1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 空白期間は転職に不利?企業を納得させる回答とは

空白期間は転職に不利?企業を納得させる回答とは

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・半年以上の空白期間は不利になるかもしれない
    ・企業は「仕事への意欲があるか」を心配している
    ・企業側が納得できる説明ができれば問題ない
    ・面接官が納得できるよう、理由は具体的に答えよう

退職後の空白期間が長引くと、転職活動が不利になることがあります。

今回のコラムではその理由を解説し、企業を納得させるための回答方法をアドバイス。

「転職活動に半年以上かかっている…」という人は、ぜひコラムの内容をご覧ください!

◆空白期間があると転職に不利?

退職後に転職活動を始める場合、転職先が決まるまでに職歴の空白期間ができることになります。
一般に、転職活動にかかる平均的な期間は1ヶ月から3ヶ月程度。そのため数ヶ月の空白期間は応募先の企業に「仕事探しをしていたんだな」と納得してもらえる範囲です。
ただし、空白期間が半年、1年と伸びていくと、企業側は「仕事をする意欲がないのでは?」と疑いを持ち始めるので、転職活動が不利になるといわれます。

空白期間が長引いている人は、面接中に必ずその理由を聞かれると思っておいた方が良いでしょう。
この際、「〇〇という目的で留学をしていた」「〇〇の仕事がしたくて資格勉強をしていた」等、企業側が納得できる理由があれば多くの場合問題にはなりません。

ブランクに対するマイナス評価を防ぐには、その期間に何をしていたのかを具体的に伝えるのがポイントです。
「何となく過ごしていた」という回答は上記でも述べた通り、「働く意欲がない」と判断されることもあるので気をつけましょう。


◆企業側がチェックしていること

空白期間の長さから企業側が一番に心配するのは、やはり仕事への意欲があるかのかという点。ブランクの長い応募者に対し、企業は「転職活動に前向きでないから仕事が決まらないのではないか」「失業中に仕事へのモチベーションを失っているのではないか」と考えます。
また、場合によっては「ほかの企業で採用されないのは、何か問題があるのではないか」と考える面接官もいるでしょう。

未経験業種への転職は時間がかかる傾向にありますが、それなりのキャリアがあるにも関わらず転職活動が長引いている人は、「転職先を絞り込み過ぎている」「希望が多すぎる」と思わているかもしれません。
転職活動では「前よりいい職場を見つけたい!」と意気込んでしまうものですが、全てを満たす企業が見つかるとは限りません。
転職では100%の職場を見つけようとするのではなく、求める条件に優先順位をつけた上で、マッチする企業を探しましょう。

また、空白期間が長い人材に対して、「仕事の感覚がなくなっているのでは?」と心配する企業もあります。特に、IT系など技術の移り変わりが早い業界では、そういった懸念が生じやすいかもしれません。
面接ではブランク期間も技術のキャッチアップや情報収集をしていた点を説明し、仕事の能力が鈍っていないことを強調しましょう。


◆質問に回答する際のポイントは?

先ほどもご説明した通り、空白期間について聞かれたらできる限り具体的な回答を心がけましょう。例えば資格の勉強をしていたのであれば、なぜその資格をとろうとしたのか動機から説明する必要があります。

「前職を退職後、知り合いに話を聞いたり、自分で業界研究をしたりした結果、〇〇業界に行きたいという方向性が決まりました。そのため、この半年間は業務に必要な〇〇の資格取得のための勉強をし、資格を得ることができました。資格と同時に前職で培ったコミュニケーション能力を活かしながら、〇〇の分野で御社に貢献していきたいと考えております。」

上記の例のように、単に「資格をとった」というのではなく、資格取得の必要性が面接官に伝わるように工夫します。
さらにまとめとして、もし入社できたらどのように活躍できるか、企業の役に立てるのかを付け加えられるとベスト。
このように回答すると、たとえブランクがあったとしても仕事への熱意と入社意欲が伝わるでしょう。


◆空白期間が心配な人は、ハタラクティブに相談しよう!

空白期間で不利にならないか心配、面接で答えられるような理由がない…

そんな人は、転職支援のハタラクティブまでご相談ください。当サービスでは経験豊富なアドバイザーが一人ひとりにカウンセリングを行い、その方にふさわしいアドバイスを提供いたします。
1人で悩んでも解決しない悩みは、第三者のプロにおまかせ!
あなたの希望や条件を丁寧に聞き取り、適性に合った求人をご提案します。

サービスは求人提案から面接対策、企業との交渉まで全て無料なので、転職活動に息詰まっているならぜひお気軽にご利用ください。


これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    空白期間があっても転職を成功させる!面接・履歴書での回答方法を解説

  • image

    空白期間を面接で質問されたときの対策

  • image

    転職先が見つからない!空白期間が長引いた理由はなに?

  • image

    ブランクも好印象に!30代ニートが就職するためのコツ

  • image

    転職時にブランクがあると不利?面接での回答方法

  • image

    転職活動は退職後と在職中のどっちが良い?ブランク期間が不安な人へ

  • image

    職歴の空白期間をプラスに変える回答例をまとめてみました

  • image

    転職活動をするにあたって無職期間があるのは不利?

  • image

    就職したいニートの悩み!ブランク期間の答え方

  • image

    半年以上の無職期間、一体どう説明すればいい?

  • image

    仕事を辞めてから転職活動した人の割合は?就業までの期間も解説!

  • image

    第二新卒の空白期間は内定を左右する?

  • image

    働きながら転職活動は無理?効率の良いやり方と入社日の調整方法

  • image

    転職活動は、在職中の方がいいってホント?

  • image

    ニート期間を聞かれたら?面接で気をつけたいポイント

  • image

    転職できない人の特徴と改善策

  • image

    転職のきっかけは何?決意に至った詳しい理由と面接での回答方法

  • image

    ブランクがある人におすすめ!ニートが就職しやすい職種

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる