「行」と「御中」の正しい使い方を解説!消し方や書き換え方を覚えよう

「行」と「御中」の正しい使い方を解説!消し方や書き換え方を覚えようの画像

この記事のまとめ

  • 「御中」「様」は敬称だが、「行」はへりくだった言葉のため返送時には書き直す
  • 「行」は二重線で消し、隣に「御中」または「様」を記入する
  • 「行」を「御中」に直さないと、ビジネスマナーに欠ける印象を与えるリスクがある
  • 就活で書類を郵送する際は、切手の過不足や封の仕方なども確認してから送る

「行」「御中」「様」をどのように使い分ければ良いのか分からず、不安に感じてる方もいるでしょう。返送用封筒やはがきの宛名に「行」が書かれていたときは、「御中」や「様」に直すのが正解です。このコラムでは、「行」や「御中」の使用方法を解説します。「行」の消し方の詳細や、郵送時のチェックポイントなども説明しているので、ぜひご覧ください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

「行」「御中」「様」とは?

「御中」と「様」は、どちらも宛名の下につける敬称です。返信用封筒やはがきには、宛名の下に「行」と書かれていることもあります。これらの使い分けを知らないまま書類を郵送すると、「ビジネスマナーの基本を知らない=就職への意欲が低い」と判断されてしまうことも。以下で、それぞれの使い方についてご紹介します。

「御中」の使い方

「御中」は、担当者の指定ができない場合や、会社・部署そのものに宛てて郵送する場合に記載します。届いた会社・部署の人間ならば、誰が開封したとしても問題がない内容のものを送るときに使用すると理解しておくと良いでしょう。

【使用例】
△△株式会社 人事部 御中

「様」の使い方

個人名が分かる場合には、「様」を使うのがマナーです。「様」は個人宛てとなるため、「御中」とは異なり、同じ会社や部署の人であっても、本人以外の開封は許されません。郵便物を届けたい相手の名前が分からない場合は、「ご担当者様」と記載する方法もあります。

【使用例】
△△株式会社 人事部 田中様
△△株式会社 人事部 ご担当者様

「様」の使用が適している書類は?

「様」の使用が適している書類の一例は、以下のとおりです。

・個人情報に関わる書類
・個人間の仕事で共有するための重要書類
・開封する担当者を決めておきたい書類

個人名に「様」を付ける場合は、上記の例を参考にしてみてください。

「行」の使い方

「行」は、返信用封筒やはがきに会社の宛先とともにあらかじめ記載されているもので、求職者が書くことはありません。「行」ではなく「宛」「係」と添えられている場合もあります。
なぜ会社が「御中」や「様」を使わないかというと、これらは「敬称」にあたるからです。自社に敬称をつけて呼ぶことは、先方に失礼な行為になります。しかし、「行」「宛」「係」はへりくだった言葉のため、求職者が「行」を直さずそのまま使用して返信するのはマナー違反。どう対処すれば良いのかは、次項で詳しく解説します。

このような言葉の使い分けは、ビジネスシーンにおける基本的なマナーなので、覚えておきましょう。「行」や「御中」については、「大人の常識!「御中」の意味と「様」との使い分けを知ろう」や「御中とは?正しい使い方や返信用封筒のマナーなどを解説!」でも解説しているので、あわせてご参照ください。

未経験OK多数!求人を見てみる

返信用封筒で「行」「御中」を使うときのマナー

同封物に返信用封筒やはがきが入っていた場合、それを使って返信するのが基本的なマナーです。先述したとおり、返信用封筒やはがきには「係」「行」「宛」などが添えられているので要注意。必ず正しい敬称に書き変えてから、返信しましょう。下記のポイントを参考に、書き直してみてください。

1.「係」「行」「宛」は二重線で消す

対象となる「係」「行」「宛」を二重線で消してください。縦書きの場合は右上から左下へ斜めに二重線を入れ、横書きの場合は真横に線を引いて消します。定規を使う必要はなく、フリーハンドでも大丈夫です。ただし、二重線を入れずに、修正液や修正テープなどで消すのは避けましょう。訂正印は不要です。

2.「様」または「御中」と書く

二重線で消したその横に、「様」または「御中」と記入します。縦書きの場合には二重線で消した左横に、横書きの場合には右横に記入しましょう。

このように、縦書きか横書きかによっても対応方法が異なるので注意が必要です。書き方のマナーに応じて正確に使い分けできるよう、それぞれ覚えておきましょう。「行」の消し方や「御中」と「様」の違いなどが知りたい方は、「御中と様、正しく使い分けてる?敬称の書き方を覚えよう」もぜひチェックしてみたください。

「行」や「御中」を使うときは二重表現に注意しよう

「御中」と「様」を同時に使用することはありません。「△△株式会社 人事部 採用ご担当者様御中」「△△株式会社 人事部御中 田中様」のような書き方は二重表現となり、誤った使い方になるので注意しましょう。「行」に関しても、「御中」「様」と同時には使わず、書き換えるのが正しいやり方です。「行」を消したうえで、「御中」や「様」を書きます。
「様」「御中」を使うときの注意点や「行」の書き換え方などは、「「採用担当者様」をメールや封筒の宛名にできる?場面別の使い方をご紹介」「封筒の正しい書き方とは?会社宛に履歴書を送るときのポイントを解説」もぜひ参考にしてみてください。

「行」を直さないと就活に影響する?

