未経験での転職におすすめの業界をご紹介!20代にはどんな職種が良い?

未経験での転職におすすめの業界をご紹介!20代にはどんな職種が良い?の画像

この記事のまとめ

  • 未経験からの転職におすすめできる会社は、研修や教育制度が整っているところ
  • 未経験の転職でおすすめの職種は営業や販売、SEなど
  • 未経験からの転職の場合、人手不足の業界や資格必須でない職種がおすすめ
  • 未経験からの転職では、自己分析をしてアピールできるポイントを見つけよう

未経験から転職をする際、不安を感じている方も多いでしょう。転職を成功させるには、教育制度が整っている会社や、資格が必須でない業界を検討してみるのがおすすめです。また、慢性的な人手不足に陥っている職種は、未経験でもすぐに働ける可能性が高いことも。このコラムでは、未経験からの転職のコツやおすすめの職種・業界をご紹介します。現在転職を考えている方は、ぜひご覧ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

未経験者でも転職できる!企業が未経験者を歓迎する理由

結論からいうと、未経験でも転職することは可能です。求人によっては即戦力を求めるものも多いですが、未経験を積極的に採用している会社も存在します。下記でその理由を確認していきましょう。

慢性的な人手不足にある

人手不足の企業では、「未経験者不可」によって十分な人材を集められないことを懸念し、未経験者を歓迎している場合もあります。実際に、業務や業界が未経験者でも、ポテンシャルの高さや人柄を見込まれ採用されることは多いようです。

他業界のスキルや価値観を欲している

志望企業とは異なる業界で働いていた場合、他業界で得た価値観や経験が重宝されることは多いようです。そのため、他業種から転職する方は、これまでの固定概念を変える存在として培った経験をアピールしましょう。

一から教育できる人材を求めている

未経験者であれば、他社の風土に染まっておらず、自社の経営方針や理念に沿った人材として一から教育できます。また、未経験者を一から教育するほうが、前職でのやり方が染みついた経験者の癖を直すよりも効率的だと考える企業もあるでしょう。

特に20代は未経験でも中途採用で転職しやすい!

20代は、若さゆえのバイタリティや伸びしろを買われることが多く、転職しやすい傾向にあります。そのため、未経験からの転職を考えているなら、20代のうちに行動を始めるのがおすすめです。「20代の転職はスキルがないと難しい?未経験から挑戦できる職種とは」のコラムもご覧ください。

30代でもアピール次第で有利になることもある

30代でも、これまでの経歴や経験次第で採用担当者にアピールできます。特にマネジメント業務を経験した方や、大規模な社内プロジェクトに参加したことのある方は、積極的に実績や成果を伝えましょう。

「35歳の壁」を突破するには?

35歳を過ぎると転職が難しくなる、といわれることがあります。
確かに35歳を過ぎると、専門性が備わっていたりマネージャーの実績があったりと、ある程度経験を重ねた人材が有利になる場合が多いでしょう。しかし、情報感度が高く常に新しいことに目を向けるチャレンジ精神がある人や、どんな物事も主体的に行える行動力のある人が優遇されることも多く、必ずしも専門性やマネジメント能力だけが必要とされるわけではありません。
「35歳の壁」を突破するうえで大切なのは、自分がその会社に貢献できる人間だとアピールできるかどうか。そのため、年齢に囚われず、自分にできるやり方で転職にチャレンジしましょう。

未経験者におすすめ!転職先を選ぶ際の5つのポイント

ここでは、未経験者が転職先を選ぶ際に大切にすべきポイントをお伝えします。ぜひ企業・業界選びの参考にしてみてください。

1.規模の大きい業界

安定性を求める場合、規模の大きい業界や会社が良いでしょう。大企業であれば、中途入社する場合でも十分な教育を受けられる可能性が高いからです。また、業績が良く市場規模が拡大している業界であれば、将来的にさらなる成長が見込め、長期的に安定して働き続けられます。
一方、創立間もないベンチャー企業では、場合によっては労働環境や教育基盤が整っていない恐れも。特にスタートアップの時期は、ハードな状況で未経験として働かなくてはいけない可能性も考えられます。IT系ベンチャーは採用の間口が広くチャレンジしやすい業界ですが、働き続けるには待遇面が充実しているかどうかも重要な要素となるので、転職先の企業選びは慎重に行いましょう。

