年齢制限あり?例外事由3号のイってどんな意味?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 年齢制限あり?例外事由3号のイってどんな意味?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・2007年の雇用対策法改正により、年齢制限を設けた求人募集は原則禁止されている
    ・例外的に年齢制限が認められるケースを例外事由と呼び、1号から3号ニまでの6通りある
    ・定年があるケースやキャリア形成を目的としている場合などは、例外事由として認められる
    ・転職で気になることがあるときは、エージェントを活用しよう

求人の募集にあたり、年齢制限を設けることは原則として禁止されていますが、例外として認められる場合があります。
今回は、年齢制限つきの求人が禁止されている背景や、例外事由として年齢制限が認められるケースをご紹介。
年齢で求職を躊躇している方は、参考にしてください。

◆年齢制限つきの求人は原則禁止

転職活動をしていると、「○歳限界説」など、年齢で採用が不利になるという説が耳に入ってくることはありませんか?
しかし、実際は2007年に雇用対策法が改正されており、企業が年齢制限を設けて求人募集をかけることは、原則的に禁じられています。

2010年7月に行われた雇用政策研究会の報告書によると、少子高齢化に伴い、2020年の就業人口は2009年より約433万人減少することが懸念されているようです。
そのため、年齢にとらわれず、一人ひとりが持っている能力や経験、ポテンシャルなどを判断材料として就業人口を増やす必要があります。
就業の意欲があるフリーターや若年者、高齢者の積極的な採用を促せば、就業人口の減少防止や雇用機会の拡大が期待できると考えられているようです。

上記のような背景があり、現在は年齢に縛られない平等な判断のもとでの雇用が義務付けられています。
ただし、例外として年齢制限つきの求人が認められる場合も。
例外については、次項で詳しく説明します。

◆例外事由とは?

「雇用対策法施行規則」で定められている例外事由に基づき、年齢制限が認められるケースがあります。
例外事由の区分は、「1号」「2号」「3号イ」「3合ロ」「3号ハ」「3号ニ」の6項目です(それぞれの詳細は後述)。
年齢制限を設ける際、企業側はその理由を求職者や職業紹介事業者に向け、以下の例のように書面などに記載しておく必要があります。

求人の掲載例:「35歳未満(長期勤続によるキャリア形成をはかるため、例外事由3号のイ)」

求人票にこのような表記がされている場合があるので、仕事を探すときはよく確認しましょう。

◆それぞれの例外事由

例外事由1号~例外事由3号ニまで、それぞれの例外事由を詳しく解説します。

【例外事由1号】

定年があり、かつ労働者を期間を定めずに雇用する前提である場合は、定年年齢を上限として年齢制限を設けても問題はありません。
たとえば、定年よりも下の年齢を上限として募集すると違反と見なされます。

〈例〉
例外事由1号に沿っている求人:定年が60歳なので、60歳未満の方を募集する
禁止されている求人:定年が60歳であるにも関わらず、50歳未満の方を募集する

【例外事由2号】

労働基準法など、法律や条例によって就業可能な年齢が定められている職業を募集する場合は、年齢制限をかけることが可能です。

〈例〉
例外事由2号に沿っている求人:18歳以上からクレーン運転士を募集する(労働基準法第62条 危険有害業務の就業制限)、18歳以上から警備員を募集する(警備業法第14条 警備員の制限)

【例外事由3号イ】

雇用期間を定めないことを前提とし、新卒者あるいはおおむね45歳未満の方を長期勤続によるキャリア形成を目的とする場合は、年齢制限が認められています。
ただし、若年者の雇用問題解決の観点から、職務経験を問わず、新卒以外の若年者(既卒者など)は新卒者と同じ待遇にするという取り決めが設けられており、企業側はこれを守らなくてはいけません。

〈例〉
例外事由3号イに沿っている求人:職務経験を問わず、高卒以上の35歳未満の方を募集する
禁止されている求人:実務経験があることを条件として35歳未満の方を募集する

【例外事由3号ロ】

技能やノウハウを引き継いでいくことが必要な職種において、特定の年齢層(30~49歳のうちの5~10歳の範囲内の年齢層)が相当程度不足している場合は、無期限雇用を前提としてその層のみを募集することが可能です。

〈例〉
例外事由3号ロに沿っている求人:20~29歳が10人、30~39歳が1人、40~49歳が20人の職場で、30~39歳に限定して募集する
禁止されている求人:20~35歳の方に限定して募集する(30~49歳の範囲外で、5~10歳を超過している)

【例外事由3号ハ】

芸術作品のモデルや映像作品の役者など、表現の真実性が必要とされている場合は、年齢制限つきで募集できます。

〈例〉
例外事由3号ハに沿っている求人:ドラマに登場する幼稚園児役を未就学児の子役に限定して募集する
禁止されている求人:キャンペーンモデルを30歳未満に限定して募集する(表現ではなく商品の提供・販促が目的であるため)

【例外事由3号ニ】

60歳以上の高齢者を対象としている場合や、国が施策の一環として特定の年齢層の雇用を促している場合は、年齢制限が認められます。

〈例〉
例外事由3号ニに沿っている求人:60歳以上の人を募集する
禁止されている求人:上限年齢を設ける(60歳以上75歳未満の人を募集など)

以上の例外事由に該当しない場合は、年齢制限をかけた求人募集は認められません。
「転職したいけれど、自分の年齢では気が引ける…」という方は、まずは求人票をよく読み、年齢制限がないかチェックしましょう。
年齢はもちろん、就職や転職で不安なことがある場合は、転職エージェントを活用すると良いかもしれません。

ハタラクティブでは、経験豊富なアドバイザーがプロの目線で転職に関するお悩みに対応します。
自己分析や企業分析の方法、書類の書き方、面接対策の指導など、必要なサポートを行うので、転職活動がはじめての方も安心です。
転職活動を始めようか迷っている方は、ぜひ一度ハタラクティブまでご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