ニートからの就職、年齢にリミットはあるの?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ニートからの就職、年齢にリミットはあるの?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・社会人経験のないニートの人が就職可能な年齢は、30歳手前までとされている
    ・年齢によって企業が求める人材が異なり、年齢が上がるにつれて経験重視となるため、ニートの人はできるだけ若いうちに就職したほうが良い
    ・ニート期間が長い人は、生活のリズムを整えたり、体力をつけたりする必要がある
    ・早期就職を目指すなら、アルバイトをして経験を積む、資格取得や職業訓練校に通う、人手不足の業界に応募するという方法もある
    ・ハローワークや民間の就職エージェントを利用するのも、早期就職を実現させる鍵となる

ニートからの就職、年齢にリミットはあるの?の画像

年齢が上がるごとに難しくなるといわれているニートの就職。ニートから脱出して就職したいと思うなら、できるだけ若い内に行動するのが得策です。
このコラムでは、ニートの就職と年齢の関係や、就職を目指すニートがやるべきことをまとめています。

ニートが就職可能な年齢はいくつまで?

ニートの人が就職を目指すとき、企業の担当者がチェックするのは空白期間の長さと、その年齢です。
空白期間が長ければ長いほど、働くということから遠ざかっているため、「すぐに辞めてしまうのではないか」「周りとコミュニケーションをとれるか」「働ける体力があるか」など、採用する側はさまざまな不安を感じてしまいます。
人手不足などで人員が必要な場合は、ある程度の不安があっても採用される可能性がありますが、欠員分だけ補充したい、ほかにも応募者がいるなどの場合、そのような懸念を抱えたまま採用する企業は少ないでしょう。

また、企業が未経験の人材を雇うのは、若さというポテンシャルに期待し、時間をかけても育てたいと考えているから。30代に入ると、これとは逆に経験やスキルを重視した選考をされることが多くなります。
ある程度の年齢を過ぎると、未経験可能な求人を探すのが難しくなるのはこのためです。

こういった理由により、就業経験のないニートの人が就職可能な年齢は、30歳の手前までというのが一般的な目安とされています。

ほかにもある年齢の壁

この年齢を過ぎると就職することが難しくなるとされている30歳。これは年齢の壁といわれており、こういった年齢の壁は30歳以外にも存在します。

25歳の壁

第二新卒という言葉をご存知ですか?新卒で就職した人の中には、会社が合わないなどの理由から早期退職をする人も少なくありません。しかし、新卒で入社してから3年以内は、「一度就職しているため、社会人としてのマナーが身についている」「前の企業のカラーに染まりすぎておらず教育しやすい」「ポテンシャルに期待できる」などのメリットにより、企業からの需要が高いとされています。この、新卒から3年以内が第二新卒と呼ばれ、一般的には25歳くらいであることが多く、こ年齢を境に就職が難しくなるとされています。

27歳の壁

一般的に27歳は、新卒で入社した人であれば5年ほどのキャリアを重ねた年齢とされています。社会人としてキャリアを重ね、自分の仕事に対する考え方や、本当にやりたいことが見えてくる時期でもあるため、異業種、異職種への転職を考える人も少なくありません。
また、先ほとご紹介した、未経験でも採用される可能性がある年齢の境目が27歳とされています。
とくに、人気の業界や職種への転職は、この27歳がボーダーラインと考えられ、それ以上の年齢から未経験で応募できる求人となると、慢性的に人手不足な業界である可能性が高くなるでしょう。

35歳の壁

35歳は、社会人として働いている人にとっても転職が難しくなる年齢とされています。
そのため、未経験や就業経験のない人の就職は、かなり厳しいものとなると考えられるでしょう。実際に、就職支援サイトやハローワークでも、35歳以上の求人はとても少なくなります。

