退職届の郵送はあり?マナーや宛名の書き方などを解説!添え状の例文も紹介

退職届の郵送はあり?マナーや宛名の書き方などを解説!添え状の例文も紹介の画像

この記事のまとめ

  • 退職届を郵送することは基本的にはNGだが、許可されている場合もあり
  • 退職届を郵送するときには添え状をつけ、一回り大きな封筒に入れる
  • 退職届を郵送する前の汚れや折れなどに注意しよう
  • 退職届を郵送した後も会社とのやり取りは大切にしよう

「退職届を郵送しても良いの?」と疑問に思っている方に向けて、正しい退職手続きの仕方を詳しく解説します。基本的に退職届は手渡しするものですが、病気などのやむを得ない事情があるときや、会社から許可されている場合は郵送しても構いません。
このコラムでは、退職届を郵送する際のマナーや宛名の書き方、添え状の例文などを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

退職届は郵送してもいい?

退職届は上司などに直接手渡しするのが基本的なルールですが、特別な理由があれば郵送することも可能です。
やむを得ない事情で直接会社に赴くことができない場合や、会社側から郵送することを許可されている場合は、退職届を郵送で提出しましょう。

退職届をいつまで出せばよいか知りたい方には、退職日までのスケジュールを詳しく紹介しているコラム「退職届はいつまでに出す?提出のスケジュールと必要な手続きをご紹介」をおすすめします。
また、退職願と退職届の違いを知りたい方は、その違いや書き方などが詳しく書かれている「退職願と退職届の違いとは?書き方の見本や正しい提出方法を徹底解説!」を参考にしてみてください。

基本的に退職届は手渡し

特別な事情ややむを得ない場合は退職届を郵送することも許容されますが、基本的には手渡しです。退職届とは、「退職が上司や会社から認められているうえで提出する書類」のこと。つまり、退職届を提出する段階では退職は決定しています。「もう退職が決まっているから」と、特別な事情がないにも関わらず郵送したり、気まずさから上司の机に置いたりするのは、「責任感がない」と捉えられてしまい、最悪の場合は退職スケジュールに影響が出る可能性も。「円満退社成功のための10のコツを解説!どんなメリットがあるの?」のコラムでも述べているように、退職は円満に行うのが理想です。最後まで責任を持ち、お世話になった感謝を示しましょう。

退職届を郵送する際の5つのマナー

特別な事情がある場合は退職届を郵送しても構いませんが、社会人として守らなければいけないマナーがあります。
以下に退職届を郵送する場合の7つのマナーを紹介します。

1.退職届の封筒は白色を選択する

退職届は公式な書類のため、白色の封筒で提出するのがマナー。一般的に茶封筒の方が白色の封筒よりもコストが低く、社内用の資料や事務書類などを入れるケースが多いです。それに対して、白色封筒はフォーマルな場面で使用され、清潔感を与えることもできます。

2.退職届には郵便番号がない封筒を選択する

退職届には白色の封筒で、郵便番号なしの無地のものを選択しましょう。郵便番号枠がある封筒に退職届を入れるのは不適切です。

3.退職届には中身が透けない封筒を選択する

退職届は重要な書類なので、中身が透けない素材を選びましょう。二重封筒などに入れて、第三者に見られないようにしてください。

4.添え状をつける

書類を郵送する場合は、添え状をつけることが社会人としてのマナーです。退職届と一緒に添え状を同封してください。添え状の書き方については後述しています。

5.事前に上司に相談する

退職届を郵送する場合は、突然送り付けるのは控えましょう。事前に上司に退職の意思を伝え、会社に赴くことができない理由を伝えてください。上司からの許可が出たら、退職届を郵送しましょう。

退職届を郵送するときの封筒について

退職届を郵送する場合には、退職届を封入した封筒ごと、さらに一回り大きな封筒に入れて投函しましょう。なお、手渡しをする場合は、郵送用の封筒は使用せず、退職届が封入された封筒のみの準備で問題ありません。

退職届を入れる封筒の書き方

退職届を入れる封筒の表面には、中央よりもやや上に「退職届」と書きましょう。退職届を入れる封筒には、宛先は不要です。
書くときは黒色のボールペンか万年筆を使用してください。はっきりと書き入れることがポイントですが、悪目立ちしてしまうようなマジックや筆ペンは使用しない方が無難です。また、書き間違えたときに修正液などを使用することは避けてください。
裏面には、退職届の封筒の裏面には、左下に所属していた部署名とフルネームを記入します。

郵送用封筒の選び方と書き方

郵送する場合に使用する封筒は、白色で郵便番号の枠があるものを選ぶようにしましょう。よく使用されるのは、「長形4号」「長形3号」のサイズです。
退職届の郵送用封筒へは、一般的な手紙を送るときと同じように、表面に送り先である会社の住所と宛名を書き入れます。宛名は部署名だけではなく、上司などの個人名も記載してください。

郵送用の封筒の表側の左下には、「親展」と赤字で書き入れ、その周りを赤線で囲みます。
「親展」は、「宛名以外の人しか開けないでください」という意味です。重要書類である退職届を第三者に見られることを回避できるので、必ず記載してください。
郵送用封筒の裏面には、左下に自分の住所と名前を記載します。封筒をのり付けしたら、中央に「〆」マークを書いてください。封字については、「〆(締め)の書き方知ってる?就活の封筒マナーについて」のコラムが参考になるでしょう。

退職願の正しい書き方を知りたい方には、正しい書き方や用紙やペンや封筒などの選び方も紹介しているコラム「退職願の書き方とは?手書きするときの封筒や用紙の選び方も解説!」がおすすめです。

退職届の添え状の書き方

退職届の添え状は、お世話になった会社に誠意を伝えるために必要なものなので、必ず同封します。
以下が退職届の添え状の文の例文です。ぜひ参考にしてください。

退職届の添え状の例文

令和〇年〇月〇日

○○○○株式会社
○○部 ○○課
○○ ○○様

○○部 ○○課
自分の氏名

 

退職届の送付について

拝啓
貴社ますますご清栄のことと心からお喜び申し上げます。

この度、一身上の都合により退職させていただくこととなりました。
つきましては、同封の通り退職届を送付させていただきます。
ご査収の程、よろしくお願いいたします。
短い間ではございましたが、大変お世話になりました。
末筆ながら、貴社のご健勝をお祈り申し上げます。

敬具

 

・退職届 1部

以上

退職届は横書きでも良いか知りたい方は、退職届を書くときの注意点なども書かれているコラム「退職届は横書きでもいい?退職願や辞表との違いも解説」をチェックしてみてください。

退職届を封筒に入れる際の5つの注意点

退職届を封筒に入れる際には折り方など気をつけるべきことがいくつかあります。ここでは5つの注意点を紹介しますので参考にしてください。

1.退職届の折り方は巻き三つ折りが基本

退職届の折り方に決まりはありませんが、一般的には「巻き三つ折り」が良いといわれています。
「巻き三つ折り」とは、紙を三重に丸めて折り目をつける方法のこと。紙の内側の端と外側の端を合わせ、その部分を軽く折って目印をつけ、それに合わせてきれいに折れば完成です。

2.読み手を意識して封筒に入れる

封筒から退職届を出したときに読み手が見えやすい状態にすることが重要です。
退職届を封筒から取り出して紙を広げたときに、退職届の書き出しの部分が見えるように工夫してください。

3.用紙が折れないように慎重に封入する

封筒に用紙を入れるときには、大きさも計算して引っかからないようにしましょう。元々の折り目以外に用紙が折れないように気をつけてください。

4.退職届にはのり付けの必要なし

退職届と添え状を入れる郵送用の封筒にはのり付けが必要ですが、退職届を入れる封筒にはのり付けは不要です。
退職届は読み手が見やすい状態にすることが重要で、のり付けしてしまうと開封したときに紙が破けてしまう可能性を高めてしまいます。
ただし、最初からシールがついているタイプの封筒を利用する場合は、封をしても構いません。その場合は、封をした後にボールペンか万年筆で「〆」メークをつけてください。

5.提出前の汚れに気をつける

提出前に退職届を持ち運んだりする場合は、汚れや折り目がつかないように十分に注意してください。
カバンの中にそのまま入れてしまうと、封筒に入れていても汚れることがあるため、クリアファイルなどに入れるなどの配慮をしましょう。

退職届を郵送した後の会社とのやり取りも大切に

「退職届を郵送してしまったから、もう前の会社とは関係ない」と考えないで、その後のやり取りも大切にしてください。
特に一方的に退職届を郵送してしまうことは、社会人としては完全なマナー違反といえるでしょう。場合によっては社会保険や失業保険などの手続きができなくなるリスクも生じます。
また、転職先の会社が辞めた会社と関係がある可能性もゼロではなく、後々関わりが出てくることもあるので、不義理な退社は避けた方がよいでしょう。

もし書類に不備が出たりした場合は、入社時に申請した身元保証人に連絡がいき、迷惑をかけてしまう恐れもあります。
退職後の転職活動に悪影響が出てしまうこともあるので、退職届を郵送した後も必要に応じて上司などと連絡を取り合うようにしてください。
退職届の出し方や、退職後の転職活動に不安がある方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
今の会社に不満があるけど辞め方が分からない方の悩みを解消して、転職をサポートいたします。
経験豊富なキャリアアドバイザーが、あなたの要望を丁寧にヒアリングして、適性を把握。理想の職場を紹介します。
相談もサービスの利用も完全無料となっているので、まずはお気軽にハタラクティブまでお問い合わせください。

この記事に関連するタグ