弊社とはどのような時に使う?正しい言葉を使い分けよう

弊社とはどのような時に使う?正しい言葉を使い分けようの画像

この記事のまとめ

  • 「弊社」とは自分が働く会社を謙譲語で示した言葉
  • 「弊社」は会社の一員としての発言である
  • 社内の人間相手ならば、「弊社」ではなく「当社」が適切

社会人になると、「貴社」「御社」「弊社」という言葉を自然と使うようになるでしょう。
これらの言葉の意味はほとんど同じに思えますが、厳密には使うべき場面が異なります。 では「弊社」とはどのような時に用いれば良いのでしょうか。どの言葉をどの場面や状況によって使うのか、このコラムで詳しく解説しているので、参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

弊社とは?

「弊社」とは、自分の働いている会社をへりくだって言う場合に使う言葉です
「当社」も「弊社」と同じく自分が勤める会社を表す言葉ですが、「当社」は単に自分が働く会社を示し、「弊社」は自分側の立場を下に見せることで、相手を立てる印象を与えます。自分が勤める会社の立場を低くして謙遜を表す、日本語独特の表現といえるでしょう。
「弊社」は社外、「当社」は社内で使われることが多く、社外の顧客や取引先を相手にする時には「弊社」を使うのが一般的です。

弊社と似た言葉

「弊社」と同じように自分の所属する企業を指す言葉には、前述した「当社」のほかに「自社」があります。また、企業を指す言葉としては「御社・貴社」があるので、違いを確認しておきましょう。

当社

冒頭で説明したように、「当社」は自社内で使用するのが一般的。自分の所属する企業を謙る必要のない社内会議や社内でのスピーチ、他社と関わる場面でも自社の考えを強く伝えたいときなどに使用します。

自社

「自社」は、「弊社」「当社」とは違って敬語ではない表現となります。ただ単に、自分の所属する会社のことを表現するために使う言葉のため、コミュニケーションのなかで使用する機会は少ないでしょう。「自社製品」「自社株」などのように使う場合が多いです。

御社・貴社

「御社」「貴社」は、いずれも相手の会社を指すときに使います。「御社」は会議や電話など話すとき、「貴社」はメールや書類といった書く場面と使い分けましょう。詳しくは「「御社」と「貴社」にはどんな違いがある?正しい使い方まとめ」のコラムをご覧ください。

面接で「弊社」を使っても良い?

結論から言うと、面接で「弊社」という表現を使うのは止めたほうが良いでしょう。
何故なら「弊社」を使うと会社の一員としての発言になってしまいます。面接はあくまでも個人として受けるもの。取引先や商談相手と話すわけではありません。
面接の場では「弊社」ではなく「前職」、面接時に在職中なのであれば「現職」または「現在の勤め先」などと言うのが適切です。
就職・転職活動中は「弊社」という言葉を使う必要はないと覚えておきましょう。

応募先企業の呼び方

冒頭でも述べましたが、「弊社」とは自社の立場を低くすることで、相手を立たせる言葉です。応募先企業を「弊社」と言うことはそもそもの言葉の意味も異なりますし、相手にとって失礼な発言に当たるため不快感を与える可能性が高め。一般常識が身についていない発言となるので、間違っても面接先の会社を「弊社」と呼んではいけません。応募先企業は「御社」と呼ぶのが基本です。
繰り返しになりますが、履歴書やメールなど文章に書く時には「貴社」、面接などで話す時は「御社」を使用すると覚えておきましょう。
なお、「御社様」という表現は二重敬語になるため、正しい日本語ではありません。ちょっとした言葉の違いですが、きちんとした日本語が使えれば「基本的なビジネスマナーが身についている」と好印象を与えることができるでしょう。

また、応募先が一般企業でない場合は、「御社」や「貴社」とは呼びません。下記を参考に、正しい呼び方を身に着けておきましょう。

対象 話し言葉 書き言葉
銀行 御行 貴行
信用金庫 御庫 貴庫
役所 御所 貴所
病院 御院 貴院
法律事務所など 御所 貴所
法人 御法人 貴法人
組合 御組合 貴組合
学校・学園 御校・御学園 貴校:貴学園

一見難しく思えますが、話す時は「御」、文章に書く時は「貴」を付ける、と覚えておけば、様々なビジネスシーンでも役に立つでしょう。就職・転職活動を機に、言葉の使い分けや基本的なマナーをマスターしておくことをオススメします。

自分の言葉遣いや言葉の使い分けに自信がない方は、ぜひ一度ハタラクティブをご利用ください。
ハタラクティブでは就活アドバイザーが、親身になって面接対策を行ないます。言葉遣いだけでなく面接で気をつけるべきポイントや話がわかりやすくなる方法、よく落とされるパターンの対策なども、実戦形式でしっかり対策。細かい日程調整なども代行しているので、仕事をしながらでも効率的に転職活動することが可能です。

この記事に関連するタグ