無職から就職を叶える!正社員になるための就活方法とポイント

無職から就職を叶える!正社員になるための就活方法とポイントの画像

この記事のまとめ

  • 20代なら無職から正社員就職のチャンスは多いが、30代になると一気に難しくなる
  • 無職から就活をする際は自己分析や企業研究、面接対策を十分に行おう
  • 無職から正社員就職を目指す場合、人手不足の仕事を狙うのもポイント
  • 無職から就活をする際は、早め早めに行動に移そう

無職から就活をして、本当に正社員になれるのかと不安や疑問に思っている方もいるでしょう。何歳であっても、就活をきちんと行うことで正社員を目指すことが可能です。このコラムでは、20代と30代無職が就活でやるべきことや就活成功のポイントなどを解説します。無職からの就職活動をスムーズに進められるよう、このコラムを読んで選考対策の心得を押さえましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

無職から就職は叶う?

現在無職でも、働く意欲やポテンシャルがあれば正社員就職は十分に可能です。ただし、年齢や就業経験によって採用されやすさは変わるため、自分の状況に合った就活をするのがポイントに。また、あまりにも無職の期間が長いと就職は難しくなるのも事実です。「高齢ニートから脱出しよう!就職のために活用できる支援とは?」のコラムで、無職を続けるリスクを確認してみましょう。

20代無職から正社員を目指せる?

20代無職の人も、正社員を目指すことが可能です。20代無職から正社員を目指せる理由として、「未経験者を積極的に採用する企業がある」「ポテンシャルを重視されやすい」が挙げられます。

若さが採用の決定打になる

日本では少子高齢化社会が進み、多くの企業で若手の人材不足が起きているのが現状です。人材確保のために未経験者を積極的に採用する企業があるので、20代無職であっても、事前に選考対策を行えば内定をもらえるチャンスがあります。

20代はポテンシャルを重視されやすい

20代の就職活動では、経験・スキルよりもポテンシャルを重視される傾向があります。特に20代前半から20代半ばの場合、「積極性があるか」「学ぶ意欲があるか」といったポテンシャル面に着目して採用活動が行われるでしょう。20代無職であっても、入社後に取り組みたいことや仕事への意欲を採用担当者にアピールできれば、内定をもらえる可能性があります

20歳で就職する3つのメリットとは?ニートや高卒者の就活ポイントも!」のコラムでは20代で就職を目指すメリットや就活のポイントを解説しているので、あわせてチェックしてみてください。

30代無職だと就職が一気に難しくなる

30代で無職の場合は、若い世代に比べると就職の難易度は高くなるでしょう。一般的に、企業は30代に対して即戦力やリーダー経験、マネジメントスキルを求めます。無職の場合は未経験としての入社になる可能性が高いため、年齢と社会経験が釣り合わないと判断されてしまうことも。
しかし、まったく採用されないわけではありません。「35歳以上のニートは就職できない?呼び方や定義をご紹介!」のコラムで述べているように、採用されやすい仕事を選ぶことで正社員就職の可能性は高まります。

働いた経験があれば可能性はある

30代無職でも、一度でも働いた経験があれば正社員として就職できる可能性が高まります。前述したように、30代の無職に対して働く意欲やコミュニケーション能力、社会人の基礎スキルを不安視する企業は多いです。しかし、就業経験があればこれらの不安は払拭できるでしょう。

無職の人が就職に向けてやるべきこと

無職からの就活では、自己分析や企業研究、面接対策を十分に行うことが大切です。やみくもに応募しても、採用される可能性は低いでしょう。まずは自分について分析し、大切にしている価値観や仕事感を明らかにすることからはじめます。

自己分析

自己分析は、自分の強みや弱み、価値観などを明らかにする作業です。自己分析を十分に行えば、説得力のある自己PRや志望動機を作成できます。また、自己分析では働くうえで大切にしたい条件が分かるので、仕事選びのミスマッチを防ぐこともできるでしょう。「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」のコラムでは自己分析の方法を解説しているので、ぜひ参考にしてください。
自己分析を行う際は、学生時代に頑張ったことやつらかったこと、うれしかったことを振り返り、印象に残っているエピソードを書き出しましょう。エピソードについて「なぜ頑張れたのか」「なぜうれしかったのか」「なぜチャレンジしようと思ったのか」「取り組みを通して何を得たか」と深掘りすると、自分の価値観や強み、モチベーションの源泉などが明らかになります。

企業研究

無職から正社員になれたとしても、「思っていたような会社ではなかった…」と、すぐに辞めてしまっては意味がありません。入社後のミスマッチを防ぐには、応募前の企業研究が重要です。
企業のWebサイトや新聞、就活サイトなどを活用し、事業内容や理念、業績、成長性、社風などをチェックしましょう。やり方については「企業研究ってどうやるの?基本的なやり方と目的を解説」のコラムが参考になります。企業研究は入社後のミスマッチを防ぐだけではなく、企業の求める人物像の把握や具体的な志望動機を作成する際にも役立つので、必ず行いましょう。