このように、年齢は就職する際に大きく関係します。
若い間は、数多くの求人を目にする機会があるため、就職する気になればいつでもできると考えてしまう人も少なくありません。しかし、年齢を重ねれば重ねるほど、選べる仕事の幅は狭くなり、応募できる求人も少なくなるのが現実です。
いつかはニートを脱出したいと思っている気持ちがあるのであれば、1日も早く就活を始めることをおすすめします。

就職を目指すニートがやるべきこと

就職したい!と思ったら、まずは生活のリズムを整えましょう。ニートの人の場合、朝早く起きられなかったり、昼夜逆転の生活になったりしている人は少なくありません。まずは朝起きて三食しっかり食事をとることを心がけましょう。
また、長い間働いていない方は、働く体力がなくなっていることも考えられます。実際に働き始めると、仕事を覚えることや、周りの環境に慣れることに気を使うため、思っている以上に疲労を感じ、仕事を続ける自信をなくしてしまう人も少なくありません。
まずはウォーキングやジョギングなどの軽い運動からはじめ、一派的な社会人生活に耐えられる体力をつけましょう。

ニート期間が長い人は、体力だけでなく、働くということ慣れていないのも不安材料です。
そういった場合は、いきない正社員として就職するのは難しいかもしれません。アルバイトや派遣社員など、短い時間や期間で働いてみてから正社員を目指すと、無理せず社会人としての生活を築けるのではないでしょうか。

理想だけで就活を始めるのは危険

ニートになる理由は人それぞれですが、多くの人は、「就活に失敗した」「やりたい仕事が見つからなかった」「就職した会社を早期退職してしまった」など、なにかに失敗した、つまづいたことがきっかけとなるようです。
こういった失敗は、就職に対する理想を高く持ちすぎたこと、はっきりしたイメージを持てなかったことが原因と考えられます。
いい会社に就職したい、楽しい仕事がしたい、などの理想やイメージだけで就活をすれば、理想通りの会社に巡り会えなかったり、就活自体がブレてしまったりするでしょう。

就活を始める際は、自分が何をしたいのか、どんな会社で働きたいのかを考えることはもちろんですが、自分のスキルや経験をしっかり見つめ直し、高すぎる理想があるのであれば、現実とのギャップを埋める作業が必須です。

少しでも早く就職をしたいときは

ニートの人の就職には、ある程度の時間がかかることが予想されます。
現実として、書類選考に通らなかったり、面接を受けても内定をもらえなかったりということが続くでしょう。
そういった場合も、落ち込みすぎずに就職に向けてできることを考え、前向きに就活を続けることが大切です。

アルバイトをしてみる

先述した、短時間の仕事から始めてみることのメリットの1つは、アピールできる経験やエピソードを作れるという点。働くことで、「仕事を覚える」「人と関わる」「工夫してみる」「目標を持つ」など、ニート生活では得られない経験をすることができます。
就活の際には、実際に働いたことから得たものは説得力のあるアピールポイントとして役立ちますし、応募する業界や仕事に関連するアルバイトであれば、全くの未経験からよりも有利になる可能性が高いでしょう。
働くことが未経験というところから正社員を目指すよりも、自信や体力をつけてからの方が「近道」ということもあるかもしれません。

資格や知識を身につける

アルバイトで経験を積むのではなく、資格取得のために勉強したり、職業訓練校に通ってスキルを身につけるというのも一つの方法です。特に国や都道府県が運営している職業訓練校は、授業料が無料となっているため、経済的に余裕がないという人も通うことができます。
また、勉強することで就職への自信につながったり、学校に通うことで規則正しい生活が身についたりするのもメリットでしょう。

人手不足の業界に挑戦する

人手不足の業界は未経験者を募集していることが多いため、少しでも早く正社員になりたい人におすすめです。
飲食や販売、介護系の業界は慢性的な人手不足。接客や介護のスキルを積むことができるため、人と接する仕事に抵抗がない人であれば、挑戦してみるといいでしょう。
また、未経験ではハードルが高そうなIT業界も人手不足といわれていますので、パソコンスキルや知識がある人であれば、未経験からの就職も不可能ではないようです。

ニートの就職に年齢制限ある?