2.労働環境がホワイトかどうか

新天地でストレスを抱えないよう、転職先の労働環境がホワイトな企業かどうかを見定めましょう。
転職を検討している方の中には、仕事が激務だったり、職場の労働環境が悪かったりすることを改善したいと考える方もいるのではないでしょうか。転職先で同じ事態を繰り返さないためにも、事前にしっかりと見極めておくことが重要です。

3.離職率の低さ

企業の働きやすさや風土を判断するために、離職率を確かめてみましょう。
求人情報やWebサイトだけでは、その会社の内部を知ることはできません。離職率はすべての会社で公開していないものの、四季報を見てみると、多くの企業のパーセンテージが掲載されています。離職率だけでその会社のすべてが分かるわけではありませんが、あくまで判断材料の一つとして確認しておきましょう。

4.未経験を受け入れる体制が整っているか

転職先の企業選びでは、有効求人倍率にも目を向けてみましょう。
未経験者の転職では、その会社が未経験者を受け入れる体制かどうかは非常に重要です。有効求人倍率の高さは、求職者に対し多くの求人が流通していることの証明を指します。有効求人倍率の高い業界はそれだけ採用の間口が広いことが多いので、転職しやすい求人も多いといえるでしょう。「有効求人倍率をわかりやすく解説!年度ごとの推移や職種別の値もご紹介」のコラムもご確認ください。

「未経験歓迎」に注意

求人で「未経験歓迎」と記載されていても、必ず採用されるとは限りません。あくまでも「未経験者を教育する制度や体制が整っている」ことを示すために掲載しているので、応募者のなかに経験者や深い知識を持つ人がいれば、未経験者より優先して採用するでしょう。求人票で見かける「未経験者OK」の記載について詳しく知りたい方は、「未経験でも就職できる仕事の特徴は?求人の見極め方やおすすめ業種を紹介」の記事もぜひチェックしてみてください。

5.長い歴史を持った会社かどうか

特に初めて転職する方であれば、歴史のある会社への転職がおすすめです。
長い歴史を持つ企業では、業務内容がしっかりとマニュアル化され、仕事のノウハウもデータ化されて管理されています。また、トラブルが起きた際の対処法もパターン化・ルール化されていることが多いため、未経験者も安心して仕事に取り組める環境といえるでしょう。

20代・未経験としての転職を成功させる5つの方法

ここからは、20代・未経験としての転職を成功させる方法を解説します。「未経験から異業種に転職したいけど、どんなことをアピールすれば良いのか分からない」そんな人はぜひ参考にしてください。

1.転職する目的を明らかにする

20代・未経験として職種・業種に挑戦するのであれば、転職する目的を明らかにしましょう。「キャリアアップしたい」「キャリアチェンジして新しいことに挑戦したい」といったように、転職したい目的は人によってさまざま。目的を明らかにすれば、転職活動の方向性が分かり、失敗することのリスクを軽減できる可能性があります。

2.転職先に求める条件に優先順位をつける

20代や未経験者が転職する際には、転職先に求める条件に優先順位をつけましょう。希望する条件をすべて実現できる企業はあまりないといえます。そのため、何を優先すべきかを事前に決めておくことが大事です。たとえば、人間関係や業務内容、給与など条件に優先順位をつけておけば、入社後のミスマッチを防ぐことにも繋がります。

3.面接対策を整える

20歳や未経験者が転職する際には、面接対策をしておきましょう。未経験の異業種への転職は、新卒採用よりも難易度が上がります。そのため、採用担当者にやる気やポテンシャルがあることを具体的にアピールすることが重要。志望先企業が求める人物像について把握したうえで、回答を用意しましょう。

面接対策には自己分析や企業研究を行うことが大事!

