未経験から経理の仕事に就く方法

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 未経験から経理の仕事に就く方法

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・経理職は競争率は高いが、未経験者を歓迎している企業もある

    ・未経験から応募するなら簿記の資格を取得して、やる気と意欲をアピールしよう

    ・未経験者が正社員を目指すなら、エージェントの活用がおすすめ

未経験から経理の仕事に就く方法の画像

◆未経験のフリーターからでも経理職に就ける?

 経理の仕事は、競争率が高く、未経験から就職するにはハードルが高いと感じている人もいるのではないでしょうか。

しかし、実際は未経験者を募集している企業も少なくありません。

経理の仕事は、実務を通して覚えていくことも多いため、はじめから経理についての知識やスキルがなくても応募が可能なケースもあります。

簡単なデータ入力などの業務からスタートし、経験を積みながらキャリアアップしていくこともできる職種です。

 

経理の仕事に就くのが難しい場合、経理補助を経験してから経理を目指すというのも一つの手。
補助業務を通し、さまざまな知識を身につけ、経験を積むことが出来るでしょう。

 

◆資格を取って熱意をアピールする

資格を取って熱意をアピールするの画像

前項でも述べたように、未経験でも経理職に就くことは不可能ではありません。

しかし、経験者が優遇されるケースも多く、未経験から経理職に就くのは簡単とは言えません。

少しでも採用される可能性を高めるために、おすすめなのが「簿記検定」の取得です。簿記とは、経理の仕事には欠かせない帳簿を記載する際に必要な基本の技能。
帳簿は、一定の期間ごと整理をする必要があり、簿記検定を取得することで、その基本的な知識を身につけることができます。

規模の小さな個人経営の会社から有名な大企業まで、ビジネスをしている場において、お金の流れを把握するために、帳簿記入はとても大切なものです。

 

経理の採用時に重視されるのは「資格より経験」という人が多いのも事実ですが、資格が無駄になることはありません。

基本的な知識を身に付けることは、就職活動でも自信に繋がるはずです。

確かに、実際の仕事と勉強には違いがありますが、簿記の勉強を全くしていないのと基礎を勉強しているのとでは、仕事を覚えていくうえでも差がつきます。

 

資格取得は、「経理の仕事をしたい!」という積極的な姿勢をアピールするのにも役立つでしょう。

 

 

◆転職エージェントを活用しよう!

1人での就職活動が不安だという方は、転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントでは、求人を紹介してもらえるだけではなく、履歴書作成のコツや面接のポイントなど、就活にまつわるあらゆるアドバイスを受けることができます。

 

ハタラクティブは、20代を中心とした若年層に特化した就職・転職支援サービス。

経験豊富なキャリアアドバイザーが、マンツーマンで丁寧に対応させていただきます。
希望の職種に適性はあるのか、どのような仕事が自分に向いているのか具体的なアドバイスを聞くことも可能です。

厳選された求人の中から、あなたにぴったりな職場をお探しします。

 

未経験からでも、応募できる職種はたくさんありますが、年齢が上がるにつれて、就職が難しくなると言われています。

フリーターから正社員を目指すなら、一日でも早く就職活動をスタートさせましょう。
まずは、お気軽にご相談ください。

 

 

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