新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 無期雇用とはどんな働き方?正社員や派遣社員との違いを解説!

無期雇用とはどんな働き方?正社員や派遣社員との違いを解説!

公開日:

最終更新日:

無期雇用とはどんな働き方?正社員や派遣社員との違いを解説!の画像

   
   
   

【このページのまとめ】

   
  • ・無期雇用とは、雇用期間に定めがない労働契約のこと
  • ・無期雇用に転換しても正社員になれるとは限らない
  • ・無期雇用派遣とは、新しい派遣社員の働き方を指す
  • ・企業によって無期雇用への対応は異なる

監修者:室谷彩依

キャリアコンサルタント

就職アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

従来は無期雇用といえば正社員のことを指しましたが、労働契約法が改正されたことでパートや派遣社員でも無期雇用で働けるようになりました。法律が変わったことで自分の働き方にも影響はあるのか、無期雇用に切り替えるにはどうしたらいいのかなど、さまざまな疑問をお持ちの方もいるでしょう。そこで、新しくなった無期雇用とはどのようなものか、メリットやデメリットとあわせてご紹介します。

無期雇用とは

雇用期間に定めがないことを、無期雇用といいます。今までは無期雇用=正社員という考え方でしたが、2013年4月の労働契約法改正によって、雇用形態に関わらず無期雇用が選べるようになりました。無期転換ルールとも呼ばれている制度がどのようなものか、制定された理由や対象者まで詳しく解説します。

無期転換ルールが制定された理由

無期転換ルールは、非正規雇用者が雇止めに合う懸念を払拭するために制定されました。
パートや契約社員といった非正規労働者は雇用期間が定まっており、契約が更新されないことがあります。雇い止めになることを恐れて、有給申請や職場改善の要望を出しにくい…という状況で働いてきた方も少なくありません。
そこで、正社員でなくとも安心して働けるように、労働契約が通算5年以上になれば無期雇用転換できるようになったのです。制度ができたことで、雇用形態に関わらず将来設計を考えやすくなり、キャリアを積みやすくなったといえます。

無期雇用の対象になる労働者

無期雇用の対象となるのは「2013年4月から、通算5年以上勤務している方」です。パートや派遣社員、契約社員など有期雇用で働く方は、5年以上働いていれば無期転換ルールを利用できます。
特に、労働契約法が改正されたことによって、最も影響を受けるのは派遣で働く方だといえるでしょう。

無期雇用派遣とは

無期雇用派遣とは、派遣社員の新しい働き方を指します。無期雇用転換ルールが制定されたのと同時に、労働派遣法が改正されたことで、派遣社員は同じ職場で3年以上働くことができなくなりました。
しかし、今の派遣先が気に入っているから長く働きたいという方もいるでしょう。そのときは、無期雇用派遣に転換することで、3年を超えても同じ職場で働けるようになるのです。

無期雇用派遣が注目されている理由

無期雇用派遣が注目されている理由として、雇用形態を変えることなく、長く働きながら安定した収入を得られることにあります。。具体的に、今までの有期雇用派遣と異なるポイントを確認してみましょう。

3年ルールを気にする必要がない

有期雇用で働く派遣社員は労働契約者派遣法の改正によって、同じ職場で3年以上働くことができません。雇用が不安定な状態で働き続けるのはリスクが高く、キャリア形成もしにくいため、予防策として雇用期間の上限が定められています。
しかし、無期雇用派遣であれば契約の更新を気にする必要がないため、長期間働くことが可能です。慣れた職場でじっくりとキャリアを積み、雇用期間を気にせず働けるのは魅力的でしょう。

派遣会社に無期雇用で在籍できる

一定の条件を満たしていれば、派遣会社の採用選考に合格することで無期雇用派遣になれます。一般的な派遣は、企業派遣が決まった時のみ派遣会社と雇用契約を交わすため、派遣先が決まっていない待機期間は給料が発生しません。経済的に不安定なうえ、次の派遣先を見つけるのも楽ではないでしょう。
無期雇用派遣になると派遣会社に常に雇用されるため、待機期間中も派遣会社の事務などを行うことで収入が常に発生し、派遣先を積極的に探してもらえることが多いです。

無期雇用=正社員ではない

勘違いされやすいことですが、無期雇用に転換したからといって正社員になるわけではありません。今までは「無期雇用=正社員」という考えでしたが、法改正によって無期雇用がどのように変わったのかご紹介します。

雇用期間の定めがなくなる

従来は正社員のみ無期雇用でしたが、無期転換ルールが実施されたことで雇用形態に関わらず契約期間の定めがなくなりました。特に派遣社員は無期雇用になることで、3年ルールを気にせずに長く勤めることが可能です。

業務内容や待遇は異なる

法律で定められているのは「雇用期間の撤廃」のみなので、働き方や待遇は正社員とは異なります。派遣社員の場合は待遇が正社員並みに良くなることが多いようですが、アルバイトやパートの場合、有期雇用時の契約内容を引き継ぐケースが一般的です。

