正社員が仕事を辞めるメリットとは?辞めたほうが良いサインも解説!

正社員が仕事を辞めるメリットとは?辞めたほうが良いサインも解説!の画像

この記事のまとめ

  • 仕事を3年未満で辞める正社員は意外と多い
  • 正社員で仕事を辞めるメリットは「時間を自由に使える」「責任が軽くなる」など
  • 正社員で仕事を辞めるデメリットは「収入が不安定」「福利厚生の適用が限られる」など
  • 仕事を長く続けるなら、希望条件や適性を考慮して自分に合った求人を探すことが大切
  • 仕事を辞めるメリットを考えて、転職をするのも一つの手

退職の前に仕事を辞めるメリットを知っておきたいと考える人は多いでしょう。正社員が仕事を辞めると、会社に縛られない自由な生活ができる一方で、給料が安定しないといった不安要素も出てきます。このコラムでは、正社員が仕事を辞める理由、正社員のメリット・デメリットなどをご紹介。仕事を辞める前に考えておくと良いことについても解説しているので、正社員を辞めるかどうか悩んでいる際には参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 今の仕事がつらい・・・
  • 自分に向いてる仕事あるのかな?
  • 職場を変えても、結局同じかも・・・
どんな仕事が合うかからお伝えします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

早期退職のメリットとは?仕事を辞める正社員は多い

正社員として働き始めた仕事を短い期間で辞めるという人は少なくありません。ここでは、早期退職する若手正社員の割合や、主な退職理由などについて紹介します。

仕事を3年未満で辞める若年正社員の割合

厚生労働省の「平成30年若年者雇用実態調査の概況 2.これまでの就業状況」によると、若年層の正社員のうち、初めて就職した会社での勤続期間が「3年未満」という人は60.7%です

 正社員正社員以外
3年未満60.7%65.7%
3~5年未満21%16.2%
5~10年未満11.8%11%
10年以上1%0.8%

引用:厚生労働省「平成30年若年者雇用実態調査の概況 2.これまでの就業状況 (3) 初めて勤務した会社での勤続期間

仕事を辞める人の多くが3年未満に退職していることが分かります。厳しい就活を経験して正社員として企業に就職しても、比較的短期間のうちに辞める人が多いのが現状です。

若年層の正社員が仕事を辞める決め手

厚生労働省の「平成30年若年者雇用実態調査の概況 2.これまでの就業状況」によると、若年層の正社員が、初めて勤務した会社を退職する主な理由は以下のとおりです。

 退職理由割合
1位労働時間・休日・休暇の条件がよくなかった32.3%
2位賃金の条件がよくなかった27.4%
3位人間関係がよくなかった25.1%
4位仕事が自分に合わない20.8%

引用:厚生労働省「平成30年若年者雇用実態調査の概況 2.これまでの就業状況 (4)初めて勤務した会社をやめた主な理由

正社員になっても、「残業続きで自分の時間がない」「職場特有の人間関係がストレスになっている」「仕事量や内容、責任の重さに対する給料が見合っていない」などを理由に、「正社員を辞めて、フリーターとして生きたい」と考える人は意外と多いようです。しかし、何も考えずに会社を辞めてしまうのは注意が必要。辞めてから後悔しないように、計画的に行動することが大切です

参照元
厚生労働省
平成30年若年者雇用実態調査の概況

仕事を辞める人の前兆とは?

仕事を辞める人が退職の決断をしやすい時期として、「業務をやり切ったとき」や「有休やボーナスを取得したとき」などが挙げられます。今の仕事を辞めるべきかどうか判断が難しい場合は、「仕事の辞めどきを見極める3つのポイントを解説!簡易的な診断方法もご紹介」を参考にしてみてください。仕事を辞める前兆が分かれば、退職までのスケジュールを円満に組めるというメリットもあるでしょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

正社員が仕事を辞めるメリット

ここでは、正社員が「仕事を辞める」という選択をしたときのメリットについて紹介します。

1.時間の融通が効く

フリーターであれば、勤務時間や労働日数などが比較的自由に決められるので、プライベートの時間を確保しやすいというメリットがあります。仕事以外にやりたいことや趣味がある人にとっては魅力的といえるでしょう。正社員として働いているときにはできなかった資格の勉強や、仕事で疲れた心身を休める時間に充てることも可能です。

2.責任が軽くなる

正社員と比べて、フリーターや派遣社員は仕事上の責任が軽い傾向があります。「プレッシャーを感じやすい」「責任感のある仕事にチャレンジするのが得意ではない」という方にとっては、フリーターの方が働きやすいと感じるメリットもあるようです。

3.仕事を辞めたり変えたりするのが難しくない

フリーターは、正社員に比べてバイト先や職種を変えやすいのもメリットの一つです。そのため、「いろいろな職種や業界を経験したうえで、本当にやりたいことや向いていることを見つけたい」と考えている方にとっては、正社員よりもフリーターや派遣社員のほうが働きやすい場合もあるでしょう。

4.人間関係の悩みが減る

人間関係にストレスを抱えていた場合、仕事を辞めたことによってそのストレスから解放されるというメリットもあります。このコラムの「若年層の正社員が仕事を辞める決め手」でも紹介したように、仕事を辞める理由として「人間関係」を挙げる人は多いようです。仕事を辞めれば、煩わしい人間関係から抜け出して気持ちに余裕を持てるでしょう。

5.視野が広がる

仕事を辞めて転職をすることで、同じ職場で働き続けるより視野が広がることも。正社員として働いていても、リストラや倒産が原因で仕事がなくなる可能性は誰しもあります。もし会社都合で職を突然失っても、転職経験によって仕事の価値観を広げていると、再就職がしやすいという場合もあるようです。複数の会社の価値観や業務を知ることで、経験を積めるというメリットにつながるでしょう

正社員が仕事を辞めるデメリット

この項では、正社員が仕事を辞めるデメリットについて紹介します。

生活が安定しにくい

基本的にフリーターや契約社員の仕事は固定給ではなく労働時間により収入が変動するため、正社員が仕事を辞めると経済的に不安定になりやすいという点がデメリットとして挙げられます。また、非正規雇用の場合、「いつ仕事がなくなるか分からない」という将来に対する不安を持つ人もいるようです。

福利厚生の適用範囲が限られる

勤め先によって違いはありますが、一般的に正社員が仕事を辞めてフリーターやパートになった場合、福利厚生の適用範囲が限られることがほとんど。正社員に適用されるような手当や休暇制度などがない場合が多いので、結婚や出産などのライフイベントに対応しづらいというデメリットもあるようです。

ボーナスがもらえない

非正規の場合ボーナスが出ないことが多く、支給されたとしても正社員より少額なのが実情。ボーナスをもらえている人とそうでない人とでは、生涯年収に差が出る場合が多いようです。そのため、正社員が仕事を辞めてフリーターやパートとして働くと、ボーナスが受け取れなくなり、生涯年収が低くなるデメリットがあります

正社員が仕事を辞めたほうが良いサインとは?

ストレスで心身に支障が出ている場合は、無理せず退職を視野に入れましょう。仕事に対するストレスを蓄積させ続けると、働くこと自体にメリットを感じられなくなってしまい、転職活動に影響が出ることも。また、「自分がどれくらいストレスを抱えているのか分からず、仕事を辞めるべきか判断できない」という方は、Webサイトでできるストレス診断テストを受けてみるのもおすすめです。「仕事を辞めたい・向いていないと感じたら?転職のサインや対処法を解説」では、仕事を辞めたほうが良いタイミングなども詳しく解説しているので、ぜひご参照ください。

仕事を辞める前に考えるとメリットがあること

正社員が仕事を辞める決断をする前に、考えておくとメリットがあることを紹介します。仕事を辞めてから後悔することがないよう、参考にしてみてください。

「仕事を辞めた後どうするか」をある程度考えておく

「仕事を辞める」と決めたら、辞めた後のこともある程度考えておくのがおすすめです。正社員を辞めた後に何をするかまったく決めていなかった場合、路頭に迷ってしまったり退職を後悔してしまったりする可能性も。たとえば、在職中に転職活動を進めておけば、仕事を辞めてからも心に余裕を持てるというメリットがあります。ただし、ストレスによって心身ともに限界を迎えているというように、すぐにでも仕事を辞めたいときは、退職に専念するのも良いでしょう。

