転職失敗で無職に!?予防法と対処法を理解しよう

転職失敗で無職に!?予防法と対処法を理解しようの画像

【このページのまとめ】

  • ・転職に失敗して無職にならないためには、在職中に内定を得ることが大切
  • ・自分の市場価値をわかっておらず、転職は簡単だと思っていると失敗しやすい
  • ・無職のままでいると貯金が減っていき、空白期間が生まれ転職活動でも不利になる
  • ・転職失敗で無職になっても、焦って望まない会社に就職することは避けよう
  • ・転職の失敗が不安なら、1人で悩まずプロを頼ろう

転職に失敗して無職になってしまうと、収入面を中心とした焦りが出てくるでしょう。成功している周囲と比較して落ち込んでしまったり、貯金がどんどん減っていったりといった不安や悩みもあるはず。このコラムでは、転職に失敗しないための方法や、無職になってしまったときの対処法について紹介しています。転職を成功させたい方は、ぜひ参考にご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

転職に失敗して無職にならないためには?

転職に失敗して無職にならないために、内定は在職中に獲得しましょう。退職後に仕事がないと生活の基盤となる収入がないため、次第に焦りが出てくるはずです。その焦りから自分が望まない企業に就職してしまい、ミスマッチから早期退職して再び無職になってしまう可能性があります。在職中に転職活動をすれば、ある程度余裕を持ちながら仕事を探せますし、少なくとも収入面の心配はないでしょう。自分が希望する仕事内容や条件の求人情報が見つかるまでは、現在の職場で働きながらじっくりと探すことも大切です。転職活動を失敗しないためのコツは「転職活動は計画的に!ニートにならないためのポイント」のコラムにも掲載されていますので、こちらもあわせてご覧ください。

転職に失敗して無職になりやすい人とは?

転職に失敗して無職になりやすい人は、自分の市場価値をわかっていなかったり、転職は簡単だと思い込んでいたりする傾向があります。ここでは、転職に失敗して無職になりやすい人の特徴について解説。失敗の原因を理解し対策することで、転職の成功率が上がるでしょう。

自分の市場価値をわかっていない

自分の市場価値を理解しないまま開始した転職活動は、失敗に終わることが多いです。自分の経歴や資格でどのような業界・職種を目指せるのかを把握してからでないと、転職を成功させるのは難しいでしょう。まずは自己分析と業界研究から行い、自身の長所や短所・希望する職種などを洗い出しながら、自分がどのような会社のニーズに応えられるのかを理解しましょう。

転職は簡単だと思い込んでいる

転職は簡単だと楽観視していたり、自分のキャリアだけに自信を持っていたりする人も、失敗しやすいタイプといえます。「自分は◯◯で働いていた経験があるし、どの企業に応募しても通用するはず」と考えているのであれば、それは間違いです。たとえ大手企業に勤めていたりプロジェクトのリーダーなどを任されていたキャリアがあっても、その経験を活かせる職場でなければ意味がありません。まずは転職は難しいものであると考えを改め、自分のキャリアを活かすことのできる企業を調べることから始めましょう。

転職失敗で無職になってしまったら?

ここでは、転職に失敗して無職にしまったときの対処法を紹介します。もし無職になってしまったら、しばらく生活できるだけの費用が必要です。転職を成功させるまでの間にお金を得る手段は以下の2つがあります。

失業手当を利用しながら転職活動を行う

無職になってしまったら、失業手当を利用しながら転職活動を行いましょう。退職日から遡って2年の間に雇用保険の被保険者期間が通算12カ月以上あれば、失業手当を受け取れます。前職を自己都合で退職していた場合、失業手当の受給には1週間の待期期間と3カ月の給付制限があるため、離職後は早めにハローワークで手続きを行いましょう。

アルバイトでも良いので当面の生活費を稼ぐ

しばらく暮らせるだけのお金が手元にない場合は、アルバイトなどで当面の生活費を稼ぎましょう。転職までの生活費を稼ぐ目的であれば、雇用形態は正社員にこだわる必要はありません。非正規雇用の方が正社員よりも採用基準が低いことがほとんどなので、すぐにでもお金を稼ぐ必要があればアルバイトの方が良い場合もあります。ただし、アルバイトとして働いている間も求人情報の収集は怠らず、転職活動は続けましょう。
なお、失業手当を受給するまでの間にアルバイトをした場合は、働いた旨を失業認定申告書に記載しハローワークに申告しなければなりません。アルバイトをしたことを申告しないまま失業手当を受け取ると不正受給となり、発覚後の支給は停止されたうえで金銭の返還が求められるので注意しましょう。失業手当の受給条件や給付までの流れについてさらに詳しく知りたい方は、「失業保険の受け取り方とは?給付の流れや申請方法を解説!」もあわせてご覧ください。