企業によって無期雇用への考え方は異なる

無期雇用転換ルールはまだ制定されて日が浅く、企業によって考え方が異なります。2018年4月から順次増えていく対象者に対して、どのような対応をしているのか見ていきましょう。

無期契約社員への転換

最も多いのが待遇は変わらず、契約期間が無期限になるパターンです。法律上は契約期間についてしか触れられていないため、最低限の対応ともいえます。

限定正社員への登用

就業地域や時間を限定した、新しい形の正社員として無期雇用する企業もあります。パートやアルバイトに比べると、収入の増加や手厚い福利厚生が見込めるでしょう。

正社員への登用

少ないケースではあるものの、無期雇用契約を機に正社員登用を行うこともあります。働き方が大きく変わって責任を伴いますが、その分安定した収入が得られるため、将来への不安は軽減されるでしょう。

無期雇用で働くメリット・デメリット

慣れた職場で長く働けることを考えると、無期雇用の方が良いように感じますがデメリットもあります。メリットとデメリットを比較して、自分に合った働き方を選びましょう。

無期雇用に転換するメリット

無期雇用に転換することで、以下のようなメリットが得られます。

収入が途切れない

無期雇用は定年まで契約満了にならないため、収入が途切れる心配もありません。派遣社員の場合は、派遣先企業がない待機期間も給料が出るので安心できます。

同じ場所で長く働ける

雇い止めの心配なく、正社員と同じように定年まで勤めることができます。有期雇用時に契約期間が定められていても、気にせずに働き続けられるため、次の勤め先を探す必要がありません。派遣社員の場合は3年ルールの適用外になるので、気に入った派遣先に長く勤めることができます。

昇給や賞与が見込める

契約内容によっては、昇給や賞与が発生することがあります。特に賞与は正社員以外出ないことが多いので、収入を上げたい方には嬉しいメリットでしょう。ただし、基本給や仕事内容の違いから、支払われる額は正社員に比べて少額になりやすいです。

キャリアアップしやすい

職場を変える必要がないため、時間をかけてキャリアを積むことができます。研修制度を利用してスキルを磨いたり、資格を取得したりすることも可能です。派遣社員の場合は、派遣会社がさまざまな研修制度を用意してくれるので、実用的なスキルアップを目指せます。

無期雇用に転換するデメリット

無期雇用に転換すると、以下のようなデメリットもあるため注意しましょう。

働き方が固定されやすい

無期雇用になると勤務日数や時間が固定になり、融通が利きにくくなることも。フルタイムでの勤務や、週5出勤を求められることがあるので、子育てとパートを両立したい主婦や、プライベートを優先させたい方には不向きといえます。

責任だけ大きくなることがある

契約切り替え後、待遇は変わらないのにリーダー業務を任されたり、残業を頼まれたりするケースもあります。責任ばかり大きくなって辛い思いをしないように、事前に情報を集めてみると良いでしょう。企業の就業規則次第ですが、無期雇用に転換するときに労働条件を変えられることがあります。

派遣の場合、採用選考に落ちることがある

派遣社員が無期雇用になるには、派遣会社の採用選考に合格する必要があります。一般的な登録型派遣と異なり、就業意欲や最低限のスキルがなければ、採用を見送られてしまうことも。通常の就活のように書類選考や面接があるため、しっかりと対策を練ることが大切です。

無期雇用で働く方法

無期雇用で働きたい場合、5年目以降の契約更新時に自分で申し込む必要があります。「無期労働契約転換申込書」という申請用紙を作成して、人事部長や代表者宛に提出しましょう。派遣社員の場合は、先述したように派遣会社で採用選考を受けて、合格すれば無期雇用派遣になれます。
また、後でトラブルにならないように、転換後の労働条件は事前に話し合っておきましょう。

無期雇用はあくまで一つの選択肢なので、有期雇用で働き続けることも、後から変更することも可能です。自分の生活スタイルと照らし合わせて、働き方を選びましょう。

正社員を目指すなら

現在正社員を目指している方には、無期雇用への転換はおすすめできません。雇用形態による賃金格差は大きく、非正規雇用より正社員のほうが収入も待遇も良いです。無期雇用転換をしても、確実に正社員になれるわけではなく、時間もかかってしまいます。

今の働き方に不安がある方や非正規雇用から正社員を目指したい方は、ハタラクティブを利用してみませんか?
ハタラクティブは若年層向けの転職支援サービスです。転職のプロであるアドバイザーがあなたの希望をお聞きし、条件に沿った求人をご紹介。応募書類の添削や面接対策など、正社員になるまでの道のりをマンツーマンでサポートします。
正社員就職をお考えの方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 真那

    私のカウンセラーの方がとても親身になって色々手伝って貰いました …

    2021/02/26

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?