仕事を辞めると決めたらどうする?転職までのステップをご紹介

仕事を辞めると決めたらどうする?転職までのステップをご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 仕事を辞めるか迷ったら、退職の理由や転職に活かせそうな経験やスキルを整理する
  • 仕事を辞めると決めたら、転職活動のタイミングを考える
  • 転職活動は、退職後も働きながらも一長一短なので自分に合ったやり方を選ぶ
  • 面接で仕事を辞めると決めた理由を伝えるときは、ポジティブに言い換える
  • 仕事を辞めると決めたら職場の愚痴を言わない、引き継ぎ準備をするなどのマナーを守る

仕事を辞めるか続けるか、悩んでいませんか?このコラムでは迷ったときの考え方ややるべきこと、転職活動のタイミングなど退職に関するさまざまな疑問についてお答えしています。また、面接での退職理由の伝え方も具体例を挙げて紹介していますので、回答を考える際の参考になるでしょう。仕事を辞めたいけれど、今後が心配…という方はご参照ください。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

仕事を辞めるか迷ったときにすべき4つのこと

今の仕事を辞めるか迷った際には退職理由の整理、転職に向けたスキルや経験の棚卸しなどが必要です。今の仕事を辞めるべきか続けるべきか迷ったときには、以下の4つを実行し気持ちを整理してみてください。

1.辞めるリスクを考える

次が決まらなかった場合の収入面の不安や社会的評価への影響など、今仕事を辞めたらどのようなリスクがあるのか考えてみましょう。仕事を辞めることは多少なりともリスクを伴います。
そういったリスクを踏まえたうえで、それでも退職したい場合は転職準備を進めたほうが良いでしょう。

2.辞めたいと思う理由や転職先でやりたいことを考える

仕事を辞めたいと思ったときは、特に「仕事を辞めたい理由」と「転職で実現したいことは現職で実現可能か」を明確にするのが大切です。
退職を決意した場合、これらは転職活動においても重要な部分になります。

3.現職のやりがいや好きなこと・嫌なことを書き出す

現職のやりがいや好きな点、不満点を分析し書き出してみてください。
やりがいや好きな点よりも不満点の方が多いときや現職を続けても不満の解消が難しいときには、転職を視野に入れてみても良いでしょう。

4.転職活動に活かせるスキルや経験を棚卸しする

今のスキルや経験、自分の強みを整理し転職先でどう活かしていけるか考えてみましょう。これらは転職活動のアピールポイントになるため、大事な作業です。

上記のことを実行して考えたうえで「現職を続けていけそうだ」と思った場合は、今の職場でもう少し頑張ってみても良いでしょう。続けていくのが困難だと思ったら、転職活動の準備を始めましょう。仕事を辞めるかどうか悩んでいる方は「仕事を辞めたいと思ったらどうする?原因や対処法を詳しく解説」のコラムも併せて参考にしてみてください。

仕事を辞めると決めたら転職活動のタイミングを考える

退職を決意したのち、転職活動を始めるタイミングに悩む方も少なからずいるでしょう。退職後と在職中の転職活動のメリット・デメリットをそれぞれ踏まえたうえで、自分に合ったやり方を選んでみてください。以下、それぞれご紹介します。

退職後に転職活動をする場合のメリット・デメリット

退職後に転職活動をするメリットは、時間が十分にあること。豊富な時間を使って企業研究や自己分析ができるので、選考対策を万全にできるでしょう。一方、デメリットは金銭面など生活の不安がある状態で転職活動に臨むことになることといえます。十分な貯金がない場合には転職活動にかかる費用にくわえ生活費に困ることも。また、転職活動が長引いた場合は、それだけ空白期間もできてしまうのもデメリットといえるでしょう。

