半年以上の無職期間、一体どう説明すればいい?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 半年以上の無職期間、一体どう説明すればいい?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・3ヶ月程度の無職期間が問題にされることは少ない

    ・半年以上のブランクには、面接官を納得させる理由が必要

    ・無職期間の取り組みや学んだことを前向きに説明しよう

    ・面接官が納得できる理由があれば、ブランクが不利になるとは限らない

退職後の転職活動には、仕事に縛られずに時間を自由に使えるというメリットがあります。ただしその一方で、転職に時間がかかるとブランクが長くなるというリスクが。

一般に長期のブランクにはマイナスイメージがあり、面接官は無職期間がのびた理由を知りたがります。

 

今回のコラムでは、面接でブランクについて聞かれた際の上手な回答方法を紹介!ブランクがあっても、面接官が納得できる理由が言えれば挽回は可能です。

◆無職期間は面接官にどう思われる?

退職後の無職期間が長いと、面接官に「何もしていなかったのではないか?」「働く意欲がなかったのではないか?」と思われる恐れがあります。

転職活動にかかる平均的な期間は約3ヶ月。そのため数ヶ月程度の無職期間は特別問題にされないようですが、半年以上のブランクがある人は注意が必要です。

数ヶ月程度であれば「時間がかかっても自分に合った企業に入社したかったから」と言えば納得してもらえるかもしれませんが、ブランクが半年、1年以上になると「転職活動をしていたから」という理由では不十分だと思われます。

 

次項からは無職期間が長い人に向けての対策をご説明しているので、面接での答え方がわからない人はぜひ参考にしてください。

◆面接ではどうすれば良い? 

無職期間が長くなると、大半の面接官はその理由を尋ねてきます。

その際、何もしていかなったと思われるような回答や、単に「転職活動がうまくいかなかった」と答えるのは避けましょう。前者は意欲がない人と捉えられる恐れがあり、後者は「どこからも内定をもらえない能力の低い人材」「無計画に転職活動をする要領の悪い人」という印象になりかねません。

 

無職期間の理由を聞かれたら、その間に取り組んでいた事柄について前向きに説明するのが正解です。
資格取得や語学留学、アルバイトや実現させたい夢があって努力していたなど、それぞれを通して何を学んだかを答えると良いでしょう。

「実際に何もしていなかった」という人は、今からでも希望する業界や職種に関連する資格を目指してみてはどうでしょうか。何かに努力していればブランクを説明しやすいですし、入社後に役立つ資格は転職を有利にしてくれます。

 

家庭の事情や病気療養でブランクがある人は、今現在は就業に問題ない点を説明します。

「月に1回通院が必要なんだけど…」といった方は、その旨を履歴書に記載するか面接で伝えておくと後々トラブルにならず安心です。

 

長期のブランクがあっても、面接官が納得できる理由を説明できれば採用の可能性は高まります。無職期間を振り返り、その間に自分が何に取り組みどういったことを学んだのかを整理しましょう。

 

 

◆ハタラクティブなら、ブランクのある人をしっかりサポート! 

「ブランクの間何もしていなくて答えられそうにない」

「1人での転職活動がうまくいっていない」

そんな方は、転職支援のハタラクティブを活用してみませんか?

当サービスでは経験豊富なアドバイザーが、無職期間が長く困っている方をサポートします。カウンセリングでは丁寧なヒアリングを行い、その後求職者のご希望にもとづいた求人を提案。実際に取材した企業の求人のみを扱っているので「ブラック企業があるのでは?」という心配はありません。

 

求人提案のほかには書類作成の指導や面接対策、応募先企業とのやり取り代行が主なサービスとなっています。チャットツーでの気軽なやり取りが可能で、悩みや不安があればすぐにアドバイザーに話を聞けます!

転職活動に息詰まった時は、ぜひハタラクティブにご登録ください。

 

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