新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. シフト制とは?正社員とパート・アルバイトで働き方は変わる?

シフト制とは?正社員とパート・アルバイトで働き方は変わる?

公開日:

シフト制とは?正社員とパート・アルバイトで働き方は変わる?の画像

【このページのまとめ】

  • ・シフト制とは、勤務日数や勤務時間を固定しない働き方のこと
  • ・シフト制には、「自由」「固定」「完全」の3種類ある
  • ・シフト制のメリットは、比較的自由にな働き方ができること
  • ・シフト制のデメリットは、アルバイトが多く雇用や収入が安定しないこと
  • ・正社員求人を探すなら、シフト制以外の面もしっかり確認しよう

監修者:室谷彩依

キャリアコンサルタント

就職アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

「シフト制とはどんな働き方?」と疑問に思う人もいるのではないでしょうか。シフト制は交代制勤務の一つで、パート・アルバイトに多い働き方です。正社員求人では、完全シフト制として導入している場合があります。このコラムでは、シフト制の種類やメリット・デメリットについてまとめました。シフト制の仕事に就きたいと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

シフト制とは

シフト制とは、交代制勤務の一つで、勤務日数や勤務時間を固定しない働き方のことです。シフト制を取り入れるのは、24時間体制で稼働するコンビニエンスストアや病院、入居型老人ホームなどが挙げられます。正社員やパート・アルバイト、派遣社員、契約社員など、幅広い雇用形態で導入されている働き方です。

シフト制は、大きく分けて「自由シフト制」「固定シフト制」「完全シフト制」の3種類に分けられます。以下でそれぞれ見ていきましょう。

1.自由シフト制

自由シフト制とは、労働者が自由に勤務日数や勤務時間の希望を申請する、パート・アルバイトに多い働き方です。申請すれば必ず希望どおりのシフトが組めるわけではなく、職場とよく相談したうえでシフトを決めます。すきま時間に働きたいフリーターや副業したい会社員など、労働者の状況に合わせて柔軟に対応できる働き方といえるでしょう。

2.固定シフト制

固定シフト制とは、労働者と職場が相談したうえで、あらかじめ勤務する日数や曜日、時間帯を固定する働き方です。「毎週月曜日と火曜日と金曜日の17時から20時まで」のように毎週決まった曜日、時間帯に勤務します。パート・アルバイトの勤務に多く、授業が終わってから勤務したい学生や子どもを幼稚園に預けている間だけ働きたい主婦(主夫)の方にニーズのある働き方です。

3.完全シフト制

完全シフト制とは、業務を行う時間帯が日によって異なる働き方で、固定シフト制のように決まったパターンがないのが特徴です。完全シフト制を導入する職種の例としては、夜勤勤務のある介護職が挙げられます。「月曜日と金曜日は早番、水曜日は夜勤、土曜日は遅番」というように、いくつかの時間帯の勤務を組み合わせた勤務になる場合が多いでしょう。パート・アルバイトだけでなく、正社員の雇用形態にもよく見られる働き方です。

冒頭で述べたように、シフト制は「交代制」ともいいます。交代制勤務について詳しく知りたい方は、「交代制ってどんな働き方をするの?働くメリットとは」もチェックしてみましょう。

シフト制で働くメリットとは?

これから正社員として就職しようと考えている方は、シフト制で働くメリットやデメリットを知っておきましょう。まずは、メリットについてご紹介します。

自分の都合に合わせた働き方ができる

シフト制のメリットの一つは、自分の都合に合わせてシフトを組みやすいことです。特に、自由シフト制や固定シフト制の場合は、自分の都合に合わせてシフトを考えられます。「学校が終わってから数時間だけ働きたい」「夜間のみシフトを入れたい」「平日に休みを入れて趣味を満喫したい」といった人は、シフト制がおすすめです。また、「来月はシフトに多めに入って稼ぎたい」という場合も、職場と相談したうえでシフトを増やすことも可能。働く自由度の高さがシフト制の魅力といえるでしょう。

短時間勤務ができる

自由シフト制や固定シフト制の場合、短時間勤務ができるメリットもあります。正社員に多い「固定制」の場合、平日午前9時から午後18時までのフルタイム勤務が一般的です。フルタイム勤務は学生や少しだけ働きたいという人には適していません。シフト制の仕事を選べば、短時間勤務も可能になり、空いた時間を有効活用できるでしょう。

平日に休みを取得できる

シフト制の場合、平日に勤務して土日祝日に休むといった決まりがないので、平日に休みを取得できます。土日祝日に混みやすいテーマパークや旅行のプランを、比較的空いている平日に立てやすいので、それをメリットを感じる人もいるでしょう。

シフト制で働くデメリットとは?