在職中に転職活動をする場合のメリット・デメリット

在職中に転職活動をすると、先述した金銭面や空白期間といった不安は解消されるのがメリットです。退職して程なく再就職できるので収入が途絶えず空白期間もない一方、転職活動できる時間が限られ、スケジュールの調整が難しくなるのが難点。特に仕事が忙しい場合には、思うように企業研究ができなかったり面接日程のスケジューリングに苦労したりするでしょう。

このように、転職活動をする時期についてはそれぞれ一長一短で個人の事情もあるため、自分に合った方法を選んで転職活動をするのがおすすめです。「転職活動は在職中と退職後のどちらが有利?メリット・デメリットを解説」のコラムでは転職活動のタイミングについてより詳しく解説していますので、こちらもご参照ください。

仕事を辞めると決めてから退職までの一般的な流れ

仕事を辞めると決めてから退職までは、以下のような流れで進みます。以下、それぞれ詳しく見ていきましょう。

直属の上司へ退職意思を伝える

まずは、自分の直属の上司へ退職する意思を伝えます。その際には何かのついでやメールで済ませるず、あらかじめアポイントを取り時間を割いてもらいましょう。他に退職意思を伝える手段として退職願を提出する方法がありますが、口頭で伝えても構いません。

退職届を提出し業務の引継ぎをする

直属の上司から退職許可が下りたら、手続きを進めるために退職届を提出します。退職届が受理されるまでにはしばらく時間がかかるので、そのあいだに業務の引継ぎを進めておきましょう。引継ぎは口頭だけでなく、後任者の横で実際に作業をして見せたり紙の資料にまとめておいたりすると親切です。

お世話になった人に退職の挨拶をする

退職届が受理され最終出勤日の一週間前になったら、退職の挨拶回りを始めましょう。人数が少ない場合の挨拶回りは最終出勤日でも構いませんが、人数が多い場合には何日かに分けて計画的に進めます。取引先などの社外の人に直接挨拶に行くかどうかは、直属の上司の判断を仰ぐと良いでしょう。

身の回りの片付けや貸与品の返却などをする

最終出勤日には、身の回りの片付けや貸与品の返却をします。退職面談で返却物の説明があった際にはよく確認して、返却漏れのないようにしましょう。また、デスクの簡単な掃除や身の回りの片付けも忘れずに。私物が多い場合には、数日に分けて少しずつ持ち帰るのがおすすめです。

上司に退職申告するときの6つの注意点

退職を上司に申告する際には伝えるタイミングや時期のほか、話の内容にも注意を払うのが大事です。以下、主な注意点を6つご紹介します。

1.業務の時間に余裕があるときに伝える

退職の意思を伝えるときは、そのタイミングに注意。職場全体がなるべく時間に余裕があるときに伝えるのが望ましいでしょう。職場全体が仕事に追われる時期に伝えてしまうと、周囲が動揺してしまう可能性があるからです。どうしても忙しい時期に退職せざるを得ないようなら、お詫びを添えてまず直属の上司に相談しましょう。

2.退職希望日の1カ月以上前に伝える

引き継ぎや手続きなどがあるため、退職を伝えるのは希望日の1カ月以上前を目安にしましょう。労働基準法では退職の2週間前までに通知するよう定められていますが、一般的には退職希望日の1カ月前までに申告するとしている企業が多いからです。
退職の申請時期については企業の就業規則で決まっている場合が多いので、申し出るまえにまず規則を確認してください。

3.上司が忙しいときはメールでアポを取る

直属の上司が忙しく、退職を申し出るタイミングが掴めないときは、メールでアポイントを取りましょう。ただし、メールのみで本格的に退職を申告するのは控えたほうが無難です。
この段階では「お話があるのですが…」という形でワンクッション置き、退職への言及は避けましょう。

4.引き止めにあっても揺らがない

退職を伝える際は、万が一引き止めにあっても揺らがないように意思を強く持つことが大切です。
現職に不満があるならば、留まっても解決には繋がらないことを念頭に置いて退職面談に臨みましょう。

