労働条件通知書を受け取るのはいつ?目的・対象者・記載内容・対処法を紹介

労働条件通知書を受け取るのはいつ?目的・対象者・記載内容・対処法を紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・労働条件通知書は、契約期間や業務内容、賃金、休暇などの条件が記載されている書類
  • ・労働条件通知書は企業が一方的に交付し、雇用契約書は双方の合意が必要
  • ・労働条件通知書をいつ渡されるかは企業によって異なるが、事前に交付されるケースも
  • ・労働条件通知書を受け取ったら、記載内容に誤りがないか確認しよう

労働者にとって重要な意味を持つ労働条件通知書だからこそ、「いつもらえるのか?」「いったいどんなことが記載されているのか?」と不安になる方は多いものです。このコラムでは、労働条件通知書の交付時期や記載内容について、分かりやすく解説しています。
労働条件通知書が交付される対象者や、雇用契約書との違い、事前にもらえなかった場合や内容が誤っている場合の対処法まで網羅しているので、ぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

労働条件通知書とは

転職などで新しく会社に入社する際に交付される書類の1つに「労働条件通知書」があります。2018年1月1日に施行された職業安定法によると、労働条件通知書の交付は、新卒の場合は内定まで。なお、新卒だけが対象ではなく、中途採用のほかパートやアルバイト、契約社員に対しても、雇用契約を結ぶなら交付する必要があります。

労働条件通知書の内容

労働条件通知書は、その名の通り労働に関する条件が書かれているもので、必ず記載しなければならない内容は以下のとおりです。

・契約期間
・就業場所
・業務内容(配属部署など)
・始業就業時間、休憩時間、所定時間外労働
・休日、休暇
・賃金
・退職に関する事項
・社会保険、雇用保険
・更新の有無

上記に加えて、短時間労働や派遣社員の場合は以下の内容も追加で記載します。

・昇給や退職手当、賞与の有無
・業務に関する相談窓口
・賃金の見込額やその他待遇に関する事項
・事業の運営に関する事項
・派遣制度の概要

また、労働者に明示が義務付けられているものの書面ではなく口頭でOKな条件には、退職手当、賞与、最低賃金、交通費、労災に関する事項、休職などが挙げられます。

労働条件通知書の発行は義務

労働基準法第15条「明示すべき労働条件」により、労働条件通知書の発行は企業に義務付けられています。
労働条件通知書は、企業によっては内定通知書や雇用契約書など別の名称の書類に含まれることも。名称に関わらず、企業は雇用者に対して、必ず上記で挙げた項目を書面で伝えなければなりません。

労働条件通知書は書面以外の発行も可能

労働条件通知書は、原則として書面で発行されるものです。しかし、ルール変更によって、2019年4月からは、以下のような電磁的方法での交付も可能となっています。

・FAX
・Webメールサービス
・SNSメッセージ機能

ただし、これらの交付方法は、労働者側が希望して初めて行われるものであり、企業側は、勝手に選択できません。書面以外で労働条件通知書を受け取った場合、自身で印刷し、書面で保管しておきましょう。
また、「企業側は送ったつもりでも、労働者側は受け取れていない」というトラブルも発生しがちです。「送付した」「受け取った」というやり取りは、慎重に行うようにしてください。
労働条件通知書についてさらに深く知りたい場合は「就活するなら知っておこう!労働条件通知書とは?」のコラムも、併せてご覧ください。

参照元
e-Gov
労働基準法

労働条件通知書と雇用契約書の違い

労働条件通知書は「通知書」であるため、雇用者(企業)から一方的に渡されるもの。
それに対して、雇用契約書は「契約書」なので署名と捺印が必要で、雇用者と労働者の双方の合意を持って締結されます。
雇用契約書は企業と労働者がそれぞれ署名・捺印を行って、1枚ずつ保管するのが一般的です。

また、労働条件通知書は労働基準法で強行法規が定められています。そのため、労働条件通知書を交付しないと企業は罰金などの罰則を受けることに。
しかし、雇用契約書の中に、労働条件通知書に記載しなければいけない事項を盛り込んでいれば「労働条件通知書を交付した」と捉えられるため、雇用契約書1枚にまとめている企業も見受けられます。
雇用契約書について気になる方は「労働条件通知書って何?雇用契約書との違いとは」のコラムも参考にしてみてください。両者の違いを詳しく解説しています。

労働条件通知書の目的・対象者とは?

労働条件通知書を発行する目的は、雇用する側とされる側でのトラブルを防ぐこと。
通知書に記載される内容は、どれも労働者にとって重要な情報ばかりです。「言った」「言わない」「聞いていない」といったトラブルを避けるために、企業側には労働条件通知書の交付が義務付けられています。
また、冒頭で述べたように通知書を交付するべき対象者は、企業内で働くすべての労働者です。正社員・パート・アルバイトなど、立場にかかわらず発行されます。企業に雇用されたら、自身の立場に合わせた通知書が発行されているかどうか、しっかりと確認しておきましょう。

労働条件通知書はいつもらうもの?

