新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. ニートからの就職
  4. >
  5. 30代ニートの現実
  6. >
  7. 30代のニートでも就職は可能!正社員になるポイントを解説

30代のニートでも就職は可能!正社員になるポイントを解説

【このページのまとめ】

  • ・30代でニートの方でも、正社員として就職することは不可能ではない
  • ・ニート期間が長い30代の方は、就職するために生活リズムを整えることから始める
  • ・30代ニートの方が効率的に就職するためには、まずはアルバイトをしてみる
  • ・30代でニートの方が正社員就職を目指すなら、人材不足の業界がおすすめ
  • ・就職するためには、ハローワークやエージェントの就職支援を受けてみる

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

30代ニートの方で就職したいと考えている方は多いのではないでしょうか。ニート生活が長くなると、就職できるのかという不安が募っていきます。しかし、就職活動のやり方次第では、30代ニートの方でも、正社員として就職することが可能です。このコラムでは、30代ニートの方が就職するポイントを解説しています。ほかにも、効率的に就職する方法や就職支援サービスの内容を紹介していますので、参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

30代のニートは就職できる?

職歴がない30代ニートの方が、正社員として採用されるのは厳しいようです。厳しいというだけで不可能ではなく、就職活動のやり方次第で就職はできます。未経験で職歴なしの30代となると、しっかりとした対策をして就職活動を始めなければなりません。就職活動を始めようと考えたら、30代未経験でも応募ができる求人を探し、就職支援などを受けることがおすすめです。職歴がない30代ニートの方でも、仕事に対する意欲があるのなら、採用したいという企業は存在します。人材不足や30代という年齢層が少ないなどの理由から、年齢経験問わずに募集している場合もあるのです。

一人では就職活動をするのが不安でも、就職支援を利用すると相談できる相手がいるので、前向きに仕事探しができるでしょう。「働いてみようかな」と考えているのであれば、少しでも若いほうが就職に有利になります。まずは、自分の現状をきちんと見つめ直すことから始めてみましょう。次項では30代のニートになる人の特徴について解説しています。

30代のニートになる人の6つの特徴

30代で就職した経験がなくニートや引きこもりになっている方には、人それぞれの理由があります。周りの人から見たら些細なことでも、本人にとっては大きなきっかけになることも。ここでは、30代ニートになる人の特徴を6つ挙げています。

1.人とコミュニケーションをとるのが苦手

人間関係が原因でニートとなる人は多くいます。社会では生きていくには、自分以外の人とも関わりを持たなければなりません。コミュニケーションを取るのが苦手な方は、他人と関わることを苦痛に感じます。人間関係がこじれてしまった経験がトラウマになり、周りと関りを持つことをやめて引きこもってしまう方も。30代になっても友達や相談相手がいないまま、誰にも打ち明けられずにいる方も少なくありません。

2.ネガティブ思考が強い

ニートになる人の特徴として、ネガティブ思考の強い方が多いことが挙げられます。物事をマイナスに捉えてしまうのです。ネガティブ思考の強い方が何かに失敗してしまったら、「自分はダメなやつなんだ」という考え方をしてしまいます。自己否定してしまい、また失敗するのではと不安になって、何もできなくなってしまうという方が多いようです。

3.他力本願

自分で決めて行動できない受け身な方も、ニートになる人の特徴として挙げられます。誰かに決めてもらったら動くという他力本願な思考の方は、自ら行動できません。誰かがやってくれるという気持ちがあり、自分から行動できないためニートのままという方も多くいるようです。周りや環境が原因と考えていることも多く、一向に改善されないまま30代になってしまう方もいます。

4.プライドが高く、怒られることに慣れていない

これまで成功体験ばかりでプライドが高く、人から叱られ慣れていない人がニートになってしまうこともあります。高学歴ニートと呼ばれている方々も、プライドが高いことが原因で就職ができないという人もいるようです。ミスした際には自分が悪いと認めて謝れないと、人間関係が円滑に進みません。周りから意見されることや目上の人から怒られることに慣れていないため、自らが体験すると大きな衝撃を受けてしまい、反射的に言い返してしまうことも。人とコミュニケーションを取るのが苦手という特徴があります。

5.働かなくても生活できる

30代でニートになっている方の中には、経済的に余裕があり就職しなくても生活できる人もいます。ですが、生活できているのは親がお金を出してくれているからであり、両親が亡くなった後も同じように生活できる保障はありません。ニートになる原因の中には、家族がニートで良いと認めていることや全く関心がないというケースがあります。30代になっても親から働かなくて良いと言われている場合は、自分ではなく家庭環境の問題である可能性が高いでしょう。

6.いじめられていた経験がある

学生時代にいじめられていた経験があり、不登校から学校へ行かなくなって、30代まで引きこもり生活をしているニートの方も少なくありません。いじめられた経験から人間不信になり、仕事をしてもまたいじめられるかもしれないと、不安になって行動を起こせない方も多いのです。自ら行動を起こせない場合は、カウンセリングや病院の先生の力を借りるという方法もあります。まずは、抱えている不安や過去の傷を癒やして、少しずつ前向きな気持ちを取り戻しましょう。何から始めたら良いか分からない場合は、ニートやひきこもりからの脱出方法が記載されている記事「ニートやひきこもりのままだとどうなってしまう?末路や脱出方法をご紹介」をチェックしてみてください。

30代のニートが就職するためにやるべきこと

30代ニートの方が就職する前に社会復帰するため、生活習慣の見直しから始めてみましょう。毎日決まった予定がないと、昼夜逆転した生活になりがちです。いきなり就職活動を始めるのではなく、生活リズムを整えたり人と話す機会を増やしたりすることからやってみましょう。

生活リズムを整える

生活リズムを整えるために、朝起きて夜に寝ることを心がけます。生活リズムが崩れると体調不良になりやすく疲れも取れにくいのです。規則正しい生活を送り、しっかり食事もとります。生活リズムが整ってきたら就職した後のことを考えて、働いている人が起きる時間と寝る時間を想定して、睡眠の時間帯を決めましょう。

運動をする

30代ニートの方で体力がなくなっている場合は、軽い運動習慣をつけましょう。まずは、散歩やストレッチから始めるのがおすすめです。朝に散歩すると体内時計が整って、夜には良質な睡眠が取れるメリットもあります。午前中に軽い運動をすると決めると、朝に起きる意味ができて生活リズムも整いやすくなるでしょう。

外出の機会を増やす

1日を家の中でずっと過ごしている、外に出ることが面倒になり抵抗感が増す可能性があります。家の近所や苦手意識のない場所を目的地にして、外出する機会を増やしてみましょう。最初は、コンビニや公園、図書館などの身近な場所がおすすめです。外出に抵抗がなくなったらアルバイトを始めてみるのも良いでしょう。求人の探し方が分からない方は、アルバイトを探すコツが記載されている記事「ニートを脱出するには、30代が最後のチャンス!」をチェックしてみてください。

友達と会ってみる

ニート生活でひきこもりがちだと、自分だけの世界になってしまい視野が狭くなります。家族以外の人と会って話すことは、刺激にもなり楽しいという気持ちになる可能性も。10代から30代まで長い期間ひきこもり生活をしているという方は、インターネットやSNSを通じて友達を作ることがおすすめです。新しくできた友達から、就職に関する情報を得られることもありますし、仕事を始めた後の人間関係を構築する練習にもなります。

30代ニートが効率的に就職する方法

30代ニートの方でいきなり正社員として就職するのは不安という方は、資格取得を目指すことや派遣社員から正社員になる方法がおすすめです。ここでは、効率的に就職する方法を記載していますので、見ていきましょう。

専門的なスキルや知識をつける

職歴がない30代ニートの方は、資格を取ると就職に役立つ可能性があります。将来やりたい職種が決まっていない場合は、方向性を決めてから資格取得を目指しましょう。必要な資格が分からない場合は、求人情報に記載されている資格の項目を参考にしてみてください。資格を持っていても、実務経験がないと採用されない企業もあるので、注意が必要です。就職できそうな会社があるのなら、資格を取ることより、働くという選択をした方が良い場合もあります。

派遣会社に登録する

職歴がない30代ニートの方でも、登録できる派遣会社はあります。派遣会社の求人は、1日だけの単発から正社員のような業務内容の仕事まで、幅広いのが特徴です。職歴なしの未経験者は仕事が限られますが、紹介予定派遣の求人が紹介される可能性もあります。人柄を重視して採用する企業も存在するため、派遣会社に登録してみるのもおすすめです。

アルバイトから始めてみる

働くことに不安や心配があるのなら、短期のバイトから始めてみるのがおすすめです。アルバイトの中には、1日のうちに3時間だけ働いたら勤務終了という、超短期バイトもあります。働いた経験がない方は、まずは仕事に慣れるのが良いでしょう。アルバイトをしてみると、仕事の向き不向きが分かることもあります。アルバイトの経験がその後の就職活動にも活かせるようになるのです。

30代ニートが正社員就職を目指す際のポイント

30代ニートの方が正社員として就職するために、どのようなことを意識したら良いかポイントを具体的にまとめました。以下の4つのポイントをぜひ参考にしてみてください。

現実と向き合って将来を考える

30代で職歴なしのニートという現実に危機感を持ちましょう。今は親と暮らしていてなんとかなっていても、40代や50代になった時に働かないままで暮らしていけるのか、考えてみてください。将来についての具体策が思い浮かばなかった方は、ずっと今のままではいられないことを認識できるはずです。現実と向き合い今の自分に何ができるのか、改めて考えてみましょう。

就職までのスケジュールを立てる

まずは、いつまでに就職したいのかを考えてみます。3カ月後には正社員として就職したいと設定するのであれば、逆算しながらスケジュールを立てていくのがおすすめです。下記に逆算スケジュールの例を挙げましたので、参考にしみてください。

3カ月後 →正社員として就職する
1カ月半後→求人に応募を始める
1か月後 →転職サービスなどに登録する
現在  →生活習慣の改善を始める

スケジュールを立てることでやるべきことが明確になり、目標のために必要な行動が取れるようになります。また、「〇歳までに結婚したい」などの私生活の目標を立てることで、仕事へのモチベーションにも繋がるでしょう。

自己分析で理解を深める

自己分析して自己理解を深めると、やりたい仕事とやりたくない仕事を見極められるようになります。仕事を選び過ぎるのはよくありませんが、自分がどんな仕事に興味があるのかを知れると、就職活動がスムーズに行えるでしょう。また、自分の強みを理解すると、面接や応募書類を作成時に役立ちます。やり方が分からない場合は、自己分析の方法が記載されている記事「効果的な自己分析のやり方とは?」をチェックしてみてください。

人材不足の業界を狙う

働く職種にこだわりがないニートの方は、人材不足の業界を選ぶのがおすすめです。人気が高く応募者の多い業界より、就職できる可能性が高くなります。年齢経験問わずに募集していることもあり、研修や教育制度が充実している企業が多いことが特徴です。どのような仕事がしたいか決めきれない方は、30代の就職未経験者におすすめの職種が記載されている記事「30代で未経験でも就職できる?おすすめの仕事や就活のコツを解説!」をチェックしてみてください。

30代ニートから正社員になるために就職支援を受けよう

30代ニートの方が正社員として就職を目指すなら、就職支援を受けることもおすすめです。一人で就職活動すると、情報収集にとても時間がかかります。就職支援を受けると相談員やアドバイザーが、自分に合った求人情報を教えてくれるのです。ここでは、国が運営しているハローワークと民間の転職エージェントについて紹介します。2つの就職支援を並行して受けてみるのも良いでしょう。

ハローワーク

ハローワークは求人検索や職業相談ができる国の行政機関です。全国に500箇所以上あり、年齢や経験を問わず誰でも無料で利用できます。ハローワークの主なサービス内容は、職業紹介と職業訓練の案内です。職業紹介では相談員に求人情報を聞けて、自分に合う仕事を一緒に探してくれます。応募書類の添削や面接のアドバイスもしてくれるようです。ハロワークの利用方法が分からない方は、求職申し込みの手順が記載されている記事「ハローワークはニートも使える?初めてでも分かる利用方法と支援内容」をチェックしてみてください。

職業訓練

ハローワークの「求職者支援訓練」は職歴のない30代ニートの方でも受講できます。年齢制限もないため誰でも受けられますが、選択するコースによっては合格倍率が高いようです。訓練期間はコースによって変わります。求職者支援訓練は条件を満たしている場合のみ、職業訓練受講給付金を受けることが可能です。しかし、職業訓練を受けたからといって必ず就職ができるわけではありません。訓練を受けたいと考えたら、まずはハローワークの職員に相談してみましょう。

35歳未満ならわかものハローワーク

わかものハローワークは若年層に特化したハローワークです。全国に28箇所あり、地域によって一部サービス内容が異なります。共通しているサービス内容は、個別支援や職業紹介、就職後の定着フォローなどです。適職診断を実施している所もあるので、向いている職種が知りたい方は利用してみるのも良いでしょう。わかものハローワークのサービス内容をより詳しく知りたい方は、わかものハローワークでできることが記載されている記事「わかものハローワークはニートの方の強い味方となる?」をチェックしてみてください。

参照元
厚生労働省
わかものハローワーク
わかものハローワークの所在地

転職エージェント

転職・就職エージェントは民間企業が行っている、就職支援サービスです。就職活動は何から始めたら良いのか分からないという方でも、エージェントに登録すると担当のアドバイザーがサポートしてくれます。応募書類の書き方や面接での受け答え、就職後のフォローなど充実した支援を受けられるのが特徴です。エージェントにもさまざまな種類があり、30代ニートの方に特化した就職エージェントを選択し登録すると良いでしょう。次項では、転職・就職エージェントで受けられる主な支援内容について解説していきます。

転職エージェントで受けられるサービス

民間企業の転職エージェントで受けられるサービスは、ハローワークの支援内容とあまり変わりません。しかし、民間エージェントの求人情報は、ある特定の業界に特化している場合もあります。たとえば、IT業界の求人を主に扱っているところや事務職の仕事が中心のエージェントなどさまざまです。ほかにも、年代や状況に特化しているエージェントもあります。若年層のニートの方や働くママに特化しているサービスなどです。多種多様なエージェントがありますが、ほとんどが無料で利用できます。主に受けられるサービスをまとめましたので、見ていきましょう。

就職に関する相談

エージェントに登録すると、一人ひとりに担当のアドバイザーがつきます。個別にカウンセリングを行い、就職に関する相談やアドバイスを受けることが可能です。「就職活動を何から始めたら良いの?」「30代ニートでも就職できるの?」などの相談にも乗ってくれるので、不安な気持ちから解放され、前向きな気持ちで就職活動ができるでしょう。

応募書類の添削や面接対策

求人に応募する際に必要な応募書類や面接についてもサポートしてくれます。応募書類の書き方が分からなくても大丈夫です。作成方法からアドバイスしてくれて、ほとんどのエージェントが添削までしてくれます。面接対策では利用者の強みを引き出せるように、客観的な意見を伝えてくれるようです。

企業とのやり取りや日程調整

選考に関する企業とのやり取りは、アドバイザーが代行してくれます。長いニート生活でメールの返信や電話するのが慣れていない方でも、自分でやり取りする必要がないため、安心して求人に応募できるでしょう。何件か求人に応募していても、面接のスケジュール管理もアドバイザーが行ってくれるので、就職活動に専念できます。

非公開求人の紹介

エージェントでは、だれでも利用できる求人サイトには載っていない、非公開求人を紹介してもらえることもあります。エージェントが企業とやり取りをして、求人を手に入れているため非公開となっているのです。採用側企業に取材して内部情報を入手しているため、利用者に本当に合った求人を紹介できる、という特徴があります。

入社後のフォロー

エージェントは就職が決まった後までサポートしてくれます。入社後は企業に定着できるように、悩みや不安をアドバイザーに相談できるのです。仕事内容や職場の人間関係など、気になることがあったら些細なことでも相談してみると良いでしょう。定期的に連絡が取れるようになっていますが、アフターフォローの期間はエージェントによって異なります。

民間企業のエージェントに登録しようか悩んでいる方は、ハタラクティブを利用してみませんか。
ハタラクティブは若年層に特化した就職支援サービスです。もちろん30代のニートの方もご利用いただけます。未経験歓迎の求人を多く取り扱っており、就職の経験がなくても安心です。30代でニート生活から脱出したいと考えている方は、お気軽にお問い合わせください。

こんなときどうする?30代ニートの方のお悩みQ&A

ここでは、30代ニートの方を対象にしたお悩みにQ&A方式でお答えします。現状に不安を抱える方は、ぜひご参考にしてください。

30代ニートでも就職することができますか?

30歳を過ぎて「職歴がない」「経験が浅い」という場合、就職が難しい場合もあります。ただし、就職活動のためのポイントを押さえて行動すれば、正社員になることも不可能ではないでしょう。
就活をする際は、「仕事の条件を絞りすぎない」「人手不足の業界を狙う」「派遣やアルバイトからの正社員登用を目指す」といったポイントに気をつけましょう。
仕事を探す際は、ハローワークや求人サイト、就職支援サービスなどの活用をおすすめします。詳しくは、「30代ニートでも就職できる?正社員になるためのコツ」をご参考ください。

30代でニートの場合、まずは派遣会社やパートの求人から探したほうが良いのでしょうか?

まず、派遣会社は専門スキルや実務経験を要する場合が多く、全くの未経験から働くことは難しいと考えられます。そのため、正社員として働くことに自信が持てない方は、バイトやパートで仕事に慣れてから正社員の道を目指すのも1つの手でしょう。
ただし、年齢が上がれば上がるほど就職は難しくなっていくのが現状です。そのため、30代であれば、なるべく早い段階から正社員を目指すことをおすすめします。
30代でもニートから脱出して正社員を目指せる?」で、30代のニートの方がニート生活を脱出する方法を詳しくご紹介しています。

ハローワークの利用方法を教えてください。

ハローワークで求人紹介をしてもらうためには、「求人申込書」を提出する必要があります。履歴書と筆記用具を持参し、求人申込書を記載して窓口に提出しましょう。求職者情報の登録が完了したら、ハローワークカードを受け取ります。それを持って、端末にて求人を検索しましょう。気になる求人を見つけたら、ハローワークの相談員に声をかけ、求人を紹介してもらうことができます。
そのほか、詳しいハローワークの利用方法は、「ハローワークが初めてのニートの方へ利用の流れや有効な使い方を紹介」に記載しておりますので、併せてご参考ください。

30代のニートで未経験者に求人を紹介してくれるサービスはありますか?

その場合、就職相談所を利用してみてはいかがでしょう。就職相談所では、ニートの方に対応したサポートを実施しており、的確なアドバイスを受けながら効率的な就活ができます。詳しくは「ニートは就職相談所を活用しよう!具体的なサービス内容も解説」をご覧ください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    みんなの就職エピソード

    体験談 一覧

    関連記事

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    • arrow
    • youtubeIcon

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ

    特集

    COLLECTION