明することができます。経理になるには、「経理になるためにあると有利な7つの資格」で紹介している資格を取得すると良いでしょう。

3.アルバイトや派遣社員で実務経験を積む

経理の仕事は、正社員だけでなくアルバイトや派遣で募集されていることもあります。特に、ニートやフリーターなどブランクのある方が経理の正社員になるには、まず非正規雇用で実務経験を積むのも効果的でしょう。また、アルバイトや派遣スタッフであれば未経験者募集も多いため、ハードルは低いという特徴もあります。
最初から正社員への登用を前提として働ける、紹介予定派遣で働くのもおすすめです。

経理になるためにあると有利な7つの資格

繰り返しになりますが、経理になるには資格は特に必要ないものの、取得しておくことで転職活動の際に役立つ資格があります。特に、未経験から経理職を目指す場合は資格を取得しておくのがおすすめです。ここでは経理になるためにあると有利な資格を紹介していきますので、参考にしてください。

1.日商簿記検定

日商簿記は日本商工会議所・各地商工会議所が実施している検定試験です。1級~3級と、初級の4段階が設定されています。簿記とは、会社の経営活動を記録して、経営成績や財政状態を明らかにするための技能です。経理の仕事のベースとなる知識のため、取得して損はありません。コスト感覚も身につくため、経理に限らずビジネスパーソンなら知っておきたい内容が学べます。
日照簿記1級を取得すれば、会計学のスペシャリストと呼べるレベルです。経理職への転職の際には、大いに役立つでしょう。
日照簿記2級は、商業簿記と工業簿記において、高度な知識を習得していることを証明できます。基本的には転職活動で役立つのは簿記2級以上となるため、日商簿記を取得する場合は2級以上を目指しましょう。簿記の資格と転職については、「簿記の資格は転職に活かせる?」も参考にしてください。

2.FP技能検定

日本FP協会が実施しているFP技能検定(ファイナンシャルプランニング技能検定)は、いわば「お金の専門家」を認定するための試験です。顧客の資産や収入、支出などのデータを収集・分析して、ライフプランを達成するための長期的かつ総合的な視点でのアドバイスや、資産設計を行うための知識が問われます。
FP技能検定には1~3級の3つの等級があり、それぞれ学科試験と実技試験の2つに合格することが認定の条件です。お金の基礎知識が分かるため、経理の仕事にも活かせるでしょう。

3.給与計算実務能力検定

給与計算実務能力検定とは、給与計算業務に対する知識やスキルを認定している検定試験です。一般社団法人の実務能力開発支援協会が運営しています。
給与計算実務能力検定には1級と2級の2段階です。2級を取得すると、労務コンプライアンスについての理解や基本的な給与計算、明細作成ができるレベルであることを証明できます。1級を取得ではさらに高度な知識が必要です。合格すれば、年末調整を含んだ給与計算に関するすべての業務に携わることができるレベルであることを証明できるので、経理の仕事に役立つでしょう。
受験資格は特に設けられていないので、学歴や職歴に自信がない方がスキルアップを目指すための資格としてもおすすめです。

4.経理・財務スキル(FASS)検定

経理・財務スキル検定とは、経理・財務分野における実務知識やスキルを認定している検定試験です。経済産業省の委託を受けた、一般社団法人日本CFO協会が運営しています。
等級ごとの合格不合格ではなく、試験結果をレベルA〜レベルEまでの5段階で評価する検定試験です。出題される内容は、「資産」「決算」「税務」「資金」の4つの分野となっています。レベルAの判定を受けるためには、幅広い知識が必要です。

5.国際会計検定(BATIC)

国際会計検定とは、グローバルなビジネスシーンで必要な英語力と国際会計スキルを同時に測定できる検定試験です。東京商工会議所が運営しています。試験は英文で出題され、選択式問題と記述式問題を受験し、合否ではなくスコア形式で結果が出る試験です。
海外展開をする会社や、海外の会社とや取引のある会社では、国際会計スキルが重宝されるでしょう。今は海外展開していない会社でも、将来的に海外へ進出する可能性もあります。経理としての将来性やキャリアアップを望むなら、取得しておくと良いでしょう。

6.国際会計基準検定(IFRS)試験

国際会計基準検定とは、国際会計基準(IFRS)に関する知識の習熟度を測るための検定試験です。ロンドンに本拠地を置くICAEW(イングランド・ウェールズ勅許会計士協会)が運営している試験で、その日本語試験となっています。
国際会計基準検定は、経理職だけでなく会計士や税理士資格を持っている人も受験している資格のため、会計に関してさらなるスキルアップを目指す人におすすめです。

