新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ポテンシャル採用でチャンスをつかむには?

ポテンシャル採用でチャンスをつかむには?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・中途採用にはキャリア採用とポテンシャル採用がある
    ・ポテンシャル採用では現在のスキルではなく、これから何ができそうかという潜在能力が重視されるので、未経験でも新しい業種にチャレンジすることができる
    ・ポテンシャル採用が適用されるのは主に20代で経験は問われないが、社会人としての最低のマナー、企業とのマッチング、意欲などチェックされる項目もあるので、エージェントを利用するなどして準備をしておきたい

中途採用というと、これまでは十分な経験を積み重ねてからするものでした。しかし、最近ではポテンシャル採用により、スキルに不安のある若者にも門戸を開いている企業が増えてきているようです。

団塊世代の退職、不況時に新卒採用を控えたことなどで、人手不足に悩む企業が増えているというのがその背景にあるということです。転職を考えている20代の若手にとっては、ポテンシャル採用によってチャンスが増えているといっても過言ではありません。いったい、ポテンシャル採用とはどのようなものなのか、具体的に解説しましょう。

◆ポテンシャル採用とは?

中途採用にはキャリア採用とポテンシャル採用があります。
キャリア採用ではこれまで積み重ねてきた経験や実績から、どれだけ即戦力になれるかという点が判断されることが特徴です。

一方のポテンシャル採用では、現在持っているスキルよりも、これから発揮できると見込める潜在的能力が重要視されます。
このような採用形態が盛んになったのは、不況が長引く中で新卒採用を控えていた企業が増え、若手人材が手薄になっているためです。

経験のある若手を欲しがっている企業は多いため、なかなか思うように人が集まりません。
こうしたことから、未経験の若手人材を採用後に育成しようという企業が増え、ポテンシャル採用が増えているのです。

ポテンシャル採用に応募できるのは20代の若手がメインになっています。いわゆる「第二新卒」と呼ばれる世代です。
景気回復、団塊世代の大量退職などに伴い、企業の採用意欲は大変高まっています。

求人全体に占める20代の募集案件は7割にも迫るという説もあるほどです。これらを見れば、20代のうちに転職する方たちにとっては大きなチャンスが巡っていることもわかるでしょう。
スキルがないからと不安に思う方も、ポテンシャル採用を検討してみると良いかもしれません。


◆ポテンシャル採用のメリット

ポテンシャル採用は企業側にも求職者側にもさまざまなメリットがあります。どのようなものがあるのか見てみましょう。

【企業側のメリット】

キャリア採用ではある程度スキルのある人材を確保することがきるので育成コストを削減できるように思われがちですが、必ずしもそうとは言えません。
特定の企業の色に染まっている人材を染め直すにはそれなりに教育の機会も必要です。
まっさらな人材を採用できるポテンシャル採用ならば、そのような手間もかからないというのは大きなメリットと言えるでしょう。

また、景気停滞気に新卒採用に消極的だった企業で、深刻な若手不足に悩んでいるところも少なくありません。
加えて少子化の進む中、新卒採用だけでは優秀な若手人材を確保することが難しくなっています。
しかし、ポテンシャル採用を利用すれば十分な若手人材を確保することも期待できるというわけです。

【求職者側のメリット】

求職者側も、ポテンシャル採用を利用すれば未経験の業種に挑戦できるという大きなメリットがあります。

たとえば、新卒で働き始めて「この業種には向いていない」「別の業種に本当にやりたいことがあった」ということに気がついても、これまではそのまま企業にとどまるか、転職するにしても同じ業種の中から選択せざるを得ないような状況でした。
しかし、ポテンシャル採用ならばどんどん新しい業種に飛び込んでいくことができるでしょう。

また、ポテンシャル採用ならば1から教育してもらえるというのも大きなメリットです。転職する前にまずは専門学校などに通ってスキルを身に着けようと考える人も多いかもしれません。
しかし、ポテンシャル採用を利用すればうまくいけば、コストをかけることなく、逆にお給料を貰いながら新しいスキルを身につけることができるのです。


◆ポテンシャル採用で見られているポイントは?

ポテンシャル採用はスキルのない人材でもチャンスがある一方、「これだけは満たしておいて欲しい」という最低ラインはあります。
もし、ポテンシャル採用に応募するならば、社会人としての基本マナー、応募企業とのマッチング、人柄、熱意、コミュニケーションスキルなどは重要視されるという点に注意してください。

もしポテンシャル採用の求人をお探しなら、ハタラクティブに相談をしてみることをおすすめします。
ハタラクティブは、若年層を主な対象とし、就職や転職の支援をしているサービスです。確かな実績を積んだ専属のスタッフより、マンツーマンでアドバイスを受けられます。

「異業種に転職をしたい」「まだアピールできるほどの経験もスキルもない」というような不安を抱えている20代は、ぜひポテンシャル採用について相談してみてはいかがでしょうか。

20代といえば人生まだまだやり直しができるチャンスでもあります。自分をリセットする機会としてポテンシャル採用を利用してみるのがおすすめです。

初めての転職といった方も、実績豊富なハタラクティブならばさまざまな悩みを相談できるので安心でしょう。無料での相談も受け付けていますので、まずは気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