転職を上司に相談するのに適したタイミングはいつ?伝え方や注意点を解説

転職を上司に相談するのに適したタイミングはいつ?伝え方や注意点を解説の画像

この記事のまとめ

  • 上司に転職の相談をするのに適したタイミングは、退職希望日の1~3ヶ月前
  • 上司に転職の相談をする前のタイミングで、退職の意思を固めておくことが大切
  • 上司への転職の相談は、繁忙期のタイミングを避けて行う

転職を検討しているものの、どのタイミングで上司に相談すれば良いか分からないという方は多いでしょう。上司への転職の相談は退職希望日の1~3ヶ月前までに行います。このコラムでは、上司に転職の相談をするのに適したタイミングを解説。また、転職の意思を伝えるコツや注意点などについても紹介しています。最適なタイミングで転職の相談をして、次のステップにスムーズに進みたい方は、参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

上司に転職の相談をするのに適したタイミングとは?

上司に転職の相談をするのに適したタイミングは、退職希望日の1~3ヶ月前の時期です。上司の都合が良いタイミングを伺い、ゆっくり相談できる機会を設けましょう。

退職希望日の1~3ヶ月前に相談するのが一般的

上司に転職の相談をするのは、退職希望日の1~3ヶ月前が一般的なタイミングです。退職希望日の直前で転職を申し出ると、人員の確保や書類の準備が間に合わず会社に迷惑を掛けてしまう可能性があります。業務の引き継ぎや有給の消化などに掛かる時間なども考慮して、上司に伝えるタイミングを決めましょう。
上司に転職を相談するタイミングについては「退職は何ヶ月前に言うのが常識?法律上のルールや理想的な伝え方をご紹介」でも解説しているので、ご一読ください。

新卒1年目で転職を相談するのは難しい?

新卒1年目は転職を相談しづらいタイミングであることは事実です。上司に転職を相談しても、「もう少し続ければやりがいが見つかる」と引き止められることもあるでしょう。ただし、新卒1年目は第二新卒として転職できる時期。タイミングを逃さないように、自分の意思をはっきり伝えることが大切です。新卒1年目の転職状況は「新卒1年目の時期に転職するのは厳しい?成功しやすいタイミングはある?」で紹介しているので、ご覧ください。

上司に転職の相談をする前に済ませておくべき4つのこと

この項では、上司に転職の相談をする前に済ませておくべき4つのことを紹介しています。転職の意思をはっきり伝えてスムーズに退職するために、必要な行動を把握しておきましょう。

1.転職の意思を改めて確認する

転職の相談を上司にする前に、自分の意思を改めて確認しておくことが大切です。もし転職を申し出たあとに考えが変わって取り消しを求めてしまうと、「一度退職しようとした人」として社内での印象が低下する可能性があります。
また、転職の意思が固まっていないと、上司に引き止められた際にはっきりと断れず、退職に適したタイミングを逃してしまうことも。上司に伝える前に、転職の意思をしっかり固めておきましょう。

2.退職理由を説明できるようにしておく

転職の意思と一緒に退職理由も上司に説明できるよう、準備しておく必要があります。退職理由が曖昧だと、転職の本気度を疑われてしまう恐れがあるからです。相談を受ける上司の時間を無駄にしていると捉えられることもあるでしょう。「転職のタイミングはいつが良い?見極める方法を年代別に解説!」では退職の原因になりやすい7つのタイミングを紹介しているので、明確な理由を考えるための参考にしてみてください。 

3.希望するキャリアを明確にする

上司に転職の相談をする前に、自身が希望するキャリアも明確にしておきましょう。転職してどのようなキャリアを積みたいのかを明らかにしておけば、上司へ筋の通った説明ができるだけでなく、自分にあった求人を選びやすくなります。身につけたいスキルや目指したいポジションなど、転職によって叶えたいキャリアを退職前のタイミングで一度考えておくことが大切です。

4.退職希望日を決めておく

上司に転職の相談をする際に一緒に伝えられるように、希望する退職日もあらかじめ決めておきましょう。ただし、事前に考えた退職日はあくまでも希望です。仕事の進行状況や年度の区切りといったタイミングによっては、希望が叶えられない可能性も。「○日までには必ず退職したい」と自分の希望を押し通すのではなく、会社の都合にも配慮しましょう。

転職しやすい時期はいつなのか把握しておこう

1年の中で転職しやすい時期は2~3月と8~9月といわれています。4月からの新年度や、下半期が始まる10月に合わせた求人が増加し、採用活動が活発になるからです。転職しやすい時期について詳しく知りたい方は、「転職する時期は何月が良い?おすすめや避けるべきタイミングを解説」をご覧ください。

上司に転職の相談をするときの言い方のコツ

上司に転職の相談をするときのコツは、「最初に退職の意思をはっきり伝える」「会社批判になるような表現は避ける」などです。

最初に退職の意思をはっきりと伝える

上司に転職の相談をするときは、最初に退職の意思をはっきりと伝えましょう。冒頭で結論を簡潔に述べることで、上司はそのあとに続く相談内容を理解しやすくなります。また、引き止めを回避するためにも、「転職するか迷っています」や「退職しようか悩んでいます」のような言い回しは避けたほうが無難です。退職の必然性と意思の強固さを、落ち着いた態度で示すことで、上司に納得してもらいやすくなります。

出産が理由のときはどうする?

