30代ニートが就職する8つの方法と支援サービスのメリットをご紹介!

30代ニートが就職する8つの方法と支援サービスのメリットをご紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 30代のニートからの就職は、厳しいこともあるもののきちんと対策をすれば可能
  • 30代ニートから就職するには、生活リズムを改善したり前向きに考えたりしてみよう
  • 30代ニートから就職するには、空白期間を前向きに伝えることが大切
  • 30代ニートからの就職は、支援サービスで特性に合った求人を紹介してもらおう

30代ニートから就職を検討している方のなかには、ニート生活が長く、社会に出ることに不安を感じる方もいるようです。しかし、就職活動のやり方を工夫すれば、30代ニートから正社員として就職できます。
このコラムでは、30代ニートが就職する方法や支援サービスを利用するメリットについて解説。就職に関するお悩みを抱えている30代ニートの方は、ぜひ参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

30代のニートは就職できる?

30代のニートは就職できる?の画像

職歴なしの30代ニートから就職することは可能です。ただし、30代職歴なしからはじめて就職活動に挑戦する場合は、しっかりと対策をしなければなりません。具体的には、30代未経験から応募できる求人を探すのがおすすめです。企業によっては、「人材不足」「30代という年齢層が少ない」といった理由から、年齢経験問わず募集している場合もあります。

30代から就職できる可能性はどのくらい?

厚生労働省の「令和3年雇用動向調査結果の概要 3 性、年齢階級別の入職と離職(1)性、年齢階級別の入職と離職」によると、30代の入職率は20%を下回っていることが分ります。

男性の年齢階級別の入職率、離職率のグラフの画像

 

 

女性の年齢階級別の入職率、離職率のグラフの画像

引用:厚生労働省「令和3年雇用動向調査結果の概要 3 性、年齢階級別の入職と離職(1)性、年齢階級別の入職と離職  図4-1 年齢階級別入職率・離職率(令和3年(2021)・男)  図4-2 年齢階級別入職率・離職率(令和3年(2021)・女)(p.13)

上記の結果はニートからの入職率を表すものではありませんが、30代のニートから就職を目指す場合は、早めに行動することが大切といえるでしょう。
30歳職歴なしのニート・フリーターは正社員になれる?就職成功のコツは?」のコラムでは、30代職歴なしのニートが企業側に与える印象についても触れているので、参考にしながら就職活動を進めてみてください。

30代ニートで就職しやすい場合の特徴は?

30代ニートの方は、下記のような特徴があると就職を叶えやすくなります。

・志望先の仕事に関連する経験がある
・仕事に対するやる気や熱意がある
・物事に対して前向きに取り組める

採用面接で明るい人材であることをアピールしたり、これまでの経験を交えて回答したりすれば、好印象を与えられるでしょう。就職しやすい人の傾向を掴み、自身の就職活動に反映させることが大切です。

参照元
厚生労働省
令和3年雇用動向調査結果の概要

ハタラビット

自分の適職とは?
ハタラクティブで
相談してみませんか?

こんなお悩みありませんか?

  • 自分のやりたいことがわからない…
  • 就職・転職のタイミングがつかめない
  • 就活って、何からはじめたらいいの?

就活に関する不安や疑問にもハタラクティブでは、1つ1つ向き合います!
あなたに合った求人のご紹介だけでなく、今の転職市場のお話や必要な準備など、ご状況に合わせて、専任の担当が丁寧にサポート
今すぐでも、少し先の就活でもOKです!
まずは気軽に相談してみませんか。

未経験OK多数!求人を見てみる

30代ニートの人が就職しない主な理由とは?

30代でニートを続ける理由には、以下のようなものが挙げられます。

・同年代と比べてスキルや経験が不十分と感じ就職への自信がない
・実家暮らしでお金に困っておらず焦りを感じていない
・ケガや病気で就職できない

就職への自信や危機感が不足していると、いざ働く必要が生まれたときに行動するのが遅くなってしまうことも。貯蓄や親の援助には限界があると考え、今後の生活を考慮して就職活動に取り組みましょう。
ニートの社会復帰は無理じゃない!実現のための方法と支援サービスを紹介」のコラムでは、ニートになった理由と現状を変えるポイントを解説しています。ニートから就職することを検討している場合は、ぜひご一読ください。

怪我や病気で就職できない方は専用サービスを利用する

怪我や病気が原因で、就職をしていない30代ニートの方は、支援サービスの利用を検討しましょう。たとえば、精神や身体にハンディキャップがある方を対象とした「就労移行支援サービス」では、パソコンの使い方やビジネスマナー、就職活動の支援などを受けられます。また、就職後もフォローを受けられるので、安心して仕事を続けられるでしょう。

30代で就職せずニートを続けているとどうなる?

30代で就職せずニートを続けているとどうなる?の画像

30代でニートを続けていた場合、就職が難しくなるだけでなく、社会的に孤立する恐れがあります。下記で詳しく解説するので、現在ニートを続けている30代の方は自分の現状と向き合ってみましょう。

就職が難しくなる

就職・転職市場で30代の人材はスキルや経験を求められるため、就労経験がない場合は選べる企業や職種が限られます。ポテンシャル採用が期待できる20代と異なり、30代になると正社員経験がないニートの状態から就職するのは一定の大変さがあると覚えておきましょう。先述のとおり、年齢が上がるほど正社員就職は難しくなるため、早めに行動する必要があります。

周囲と交流する機会が少なくなっていく

30代で就職せずニートのままだと、周囲と交流する機会が少なくなる可能性もあるでしょう。
30代になると、結婚や子育て、仕事などで多忙になる友人とは、次第にスケジュールや考え方が合わなくなってしまうことも。しかし、就職すれば、社内での交流や新しいつながりが生まれるでしょう。

結婚などのライフプランが立てづらくなる

30代で就職せずにニートを続けた場合、結婚や家族をもつといったライフプランも立てづらくなります。将来的に家庭をもつには、マイホームや子どもの教育費などの費用を確保する必要があるもの。そのため、収入のないニートのままだと金銭的な不安を理由にライフプランが立てづらくなるでしょう。

ニートやひきこもりのままだとどうなる?末路や脱出方法をご紹介」のコラムでは、ニートのままでいるリスクをまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

30代でニートを卒業して就職する5つの対策

30代でニートを卒業して就職する5つの対策の画像

ここでは、30代でニートを卒業し、就職を成功させる対策法を5つご紹介します。以下の内容を確認し、30代ニートから就職するコツを掴みましょう。

1.コミュニケーションの苦手意識をなくす

コミュニケーションを取るのが苦手な場合は、人と接することに対する苦手意識をなくすことが大切です。担当する業務内容や出勤形態にもよりますが、基本的に働くうえでは誰かと顔を合わせることになります。コミュニケーションに苦手意識をもっていると、職場に馴染めず仕事が憂鬱になってしまう可能性も。そのため、ある程度のコミュニケーション能力を身につけ、仕事において重要な「報告・連絡・相談」ができるように心掛けることが重要です。

2.ネガティブ思考をやめる

ネガティブ思考の改善も、30代からニートを卒業する第一歩。ネガティブ思考は物事を悪い方向に捉えてしまうため、些細なことで「自分はだめな人間だ」「周りは誰も自分を認めてくれない」とマイナスに考えてしまう可能性があります。ネガティブ思考が強いと、些細なことで仕事に対するやる気や自信を喪失し、ニート状態に戻ってしまいかねません。社会人生活を無理なく続けるためにも、過度に自分を卑下しない意識を身につけるのが良いでしょう。

3.生活リズムを整える

30代ニートは、生活リズムを整えるために朝起きて夜に寝るのがおすすめ。生活リズムが崩れると体調不良になりやすく、疲れも取れにくくなります。規則正しい生活を送り、栄養もしっかり摂ることで、働くのに必要な体力をつけられるでしょう。生活リズムが整ったら、就職後のことを考えて、働く場合の起きる時間と寝る時間を想定しながら睡眠を取ることを心掛けてみてください。

4.学歴をカバーする強みを見つける

事情により進学を断念し、学歴に不安を感じている場合は、学歴をカバーできるような強みを見つけるのがおすすめです。アピールできる強みが明確に見えれば自信をもつことにつながり、面接の志望動機や自己PRでも堂々と話ができるでしょう。強みを見つけられない場合は、資格取得や職業訓練校に通うことをおすすめします。

5.早めに行動に移す

30代ニートから就職を目指すなら、年齢を重ねる前に早めに行動することが大切です。就職するには、気になる企業を調べたり、求人にエントリーしたりする期間も考えなければいけません。何もせずにニートを続けている期間が長引けば長引くほど、就職に不利になっていくでしょう。就職のためにやりたいことがある場合は、すぐに実行する習慣を身につけておくのがおすすめです。

30代ニートが就職するコツは、「ニートを脱出するには30代がチャンス!就職するための方法を解説」でもご紹介しています。

30代ニートから就職を成功させる8つの方法

30代ニートから就職を成功させる8つの方法の画像

30代ニートから就職する方法は、以下のとおりです。就職活動を効率的に行いたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.就職しやすい業界や職種を調べる

30代ニートから就職を成功させるには、未経験者も挑戦しやすい業界や職種を調べることが大切です。人手不足の業界は積極的に人材を募集している傾向があるので、比較的就職を目指しやすいでしょう。未経験者を歓迎している代表的な仕事には、建築・介護・IT関連・運送などが挙げられます。
体力に自信があるなら建築や運送業、人の役に立ちたいなら介護業、オフィスワークを希望するならIT関連というように、自分の強みや価値観にマッチした就職先を検討してみましょう。