5.職場の不満や愚痴を言わない

退職理由を聞かれても、職場の愚痴や不満に言及するのは避けましょう。退職理由はあくまで「現職ではできない仕事をしたくなったから」など、ポジティブで引き止めにくいものが理想的です。

6.引き継ぎなどのスケジュールも考えておく

退職が決まったら、後任者の確認や引き継ぎ方法などを早めに考えておきましょう。自分の業務量を考えて効率的に進めるのが大切です。また、引き継ぎスケジュールを事前に考えておくのは上司や同僚からの引き止めを避けることにも有効。自分が抜けた後のこともしっかり考えているという誠意を示すことで、上司や同僚からの反感を緩和できるでしょう。

退職を申し出る際の注意点については「円満退職をするコツは?タイミングや伝え方に要注意!」のコラムも参考になるでしょう。

転職活動で退職理由を伝える際のポイント

転職活動で退職理由を伝える際は、嘘をつかないことや現職の悪口を言わないのがポイントです。以下、詳しく解説します。

嘘は言わない

面接で嘘の退職理由は言わないようにしましょう。ばれないだろうと軽い気持ちで嘘をついたとしても面接は回答を深く掘り下げられることが多いため、どこかで綻びが出る可能性が高いからです。
嘘をついたことが面接官に分かれば即不採用になってしまうので注意してください。たとえ言いにくい退職理由だったとしても、ポジティブな言い回しで伝えることが大切です。

現職の悪口を言わない

不満があって退職する場合も、現職の悪口や愚痴を言うのは禁物です。できるだけネガティブな印象を与える言葉は避け、転職先での意気込みやどのように働きたいかを重点的に伝えましょう。

退職理由を面接で伝える際の具体例

以下、面接で退職理由を伝える際の具体例をご紹介します。

退職理由が業務体制への不満にある場合

「前職ではほとんど一人で業務にあたることが多いために社員同士の関わりが薄く、同部署の社員同士で信頼関係を築くことが難しい環境でした。
伝達不足からミスやトラブルが発生することもあったため総務部と協力して改善に務めましたが、「現状維持で問題はない」と上層部には改善しようとする気がなく状況は変わりませんでした。
もっと部署の皆で連携して働ける環境が良いと部署異動も申し出ましたが、現状では難しいと回答があったため転職を決意しました。
私はチームワークを大切にすることで仕事がよりスムーズに進むと考えています。社員間で情報の共有ができるうえ仲間と信頼関係もできるため、皆が一丸となって業務にあたろうとするようになるからです。
御社ではチーム体制での業務やメンター制度の導入など、チームワークを重視していることを魅力に感じたのも応募のきっかけの1つです。」

業務体制への不満の場合には「自分はどんな業務体制を望んでいるのか」「応募先企業では悩みがどう解消されるのか」について言及すると分かりやすいでしょう。

退職理由が待遇への不満である場合

「現在の給与額では将来が不安であると感じ、転職を決意しました。入社当初の月給は16万円でしたが3年経った今も同額で、今後もほぼ昇給は見込めないようだと先輩社員に聞いております。生活するのに精一杯で貯蓄する余裕がないうえ、この先家族を持ったときにも養うのが難しいため、より待遇が良く現在の業務で培った経験やスキルを活かせるところで働きたいと思っております。
御社ではインセンティブ制であり、努力が収入に反映されるところに働きがいがあると感じた点も志望理由の一つです。」

待遇への不満の場合は、具体的な金額や勤続年数に言及したり不満を感じる理由を述べたりすると面接官に伝わりやすいです。最後に、応募先企業では自分の不満点がどう解消されるのかについても触れましょう。

仕事を辞めると決めたら転職活動のやり方を検討しよう

仕事を辞めると決めたら、退職までの手続きのほかに転職活動をどう進めるべきかも考えましょう。転職活動は、適している方法が人によって違うからです。自分に合った方法を選んで効率よく進めましょう。以下、主な転職活動の進め方について解説します。