出産を機に転職するときは、退職するタイミングに注意しましょう。会社によっては育休の取得条件を「1年以上雇用されていること」と定めている場合があり、転職直後だと対象外になってしまう可能性があるからです。出産を理由に転職する場合の適切なタイミングについては「女性が転職する時期として最適なのはいつ?年代や状況別のおすすめを紹介」で解説しているので、ご一読ください。

会社批判になるような表現は避ける

上司に転職の相談をする際は、会社批判になるような表現を避けましょう。たとえ待遇や人間関係に関する不満が原因で退職する場合でも、上司にそのまま伝えるのは得策とはいえません。「会社の悪口を言っている」として印象が悪くなる恐れがあるからです。
また、不満点の改善を提案されて引き止めにあう可能性も。「辞めたい」という意思表示だけでなく、お世話になった会社や上司への感謝の気持ちも同時に伝えましょう。

上司に転職の相談をするタイミングに関する注意点

上司に転職の相談をする際は、「会社の就業規則を確認しておく」「直属の上司に直接打ち明ける」「繁忙期は避ける」の3点に注意しましょう。適切なタイミングで転職を切り出し、円満に退社するための参考にしてみてください。

1.会社の就業規則を事前に確認しておく

上司に転職の相談をするタイミングを検討する際は、会社の就業規則を確認しましょう。会社によっては、「1ヶ月前までに申し出ること」のように、就業規則に退職を申告する期日を明記している場合があるからです。転職日が決まってから上司に相談するのではなく、会社の規則に則って計画を立てましょう。

2.最初は必ず直属の上司に直接打ち明ける

転職の相談は、直属の上司に直接打ち明けるのが理想です。直属の上司以外の人に先に話してしまうと、非常識な人とみなされて、上司に快く退職を受け入れてもらえない可能性があります。また、メールや書面で上司に相談するのも得策とはいえません。事前にアポイントを取り、上司と1対1で直接話せるタイミングを設けてもらいましょう。

3.繁忙期を避けて報告する

転職の意思は、繁忙期を避けて上司に報告します。多忙な時期に上司に相談を持ちかけると、「今は時間を確保できない」と後回しにされてしまう可能性が高いからです。
また、通常の業務で忙しい時期は社員間での引き継ぎもしにくいため、退職手続きが滞ってしまうでしょう。転職の相談をするタイミングは、上司にゆっくり話を聞いてもらえる機会が多い閑散期がおすすめです。転職に向いていないタイミングは「転職するのに悪いタイミングとは?最適な時期を見極めて成功につなげよう」で解説しているので、ご一読ください。

転職のタイミングに悩んだら?

転職のタイミングに悩んだら、転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。転職エージェントとは、仕事探しから内定獲得までをサポートしてくれるサービスのこと。専属のアドバイザーがつくので、自分にぴったりの転職のタイミングについて相談できます。転職のタイミングに悩んだ場合の対処法は「転職する時期は社会人何年目がベスト?判断するポイントを解説」でも紹介しているので、参考にしてみてください。

上司に転職を相談するタイミングについてお悩みの方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、第二新卒や既卒などの若年層に特化した転職エージェントです。専任のアドバイザーが相談者の状況や適性を踏まえたうえでマンツーマンでのサポートを実施し、現在の会社を円満に退社するためのアドバイスも行います。志望先企業とのやり取りはすべてアドバイザーが代行するので、仕事と並行しての転職活動でも安心です。サービスはすべて無料なので、お気軽にご利用ください。

転職を上司に相談するタイミングに関するQ&A

ここでは、転職を上司に相談するタイミングに関する疑問をQ&A方式で解決していきます。「メールで転職の相談をしても良い?」「引き止められた場合はどうする?」などとお悩みの方は、参考にしてみてください。

上司に転職の相談をするのに適したタイミングはいつ?

上司に転職の相談をするのに適したタイミングは、退職希望日の1~3ヶ月前といわれています。業務の引き継ぎや退職手続きに掛かる時間を考慮して、早めに退職を申し出ましょう。また、上司が予定を空けにくい繁忙期は避けるのがベターです。詳しくは、このコラムの「上司に転職の相談をするのに適したタイミングとは?」をご覧ください。

上司にメールで転職の相談をしても良い?

メールだけで転職の相談を済ませようとするのはやめましょう。対面で転職の意思を伝えられる場を設けることが大切です。上司に退職を申し出るときのマナーは「仕事を辞めると決めたらどうする?退職の伝え方や転職するステップをご紹介」で紹介しているので、ご一読ください。

上司に転職の相談をしたあとは何をする?

上司に転職の相談をし、承諾が得られたら退職届を準備します。退職届とは、会社に退職を申し出るための書類のこと。退職手続きをスムーズに進めるためにも、上司の許可を得て退職日が確定したら、早めに退職届を用意して提出しましょう。「退職届はいつまでに出す?提出のスケジュールと必要な手続きをご紹介」では退職届を出すタイミングについて解説しているので、参考にしてみてください。

上司から引き止められた場合はどうする?

上司から引き止めにあっても、転職の意思は変えないようにしましょう。引き止められて退職日を先延ばししたり転職自体を辞めたりしてしまうと、キャリアアップするのに最適なタイミングを逃してしまいます。ハタラクティブでは引き止めを回避して円満に退職するためのアドバイスをしているので、ぜひご活用ください。

この記事に関連するタグ