参照元
ハローワークインターネットサービス
雇用保険の具体的な手続き
不正受給の典型例

転職失敗で無職になったときの注意点

ここでは、転職に失敗してしまったときの注意点を解説します。無職になってしまったからといって慌てず、今できる行動を落ち着いてとりましょう。

焦っても自分が望まない企業や職種への転職は避ける

「どこでもいいから就職しないと」と考え、望まない企業や職種に転職してしまうのは避けましょう。転職は、自分の人生にとって大きな決断の一つです。企業のことをよく調べずに焦りや勢いのまま決めた仕事は大抵うまくいかず、転職に失敗したと思うことがほとんど。無職の状態から早く抜け出したいという気持ちはわかりますが、行き当たりばったりの転職はせず、多少の時間をかけても自分に合った仕事を見つけましょう。

成功している人と自分を比較しない

転職に失敗して無職のままでいる自分と、成功して充実した日々を送っている人たちを比較しないようにしましょう。道行くスーツのビジネスマンやカフェでパソコンを開きながら仕事をしている人を見ると、「自分はなんてだめな人間なんだ」と落ち込んでしまうこともあるかもしれません。しかし、自分が弱っているときに周囲を比較対象にしても気分が下がってしまうだけです。ほかの人がどのような状況かは気にせず、自分の転職活動だけに集中するよう心掛けてみてください。

転職に失敗して無職のままでいるリスク

転職に失敗して無職のままでいると、どのようなリスクがあるのでしょうか。「少しの間なら無職でいても大丈夫だろう」と思っているうちに、時間はあっという間に過ぎてしまいます。無職のままでいればいるほど、転職活動や金銭面におけるリスクは深刻なものになってしまうでしょう。

貯金が減っていく

無職であれば当然収入はゼロになり、生活をするために貯金が減っていきます。離職直後はまだ余裕があるかもしれませんが、無職の生活を続けるうちにどんどん焦りが出始め、転職活動にも影響が出てくるでしょう。収入がないという事実は、精神的な負担になります。転職活動だけに集中できない状況では、仕事探しもなかなかうまくいかないでしょう。

空白期間が生まれ転職活動で不利になる

無職の時期が長ければ履歴書に空白期間が生まれてしまい、転職活動で不利となってしまうでしょう。履歴書に空白期間が見受けられた場合、ほとんどの採用担当者は働いていなかった間何をしていたのか聞いてきます。資格の勉強をしていた、海外に留学していたなど理由がある場合は納得してもらえることがほとんどですが、何もしていなかった応募者に対しては「本当に働く気があるのか?」「問題がある人ではないか?」と誤解が生まれる可能性もあるでしょう。転職活動において空白期間を聞かれたときの答え方がわからない人は、「空白期間を面接で質問されたときの対策」のコラムも参考にしてみてください。

転職失敗で無職にならないためにもプロに頼ろう

転職を失敗しないためには、プロに頼るのがおすすめです。
転職先が決まらずに焦るのは、自分1人で転職活動を行っていることが原因の一つとして考えられます。特に退職してからの転職活動は、収入が途絶えているため焦りが募ってしまうでしょう。また、在職中は抱えている仕事との兼ね合いでなかなか時間が取れず、転職活動に時間が割けないことも。転職活動の悩みは、プロの転職エージェントに頼ることで解決できることがあります。「転職が失敗したらどうしよう」「無職のまま仕事が決まらない」などの悩みをお持ちの方は、ぜひ転職エージェントを利用してみましょう。

ハタラクティブでは、転職活動者をバックアップするためにさまざまなフォロー体制を敷いています。ほかの転職サイトにはない非公開求人を多数用意しており、転職活動にありがちな不安にも専任のアドバイザーがマンツーマンで親身に対応。また、履歴書や職務経歴書といった書類の添削、面接日の日程調整もサポートします。これらのサービスは、すべて無料です。転職活動を成功させるために、ぜひハタラクティブへご相談ください。

後藤祐介

監修者:後藤祐介

就活アドバイザー

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION