「御社」と「貴社」にはどんな違いがある?正しい使い方まとめ

「御社」と「貴社」にはどんな違いがある?正しい使い方まとめの画像

この記事のまとめ

  • 御社とは相手の企業に対する敬称として用いる話し言葉で、面接や電話で使用する
  • 貴社とは書き言葉での敬称で、履歴書やはがきなどの書類関係で使う
  • 御社と貴社を間違えても選考に影響がない場合もあるが、十分な注意は必要
  • 御社や貴社以外にも、「弊社」「小社」「当社」「自社」といった言葉もある
  • 宛先で個人名が分かる場合は「様」を、分からない場合は「御中」を使う

御社とはどんな言葉なのか、その意味や貴社との違いがよくわからない人は多いようです。このコラムでは、御社と貴社の言葉の意味・違いをはじめ、間違えて使ったときの会社側の反応例もご紹介。「弊社」「当社」「様」「御中」といった、ビジネスシーンや就活でよく使う用語の使用例もまとめています。言葉の使い方は、就活ではもちろん、就職後も見られるポイント。これを機にしっかり身につけておきましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

御社とは

御社とは、相手の会社に対する敬称です。「話し言葉」で用いられます
個人に対して「様」を付けるように、相手に尊敬の意味を込め、相手を立てるために使用する言葉です。
ビジネスではもちろん、就活での面接や電話応対でも用いるのがマナーとされています。この言葉を正しく使っているかどうかで、ビジネスマナーを確認する会社もあるのが実状です。
間違って使ってしまったことで、「マナーを知らない=学ぶ気がない=就職への意欲が低い」と判断されてしまう場合もありますので、しっかりおさえておきましょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

御社と貴社の違いは?

御社は「話し言葉」で用いると伝えました。一方、「貴社」は御社と同じ意味を持ち、「書き言葉」で使います
両者はどちらも相手の会社を指す呼称で、大きな違いはありません。
それにも関わらず「御社」と「貴社」を話し言葉と書き言葉で使い分ける理由は、貴社が「帰社」や「記者」「汽車」などの同音異義語が多いためです。
話し言葉で「貴社」を使用すると誤解を招く恐れがあることから、このように使い分けるようになりました。

前述のとおり、「御社」と「貴社」の使い方は就活で見られているポイントです。慌てたり緊張したりするほど間違えやすい言葉なので、冷静に対処できるよう事前に違いを理解しておくのが重要といえます。
就活で使用する際は、下記のように使い分けることを覚えておくと良いでしょう。

使用文言使用対象
御社電話
面接・OB訪問
貴社履歴書・職務経歴書
メール・手紙

また、御社や貴社は敬語です。「御社様」「貴社様」といった使い方は二重敬語にあたりますので使用できません。注意しておきましょう。
貴社という言葉の意味をより深く知りたい方は「貴社はどういうときに使う?意味と使用方法まとめ」にて、詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

「一般企業」以外は別の呼称を用いる

会社や新聞社などは御社や貴社を使用して問題ありません。しかし、いわゆる「一般企業」に当てはまらない場所では不適切な場合も。志望先にあった呼称を使い分けられるよう、把握しておきましょう。一例をご紹介します。

使用対象呼称
銀行御行/貴行
信用金庫御金庫(御庫)/貴金庫(貴庫)
病院御院/貴院
組合御組合/貴組合
協会御協会(御会)/貴協会(貴会)
役所御庁/貴庁
学校・学園・学院御校/貴校・御学園/貴学園・御学院/貴学院

この例から分かるように、どのような場所でも、話すときは「御」、書くときは「貴」を用います。

「御社」と「貴社」間違えて使ってしまったら?

御社と貴社を間違えて使った場合、選考への影響は会社によって違います。
主に「採用には影響しない」「不採用になる」「気にはするが、採用にはそれほど影響しない」の3つに大きく分けられるでしょう。
この場合、特に注意しなければならないのは最後に挙げた「気にするものの、直接的な影響がない場合」。書類選考や一次面接といった初期段階で通過できたからといっても、後になって「同じくらい魅力的な応募者」と比べられてしまう要因になりかねません。「直接採用には影響しない」としていても、同程度の応募者と迷うのであれば、よりしっかりマナーを身に着けている人を選ぶのは当然です。
採用に影響しない可能性もあるからといって、「間違えても大丈夫」「どっちでもいいみたいだから気にしない」と適当に使うのは避けましょう。

特に「貴社」は、書類やメールを送る前に見直せます。提出前に間違っていないか、必ず確認をしてから送ってください。もしも面接で間違えてしまっても、焦らず、指摘されたら素直に言い間違えを認めて謝ることが大切です。

「弊社」「当社」はどんな場面で使う言葉?

弊社とは、自分たちの会社を表す言葉です。相手の会社よりも自分たちの会社の立場を下げて、へりくだっていうときに使用します。小社も同じ意味を持ち、社内の人には使わず、社外の人に使用する言葉です。

一方、当社とは、丁寧に自分の会社を表現する言葉です。社外の人に使用しても問題ないものの、ビジネスシーンでは相手を立てる姿勢が大切とされています。謙譲語(自分を下げて相手を立てる言葉)ではないため、社内で使うことがほとんどでしょう。

そのほかにも、自分たちの会社のことを「自社」や「我が社」と表すことも。これらは相手の会社と立場が対等な場合に使用する言葉なので、あわせて覚えておきましょう。

「様」「御中」の使い方も学んでおこう

はがきや封筒、メールなどに宛名を記載する際は、名前の下に敬称を用います。代表的なのが「様」と「御中」の2つ。相手によってこれらを使い分ける必要があるので、チェックしておきましょう。

「様」を使う場合

「様」は宛名となる個人名が特定している場合に用いる言葉です。たとえば「株式会社◯◯ 人事部 山田太郎様」というように使用します。

「御中」を使う場合

個人名が特定していない場合に用います。求人募集欄には、宛先となる会社や部署名を記載していても、担当者名は書かないのが基本。このように個人名が分からない場合に、「株式会社◯◯ 人事部 採用担当御中」というように使用します。

また、「御社様」のように、「様」と「御中」はあわせて使用することはありません。「株式会社◯◯ 山田太郎様御中」や「株式会社◯◯ 採用担当者御中様」と間違った使い方をしないように注意しましょう。

同じ意味を持つ言葉でも、使い方に注意をしなければ、「採用担当者へビジネスマナーが身についていない人」「就活という大事なときに必要な準備をしない人」と悪い印象を与えることになります。
就活マナーで不安がある方は、就活アドバイザーであるハタラクティブにご相談を。あなたの悩みやニーズに合わせてサポートを行います。ぜひご活用ください。

「御社」「貴社」などビジネス用語に関するQ&A

ビジネスシーンでは、普段あまり使用しない言葉や言い回しを使うことも多々あります。ビジネス用語に関するよくある質問を、Q&A形式でまとめました。

ビジネスシーンでよく使われるカタカナ語は?

「アサイン」「エビデンス」「コンセンサス」などがあります。
「アサイン」は任命、「エビデンス」は根拠や証拠、「コンセンサス」は同意を意味します。近年ではビジネスシーンで使用されるカタカナ語も増えているため、しっかり意味を理解しておきましょう。「社会人なら知っておきたい!よく使われるビジネス用語一覧」のコラムにまとめています。

ビジネスメールで気をつけることは?

敬語の使い方やクッション言葉を意識しましょう。
敬語には目上の人に対して使用する「尊敬語」、自分を下げて相手を立てるときに使う「謙譲語」、相手を問わず丁寧な表現にする「丁寧語」があります。使用シーンや相手を理解し、正しい敬語を使いましょう。また、依頼などビジネスを円滑に進めるにはクッション言葉も重要。「その敬語間違ってない?正しいビジネスメールのマナーとは」を参考に、相手に不快感を与えないメールを心がけましょう。

ビジネスマナーに対して不安があります

プロの目線からチェックしてもらいましょう。
ひとくちにビジネスマナーといっても、メールのマナーや立ち居振る舞い、服装など多岐にわたります。どんな状況でも活用できる基本のビジネスマナーの確認なら、ハタラクティブにお任せください。ハタラクティブでは、専任担当者による就職支援の一環として、ビジネスマナーのアドバイスも行っています。

この記事に関連するタグ