20代無職で正社員は目指せる?就活成功のポイントとは

20代無職で正社員は目指せる?就活成功のポイントとはの画像

【このページのまとめ】

  • ・20代で無職の原因は「行動する勇気がない」「向いている仕事がないと考えている」
  • ・20代で無職の人も正社員を目指せる
  • ・20代無職で就職を目指す際は自己分析や企業研究、面接対策を十分に行おう
  • ・20代であっても、無職から正社員を目指すなら早めに就活を始めよう

「20代無職から正社員になれる?」と疑問に思っている方もいるでしょう。20代無職であっても、選考対策を十分に行えば正社員を目指すことが可能です。
このコラムでは、20代無職が就活でやるべきことや就活成功のポイントなどを解説します。20代無職からの就職活動をスムーズに進められるよう、このコラムを読んで選考対策の心得を押さえましょう。

20代で無職になる原因

20代で無職になる原因には、「行動する勇気がない」「向いている仕事がないと考えている」があります

行動する勇気がない

「20代のうちに就職したい」「無職のままでは将来が不安」と思っていても、なかなか行動に移せない場合があります。なかなか行動をとれないのは、自分に自信がなかったり、「入社してもうまくいかないだろう」と思ったりしてしまうため。就職に対して否定的な感情を抱き、行動に踏み切れないことがあるようです。

向いている仕事がないと考えている

「自分に強みはない」「誇れるスキルがない」といった考えから、向いている仕事はないと思い、就職をためらう人もいます。適職が分からない場合、自分が楽しいと思うことや好きなことを書き出すのが一つの方法。仕事選びの際は、「得意であるか」だけではなく「やりがいを感じながら取り組めるか」も大切です。

無職期間が長いと転職では不利?何ヶ月までならOK?」のコラムでは無職からの就職成功のコツをご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

20代無職から正社員を目指せる?

20代無職の人も、正社員を目指すことが可能です。20代無職から正社員を目指せる理由として、「未経験者を積極的に採用する企業がある」「ポテンシャルを重視されやすい」が挙げられます。

未経験者を積極的に採用する企業がある

日本では少子高齢化社会が進み、多くの企業で若手の人材不足が起きているのが現状です。人材確保のために未経験者を積極的に採用する企業があるので、20代無職であっても、事前に選考対策を行えば内定をもらえるチャンスがあります。

20代はポテンシャルを重視されやすい

20代の就職活動では、経験・スキルよりもポテンシャルを重視される傾向があります。特に20代前半から20代半ばの場合、「積極性があるか」「学ぶ意欲があるか」といったポテンシャル面に着目して採用活動が行われるでしょう。20代無職であっても、入社後に取り組みたいことや仕事への意欲を採用担当者にアピールできれば、内定をもらえる可能性があります。

20歳で就職する3つのメリットとは?ニートや高卒者の就活ポイントも!」のコラムでは20代で就職を目指すメリットや就活のポイントを解説しているので、あわせてチェックしてみてください。

20代無職が就活でやるべきこと

20代無職の就活では、自己分析や企業研究、面接対策を十分に行うことが大切です

自己分析をする

自己分析は、自分の強みや弱み、価値観などを明らかにする作業です。自己分析を十分に行えば、説得力のある自己PRや志望動機を作成できます。また、自己分析では働くうえで大切にしたい条件が分かるので、仕事選びのミスマッチを防ぐこともできるでしょう。
自己分析を行う際は、学生時代に頑張ったことやつらかったこと、うれしかったことを振り返り、印象に残っているエピソードを書き出しましょう。エピソードについて「なぜ頑張れたのか」「なぜうれしかったのか」「なぜチャレンジしようと思ったのか」「取り組みを通して何を得たか」と深掘りすると、自分の価値観や強み、モチベーションの源泉などが明らかになります。

企業研究を入念に行う

20代無職から正社員になれたとしても、「思っていたような会社ではなかった…」と、すぐに辞めてしまっては意味がありません。入社後のミスマッチを防ぐには、応募前の企業研究が重要です。
企業のWebサイトや新聞、就活サイトなどを活用し、事業内容や理念、業績、成長性、社風などをチェックしましょう。企業研究は入社後のミスマッチを防ぐだけではなく、企業の求める人物像の把握や具体的な志望動機を作成する際にも役立ちます。

面接対策をする

自信を持って面接官の質問に答えられるよう、事前に面接練習をしましょう。志望動機や自己PR、自分の長所・短所といったよく聞かれる質問は、あらかじめ回答を考えておくのがポイントです。家族や友人に面接官役をお願いし、話し方や表情、回答内容についてアドバイスをもらいましょう。

自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」のコラムでは自己分析の方法を解説しているので、ぜひ参考にしてください。

20代無職の就活成功のポイント

20代無職の人が就活を成功させるポイントとして、「なるべく早く就活を始める」「就職エージェントを活用する」が挙げられます

20代でもなるべく早く就活を始める

年齢が上がるにつれて、中途採用では経験や高度なスキルを求められるようになります。また、無職の期間が長ければ長いほど、「働く意欲が低いのでは」「就職してもすぐに辞めてしまうのでは」とネガティブな印象を抱かれる可能性があるでしょう。希望の会社に就職できるよう、20代のうちになるべく早く就活を始めるのが得策です。

就職エージェントを活用する

就職エージェントは、求職者に求人紹介や履歴書・職務経歴書のアドバイスなどを行う民間企業のサービスです。
就活で実際に求人に応募してみると、書類選考に通らなかったり、なかなか面接を突破できなかったりして悩みが生じることもあるでしょう。また、多くの求人の中から自分に合う企業を見極めることは難しいもの。就職エージェントを利用すれば、適性や希望を踏まえた求人を紹介してもらえます。
初めての就職活動に不安があっても、就職エージェントのアドバイザーにアドバイスをもらいながら進められれば、途中であきらめることなく内定を目指せるでしょう。

20代無職で就活を始めようと考えている方は、ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、20代のフリーターや既卒、第二新卒などを中心に就職支援を行うエージェントです。ハタラクティブを利用して就職した3人に2人は、正社員未経験。当サービスは人柄を重視する未経験OKの求人を多数ご用意しているので、「働いた経験がないから不安…」という方も自分に合う企業を見つけられるでしょう。当サービスでは、履歴書・職務経歴書の添削や応募する企業に合わせた模擬面接などを行うので、自信を持って選考に臨めます。
サービスはすべて無料のため、お気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION