「未経験転職」の種類と注意点

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・同じ業界で職種を変える「職種未経験」

    ・同じ職種のまま別の業界に転職する「業界未経験」

    ・社会人未経験者は就職への熱意や志望動機を伝えよう

    ・世の中には、事務や営業、クリエイティブ系など様々な仕事がある

経験者が優遇されることの多い選考過程の中で、どうすれば未経験でも転職を成功させることができるでしょうか?

未経験の転職で考えられる3つのパターンと、それぞれのタイプが注意すべき点を考えてみましょう。

◆「未経験転職」の種類と注意点

転職を考えるきっかけは人それぞれですが、新しい職を求めるにあたって「未経験からの転職は可能か?」ということを考える方は多いと思います。

 

「フリーター生活にピリオドを打って、正社員として就職して新しい仕事をしたい」 

「転職して新たな挑戦をしたい」 

「今までとはちがう新しい世界に行きたい」 

「仕事の内容は未経験だけど労働条件はぴったり」

 

などなど、未経験の転職は、既に社会人として働いている方のみならず、第二新卒者やフリーターなど、すべての転職を考える人に共通する関心といえるのではないでしょうか。

まず念頭に置くべきなのは、未経験の転職には3つのパターンがあるということ。 その上で、それぞれのタイプにとってのアピールポイントと注意点を理解することが大切です。 

 

1.職種未経験 

同じ業界内で別の職種への転職を希望するケース。

例えば、飲食店舗の販売員として経験を活かして、飲食系企業の企画職を希望するケースなども、これに該当します。

その業界の情報に詳しい、人脈を持っている、コミュニケーション力があるなど、その職種に必要な特性や能力を持っていることが強みです。 

 

2.業界未経験 

営業職、技術職、事務職といった職種は同じまま、異業種への転職を希望するケース。 

業界特有の特徴については新たに覚える必要がありますが、これまでの職務経験で培った専門知識やノウハウ、スキルを活かすことができるので、全くの未経験者よりも有利だといえます。

 

1や2のタイプは、企業の採用担当者に、前職での経験を生かせる人材として期待されることが多いので、面接までに自分のアピールポイントをまとめておく必要があります。

また、新しい仕事や業界を志望する理由を明確に説明できること、環境の変化に柔軟に適応できそうかという点も、採用する側が重視していることを思いに留めておきましょう。

 

3.どちらも未経験 

就職してすぐに離職した第二新卒や、社会人未経験の人たちが対象に含まれます。 

1、2のような「未経験の転職」というよりはむしろ「新卒採用」に近い扱いであることが多いタイプです。

ここでの第二新卒や既卒者の強みは、一度は就活を経験していることや、最低限のビジネススキルとマナーを知っていることなど。 

逆に、前職を早々に辞めたことは履歴書を見れば一目瞭然なので、退職理由を面接で詳しく聞かれた時に答えられるよう、準備が必要です。 

あまりにネガティブなことばかりを述べるのも困りものですが、もしも自分に未熟な点があったと自覚しているのであれば、素直に反省した上で、新しい仕事への意欲を真摯に伝えましょう。 

企業の採用担当者が本当に知りたがっているのは、退職理由以上に、なぜこの仕事に就きたいのかという転職の志望動機、そして前向きな姿勢や熱意があるかどうか、というところなのです。 

◆仕事の種類を知ろう! 

「今の仕事は辞めたいが、自分に何が向いているのかわからない」

「正社員になりたいけど、具体的な仕事が見えてこない」

そんな時は、まずどんな種類の仕事があるかを知りましょう。世の中には大変多くの仕事があり、一度に全てをご説明することはできせんが、ここでは就職・転職活動する人がまず知っておきたい職種をご紹介します。

 

【営業】

営業は自分の会社の商品やサービスを売り込む仕事。商品に関しての豊富な知識を持ち、顧客のニーズに対応する提案が求められます。

営業には、新規の顧客を開拓する新規開拓営業、既存の顧客のもとを周るルートセールス、店舗にやってきた顧客に対応するカウンターセールスなどの種類があり、働き方は勤め先によって様々です。

 

【事務】

社内の事務手続きを担う縁の下の力持ち的な存在。一般事務は社内の幅広い事務全般を、営業事務は営業部門に関わる業務を担当します。

事務職には、ほかにも医療事務や学校事務、貿易事務など職場に応じて種類があり、一般事務からスタートし、より専門性の高い事務職にキャリアアップする人もいるようです。

 

【企画・マーケティング】

市場の動向や消費者のニーズを調査し、新しい商品やサービスを考えます。幅広い知識や経験が求められる仕事であるため、営業などで経験を積んだ後に企画・マーケティングに就く人が多いようです。

 

【クリエイティブ職】

デザイナーやテレビ制作、ゲームクリエイターやライターなど、クリエイティブ系の職種は実に様々な分野で活躍しています。

アイデアが求められることが多く、自分の考えを形にしたい、人に知って欲しいという方に向いているのではないでしょうか。

 

【資格が必要な職種】

資格が必須の職種は就業が難しいイメージがありますが、未経験者は資格取得でスキルを証明できます。

弁護士や薬剤師、保育士や社会福祉士など、資格を必要とする仕事は多岐に及ぶため、詳しく調べてみると興味のある職種が見つかるかもしれません。

 

【サービス関連職】

消費者のもとに商品やサービスが行き届くまでには、バイヤーやマーチャンダイザー(MD)、店をまとめる店長やスタッフなど、多くの人がかかわっています。

バイヤーは商品の買い付けを担当する職種で、マーチャンダイザーは主にアパレルメーカーで販売や予算の計画を立てる職種。

店舗スタッフも含め、いずれの職種にも世の中のトレンドやニーズを掴む力が求められます。

 

いくつか仕事の種類をご紹介しましたが、自分がこれから就く職業のイメージが沸いてきたでしょうか?

このほかの仕事や未経験者向けの求人について知りたい方は、就職・転職支援のハタラクティブにご相談ください。

ハタラクティブはフリーターや既卒、第二新卒といった若年層に特化したサービスで、信頼できる企業の求人をそろえています。

当日サービスでは、カウンセリングで悩みや希望を聞いた後、その方に合ったお仕事を紹介。業務の詳細や職場の雰囲気についてお伝えし、納得の上で就職できるようサポートいたします。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