何歳まで就職可能?ニートを卒業するために必要なこと

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. ニートからの就職
  4. >
  5. ニートから就活するコツ
  6. >
  7. 何歳まで就職可能?ニートを卒業するために必要なこと

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・厚生労働省の定義では15歳~34歳までの、家事や通学、就職をしていない人をニートと呼ぶ
    ・ニートからの就職は厳しいと考える人もいるが、十分な対策と行動次第で正社員になることは可能
    ・「◯歳まで」といった年齢制限はないが、少しでも若いほうが就職には有利になる
    ・広い視野で仕事を探したり基本的なマナーを確認したりして脱ニートを目指そう

何もしていない若年層を指す「ニート」という言葉ですが、正しい定義は知っていますか?
当コラムでは、ニートの定義や就職についてまとめています。
年齢と就職の関係性や対策法についても紹介しているので、「この年齢で就職できるか心配」という方は参考にしてください。

◆ニートって何歳までを指すの?

「ニート」という言葉の意味を「働かない、学校にも行かない若者」と捉えている人も多いと思いますが、具体的な年齢は知っていますか?
一般的にニートは34歳までと言われており、厚生労働省は「15歳~34歳で、非労働力人口(満15歳以上で、病気などの理由で労働できない人と、労働能力があるにも関わらず働く意思がない人を合わせた人口)のうち家事も通学もしていない人」をニートと定義しています。

また、ニートは「若年無業者」とも呼ばれており、ニート状態にある35歳以上の人は「無職」と言われます。

ニートとは、元々英国で生まれた概念。1999年に英国政府機関が作成した調査報告書に掲載されていた「Not in Education,Employment or Training(就学、労働、職業訓練のいずれも行っていない)」が語源とされています。

ニートになる原因は就活に失敗したなど人によってさまざまで、中には「働きたいけど働けない…」という人もいるでしょう。
どんな理由でニートになったとしても、世間的には「働けるのに働かない怠け者」といったイメージが定着してしまっているため、「ニートから就職するのは難しそう」と考えて行動を起こさない人も多いと思いますが、対策をしっかり行って諦めなければ内定を得るチャンスはあります。

当コラムの内容をしっかりと確認し、ニート卒業を目指して動き出してみませんか?


◆ニートからの就職は何歳までなら可能?

前項で「34歳までがニート」という定義を紹介しましたが、ニートが就職するのに年齢は関係あるのでしょうか。

結論から言うと「何歳まで」という明確なラインはありませんが、早めに就活を始めるほうが有利といえるでしょう。
理由は以下のとおりです。

・年齢が上がるにつれて高度なスキル、経験を求められる

20代など若いうちは、熱意や行動力、ポテンシャルなどの人柄を重視して採用されることが多いですが、年齢が上がるにつれて仕事に対する経験やスキル、マネジメント能力といった具体的な事柄を求められるようになります。
新卒で就職していれば、30歳前後には仕事に関する知識も増えて役職を持っている人もいるため、年相応の能力を求められるでしょう。

ニート期間が長い人は経験やスキルを持たないまま年齢を重ねているため、少しでも若いほうが採用の可能性が高くなるかもしれません。

・選択肢が狭まる

未経験から挑戦できる求人もありますが、もし同じ募集に20代の若い応募者がいれば、企業は若い人を採用する可能性が高いでしょう。
また、未経験歓迎の求人も30歳を超えると減る傾向が強いようです。
仕事に対する希望があるのであれば、少しでも早く就活を始めるのが得策です。


◆就職を目指す際の注意点

就職を目指すなら少しでも早く行動するのがポイントですが、ほかにも注意点はあるのでしょうか。

【広い視野で仕事を探す】

「◯◯は体力的にキツイからやりたくない」「◯◯は給料が安いから無理」など、自分で限界を設定して狭い視野で仕事を探すのはやめて、幅広く求人を探してみるのが大切です。
特に、人手不足の業界や未経験でも就職しやすい職種を中心に探すのがポイント。
先入観を捨てて、営業や運輸、介護、飲食といった業界も検討してみましょう。

【マナーを守って書類を書く】

ニートの中には、これまで一度も履歴書を書いたことがない…という人もいるかもしれません。
修正テープを使用している、黒以外のボールペンや鉛筆などで書いている、空白が目立つなどの履歴書は書類選考の時点ではじかれてしまうため、しっかりとマナーを確認しておきましょう。

【面接対策を十分に行う】

書類が通ったらいよいよ面接ですが、親族以外とまともにコミュニケーションを取ってこなかった…というニートもいるでしょう。
人前では緊張して上手く話せない、志望動機をまとめられないなど、原因に合わせた対策を行うことが大切です。


「はじめて就活するから志望動機が浮かばない…」「面接対策ってなにするの?」という人は、若年層に特化した転職エージェントのハタラクティブを活用してみませんか?
利用者の多くはフリーターや第二新卒の20代。職歴なしで内定を得た事例も多く、どなたでも使いやすい環境が整っています。
あなたの就活をサポートするのは、これまで多くの転職希望者を担当してきた転職のプロ。
「特にやりたいことがない」という人も、カウンセリングを通して適性に合った求人をご紹介します!
ニートを卒業を目指して就活を始めようと考えている方はぜひご相談ください。




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

関連する記事

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