面接で自分を効果的にアピールするには、自己分析と企業研究を念入りに行うことが大切。自己分析をすることによって、仕事に対する価値観やどんな仕事に興味があるのかを把握できます。
また、企業研究では、企業が展開している事業やどんな仕事をしているのかを理解できるでしょう。これらの自己分析や企業研究を通して応募書類を作成し、採用担当者からの質問に対する回答を準備してください。

4.転職先が決まるまで現職を辞めない

現職を続けながら転職活動をすることも大切です。仕事を辞めてしまうと一時的に収入がなくなってしまうので、転職活動にも焦りが出てきてしまいます。そうなると、転職活動に集中できなかったり、本当に転職したかった企業ではないところで妥協してしてしまったりなど、悪影響が出てくることも。そのため、転職先が決まるまでは現職を続けることがおすすめです。

5.これまでの経験やスキルをアピールする

20代・未経験から転職を成功させるには、これまで培ってきた経験やスキルをしっかりアピールしましょう。「アピールできる経験やスキルがない…」とお悩みの方もいるでしょう。しかし、どんな経験であっても何かしらの共通点はあるはずです。その共通点を見つけて、過去のエピソードと共に経験やスキルをアピールしましょう。転職で自分をアピールする方法について知りたい人は「転職時の自己PR!企業へのアピールポイントと注意点」のコラムもおすすめ。強みを見つける方法や伝える際のポイントを解説しています。

20代や未経験の転職でおすすめの職種6選

ここでは、未経験者でも比較的チャレンジしやすい職種を6つご紹介していきます。

1.営業

営業では、売る対象が「サービス」や「商品」となります。最初から営業スキルが問われる求人もありますが、研修制度などが整っていれば、実際に就職してから知識や経験を身につければ問題ないとしていることも。ただし、営業職は多少の向き不向きがあります。特にコミュニケーション能力に自信のある人や人と接することが好きな人には適している職種でしょう。営業の求人を探す際は、未経験でも即戦力になれる教育制度が整っている企業がおすすめです。

2.SE・プログラマー

SE(システムエンジニア)やプログラマーは専門的なスキルや知識が求められますが、人手不足の傾向にあるので、教育制度を整え未経験を歓迎している求人もあるようです。とはいえ、IT業界は技術トレンドの流れが非常に速いのが特徴。そのため、新しい情報をキャッチアップする姿勢は欠かせないでしょう。

3.販売

販売職は、業務の流れがルーチンワーク化されていることが多く、商品知識がない場合でも未経験からチャレンジしやすい職種といえるでしょう。ただし、営業職と同等のスキルが求められる販売職もあるため、仕事内容や企業方針など、転職時には細かい部分まで目を通しておく必要があります。

4.製造

専門技術や職務経験を問われることもありますが、未経験からでも挑戦できる求人も多数あります。立ち仕事が多いため、体力に自信のある方は適しているといえるでしょう。

5.事務

事務職は実務経験や知識を求められることもありますが、未経験でも応募可能な求人が多いです。ただし、事務職は人気の職種の一つであるため、転職先としての競争率が高い求人もあります。事務職として確実に入社するには、パソコンスキルなど事務に活かせる知識を積極的にアピールすることが大切です。

6.介護職

介護職は高齢化に伴い、人手不足となっているのが現状です。資格など特別なものが必要と考える人も多いようですが、基本的には資格なし・未経験でも転職しやすい傾向にあります。
また、資格取得制度が整備されている職場もあるため、転職先として自分にマッチするかをよく見極めたうえで応募すると良いでしょう。

20代や未経験の転職でおすすめの業界5選

ここでは、未経験者の転職先におすすめの業界を見ていきましょう。

1.IT業界

近年のIT需要の高まりに比例し、深刻な人手不足に陥っているのが現状です。そのため、IT業界では未経験者の伸びしろや将来性を期待する「ポテンシャル採用」を積極的に実施しています。
IT業界のニーズは日々高まっているので、職種によっては将来的にも安定して働ける可能性が高いでしょう。

2.建設業界

情勢や世間の動きによって建設ラッシュが落ち着いたことで、人材不足に陥っています。さらに建設業界の高齢化により、今後業界全体の人員不足がより顕著になると予想されるでしょう。そのため、未来の建設業界を担う後継者を確保するために多くの建設業界で求人を募集しています。
建設業界は、未経験からでも採用される可能性が高いため、チャレンジしやすい業界といえるでしょう。

建設・不動産業界の

求人一覧はこちらから

3.運輸業

インターネット通販の利用者が増え、運輸業界でも人手不足が叫ばれています。そのため、運転免許を持っていれば、未経験でも採用される可能性が高いようです。業務も基本的には商品を運ぶ単純作業が多いため、未経験でも挑戦しやすい業界といえるでしょう。