業務の引継ぎをする

正社員が仕事を辞める際、今担当している業務を引き継ぐ必要があります。辞めた後のことを考慮して計画的に引継ぎを行っておくと、円満に退社しやすいといったメリットもあるでしょう。マニュアルを作成し、後任者が業務を把握しやすくするのもおすすめです。引継ぎの方法は「後任者も企業も安心!スマートな仕事の引き継ぎ方とは」のコラムで解説しているので、ぜひご一読ください。

仕事を辞めるときの伝え方

仕事を辞めるときは、まず会社の就業規則から退職の申し出に関するルールを確認してください。また、上司にアポイントを取って、退職の意思を伝えることも大切です。伝え方のポイントとしては、「退職理由はポジティブな理由を心掛け、一貫性を持たせる」「仕事を辞めることで迷惑をかけて申し訳ないという気持ちを述べる」「お世話になったことに対する感謝を伝える」などがあります。仕事を辞める際の報告もマナーを守り、できるだけ良い印象で退職できるよう心掛けましょう。

仕事を辞めるメリットを考えて転職も視野に入れよう!

正社員が仕事を辞めることには、メリット・デメリットの両方があります。仕事を辞めるメリットのほうが大きいのであれば、正社員としての転職を検討してみるのも良いでしょう
現職での仕事内容や会社の方針が自分に合わないと感じるのは、企業選びや仕事選びが上手くできていなかったからという可能性も。長く続けられる仕事を見つけるためには、自分の希望条件や適性に合った求人を探すことが大切です。とはいえ、膨大な求人募集情報の中から、自分の希望条件や適性にマッチした仕事を自力で選び出すのは難しいと感じる人も多いでしょう。

一人で転職活動を行うのが不安な方は、転職エージェントのハタラクティブを活用するのがおすすめ。ハタラクティブは若年層向けの転職エージェントです。ハタラクティブのキャリアアドバイザーは、就活や転職事情に精通していて、企業についての詳細情報も熟知しています。求職者一人ひとりに合う求人を的確に紹介するので、一人で情報収集をするよりも遥かに効率的です。「転職してもまた同じことの繰り返しにならないだろうか…」と躊躇して正社員の仕事を諦めてしまう前に、誰かに相談してみるところから始めてはいかがでしょうか。

仕事を辞めるメリットに関するFAQ

ここでは、仕事を辞めるメリットに関する質問をQ&A方式で解決していきます。

仕事を辞めるか続けるか迷っています。

正社員として働いている仕事を辞めようか迷っているという方は、辞めたいと感じた理由を明確にすると良いでしょう。辞めたい理由が改善できないか検討したうえで、状況が変わらなかった場合は、今の仕事を辞めるのも一つの手です。「その転職、後悔しない?仕事を辞めたい理由を考えよう」では、仕事を辞めたいと感じた理由を改善するための方法を解説しているので、参考にしてみてください。

正社員を辞めるのはもったいないことですか?

正社員を辞めることは、もったいないこととは言い切れません。今の仕事環境に不満がある場合、仕事を辞めるメリットは数多くあります。「仕事を辞めるか悩む方に!退職のメリット・デメリットやタイミングを解説」では、仕事を辞めるかどうか悩んでいる人に向けて、退職のメリットやデメリットを詳しく紹介しています。ぜひ、併せてご覧ください。

正社員を辞めるのが怖いです。

正社員を辞めるのが怖いという方は、退職する際の事前準備や必要な手続きについてしっかりと理解することが大切です。また、在職中に転職活動をある程度進めておくと、心に余裕を持って仕事を辞められるでしょう。仕事を辞める際のポイントについて知りたい方は、「正社員が退職する際のポイントは?方法や必要な手続きも解説!」をご参照ください。

正社員が仕事を辞めて転職をするメリットはありますか?

正社員が仕事を辞めて転職をするメリットとして、「人間関係の悩みが改善される」「仕事に対する視野が広がる」などが挙げられます。正社員を辞めて一人で転職活動するのが不安な方は、転職エージェントを活用するのも一つの方法です。専任のアドバイザーがマンツーマンで対応し、一人ひとりに合ったサポートを行うので、安心して転職活動を行うことができます。転職活動に不安を抱えている方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。

この記事に関連するタグ