未経験者におすすめの業種は?転職成功のコツや内定を得やすい職種も解説

未経験者におすすめの業種は?転職成功のコツや内定を得やすい職種も解説の画像

この記事のまとめ

  • 未経験からの転職におすすめなのは、研修や教育制度が整っている企業
  • 未経験からの転職でおすすめの業種は、人手不足の業界
  • 未経験者の転職でおすすめの職種は、「営業職」「販売職」「エンジニア」など
  • 未経験からの転職では、自己分析をしてアピールポイントを見つけよう

未経験の業界に転職することに不安を感じる方は多いでしょう。未経験からの転職を成功させるには、教育制度が整っている企業や、資格が必須ではない仕事が多い業種を選ぶのがおすすめです。また、慢性的な人手不足の業界は、未経験歓迎の求人が多い傾向にあるので狙い目。
このコラムでは、未経験からの転職のコツやおすすめの業界・職種をご紹介します。現在未経験での転職を考えている方は、ぜひご覧ください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

20代・未経験者の転職でおすすめの業種4選

20代・未経験者の転職でおすすめの業種4選の画像

ここでは、20代・未経験者の転職先におすすめの業種を具体的に4つご紹介します。いずれも、業界規模は大きいものの人手不足が続いていたり、若手人材が不足していたりするのが特徴です。

1.IT業界

IT業界は、近年のIT需要の高まりによって、深刻な人手不足に陥っているのが現状。そのため、未経験者の伸びしろや将来性に期待する「ポテンシャル採用」を積極的に実施しています。IT業界のニーズは日々高まっているので、職種によっては将来的にも安定して働ける可能性が高いでしょう。

2.建設業界

需要が高まっているぶん、今後人員不足がより顕著になると予想される業界です。未来の建設業界を担う後継者を確保するために、多くの企業が若手を募集しています。20代という若い年齢であれば、未経験から採用してもらえる可能性が高いといえるでしょう。

3.運輸業界

インターネット通販の利用者が増えたことにより、運輸業界でも人手不足が叫ばれています。そのため、若年層の未経験者を積極的に採用する企業は多いようです。基本的にはトラックや軽貨物で商品を運ぶ業務を担当するため、運転免許証があれば未経験者も挑戦しやすい業界といえます。

4.飲食・サービス業界

飲食・サービス業界も、スタッフの入れ替わりの激しさや定着率の低さから、人手不足に悩んでいる企業が多い傾向にあります。また、サービス業は特別なスキルや資格を必須としないことが多く、未経験からの転職がしやすい業界といえるでしょう。基本的に人と接する仕事なので、人と話すことが好きな方、コミュニケーション力に自信のある方におすすめです。

20代の未経験者が挑戦しやすい業種は「転職する年齢は20代がおすすめ!成功させるポイントを解説」でも紹介しているので、ぜひご一読ください。

未経験OK多数!求人を見てみる

30代・未経験者の転職でおすすめの業種3選

30代・未経験者の転職でおすすめの業種3選の画像

ここでは、30代・未経験で転職をしてキャリアアップや高収入を目指したい方向けの業種を3つご紹介します。

1.外資系コンサルティング企業

ビジネスレベルの語学スキルがある場合、転職先としておすすめなのは外資系コンサルティング企業です。仕事内容は、顧客企業が抱える経営上の課題を解決すること。外資系企業は実力主義であることも多く、働けば働くほど給与が上がる可能性もあります。特に、外資系コンサルタントは、外資系企業のなかでも高収入の傾向です。
転職をしてさらなるキャリアアップ・高収入を目指す方は、成果が評価に直結しやすい環境として、外資系コンサルティング企業を検討してみるのも良いでしょう。

2.医薬品業界

医薬品業界の主な仕事内容は、医薬品の研究・開発や販売など。近年の日本では、高齢化により医薬品の需要が高まっていることから、将来的な安定性が見込まれる業界です。また、施設費や研究費など、スタートアップに莫大な費用が掛かることから新規参入しにくい分野のため、企業ごとの利益率も高い傾向にあります。
ただし、研究・開発職は専門的な知識が必要とされるので、業界未経験者にはハードルが高め。未経験から転職する場合、営業職や事務職を目指すと良いでしょう。

3.ITベンチャー企業

ITベンチャー企業では、転職してすぐに年収をアップさせるのは難しいことが多いですが、企業の中核となる役職に就けば、将来的に大幅な年収アップが見込めます。事業の拡大に貢献し、実績や実力が認められると、自社株を定められた価格であらかじめ取得可能な「ストックオプション」を得られることも。ただし、創立間もないベンチャー企業では、労働環境や教育制度が整っていない恐れがあるため、職場選びは慎重に行う必要があります。業務内容や労働環境をチェックしたうえで自分に合っていると感じるのであれば、挑戦してみましょう。

30代から目指せる職業を紹介!男女別におすすめの仕事を解説」のコラムでは、おすすめ職種や転職しやすいスキルを紹介しているので、ぜひご一読ください。

未経験者の転職先としておすすめな企業の特徴

未経験者の転職先としておすすめな企業の特徴の画像

ここでは、未経験者の転職先としておすすめな企業の特徴を4つ紹介します。ぜひ仕事探しの参考にしてみてください。

1.企業業界の規模が大きい

安定性を求める場合、規模の大きい業界や企業に転職するのが良いでしょう。大企業であれば資格取得支援や研修の制度などが整っている場合が多く、未経験者も入社後に充分な教育を受けられる可能性が高いからです。また、業績が良く市場規模が拡大している業界であれば、将来的にさらなる成長が見込め、長期的に安定して働き続けられます。

2.労働環境がホワイト

新境地でストレスを抱えないよう、転職先の労働環境が適切かどうかを見定めましょう。転職を検討中の方のなかには、仕事が激務だったり、勤務時間が長かったりする環境から逃れたいと考えている方もいるでしょう。転職先で同じ悩みを繰り返さないためにも、事前にしっかりと見極めておくことが重要です。

3.離職率が低い

企業の働きやすさや風土を判断するために、離職率を確かめておきましょう。離職率が低ければ、未経験から入社しても長く働きやすい可能性が高まります。
求人情報やWebサイトに掲載されている情報だけでは、その企業の内情を知ることは不可能です。離職率を公開していない企業もあるものの、四季報には多くの企業の離職率が掲載されています。離職率だけでその企業のすべてが分かるわけではありませんが、働きやすさを判断する方法の一つとして確認しておくのがおすすめです。

4.有効求人倍率が高い

転職先の企業選びでは、有効求人倍率にも目を向けてみましょう。有効求人倍率は、数値が大きいほど、求職者数に対して求人数が多い状態です。有効求人倍率の高い企業はそれだけ採用の間口が広いので、未経験者も転職できる可能性が高いといえるでしょう。有効求人倍率について詳しく知りたい方は、「有効求人倍率をわかりやすく解説!年度ごとの推移や職種別の値もご紹介」のコラムでも紹介しているので、ぜひご確認ください。

長い歴史のある企業を選ぶのもおすすめ

未経験からの挑戦の場合、歴史のある企業への転職もおすすめです。長い歴史を持つ企業では、業務内容がしっかりとマニュアル化され、仕事のノウハウもデータ化されて管理されている傾向にあります。また、トラブルが起きた際の対処法もパターン化されていることが多いため、未経験から安心して仕事に取り組めるでしょう。

未経験者が転職しやすい職種6選

未経験者が転職しやすい職種6選の画像

ここでは、未経験から比較的チャレンジしやすい職種を6つご紹介します。

1.営業職

営業職は、顧客に対して「サービス」や「商品」の契約や購入を促す仕事です。営業職として活躍できる業種は、不動産や保険、広告など。最初から営業スキルが問われる求人もありますが、実際に就職してから知識や経験を身につけられる体制を整えたれば問題ないと考える企業も多くあります。
適性としては、そのため、コミュニケーション能力に自信のある方や人と接することが好きな方に向いている職種といえるでしょう。営業の求人を探す際は、未経験からノウハウを学べる教育制度が整っている企業がおすすめです。

2.SE・プログラマー

SE(システムエンジニア)やプログラマーの仕事には、専門的なスキルや知識が欠かせません。とはいえ、業界全体が人手不足の傾向にあるので、教育制度を整え未経験者を歓迎している求人も多くあります。IT業界は、技術トレンドの流れが非常に速いのが特徴です。そのため、未経験者であっても、新しい情報をキャッチアップする姿勢は欠かせないでしょう。

3.販売職

販売職は、業務の流れがルーチンワーク化されていたりマニュアルにまとめられていたりすることが多く、未経験からチャレンジしやすい職種といえます。また、アパレルや食品、家電など扱う商品が幅広いことも特徴です。自分の興味がある分野の販売職に就くことで、未経験者も意欲的に働ける可能性があります。顧客と接する機会が多いため、選考ではコミュニケーションスキルをアピールすると良いでしょう。

4.製造職

専門技術や職務経験を問われることもありますが、未経験から挑戦が可能な求人も多数あります。一人でコツコツと作業を進めるのが好きな方におすすめの仕事です。立ち仕事が多いため、体力に自信のある方にも適しているといえるでしょう。

5.事務職

事務職のなかでも、「一般事務」は未経験から応募可能な求人が多い傾向があります。未経験者が事務職を目指す際は、パソコンスキルや処理能力など業務に活かせるスキルを積極的にアピールしましょう。ただし、事務職は人気の職種でもあるため、求人によっては競争率が高く、未経験者は不利になる場合もあります。

6.介護職

介護職は高齢化に伴い、人手不足が深刻化しているのが現状です。そのため、資格なし・未経験から転職しやすい傾向にあります。また、資格取得制度が整備されている場合も多いので、未経験者は働きながらスキルを身につけられる職場を選ぶと良いでしょう。

7.マーケティング職

マーケティング職は、市場調査やトレンド分析を行い、製品やサービスの売れる仕組みを考える仕事です。マーケティング職として活躍できる業種は、メーカーやWeb系企業、広告代理店など多岐にわたります。マーケティング職には専門的なスキルや知識が必要ですが、教育制度が充実している企業も多く、未経験からでもチャレンジしやすい職種といえます。マーケティングの求人を探す際は、自分の興味や適性に合った業界や分野を選ぶと良いでしょう。

8.ドライバー

ドライバーは、荷物や人を運ぶ仕事です。ドライバーとして活躍できる業種は、宅配便やタクシー、バスなどです。ドライバーには運転免許や資格が必要ですが、未経験からでも研修を受けて働き始められる職種といえます。ドライバーの求人を探す際は、自分がもっている免許で応募できるか勤務時間や待遇などを確認すると良いでしょう。

未経験から転職するのにおすすめの職種を知りたい方は、「異業種への転職は若いほど有利?転職しやすい職種とは」のコラムをチェックしてみてください。

企業が未経験の転職者を歓迎する理由

企業が未経験の転職者を歓迎する理由の画像

求人によっては即戦力となる経験者を求めるものもありますが、未経験者を積極的に採用している企業も存在します。下記でその理由を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

1.慢性的な人手不足にあるから

慢性的な人手不足にある企業は、未経験者も積極的に採用する傾向にあります。応募条件を「経験者のみ」と限定してしまうと十分な人材を集められなくなるため、未経験者も広く受け入れる傾向にあるようです。業務や業界が未経験の方も、ポテンシャルの高さや人柄を見込まれれば、採用につながる可能性が高いでしょう。

2.他業界のスキルや価値観を欲しているから

新規事業の立ち上げや社内環境の刷新を図りたい企業の場合、他業種で得た価値観や経験に期待して業界未経験者を採用することが多いようです。そのため、他業種から転職する方は、培った経験をもとにして、自分が志望企業の固定概念を変える存在になることをアピールしましょう。

3.一から教育できる人材を求めているから

自社に貢献してくれる人材を一から育てたいと考えて、未経験者を採用する企業もあります。未経験者であれば、他社の風土に染まっておらず、自社の経営方針や理念に沿った人材として教育できるからです。前職でのやり方が染みついた経験者の癖を直すよりも、未経験者を一から教育するほうが効率的だと考える企業もあるでしょう。

「未経験歓迎」だからといって必ず採用されるわけではない

求人で「未経験歓迎」と記載されていても、必ず採用されるとは限りません。「未経験者歓迎」は、あくまでも「未経験者を教育する制度や体制が整っている」ことを示すための文言です。もし、応募者のなかに経験者や深い知識を持つ人材がいれば、企業は未経験者より優先して採用するでしょう。求人票で見かける「未経験者OK」の意味について詳しく知りたい方は、「未経験から就職できる仕事の特徴は?求人の見極め方やおすすめ業種を紹介」のコラムもぜひチェックしてみてください。

未経験からの転職を成功させるのにおすすめな方法

ここからは、未経験からの転職を成功させる方法を紹介します。「未経験から異業種に転職したいけど、どのような準備をすれば良いか分からない」という方は、ぜひ参考にしてください。

方法1.転職する理由を明らかにする

未経験から新しい業種に挑戦するのであれば、事前に転職する目的を明らかにしておきましょう。「興味のある分野でキャリアアップしたい」「キャリアチェンジして新しいスキルを身につけたい」といったように、転職したい目的は人によってさまざまです。目的を明らかにすれば、転職活動の方向性が定まり、自分に合った仕事を見つけやすくなります。