ニートが就職できるのは何歳までなのか…これから就活する人の不安をQ&Aで解消していきます。

ニートは何歳まで就職できますか?

一般的に社会人経験がないニートが就職できるのは30歳までといわれます。20代はスキルがなくても伸びしろや意欲が評価されるため、就職は早ければ早いほど有利です。
30歳を過ぎても、全く就職できないというわけではありません。ただ、仕事の選択肢を減らさないためには、1日も早く行動することが必要です。
就職と年齢の関係については、このコラムの「ニートが就職可能な年齢はいくつまで?」で詳しく説明しています。

どうやって仕事を探せば良いですか?

求人サイトでも良いですが、ニートの方は第三者のサポートを受けることで確実に仕事を探せます。ハローワークや就職エージェントを利用し、アドバイスを受けながら自分に合った仕事を見つけましょう。
就職エージェントのハタラクティブは未経験者歓迎の求人を扱っているので、仕事探しに悩んだときはぜひご相談ください。

ニートにおすすめの職種はありますか?

未経験者歓迎の求人が多いのは、飲食業界やIT業界、介護業界など。基本的に人手不足の業界では未経験者を積極的に採用しています。また、営業職は未経験者歓迎かつ学歴に関係なく応募できる求人が多い傾向にあるようです。
就職前にアルバイトで働いてみて、向き不向きを見極めても良いでしょう。詳しいアドバイスは「ニート脱出はアルバイトからって本当?」をご覧ください。

人と話すのが苦手でも働けますか?

人とのコミュニケーションが苦手な人には、接客を伴わない仕事がおすすめです。清掃や工場勤務、ドライバーなど、人との会話が少ない仕事を探してみましょう。
工場での仕事は「ニートの就職先に工場がおすすめな理由」に詳しい情報を掲載しています。

就職支援サポートを活用しよう

早く社会人として働きたいと考えている人は、第三者のサポートを受けるという方法も考えてみてはいかがでしょうか。
もともと社会人経験者の転職をサポートするサービスは存在しましたが、近年は社会人としての経験が浅い人、まったくない人の就職を支援するサービスも広がりを見せています。

厚労省が運営するハローワークも、ニートやフリーター向けの職業支援に力を入れています。
求人の紹介だけではなく、応募書類の書き方や面接対策のレクチャーを受けることができるため、就職がまったく始めてという人にも安心です。
先程ご紹介した職業訓練校も、ハローワークからの紹介を受けて通うことができるため、受講を考えている人は、まずはハローワークで就職相談を受けましょう。

ハローワークは公的機関が運営していますが、民間が運営する転職エージェントもおすすめです。
同様に書類の添削や模擬面接などのサポートを受けることができますし、応募企業に関してもさまざまな情報をもっている場合が多いため、入社前に企業のことを詳しく知ることができるでしょう。
ハローワークほどの求人数ではありませんが、エージェントによって特化してる求職者の対象が異なるため、自分に合ったサービス選ぶと就職への近道となります。

どちらにも強みや特徴がありますが、求職者の就職を支援するという点では同じ。ハローワークと民間のエージェントを併用することで早期就職も夢ではないのではないでしょうか。

ハタラクティブは、若年層に特化した就職・転職支援サービスです。
社会人経験のある若者の転職はもちろん、就職自体が初めてという人もご安心ください。
経験豊富な就活アドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを行い、一人ひとりに合った企業をご紹介。きちんと取材をし、仕事内容や社内の雰囲気まで把握しているため、入社後のミスマッチが少ないのもハタラクティブの強みです。
ハタラクティブは、内定後の手続きや入社後のフォローまで、長期的なサポートで納得のいく就職を目指します。
ぜひ、ハタラクティブにご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