7.電子会計実務検定

電子会計実務検定とは、日商簿記検定と同じく、日本商工会議所が実施している検定試験です。会社における電子会計を行うための知識やスキルを認定している資格で、1~3級の等級が設けられています。
実務と同様に、会計ソフトを用いて受験することが特徴です。簿記の知識だけを問う日商簿記検定と比較して、ソフトの利用スキルも問われます。
多くの会社で会計ソフトの導入による経理業務の省力化や効率化が図られているため、会計ソフトの利用スキルは実務でも役立つでしょう

経理に向いている人の4つの特徴

経理の仕事は会社のお金を正確に管理することであるため、正しく処理することが求められます。適性がある人でなければ、トラブルを多発する可能性も否めません。ここでは経理に向いている人の特徴を紹介していきます。特に、未経験から経理職になるには、適性があることをアピールすることが大切です。下記を参考に、志望動機や自己PRをブラッシュアップしてみてください。

1.パソコンスキルがある

経理職は普段の業務でWordやExcel、PowerPointといったソフトを使用します。そのため、オフィスソフトの基本的なスキルは押さえておく必要があるでしょう。特に、Excelや会計ソフトはよく利用するため、高度なテクニックも有しているとベターです。「PCのスキルアップにおすすめの資格6つ」も参考にしてください。経理になるには、経理のスキル以外も必要であることを押さえておきましょう。

2.分析力がある

経理は、お金のやり取りを管理するだけでなく、分析することも仕事です。
経験やキャリアを積んでできる仕事が増えてくると、社内のお金の使い方を考える能力も求められるようになるでしょう。資金に関連した施策について、経営陣にプレゼンするようなケースが発生する可能性もありえます。数字に強い人や分析力のある人は、経理として活躍できる適性があるでしょう。

3.几帳面

お金を扱う経理の仕事には正確性が求められるため、几帳面さが求められます。常に正確な数字を意識して、コツコツと仕事に取り組む必要があるでしょう。些細なことであってもしっかりと確認を行い、細かいところにまで気を配れるような几帳面な人が向いています。経理がチェックするものは、領収書の日付や取引先、金額や内訳などさまざまです。それらをしっかりとチェックでき、ミスなくきっちりと仕事ができるような几帳面な人であれば、経理として信頼されやすくなります。

4.コミュニケーション能力

経理は社内のさまざまな部署と関わる仕事のため、コミュニケーション能力も必要です。ほかの部署に経費の申請をお願いしたり、間違っている処理について改善を促したりすることもあります。
また、担当業務が広がるにつれて、社内だけでなく取引先や社外の会計士、税理士とのやり取りを行うこともあるでしょう。、コミュニケーション能力がある人材は、経理に向いているといえます。

高収入の経理職員になるには

経理職になるには、収入面も気になるところです。会計に関する専門的なスキルや知識が必要な仕事のため、給与水準は高い傾向にあります。ここでは、経理の収入事情や収入アップの方法を紹介するので、参考にしてください。

経理の平均年収

厚生労働省の「職業安定業務統計の求人賃金を基準値とした一般基本給・賞与等の額(時給換算)(6p)」によると、経理職の平均時給は下記のようになっています。

経験年数 時給(円) フルタイムで働いた場合の想定月収*(円)
0年(基準値) 1,143 182,880
1年 1,306 208,960
5年 1,537 245,920
10年 1,727 276,320
20年 2,156 344,960

引用:職業安定業務統計の求人賃金を基準値とした一般基本給・賞与等の額(時給換算)(/6p・263経理事務員)
*資料掲載の時給に1日8時間×20日/月出勤したことを想定して独自に算出

経験5年~10年で、月給は20万円後半です。年収換算すると、賞与も含めて400万円前後でしょう。経験年数以外にも、資格の取得や担当業務の拡大などにより、収入が上がる可能性もあります。中には年収1,000万円以上を稼ぐ人もいるようです。

一般事務職よりは高め
経理職は事務職の中でも専門性が高いことから、一般事務職より年収が高い傾向があります。先出の資料でも、一般事務員の0年目の平均時給は1,085円です。「統計から見る事務の給料」でも紹介していますが、一般事務で年収400万円になるのは難しいでしょう。