労働条件通知書の交付の時期は企業によって異なり、内定後から入社までの間に渡されることもあれば、入社日当日に渡されることもあります。
事前に労働条件をしっかりと確認したい場合は、会社に問い合わせてみましょう。入社前に労働条件を確認したい旨を企業に伝えると事前に送付してもらえることもあるようです。

新卒が労働条件通知書をもらうタイミング

新卒者の場合は、正式な内定までに労働条件通知書を交付してもらえます。ただし、「正式な内定まで」なので、交付のタイミングは企業によって異なります。

転職者が労働条件通知書をもらうタイミング

転職など中途採用の場合は、入社時に交付されることが多いようです。事前に労働条件通知書を確認したい場合は、前述したように会社に交渉してみましょう。ここで注意したいのは、「労働契約の締結は、あくまでも入社当日に行う」という点。労働条件通知書を受け取って労働条件を確認し、実際に労働契約を締結するまでの期間が、条件交渉できるチャンスとなります。
契約を締結したあとに、各種条件を変更してもらうのは極めて困難。あまり時間がない場合でも、最低限以下のポイントだけは確認しておいてください。

・事前に聞いていた内容と異なる点はないか
・求人票に記載された内容と合致しているか
・曖昧な言葉や分かりにくい箇所はないか(「標準」や「想定」など)

気になる点や分からない点があれば、契約締結前にしっかりと確認しておきましょう。自身が気持ち良く働くための条件ですから、遠慮する必要はありません。

労働条件通知書で確認すべき5項目

労働条件通知書が手元に届いたら、必ず中身の確認をしてください。記載内容の程度は企業によって異なりますが、特に注意したいのは「契約期間」「就業場所」「賃金」「残業」「休日」の5項目。いずれもトラブルになりやすい項目です。事前の説明や求人内容と齟齬がないかチェックしましょう。

1.契約期間

非正規なら契約期間を、正社員としての採用なら入社日を確認しましょう。特に在職中に内定をもらっている転職者の場合、現在の仕事の退職交渉などが長引いて入社日にずれ込むことがないよう、必ず現職の規定を確認。厳しそうなら入社日の調整を行います。

2.就業する場所

就業場所が固定なのか転勤があるのか、当初聞いていた就業場所と違わないかなどを確認。
転勤がある場合は、必要に応じて頻度や期間などを聞いておくと安心です。

3.賃金

毎月の賃金の内訳を必ず確認します。ボーナスに関しては有無のみ記載されていることが多いようです。

4.想定残業時間

労働基準法において、労働条件通知書に記載するのは「残業の有無」だけでOK。ただし企業によっては想定残業時間を示していることもあるので、気になる場合は残業が頻発する期間や1日あたりの残業時間などを確認します。また、みなし残業を採用している企業なら、その金額と想定残業時間もチェックしておきましょう。

5.休日

週休2日制と完全週休2日制の違いを把握しておかないと、トラブルのもとになる可能性も。「完全週休二日制とは?週休二日制との違いを解説!」でご確認ください。

誓約書にサインを求められた場合の対処法

企業によっては、入社前に「労働条件に同意します」という誓約書へのサインを求められるケースもあります。労働条件通知書がすでに手元にある場合は、その内容をしっかりと確認したうえでサインをしましょう。

一方で、手元に労働条件通知書がなければ、各種条件を確認できません。
この場合、「誓約書にサインしたいので」という理由を明確にしたうえで、丁寧に労働条件通知書の送付を依頼してみてください。通知書が手元に届いた段階でその内容を確認し、異議がなければサインします。
企業側から「労働条件通知書の事前送付はできない」と言われてしまった場合は、無理な依頼はやめておきましょう。
誓約書へのサインは、入社日当日でも大丈夫なので、「当日、労働条件通知書を確認した上で、誓約書にサインします」と伝えてください。通知書の確認から誓約書へのサインまで、ある程度の時間が必要となりますから、その点についても配慮してもらえるよう、頼んでおくと安心です。

労働条件通知書の内容が違う場合の対処法

労働条件通知書を確認し、事前に聞いていた話や求人票の内容と異なっていた場合、できるだけ早く、企業側に問い合わせるのがおすすめです。
通知書の内容が異なっている場合でも、故意によるものとは限りません。単純な人的ミスによって誤った情報が記載されていた場合、労働者側からの申し出によって、正しい内容へと速やかに変更されるでしょう。
企業側に直接伝えるのが難しい場合、ハローワークや転職コンサルタントに相談してみてください。
内容を確認のうえ、適切に対処してもらえるはずです。

問題は、故意に記載内容が変更されていた場合や、通知内容を訂正してもらえないケースです。
この場合は、残念ですが、入社についても慎重に検討した方が良いでしょう。
また、「入社して実際に仕事をしてみたところ、条件が異なっていた」というケースもあります。
この場合、労働契約を即解除して、すぐに退職することも可能です。ハローワークや労働局の相談窓口も活用しながら、納得いく対処法について検討してみてください。
雇用条件について不安がある場合は、「雇用条件を確認して適切かどうか判断しよう!聞き方や通知書の請求方法も」のコラムをご覧ください。詳しい対処法を解説しています。

希望する条件の求人がなかなか見つからないなど、転職に関する悩みや疑問はハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、就職のプロが専任担当となってあなたをサポートする転職エージェント。企業選びだけでなく、自分の強みの明確化や退職方法、履歴書や職務経歴書の書き方などをアドバイスいたします。
転職を考えているけど周囲に相談できる人がいない、納得できる条件の企業を見つけたいという方のお問い合わせをお待ちしております。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION