仕事を辞めると決めた時、次のステップは?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事を辞めると決めた時、次のステップは?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事を辞めるか迷ったら、一度気持ちを整理しよう
    ・仕事を続けることにデメリットを感じるなら、転職の準備をしよう
    ・転職活動は、退職後も働きながらも一長一短。自分に合ったやり方を選ぼう
    ・面接で退職理由を伝えるときは、ポジティブに言い換えよう
    ・退職を会社に伝える時は、会社の愚痴を言わない、引き継ぎの準備をするなどのマナーを大切にしよう

仕事を辞めるか続けるか、悩んでいませんか?
仕事を辞めたいけれど、今後が心配…という方は、本コラムをご参照ください。
迷った時の考え方や、退職の際にやるべきこと、転職活動のタイミングなど、退職に関するさまざまな疑問について紹介しています。


◆仕事を辞めるか迷った時の考え方

今の仕事を辞めるべきか、続けるべきか迷った時は、下記の項目を実行し、気持ちを整理しましょう。

・辞めるリスクを考える
仕事を辞めるということは、多少なりともリスクを伴います。
次が決まらなかった場合の収入面の不安、社会的評価への影響など、今仕事を辞めたらどのようなリスクがあるのか考えてみましょう。
そういったリスクを踏まえた上で、それでも退職を考えたいという場合は、転職の準備を進めた方が良いかもしれません。

・辞めたいと思う理由や転職先でやりたいことなどを考える
仕事を辞めたいと思ったときは、特に「なぜ辞めたいのか」「転職してやりたいこと」「現職では実現可能か」を明確にしましょう。
退職を決意した場合、転職活動においても重要な部分になります。

・現職でのやりがいや好きなこと、嫌なことを書き出す
現職でどういったことにやりがいを見出しているか、好きな点はあるか、どのような部分に不満を感じているかを分析し、文字に起こしてみましょう。
このとき、やりがいや利点よりも不満の方が多い場合や、不満の解消が難しいという場合は、転職を視野に入れてみても良いかもしれません。

・現時点で、転職活動に活かせるスキルや経験を棚卸しする
今のスキルや経験、持っている強みを、転職先でどのように活かしていけるかを整理しましょう。
そういった部分を明確にできれば、転職活動の際のアピールポイントになります。

上記のことを整理してじっくり考えた上で、「現職を続けていけそうだ」と思った場合は、今の職場でもう少し頑張ってみても良いかもしれません。
続けていくのが困難だと思った方は、転職活動に備えましょう。



◆仕事を辞めるのは転職先を決めてからの方が良い?

退職を決意した後、転職活動を始めるタイミングに悩む方も少なからずいるのではないでしょうか。
退職後の転職活動は、時間は十分にありますが、金銭面を中心に生活の不安が残っている状態で臨むことになります。
また、転職活動が長引いた場合は、それだけ空白期間もできてしまうでしょう。
その点、働きながらの転職活動は、上記のような不安は解消されます。
しかし、仕事を続けながらでは時間が限られ、スケジュールの調整が難しくなるという難点も。
それぞれ一長一短であり、個人差もあるため、自分に合った方法を選んで転職活動をするのがベストといえるでしょう。
もし転職活動中に一人では解決が難しい疑問が生じたり、時間調整が難しいと感じたりした場合は、第三者を介する転職エージェントに頼るのも有効な手段の1つです。
職業のマッチングや面接対策、企業との連絡の代行などを行っているので、退職後に転職活動をしている方も、現職を続けながら転職活動をしている方も便利に活用できるでしょう。



◆転職活動で退職理由を伝える時のポイント

転職活動で退職理由を伝える際は、下記のポイントに注意しましょう。

・嘘は言わない
面接で嘘の退職理由は言わないようにしましょう。
面接は回答を深く掘り下げられることが多いため、嘘をつけばどこかで綻びが出るかもしれません。
嘘をつくのではなく、ポジティブな言い回しで伝えることが大切です。

・現職の悪口を言わない
不満があって退職する場合も、現職の悪口や愚痴を言うのは禁物です。
ポジティブな言い換えをし、転職先での意気込みやどのように働きたいかを伝えましょう。

<例>
退職理由が人間関係によるもの

前職では、同部署の社員同士で信頼関係を築くことが難しい環境でした。
伝達不足からミスやトラブルが発生することもあったため、総務部と協力して改善に務めましたが、状況は変わりませんでした。
部署異動も申し出ましたが、現状では難しいと回答があったため、転職を決意しました。
私は、仲間と信頼を積み重ね、チームワークを大切にすることで、社員間で情報の共有ができ、仕事がよりスムーズに進むと考えています。
御社では数人のチーム体制で業務を進めていくこと、メンター制度が導入されていることを魅力に感じたことも応募のきっかけの1つです。




◆退職申告する時の伝え方

退職を伝える際の注意点は、以下のとおりです。

・時間に余裕がある時に伝える
退職の意思を伝えるときは、タイミングに注意しましょう。
なるべく時間に余裕がある時に伝えるのがベストです。
会社全体が仕事に追われる時期に伝えてしまうと、周囲が動揺してしまう可能性があります。

・退職希望日の1ヶ月以上前には伝える
引き継ぎなどの関係もあるため、退職を伝えるのは希望日の1ヶ月以上前を目安にしましょう。
もし就業規則で決まっている場合は、そちらを確認するのがベストです。

・忙しいときは、メールでアポを取る
直属の上司が忙しく、タイミングが掴めないという場合は、メールでアポイントを取りましょう。
ただ、メールのみで本格的に退職を申告するのは控えたほうが無難です。
この段階では「お話があるのですが…」という形でワンクッションを置き、退職への言及は避けましょう。

・引き止めで揺らがない
退職を伝える時は、万が一引き止めにあっても揺らがないように意思を強く持つことが大切です。
現職になんらかの不満があって退職すると決めたならば、同じ場所に留まっても解決には繋がらないということを念頭に置きましょう。

・不満や愚痴を言わない
退職の理由を聞かれることがあっても、愚痴や不満を直接口に出すことは避けましょう。
理由はあくまで自己都合とし、「現職ではできない仕事をしたくなった」というように、ポジティブで引き止めにくいものが理想的です。

・引き継ぎなどのスケジュールも考えておく
上司や同僚からの引き止めを避けるためには、引き継ぎのスケジュールを事前に考えておくのも1つの手です。
自分が抜けた後のこともしっかり考えているという誠意を行動で示すことで、上司や同僚からの反感を緩和することができるでしょう。



◆それでも転職するか現職を続けるかで迷う人は

退職を迷った際の考え方や、退職を決意した後に取るべき行動について紹介しましたが、いかがでしょうか。
退職よりも現職を続ける方がデメリットが多いと感じている場合は、マナーを守った上で転職の準備を進めていくといいでしょう。
もし退職か継続かで迷ってなかなか決められないという方は、就職・転職エージェントを活用し、客観的な意見を聞いてみるのも良いかもしれません。
ハタラクティブでは、転職に関する悩みを抱えている方に、親身になって対応します。
退職後どうしたらいいか迷っている方、現職と転職活動の両立に不安を感じている方は、ぜひ一度ご相談ください。
退職や転職、就職のお悩みなら、ぜひハタラクティブへ!


職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