収入アップにはスキルアップ

経理の仕事で高収入になるには、昇進することが効果的でしょう。実務経験を積んでチームリーダークラスになれば、収入がアップが期待できます。収入アップや昇進には、資格の取得も有効です。
また、経理として経験を積んでいけば、経営陣とお金に関するやり取りを行う場面も出てくるでしょう。このように、スキルアップして業務範囲を広げていくことで収入を上げていけると期待できます。

経理の仕事のやりがい

経理の仕事への転職を視野に入れている方の中には、経理のやりがいを知りたいという方もいるでしょう。ここでは経理という仕事のやりがいについて紹介しますので、どのようなやりがいがあるのか参考にしてみてください。

キャリアステップが分かりやすく達成感がある

経理の仕事は未経験からでもスタートすることができます。未経験の場合は、日次業務やその補助業務などを通してスキルを磨くことになるでしょう。経験やスキルを身に付けていくことで日次業務から月次業務へ、月次業務から年次業務へと着実にキャリアアップしていくことができます。任される仕事が増えることによってキャリアステップが分かりやすいため、やりがいをもって仕事に取り組めるでしょう。
また、お金を扱う仕事という特性上、1円の誤差も許されない厳しさがあります。その分、全く計算ミスをせず、1円の誤差なく計算を終えられたときには、大きな達成感や充実感を味わうことができるでしょう。

経営陣の近くで活躍し会社の経営を支える

経理は会社の経営の根幹であるお金を扱う仕事となっているため、会社の経営を支えているという実感を得ることができます。経理が日々記録しているデータは経営陣が今後どのように事業を進めるのかを判断するための材料となるため、経理は企業の経営に必要不可欠な存在です。普段は地味な仕事であっても会社の経営を大きく左右するような重要な仕事であることから、やりがいをもって仕事に取り組むことができるでしょう。
さらに、先述のとおり将来的には決算や財務、開示業務などの業務も任されるようになり、経営陣の近くで活躍できるようになる可能性があります。将来的には経営目線で業務に関わりたいという人であれば、経理は非常にやりがいのある仕事でしょう。

経理の仕事に将来性はある?

最後に、経理の仕事の将来性を紹介します。AIやロボットの技術が発展し、人の手が必要なくなる仕事もあるといわれている現代では、自分が目指す仕事が機械に奪われない不安な人も多いでしょう。ここでは、経理の将来的な課題と対策を紹介するので、頭に入れておいてください。

IT化が進むことで経理の需要は下がる?

経理の仕事は会社にとって必要不可欠ですが、近年では効率化が進んでおり、経理の人員が減っている会社もあります。将来的にもIT化が進むことによって、経理の需要は下がっていく可能性があるでしょう。ただ、経理職員の需要が減っても、完全になくなるということはありません。下記で、その対策を紹介しています。

経理の知識にプラスアルファのスキルが必要

IT化が進む中で経理職として活躍し続けるには、プラスアルファのスキルが求められるでしょう。経理の知識やスキルだけでは、経理以外の分野で活躍することはできません
たとえば、システム開発に関する知識やスキルをプラスアルファで取得すれば、経理コンサルタントとして活躍できる可能性があります。
経理の実務能力に加えて法律を学んでおけば、税理士事務所や会計事務所で活躍することもできるようになるでしょう。さらに税理士や会計士の資格を取得することで、独立して起業することも視野に入ります。経理のスキルを活かして、経理以外の仕事に就くことも検討してみてください。

未経験歓迎求人が多数ある一方で、実務経験が重視されるのが経理の特徴です。未経験から経理を目指すなら、資格取得だけでなく、アルバイトや派遣社員などで実務経験を積むのも良いでしょう。資格は、働きながらでも取得できます。まずは非正規雇用で働きながら実務経験を積み、就職に向けたアピール材料を蓄えておくのも一つの手です。
「未経験だけど経理に挑戦したい」「経理になるにはどうすれば良い?」とお悩みの方は、ハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、20代や30代の未経験者に特化した就職・転職エージェントサービスです。専任のアドバイザーがあなたの経験や希望をヒアリングし、就職活動をお手伝いします。非公開求人も取り扱っているので、競争率の高い経理職でも希望の求人に出会える可能性があるでしょう。学歴や職歴に自信がない方は、応募書類や面接練習で対策をアドバイスします。経理職への就職を考えている方は、ぜひ一度ハタラクティブへご連絡ください。

この記事に関連するタグ