方法2.転職先に求める条件に優先順位をつける

未経験者が転職する際は、転職先に求める条件に優先順位をつけましょう。希望の条件が実現できる企業を見つけることは難しいため、何を優先すべきかを事前に決めておくことが大事です。人間関係や業務内容、給与などの条件のなかで何を優先したいか決めておけば、転職の軸が定まり、入社後のミスマッチを防ぐことにも繋がります。

方法3.面接対策を行う

未経験者が転職する際は、面接対策も大切です。未経験者の場合、「仕事が合わずすぐに辞めてしまうのでは」「入社後に活躍できる確証がない」などと採用担当者に懸念されがち。そのため、採用担当者にやる気やポテンシャルがあることを具体的にアピールする必要があります。志望先企業が求める人物像に合うことが伝わりやすい回答を用意しておくと、志望度の高さをアピールできるでしょう。

面接対策では自己分析や企業研究が大事!

面接で自分を効果的にアピールするには、自己分析と企業研究を念入りに行うことが大切です。自己分析をすることによって、仕事に対する価値観や適性を把握できます。また、企業研究を行えば、企業が展開している事業内容や方針を把握できるでしょう。自己分析や企業研究を通して得た情報をもとに応募書類を作成したり、採用担当者からの質問に備えたりすると効果的です。

方法4.転職先が決まるまでは現職を辞めない

転職先が決まるまでは、現職を辞めないことをおすすめします。次の仕事が決まる前に退職してしまうと収入がなくなり、生活が苦しくなる恐れがあるからです。金銭面に余裕がなくなると、焦って転職活動に集中できなかったり、条件を妥協してしてしまったり、悪影響が出ることも。

「仕事と転職活動の両立は大変そう…」と不安な方は、転職エージェントのサポートを受けると良いでしょう。詳しくは、このコラムの「未経験からの転職ならエージェントの活用がおすすめ」をご一読ください。

方法5.これまでの経験やスキルをアピールする

未経験から転職を成功させるには、これまで培ってきた経験やスキルをアピールしましょう。「アピールできる経験やスキルがない…」とお悩みの方には、短所を前向きに言い換える方法がおすすめです。たとえば、「飽きっぽい」は「好奇心旺盛」、「ネガティブ」は「慎重」などに変換できます。
転職で自分をアピールする方法について知りたい方は「転職時の自己PR!企業へのアピールポイントと注意点」のコラムも参考にしてみてください。強みを見つける方法や伝える際のポイントを紹介しています。

転職支援サービスの利用もおすすめの方法の1つ!

未経験者が転職を成功させる方法の1つとして、転職支援サービスを利用するのがおすすめです。
転職用の求人サイトでは、未経験者歓迎の求人が多数掲載されているため、自分の希望や適性に合った仕事を見つけやすくなります。スカウト機能や適職診断などの便利なサービスがあり、自分では気づかない、強みや可能性を発見できることも。転職エージェントでは、キャリアアドバイザーが転職活動をサポートしてくれ、履歴書や面接の対策などに必要なノウハウを教えてくれるでしょう。

【年齢別】未経験からの転職事情

転職の難易度や選考でのアピールポイントは、年齢によって変化します。ここでは、未経験者の転職事情を年齢別に紹介しているので、参考にしてみてください。

20代は未経験から中途採用で転職しやすい

20代は、経験やスキルよりも若さゆえのバイタリティや伸びしろを評価される傾向にあります。そのため、未経験の業界や職種への転職を考えているなら、20代のうちに行動を始めるのがおすすめです。20代での転職事情については「20代の転職でおすすめの職種とは?未経験から目指せる人気職を解説」のコラムでも紹介しているので、ぜひご覧ください。

30代の転職では経験をアピールしよう

30代の転職では、「これまでの経歴や経験を活かして即戦力になれるか」をチェックされます。そのため、未経験の職種へ転職するハードルは、20代よりも高めなのが実情です。
ただし、自身のスキルや知識が他業種でも活かせることや、未経験分野に挑戦する意欲をはっきりと示すことで、採用の可能性は高まります。特に、マネジメント業務を経験した方や、大規模な社内プロジェクトに参加したことのある方は、積極的に実績や成果を伝えると良いでしょう。

「35歳の壁」を突破するには?