2.専門的なスキルや知識をつける

30代ニートからはじめて正社員就職を目指す場合は、男性・女性問わず専門的なスキルや知識を身につけると就職に役立つ可能性があります。事務職なら簿記やMOS、介護職なら介護職員初任者研修というように、就きたい仕事で活用できる資格を取得するのがおすすめです。独学が不安な場合は、専門的に学べるスクールに通えば、効率的に学習できます。

将来やりたい職種が決まっていない場合は、方向性を決めてから資格取得を目指しましょう。必要な資格が分からない場合は、求人情報に記載されている資格の項目をチェックしてみてください。ただし、資格をもっていても、実務経験がないと採用されない企業もあるので注意が必要です。そのため、場合によっては、資格を取るよりすぐに仕事探しを始めたほうが良い場合もあります。

3.アルバイトから始めてみる

30代ニートから正社員として働くことに不安がある場合は、単発や短期のアルバイトから始めてみましょう。しばらく仕事をしていない状態から突然フルタイムの仕事をすれば、急な生活の変化に戸惑ってしまうことも。アルバイトなら短時間勤務で無理なく働けるほか、継続できれば「自分は働ける」と自信をつけられたり、仕事の向き不向きが分かったりといったメリットが期待できます。また、アルバイトの経験は、その後の就職活動でアピールポイントとして活かせるでしょう。

4.派遣会社に登録する

30代ニートから就職を目指す方は、派遣会社に登録するのも方法の一つ。派遣会社の求人は、1日だけの単発業務から正社員のように長期の仕事まで幅広いのが特徴です。正社員採用を前提とした紹介予定派遣の求人に申し込める可能性もあります。人柄を重視して採用する企業も存在するため、職歴や学歴を不安に感じる方は、派遣会社に登録してみるのもおすすめです。

5.期間工で働いてみる

30代ニートから就職を目指すなら、まずは期間工として働いてみても良いでしょう。期間工とは、電子部品や自動車などを製造する工場で働く契約社員のこと。入社のハードルが低く、決められた生産ラインで作業を続ける仕事が一般的といえます。主な仕事内容は、部品の取り付けやプレスの機械加工、点検、品質チェックなどです。基本的に1人で黙々と作業することになるため、人とのコミュニケーションに不安を感じている場合に向いています。

6.自己分析や企業研究で就職の方向性を定める

自己分析や企業研究を行えば、就職の方向性を定められるでしょう。自己分析を通して自分の得手不得手を振り返れば、就職市場での価値を見出せます。また、スキルや経験に自信をもてれば、面接での受け答えもしやすくなるでしょう。
企業研究をする際は、「企業がどのような事業を行っているのか」「どのような人材を歓迎しているのか」を細かくチェックすることが大切です。企業研究を怠ると、自分の特性や就職活動の軸と企業の方針がマッチするかを確かめられません。自己分析と企業研究をしっかりと行えば、ミスマッチを起こして早期離職するリスクを軽減させることにもつながります。

7.空白期間を前向きに伝える

30代ニートから就職活動をする際は、空白期間を前向きに伝えることが重要です。長い空白期間は、企業が「すぐに辞めてしまうのでは」という懸念を与える原因になり得ます。そのうえ「働きたくなかったから」というネガティブな理由を伝えてしまうと、よりプラスに評価してもらいにくいでしょう。
「スキルを身につけるために勉強していた」と空白期間をポジティブに変換すれば、好印象を与えられる可能性があります。ニート期間を経て、「今働く意欲をもてているか」を採用担当者に伝えることが大切です。

8.就職支援サービスを利用する

30代ニートから正社員としての就職を目指すのであれば、ハローワークや就職エージェントといった、就職支援サービスを利用してみましょう。就職支援サービスを利用すると、応募書類の書き方や面接の受け答えにおけるアドバイス、求人の紹介などのさまざまなサポートが受けられます。
就職支援サービスを利用するメリットについては、次項で詳しく解説しているので、チェックしてみましょう。また、「ニートからの就職のコツを紹介!支援機関を使って就活を有利に進めよう」のコラムでも就職成功のコツをまとめているので、あわせてご覧ください。

30代ニートが就職支援エージェントを利用するメリット

30代ニートが就職支援エージェントを利用するメリットの画像

30代ニートから就職を目指す際に就職支援エージェントを利用するメリットは、自分の特性に合った仕事を紹介してもらえたり、企業とのやり取りを代行してもらえたりすること。
自分1人で就職活動を行うと、困ったときの相談相手が身近にいないことで不安になることがあるでしょう。しかし、就職支援エージェントはサポート体制も充実しているため、些細な質問も解消できるのが利用のメリット。就職支援エージェントのメリットを知り、活用するか検討してみてください。

1.自分の特性に合った仕事に出会える

30代ニートが就職支援エージェントを利用するメリットの一つは、自分の特性に合った仕事や企業を紹介してもらえることです。担当のキャリアアドバイザーが個別のヒアリングをもとに、長所や希望する条件に合わせて求人を提案してくれます。

2.応募書類の添削や面接対策をしてもらえる

就職支援エージェントは、求人に応募する際に必要な書類の書き方や面接のマナーも教えてくれるので、はじめて就職をする30代ニートの方も安心です。書類作成方法のアドバイスのほか、添削もしてくれるのがポイント。面接対策では求職者の強みを引き出せるように、客観的なアドバイスをしてくれます。

3.企業とのやり取りや日程調整を任せられる

選考に関する企業とのやり取りは、キャリアアドバイザーが代行してくれることがほとんど。ニート生活が長く企業とメールや電話でやり取りすることに慣れていない場合も、安心して応募できるでしょう。複数の求人に応募している場合も、キャリアアドバイザーが面接のスケジュール管理を行ってくれるので、選考対策や準備に専念できます。

4.非公開求人も紹介してもらえる

就職支援エージェントでは、通常の求人サイトには載っていない非公開求人を紹介してもらえることも。エージェントのスタッフが直接企業にインタビューをして求人情報を手に入れているため、非公開となっています。自分1人では見つけられない求人も確保しているため、自分に合った仕事を紹介してもらいやすいでしょう。

5.入社後のフォローがあるので安心できる

就職支援エージェントは、就職後のアフターフォローも受けられます。仕事の悩みや人間関係に関する不安をキャリアアドバイザーに相談できるのが強みです。アフターフォローの期間はエージェントによって異なりますが、定期的な連絡が取れる体制になっていることもあります。

「ニート生活を卒業し働きたい」という気持ちがあっても、なかなか就職活動に踏み出せない30代の方もいるでしょう。思いどおりの結果が出ないときは1人で悩むのではなく、就職支援エージェントを利用してみてください。
20代の既卒や第二新卒、フリーター、ニートに特化した就職支援エージェントのハタラクティブでは、未経験歓迎の求人を多く取り扱っています。専任のキャリアアドバイザーがマンツーマンでサポートするため、就職活動の経験がなくても安心です。「仕事探しをしたいけど不安」「年齢を重ねる前にニート生活から脱出したい」と考えている方は、お気軽にお問い合わせください。

30代ニートからの就職に関するお悩みQ&A

ここでは、30代ニートから就職を目指す方に向け、就職に関するお悩みにQ&A方式でお答えします。

30代ニートから就職できますか?

可能です。就職活動に取り組むときは、「仕事の条件を絞り過ぎない」「人手不足の業界を狙う」「派遣やアルバイトからの正社員登用を目指す」などのポイントを押さえましょう。仕事を探す際は、ハローワークや求人サイト、就職支援サービスなどの活用をおすすめします。詳しくは、「30代ニートにおすすめの就職支援サービス!職歴なしから正社員になるには」のコラムをご参照ください。

30代ニートはアルバイトや派遣会社から始めるべきですか?

働くことに自信をもてない場合は、アルバイトや派遣社員として仕事に慣れてから正社員を目指すのも手です。ただし、年齢が上がれば上がるほど就職は難しくなりやすいもの。30代であれば、なるべく早い段階から正社員を目指すのがおすすめです。詳しくは、「ニートを脱出して働く方法やメリットとは?きっかけや得るものも紹介」のコラムをチェックしてみてください。

ハローワークの利用方法を教えてください

ハローワークを利用するときは、履歴書と筆記用具を持参し、求人申込書を記載して窓口に提出しましょう。求職者情報の登録が完了したら、ハローワークカードを受け取り、端末で求人を検索します。気になる求人を見つけたら、ハローワークの相談員に声を掛けて求人詳細を紹介してもらうのが流れです。「ハローワークが初めてのニートも仕事を探せる!利用方法や支援内容を解説」のコラムにもハローワークの利用方法を記載しているので、参考にしてください。

30代ニートにおすすめな就職サイトやサービスはありますか?

30代ニートからの就職活動は、就職エージェントがおすすめです。就職エージェントでは、アドバイザーによる充実したサポートを受けられます。具体的には、現状のヒアリングや就職相談、特性に適した求人の紹介など。
的確なアドバイスを受けて効率的に就職活動を行いたい30代ニートの方は、若年層向け就職エージェントのハタラクティブに登録してみるのが良いでしょう。所要時間1分程度で性格から分かる適職診断もあるので、自分に合う仕事や方向性を知ることも可能なので、お気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