4.専門商社

専門商社は、総合商社と比較し事業領域が狭い特徴があります。そのため、未経験でも比較的チャレンジしやすい業界といえるでしょう。入社後の研修をしっかり受ければ、業界の知識を身につけられ、未経験者でも活躍することができます。専門商社では営業職の募集が多いため、前職で営業経験がある方は積極的にアピールしましょう。

5.産業メーカー

IT機能搭載の自動車が注目され始めた昨今、車産業や重機といった産業メーカーの求人も増加傾向に。自動車の知識や関連業務の経験がなくとも、IT企業経験者や理系大学出身者など、幅広い人材を求めているメーカーも多いため、未経験でも挑戦できる可能性が高いです。

30代未経験の転職でキャリアアップが図れる業界3選

続いては、未経験でキャリアアップ・高収入を目指す方向けの業界をご紹介します。

1.外資系コンサルティング

ビジネスレベルの語学スキルがある場合、外資系コンサルティングをおすすめします。
外資系企業は実力主義であることも多く、働けば働くほど給与が上がる可能性も高いです。特に外資系コンサルタントは、外資系企業のなかでも高収入の傾向にあるといわれています。転職後、さらなるキャリアアップ・高収入を目指す方は、成果を貪欲に追い求められる環境として、外資系コンサルティングを検討してみるのも良いでしょう。

2.MR

MRとは、製薬会社の営業職を指します。病院や薬局を回り、医師・薬剤師に商品の効能、安全性をセールスする仕事です。また、医療現場から薬のフィードバックを受け、会社に伝え品質改善を図る評価担当者の役割も担っています。
基本的には民間の製薬会社に勤務するので、福利厚生が充実しており、営業成績に応じた収入が期待できるでしょう。外資系コンサルティングと同様に、自分の評価に合う年収を期待できる業界といえます。

3.ITベンチャー企業

ITベンチャー企業では、転職してすぐ年収をアップさせるのは難しいことが多いですが、企業の中核を担えば、将来的に大幅な年収アップが見込めます。事業の拡大に貢献し、実績や実力が認められると、自社株を定められた価格であらかじめ取得できる「ストックオプション」を得られることも。しかし、お伝えしたようにITベンチャー企業の中には、福利厚生が整っていなかったり、経営状況によっては給与が少なめだったりする会社も少なくありません。「ハイリスク・ハイリターン」な環境ということを念頭に置き、自分に合っていると感じるのであれば挑戦してみましょう。

未経験の転職の選択肢に!今後市場の拡大が予想される業界

転職する際、今後さらに市場の拡大が見込まれる業界を選ぶことで、安定して働き続けることができます。下記に、今後需要が高まるであろう業界をまとめました。

IT・インターネット業界

先述のとおり、IT分野の急成長に伴い、IT・インターネット業界の市場も拡大傾向に。そのため、未経験者の採用を積極的に行っているIT企業も多いです。IT業界ときくと、エンジニアやプログラマなどをイメージする方も多いようですが、すべての職種でITのスキルが求められるとは限りません。IT企業にも、営業や人事、総務、経理などさまざまな仕事があります。成長中の企業のなかで、スピード感を持って仕事をしたい方には、おすすめの業界です。

建築・不動産業界

建築・不動産業界は、「土木や建築の知識が必須なのでは?」と考える方もいるようですが、教育制度の整った企業へ入社すれば、研修でしっかり学ぶことができます。また、IT業界同様、営業職や管理部門などさまざまな職種があるので、適性に合った仕事を選ぶことで自分に合った働き方が叶うでしょう。

未経験でもすぐに転職できる?人手不足の業界

人手不足の業界は、比較的採用されやすいといわれています。そのため、すぐに転職したいという方は、下記の業界も視野に入れてみましょう。

福祉・介護業界

福祉・介護業界では、人手不足が大きな問題になっています。少子高齢化に伴い介護サービスの需要が高まる一方で、圧倒的な人手不足から運営困難に陥る介護施設が多く存在するのが現状。介護資格は業務独占資格ではないので、仕事内容や施設によっては無資格でも働けることがあります。そのため、未経験でもチャレンジしやすい環境といえるでしょう。

正社員

介護職

  • 330万円 ~ 390万円

  • 介護休暇,有給休暇,育児休暇,産前産後休暇,慶弔休暇

飲食・サービス業界

飲食・サービス業界も、スタッフの入れ替わりの激しさや定着率の低さから人手不足に悩んでいる企業が多いといわれています。また、サービス業は特別なスキルや必須資格がないことが多く、未経験からの転職でも活躍しやすい業界といえるでしょう。基本的に人と接する仕事なので、人と話すことが好きな方、コミュニケーション力に自信のある方におすすめです。ただし、売上の見込める土日・祝日に業務が入ることも多いので、その点は注意が必要といえるでしょう。