35歳を過ぎ、40代、50代と年齢を重ねるにつれて、高い専門性やマネジメント経験が求められるようになるため、「35歳からは未経験分野への転職が難しい」といわれることがあります。しかし、転職においては専門性やマネジメント能力だけが重要とされるわけではありません。「チャレンジ精神がある」「主体的に行動できる」といった人間性が、企業の方針とマッチして評価されることもあります。「35歳の壁」を突破するうえで大切なのは、自分がその企業に貢献できる人間だとアピールできるかどうかです。年齢に囚われ過ぎず、自分にできる方法で転職にチャレンジしましょう。

未経験ならエージェントの活用がおすすめ

転職エージェントとは、専任のキャリアアドバイザーが転職相談から内定までをサポートしてくれる転職支援サービスのこと。求職者の経験や適性に基づくおすすめの業界や求人の紹介、応募先の選び方のアドバイス、好印象を与える書類や面接のコツなどを教えてもらえるのが特徴です。就職エージェントとは?活用するメリットやデメリットを知ろう」のコラムでも説明していますが、利用することで転職活動をスムーズに進めやすくなります。自分の都合の良いタイミングで閲覧できる「転職サイト」と併用するのも良いでしょう。
転職エージェントは、サービスによって対象者や扱う求人の種類が異なります。そのため、自分に合ったサービスを選ぶことが成功のコツです。未経験の仕事への転職を希望するなら、「未経験者歓迎」や「経歴不問」といった条件の求人を多く扱っているエージェントを利用しましょう。

「未経験からの転職はうまくいかないのでは…」とお悩みの方は、ぜひ転職サイトのハタラクティブにご相談ください。転職サイトのハタラクティブでは、転職を熟知した専任のキャリアアドバイザーがあなたのお悩みや不安をお聞きし、適性に合った求人をご紹介します。
ハタラクティブの「若者しごと白書2023 3-10. 就職活動・転職活動における選考中の不安度(p.32)」によると、フリーターの68.6%が「面接でのアピール方法」に不安を抱いており、正社員の61.7%が「事前の面接準備」に不安を抱いていることが分かります。しかし、面接対策や自己分析なども徹底サポート。面接の日程調整や企業への交渉も代行するので、初めて転職する方も安心してご利用いただけます。サービスはすべて無料なので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

参照元
ハタラクティブ
若者しごと白書2023

未経験での転職やおすすめの業種に関するQ&A

最後に、未経験での転職に関するよくある質問にお答えします。

初めての転職や再就職におすすめの業種はありますか?

万人におすすめできる業種はなく、自分のやりたいことやキャリアプランを実現できる仕事を選ぶことが大切です。たとえば、社会人経験があって転職後にしっかりキャリアアップしたいのであれば外資系コンサルティングや医薬品業界などがおすすめ。転職後にコツコツとスキルを身につけたい方は、福祉や飲食・サービス業界などを検討してみても良いでしょう。

20代後半で未経験の仕事に転職することは可能ですか?

十分に可能です。人手不足だったり、一から教育できる人材を求めていたりする企業は、未経験者を歓迎していることもあります。また、20代であれば、スキルや経験よりもポテンシャルが評価される傾向にあるようです。未経験からの転職を成功させる方法は「未経験でも挑戦できる?異業種への転職を成功させるコツ」のコラムも参考にしてみてください。

未経験の仕事に転職する際の注意点は何ですか?

このコラムの「未経験からの転職を成功させるのにおすすめな方法」でもご紹介したとおり、転職したいと思っても、すぐに現職を辞めないようにしましょう。仕事を辞めることで収入が途切れてしまい、焦りにつながります。「はやく転職しなければ」という焦りから、本当に転職したかった企業ではないところで妥協してしまう可能性もあるでしょう。しかし、仕事をしながらの転職活動は精神的にも、時間的にも大変ですよね。そんな時は、転職サイトや転職エージェントを利用して、企業の情報や求人情報など、効率的に情報収集を進めることが重要になるでしょう。

転職に役立つスキルがありません…

資格や専門的な技術がなくても、転職することは可能です。コミュニケーション能力や行動力、協調性といった長所も面接でアピールできます。そのため、転職活動をする際は、自己分析をして自分の強みを見つけましょう。

「経験やスキルがないので転職活動が不安…」という方は、若年層向け転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、プロの転職エージェントやアドバイザーがカウンセリングを行い、あなたの強みを活かせる求人をご紹介します。面接対策や応募書類の添削といったサポートも行っているので、初めての転職活動に不安を感じている方にもおすすめです。

この記事に関連するタグ