転職サイトを利用する

転職サイトは、求人が豊富なうえいつでも利用できるのがメリットです。よって、希望条件がある程度定まっていて自分のペースで転職活動を進めたい人に向いています。「日中の業務が忙しく夜にしか時間が取れない」「自分で応募先企業と連絡を取るのが苦にならない」といった人に最適です。

ハローワークを利用する

ハローワークは全国各地にあり、管轄地域の求人を多く持っているのがポイント。自分の働きたい地域が決まっていて、地元企業に勤めたいという人におすすめです。また、職員によるカウンセリングや無料の就職セミナーが受けられるのもメリットといえるでしょう。

転職エージェントを利用する

転職エージェントとは民間企業の運営する転職支援サービスのこと。企業によって取り扱う業界や支援対象が違うのが特徴です。転職サイトやハローワークに比べて扱う求人が限られているぶん、対象の業界や企業に詳しい傾向があります。よって、志望業界が決まっている人やより自分に合った求人を紹介してもらいたい人に向いているでしょう。また、転職エージェントでも担当の就活アドバイザーによる個別のカウンセリングや選考対策をしてもらえるので、悩みがある人や選考に自信がない人にも適しています。

できるだけ空白期間を作らず後悔のない転職活動をするためには、仕事を辞めると決めてからの行動が大事です。自分に合った方法を選び、転職活動を効率的に進めましょう。

仕事を辞めると決めたものの転職活動に不安のある方は、20代向け転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブではスキルや経験が浅いとお悩みの方に向け、人柄やポテンシャルを重視した企業の求人をご紹介しております。専任の就活アドバイザーがカウンセリングであなたのお悩みを丁寧にうかがい、転職活動の進め方についてアドバイス。応募先企業との連絡や採用面接のスケジューリングなどもアドバイザーが行うので、効率良く負担の少ない転職活動が可能です。ハタラクティブのご登録、ご利用はすべて無料。どうぞお気軽にお問い合わせください。

仕事を辞めると決めたらすべきことに関するQ&A

ここでは、仕事を辞めると決めたらやるべきことについてよくある質問と回答をまとめています。

仕事を辞めるべきかどうかはどう判断する?

仕事を辞めるかどうか迷ったときには、まず現職で不満を解消する方法はないかを検討します。ない場合、次に考えるべきなのは退職のリスクや転職に役立つスキルや経験があるかどうかです。このように順を追って考えていくと、自分が今転職すべきかどうかが明らかになります。退職すべきか迷っている方は「仕事を辞めるのは逃げ?退職しても良いときは?辞め癖の克服方法も解説!」のコラムもご覧ください。

退職を相談する際に退職願は必要?

退職願は必ずしも提出するわけではありません。退職の申込みは書面に限らず口頭でも有効だからです。よって、一般的には直属の上司に「退職したいのですが…」と直接言えばOK。一方、退職届は退職の手続きを進めるための正式な書類なので提出が必要です。退職届の書き方については「退職届の書き方とは?会社を辞めたくなったときの流れを解説!」のコラムをご参照ください。

転職活動は在職中にすべき?

できれば在職中にするほうが望ましいでしょう。普段の業務で忙しいなかでの転職活動は大変ですが、できるだけ空白期間を作らず金銭的不安を生じさせないためです。在職中の転職活動の進め方に関しては「転職活動は、在職中の方がいいってホント?」のコラムが参考になるでしょう。

今の仕事は辞めたいけど自分に合う求人が分からない…

どのような転職先が良いか悩んでいるなら、転職支援サービスで就活のプロに相談してみるのがおすすめ。転職支援サービスではカウンセリングを通じて求職者に合った仕事をアドバイスしてもらえるうえ、求人紹介から選考対策まで転職活動をサポートしてもらえるのがメリットです。ハタラクティブでは20代の方に向け、人柄やポテンシャルを重視する企業の求人をご紹介していますので、一度ご相談ください。

関連タグ

  • arrow