正社員

店舗運営

  • 312万円 ~ 437万円

  • 夏季休暇,有給休暇,慶弔休暇,産前産後休暇,育児休暇,冬期休暇

未経験からの転職ならエージェントを活用しよう

未経験で転職する場合、業界・企業選びが重要といえます。気になる求人を見つけたら「未経験だと難しいかもしれない…」と諦めず、まずは求人を確認してみましょう。そして、求人票の内容から、その企業が求める人物像を読み取ったり、自分に合う仕事かどうかを見極めたりすることが、企業と転職希望者のミスマッチを避けるポイントです。
とはいえ、初めての転職の場合、何から始めたら良いか分からないことも多いもの。そんな方は、適性に合った求人を紹介してもらえる転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントとは

転職エージェントとは、転職相談から内定までをしっかりサポートしてくれる転職支援サービスのこと。民間企業が運営しているサービスを指します。
利用することで、経験や適性から判断したおすすめの業界や求人の紹介、応募先の選び方のアドバイス、好印象を与える書類や面接のコツなどを教えてもらえるのが特徴。「就職エージェントとは?活用するメリットやデメリットを知ろう」でも説明していますが、利用することでスムーズな転職が叶いやすくなります。
転職エージェントは、「経験者向け」「特定の業界に特化したサービス」「役職者向け」など利用者に応じて細かく分類されているものが多いため、自分に合ったサービスを選ぶことが成功のコツ。未経験の仕事への転職を希望するなら、「若年層向け」「経歴不問が多い」といった特徴のエージェントを利用しましょう。

若年層向け、未経験者歓迎の求人を多く扱っているエージェントならハタラクティブ!
転職エージェントのハタラクティブでは、転職を熟知した専任アドバイザーがあなたのお悩みや不安事をお聞きし、一人ひとりに合った求人をご紹介。そのほか、面接対策や自己分析の指南も徹底サポート。面接の日程調整や企業への交渉も代行するので、初めて転職する方でも安心してご利用いただけます。サービスはすべて無料なので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

未経験での転職やおすすめ業界に関するQ&A

最後に、未経験での転職に関するよくある質問にお答えしていきます。

初めての転職や再就職におすすめの業界はありますか?

結論、万人におすすめできる業界はなく、自分のやりたいことやキャリアプランを考えながら業界を考えましょう。たとえば、しっかりキャリアアップしたいのであれば外資系コンサルティングやMRがおすすめです。また、キャリアよりもすぐに入れる業界を志望したいのであれば、福祉や飲食・サービス業界などを検討してみても良いでしょう。

20代で未経験の仕事に転職することは可能ですか?

十分可能です。人手不足だったり、一から教育できる人材を求めていたりする企業は、未経験者を歓迎していることもあります。また、20代であれば、ポテンシャルが評価される傾向にあるので、スキルや経験が重視されない場合もあるようです。未経験からの転職を成功させるコツについては「未経験でも挑戦できる?異業種への転職を成功させるコツ」も参考にしてみてください。

未経験の仕事に転職する際の注意点は?

このコラムの「20代・未経験としての転職を成功させる5つの方法」でもご紹介したとおり、転職したいと思っても、すぐに現職を辞めないようにしましょう。仕事を辞めることで収入が途切れてしまうので、転職活動に際に焦ってしまう場合があります。焦りから本当に転職したかった企業ではないところで妥協してしまう可能性も。そのため、転職先が決まるまでは、現職を辞めないようにしてください。

転職に役立つスキルがありません…

資格や専門的な技術がなくても、転職することは可能です。コミュニケーション能力や行動力、協調性といった長所も面接でアピールできます。そのため、自己分析を通して自分の強みを見つけることが大事です。「経験やスキルがなくて転職活動が不安…」という方は、ハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、プロのアドバイザーがカウンセリングを行い、あなたの強みや弱みを見つけます。面接対策や応募書類の添削といったサポートも行っているので、初めての転職活動に不安を感じている方にもおすすめです。

この記事に関連するタグ