応募企業を絞り込む

自己分析と企業研究から自分に合った企業が見つかっても、応募条件に「経験者のみ」と記載があると応募できない可能性があります。無職からの就職なら、できれば「未経験歓迎」や「経験不問」の求人を選ぶのがおすすめ。「未経験でも就職できる仕事の特徴は?求人の見極め方やおすすめ業種を紹介」のコラムも併せてご確認ください。

書類・面接対策

応募書類は、応募者の印象を決める大切なもの。書類選考を通過しなければ面接に進めないため、「会いたい」と思わせる書類を作成しましょう。「書類選考とは?企業側の目的と優れた応募書類の書き方」のコラムでは、書類選考の目的や書類作成のコツについてまとめています。
また、自信を持って面接官の質問に答えられるよう、事前に面接練習をしましょう。志望動機や自己PR、自分の長所・短所といったよく聞かれる質問は、あらかじめ回答を考えておくのがポイントです。家族や友人に面接官役をお願いし、話し方や表情、回答内容についてアドバイスをもらいましょう。

30代の無職の方は手に職を付けることも検討しよう

手に職があれば、年齢関係なく採用に向けて有利なものとなります。30代で無職、かつ特筆するスキルもない場合は、企業は長期的な人材育成を考えて若い人間を採用するでしょう。しかし、手に職があればスキルがあると判断されるため採用となる可能性も高まります。

無職から就職を成功させやすい仕事

無職から就職を目指すなら、人手不足の業界や経験を問われない仕事を中心に応募するのがポイント。なかでも営業職や介護職、IT関連は採用されやすいといわれています。それぞれの仕事についてまとめました。

営業職

営業職の多くは学歴や経歴を必要としません。多くの企業に存在する仕事であること、未経験から挑戦できることから、無職か就職しやすい仕事といえるでしょう。
また、営業職は交渉力やスケジュール管理、相手の要望を汲み取る力など、仕事をするうえでの基本となる能力が身につくのもポイント。ひとくちに営業職といっても多種多様ですが、無職から挑戦するなら法人営業がおすすめです。詳しくは「営業職とは何をする仕事?業務の内容やメリット・デメリットを解説!」のコラムをご覧ください。

介護職

高齢化に伴って需要が高まっている介護職。専門職ではありますが就業にあたって資格や経験は必要ありません。未経験・無資格からスタートして、働きながら資格取得を目指せる仕事です。企業によっては資格取得のサポートを行っているところも。人手不足が課題の業界のため、年齢を問わずに人柄や仕事への取り組み方で採用されやすいでしょう。

IT関連

多くの企業や業界でIT化が進んでいる影響で、IT関連の仕事に就く人も足りていない状態です。SEやプログラマーは、IT関連の仕事のなかでも専門知識を身につけられるのでおすすめ。詳しくは「未経験からIT業界への転職は可能?おすすめの職種と成功のコツ」のコラムで解説しています。

無職の就活を成功させるポイント

無職の人が就活を成功させるポイントとして、「なるべく早く就活を始める」「就職エージェントを活用する」が挙げられます。

1日でも早く就活を始める

年齢が上がるにつれて、中途採用では経験や高度なスキルを求められるようになります。また、無職の期間が長ければ長いほど、「働く意欲が低いのでは」「就職してもすぐに辞めてしまうのでは」とネガティブな印象を抱かれる可能性があるでしょう。希望の会社に就職できるよう、20代のうちになるべく早く就活を始めるのが得策です。

支援機関を活用する

無職から就活を始めようとしても、どうやって応募先を探せばいいか分からない方も多いでしょう。また、自分なりに応募しているのになかなか結果につながらないと悩む方も。無職から正社員就職を叶えるには、就活に詳しい第三者に相談するのがおすすめです。

ハローワーク

仕事探しでイメージする方も多いハローワーク。国が設置する就職支援機関のため、安心して利用できるのがメリットです。はじめて利用する場合は利用者登録が必要ですが、登録すれば全国の求人を閲覧できるように。また、求人検索だけでなく就職相談やセミナーにも参加できるため、社会人としてのマナーや就活の基本に不安がある場合は参加してみましょう。利用方法に不安がある場合は、「ハローワークの利用方法とは?初めて使うときはどうすれば良い?」のコラムを参考にしてください。

就職エージェント

就職エージェントは、求職者に求人紹介や履歴書・職務経歴書のアドバイスなどを行う民間企業のサービスです。
ハローワークと提供するサービスは似ていますが、民間企業運営ならではの手厚いサポートや独自の求人が特徴。エージェントによって得意とする業界・利用対象者が異なるので、自分に合ったサービスを選びましょう。

無職からの就活なら、フリーターや既卒、第二新卒などを中心に就職支援を行うハタラクティブにご相談ください。当サービスは人柄を重視する未経験OKの求人を多数ご用意しているので、「働いた経験がないから不安…」という方も自分に合う企業を見つけられるでしょう。さらに、専任担当者が履歴書・職務経歴書の添削や応募する企業に合わせた模擬面接などを行うので、自信を持って選考に臨めます。
サービスはすべて無料のため、お気軽にご相談ください。

関連タグ