就活で「行」を直さなかった場合、「ビジネスマナーに欠ける」と思われるリスクもゼロとはいえません。就活では「基本的なビジネスマナーを学んでおこうとする姿勢」を求められるのが一般的といえます。そのため、面倒な作業と感じても、「行」を直して返送するのがベターです。

「行」「御中」以外にも!郵送時の6つの確認ポイント

ここまで、「行」や「御中」の使い分けやマナーについてご紹介してきました。郵送マナーには、ほかにも細かなチェックポイントがあります。送る前に、以下の郵送マナーについても確認しておきましょう。

1.添え状を同封する

ビジネスでは郵送物に添え状を同封するのがマナーです。添え状とは、内容物の概要を伝える書類で、挨拶の意味も込められています。履歴書や職務経歴書、内定承諾書といった就活における書類関係にも同封するのがマナーとされているため、忘れずに入れておきましょう。

2.「履歴書在中」と記入する

履歴書を送付する際は、封筒の表面左下に赤字で「履歴書在中」と記入し、四角で囲んでください。会社には日々数多くの書類が届きます。このように赤字・赤枠で強調しておけば、採用担当者でなくてもひと目で就活関係の書類であることが分かり、無駄な手間やトラブルを避けられます。手書きではなく、スタンプでも可とされているため、不安な方や自信がない方は活用してみてください。

3.正式名称で記載する

住所や会社名は省略せずに、正式名称で記入してください。ビル名も忘れずに書きましょう。特に「株式会社」は(株)と省略する方が多いので注意してください。裏面に記載する自分の情報も同様です。

4.封はのりで閉じる

封はセロハンテープではなく、のりを使って閉じてください。テープだと郵送時に剥がれてしまう危険性が高く、採用担当者に「トラブルリスクの観点が低い」と思われてしまいます。

5.封字を記入する

封字とは、「確かに封を閉じ、その後誰にも開けられていないこと」を示す文字のこと。封筒の綴じ目の中央に書くのがマナーです。就活では基本的に「〆」「締」「封」が使用されます。「〆」は「×」と間違えやすいので、書く際には特に注意してください。

6.郵送料金の確認をする

切手は過不足ない料金が貼ってあるかも確かめましょう。不足していれば、自宅へ返送され応募締め切りに間に合わない可能性も。会社側が不足分を支払うというトラブルもあるようです。
一方で、余分に貼ってあると「ビジネスでのコスト管理が不安」という印象を与えます。料金の過不足が不安な方は、郵便局へ赴きその場で切手代を払って送るのがおすすめです。また、書留を使えば会社に郵送物が届いたかの確認も取れます。不安を残さず就活を進めるためにも、郵便局は積極的に活用していきましょう。

「行」や「御中」のほか、郵送時のチェックポイントなどについてもご紹介してきました。就活で応募先企業に「少し調べれば分かるのに横着な人だ」という印象を持たれないためにも、これらの基本的なルールはしっかりと押さえておきましょう。

「封筒の書き方がこれで合っているか不安」「応募書類をこのまま提出して良いのか誰かにチェックしてほしい」などでお悩みの方は、就職のプロであるハタラクティブにご相談ください。専任のアドバイザーが一人ひとりに合った仕事をご紹介。あなたの不安を解消へと導きながら、効率的な求職活動をサポートいたします。相談から内定獲得までサービスはすべて無料のため、ぜひお気軽にハタラクティブをご活用ください。

「行」や「御中」に関するよくある疑問Q&A

最後に、「行」や「御中」に関するよくある質問にQ&A形式で回答していきます。

「行」と「御中」について教えてください

「行」は、返信用封筒やはがきの宛名の下に書かれているのが一般的。自分をへりくだって使う言葉で、返信するときは「行」を消して「御中」や「様」に書き換えるのがマナーとされています。「御中」は、会社や部署に宛てて送る場合や個人名が分からない場合などに使用する敬称です。詳しくは、「会社がらみの書類やメール…敬称はいつも御中でいいの?」もぜひご覧ください。

「行」を「御中」に直さないとどうなる?

「行」を「御中」に直さない場合は、就活で「ビジネスマナーへの意識が低い」と判断されるリスクがあるでしょう。採用に関する考え方は企業によって異なるものの、就活では「基本的なビジネスマナーが備わっているかどうか」も見られる傾向にあります。そのため、返信用封筒を返す際には、「行」を「御中」に書き換えるのが良いでしょう。ハタラクティブでは、プロのアドバイザーがマンツーマンで就活をサポートしています。ビジネスマナーや選考のアドバイスも行っているので、ぜひ一度ご相談ください。

この記事に関連するタグ