30代ニートでも諦めなくてOK!正社員就職への近道とは?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. ニートからの就職
  4. >
  5. 30代ニートの現実
  6. >
  7. 30代ニートでも諦めなくてOK!正社員就職への近道とは?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・30代ニートで就職したいなら少しでも早めに行動すること

    ・30代でニートをしている人によくある特徴は「人間関係が苦手」「趣味や夢を追求している」「就活をしたが不採用」の3つ

    ・30代のニートの正社員就職の就活ポイントは(1)危機感を持つ(2)短期的な目標を立てる(3)人材不足の業界を狙う

    ・30代のニートが就職活動をする前にやる準備は(1)生活リズムを整える(2)人と会って話す(3)職業訓練の利用や資格の勉強

    ・公的機関や民間などの就職支援が充実しているので、上手く活用するのも方法の1つ

30代ニートの就職が20代に比べると厳しいことは事実。ですが、まだまだ正社員を諦めるには早いです。このコラムでは就活のコツや進めておきたい準備のポイントなどを紹介しています。諦めずにニート脱却を目指してみませんか?

◆30代のニートはどうすれば就職できる?

気がついたらニートのまま30代になっていた…という人の中には、学校を卒業してから一度も社会人経験がない人もいるでしょう。「アルバイトはしていたから、履歴書に職歴を書ける」と考えているなら要注意。職歴とは基本的に社員(正社員・契約社員・派遣社員)としての経験を指すため、アルバイトの経験は含まれません。「職歴なし未経験の30代ニート」となった場合、正社員採用されるのは厳しいのが現実です。

「働いてみようかな」と考えているのであれば、少しでも若いほうが就職に有利になります。まずは、自分の現状をきちんと見つめ直すことから始めてみましょう。次項では30代でニートをしている人の特徴について解説しています。

◆30代でニートをしている人の特徴とは?

30代でニートをしている人の特徴として、以下の3つが挙げられます。自分がどれに当てはまっているのか、チェックしてみてください。

 

【(1)人間関係が不得意】

人間関係での失敗をきっかけに、ニートとなる人は多いです。一度人間関係がこじれてしまうと、その失敗を引きずり、不安や悩みを抱えてしまいがち。「もう誰とも関わりたくない」と気に病んで、引きこもってしまうようです。もともとコミュニケーションが苦手な場合、その傾向がより強く見られます。こういったタイプの人には、軽作業や工場勤務など、あまりコミュニケーションが発生しない仕事がおすすめです。

 

【(2)趣味や夢を追求している】

趣味や夢に没頭するあまり、ニートを続けてしまう人も少なくありません。趣味が充実することや夢を追うことは悪いことではありませんが、その根本に「働きたくない」といった気持ちがある場合は要注意。夢や趣味を建前に、就職から目を背けているだけになってしまいます。まずは「働く」という意志をしっかり持つことが大切です。

 

【(3)就活をしたけれど不採用だった】

就活に取り組んだことはあるが、採用をもらえなかったため、ニートになってしまうケースも良く見られます。一度挫折していることから不安が勝ってしまい、次の一歩を踏み出せない人が多いです。ただ、このタイプの人は就職の意志自体は持っているので、きちんと自己分析や企業研究を進めれば、自分とマッチングした仕事が見つかるでしょう。

 

そのほか、怪我や病気、家庭の事情などから就職できない場合もあります。こういったケースでは、まず原因を解決することが最優先。就活を始めるタイミングは、状況が落ち着いてからがベストです。

◆30代のニートが正社員就職を目指すときのポイント

では、30代のニートが正社員での就職を目指すときに、具体的にどんなことを意識したら良いのでしょうか。以下にまとめた3つのポイントをチェックしていきましょう。

 

【(1)ニートの将来に危機感を持つ】

まず、「30代ニート」という現状に将来的な危機感を持ちましょう。収入がないまま、40代、50代をどうやって過ごしていくのか。

 

具体的な対策が思いつかないのであれば、「このままではまずい」ことを認識できるはずです。改めて自分と向き合い、「今の自分にできることは何か」を考えてみてください。

 

【(2)短期的な目標を立てる】

次に、1ヶ月先、3ヶ月先、半年先ににどんな状態になっていたいかを想像してみましょう。以下に例を挙げましたので、参考にしてみてください。

 

・1ヶ月後→正社員として就職する

・3ヶ月後→一人暮しを始める

・半年後→◯◯の資格を取る

 

上記のように短期的な目標を立てることで、やるべきことが明確になり、具体的にどんな行動を取れば良いのかが分かります。

 

また、「◯歳までに◯◯の仕事がしたい」「◯年後までに結婚したい」などのように、少し先の将来を想像することもおすすめ。目指している将来を実現できるかどうかという点で、就職先を探す際の判断基準にできます。

 

【(3)人材不足の業界を狙う】

「どうしても◯◯の仕事がしたい!」など、強い意思がないのであれば人手不足の業界を選ぶのがおすすめです。人材豊富な業界に比べ、未経験でも就職できる可能性が高くなります。また、こういった業界では未経験者に向けて教育制度や研修制度が充実していることも特徴です。即戦力としての期待もないので、ニート生活が長く自信がない方も安心して入職できるでしょう。

◆30代のニートが就職活動をする前にやっておくべき準備

実際に就職活動を始める前に、準備として以下を行っておくと、就活がスムーズに進むでしょう。

 

【(1)一般的な社会人の生活リズムに合わせる】

正社員として働き始めると、企業の就業時間に合わせて生活を送ることになります。企業の就業時間は、9時~10時の間に出社し、18時~19時に退社するのが一般的。

 

一方、ニートの暮らしは規則に縛られることなく、好きな時間に起きて寝て遊んで…と自由です。ニート期間長ければ長いほど、突然に社会人の生活リズムを求められると、馴染むまでに苦労するでしょう。

 

そういった自体を避けるためにも、就職活動前から一般的な朝型の生活リズムを送っておくことをおすすめします。夜勤を中心とした仕事を探す場合も同じです。活動時間と就寝時間をしっかりと分け、規則正しくリズムをつけておきましょう。

 

また、正社員として働く上で体力、体調、疲労を自分で管理していく必要があります。生活リズムを整えることと並行して、外出したり運動したり、積極的に身体を動かしておくのもおすすめです。

 

【(2)なるべく人と会って話す】

就活では就職相談や選考の面接など、人と話すシーンが増えます。ニート時代、インターネットを通じた相手としかコミュニケーションを取っていない人は、まず「人と話す」ことに慣れておくことが大切。家族、友人など、周囲の人と積極的に話をしましょう。

 

身近な人とのコミュニケーションに気後れしてしまうのであれば、外出先の店員と話す程度でもかまいません。誰かと会話をして、表情を動かしたり、意思を伝えたりするだけでも、家に引きこもっているより効果はあるはずです。

 

【(3)職業訓練の利用や資格取得に向けた勉強をする】

ハローワークで開催されている職業訓練を利用したり、希望職種に必要な資格の取得に向けて勉強を始めましょう。30代までニートを続けていると、企業から「働く意欲がないのでは?」と危惧されてしまいます。また、求職者自身、能力や知識に自信が持てず、就活が滞ってしまうケースも多いです。

 

スキルが身につけば自信に繋がりますし、「働く意欲がある」というアピール効果にもなります。ただし、中には一年以上かかる訓練や講座もあるので、受講を決める際には注意しましょう。

 

◆ハローワークや転職エージェントでできること

就職支援を行っている機関としてハローワークや民間の転職エージェントが挙がりますが、具体的にはどのような支援を行っているのでしょうか。

 

【ハローワークでできること】

・職業相談

・求人検索、求人紹介

・各種就職セミナーに参加

・雇用保険の手続き(失業手当の申請など)

・職業訓練の受講 など

 

公的機関なので全て無料で利用することができるのが特徴。自己分析や仕事探しを職員がサポートしてくれます。

若年層に特化した「わかものハローワーク」もあるので、通常のハローワークに行きづらい場合は活用してみるのも良いでしょう。

 

【民間エージェントでできること】

・仕事に関する相談(職業相談)

・求人紹介

・開催セミナーへの参加

・面接対策の指導

・企業との条件交渉

・就職後のサポート など

 

民間の場合はエージェントによって「得意な分野/業界」が違うケースも。多くのエージェントは無料で利用できますが、なかには有料のものもあるようです。仕事に関する相談ができる、求人を探せる、セミナーに参加できるなど、ハローワークと民間エージェントでできることは似ています。

 

しかし、ハローワークは企業が求人を掲載するのも無料なのに対して、民間エージェントに求人を掲載するのは有料(多くの場合は採用が決まると企業がエージェントに手数料を支払う)のため、掲載されている求人の質に違いが出ることも。ハローワークには、採用意欲が低いのに求人を出す企業が少なからず存在します。

さらに、民間のほうが職員の質が高い、求職者1人に対して時間をかけてくれるなどの意見もあるようなので、それぞれのメリットとデメリット、自分との相性などを総合的に判断して活用してみましょう。

 

若年層に特化した民間就職エージェントをお探しなら、ハタラクティブまでご相談ください!

ハタラクティブは駅から徒歩5分程度の明るくてきれいなオフィスが特徴です。就職に対する不安や心配など、悩みを相談しやすいアドバイザーがあなたの専任。履歴書の書き方から面接対策まで、的確なアドバイスで不安を解消しながら就活を進めることができます。

企業側に事前にあなたをアピールするので成功率も格段にアップ!多くのニートやフリーターを支援してきた実績があります。お気軽にお問い合わせ下さい。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

関連する記事

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