次に、シフト制で働くデメリットをご紹介します。シフト制は自由度が高い分、以下のようなデメリットが考えられるので、よく考えてから働きましょう。

希望が必ず通るとは限らない

先述したとおり、自分で勤務希望を申請できる自由シフト制であっても、必ずそのとおりに勤務できるとは限りません。職場の都合が合わなければ、シフトに入れないこともあるので注意が必要です。

バイトやパート求人が多く雇用や収入が安定しない

自由シフト制や固定シフト制の場合の多くがパート・アルバイトの雇用形態です。パートやアルバイトは、仕事を失うリスクがあるほか、シフトに入れなければ収入につながらない不安定さがあります。「毎月決まった収入が欲しい」という人には、デメリットに感じるでしょう。

先の予定を立てにくい

固定制の場合、土日祝日や夏季休暇、年末年始休暇といった休みがあらかじめ決められていることもあります。シフト制の場合、シフト希望を提出して確定するのが数週間前になることも少なくありません。そのため、シフトが確定するまでは、旅行や外出のプランを立てにくいデメリットも考えられます。

生活リズムが乱れやすい

夜勤を含めたシフト制の場合、生活サイクルが乱れやすいという意見も。夜勤後は昼過ぎまで寝てしまい、気づいたら夕方だったというパターンも少なくありません。固定制よりも休みは多いものの、慣れないと時間を有効に使えない可能性があるでしょう。

そのほか、シフト制で働くメリットとデメリットは、「交代勤務で働くメリット・デメリット」でもご紹介しています。フレックスタイム制や裁量制といった勤務制度についても解説しているので、ぜひ合わせて確認してみてください。

シフト制の正社員求人が多い業種とは?

就職先としてシフト制の仕事を検討中の方は、シフト制が多い業種を知っておきましょう。シフト制の求人が多い業種は、「サービス業」「飲食業」「製造業」の3つです。

1.サービス業

サービス業は、主に接客をメインに行う仕事です。以下に、シフト制の多い職種の例を挙げました。

・アパレル販売スタッフ
・コンビニ、スーパー、ドラッグストアスタッフ
・医療、介護スタッフ

アパレルやコンビニ、スーパーなどで働くスタッフは、接客や品出し、陳列、レジ打ちなどが主な業務です。営業時間が長い場合は、複数のスタッフを早番、遅番などに分けシフト制で対応します。医療現場の看護師や、介護施設で働く介護士は、24時間体制で患者や入居者のサポートを行う場合も。シフト制にすることで、一定のスタッフが現場で患者や入居者をサポートできるようにしています。

2.飲食業

飲食業も、サービス業と同様に接客を行います。飲食業の主な職種は以下のとおりです。

・ホール(接客)スタッフ
・キッチン(調理)スタッフ
・バーテンダー

活躍の場所は、レストランやカフェ、居酒屋、ファストフード点などさまざま。営業時間が長い場合、シフト制により勤務時間をずらして対応する傾向があります。

3.製造業

製造業は、いわゆる工場・倉庫勤務の作業スタッフの仕事が多いでしょう。主な職種は以下のとおりです。

・食品工場の加工スタッフ
・軽作業スタッフ
・製造ラインスタッフ

工場や倉庫の作業スタッフは、昼夜問わず作業を行える場合があるため、稼働時間が長い傾向があります。勤務先によっては、日中勤務や夜から朝方にかけての勤務など、シフト制を導入している場合があるでしょう。

シフト制のなかでも、「土日休みの仕事が知りたい」という方は、「土日休みの職種って?休日数の見方や仕事探しの方法も紹介」を参考にしてみてください。

シフト制の求人を探す際に確認すべきポイントとは

最後に、シフト制の仕事を探す際に確認すべきポイントをご紹介します。

自分の生活スタイルにマッチしているか

先述したとおり、シフト制には主に3つの種類があります。同じシフト制でも、希望のとおりやすさや、勤務時間の総量は異なるため、応募する前にしっかり確認するようにしてください。

「シフト制」以外の面はどうか

シフト制の働き方ばかりに注目していると、業務内容や職場の雰囲気といった大切なポイントを見逃してしまう恐れも。働くうえで、勤務形態も大切ですが、仕事で自分の強みを活かせるか、社風が自分の価値観とマッチしているかといった相性も重要な要素です。よく確認しておかないと、入社後にミスマッチを感じて早期離職につながる場合もあるので、気をつけましょう。

自分に合ったシフト制の仕事をお探しの方は、就職・転職サポートサービスのハタラクティブにご相談ください。

ハタラクティブは、フリーターや既卒、第二新卒向けの就職・転職エージェントです。専任の就活アドバイザーが、丁寧にカウンセリングを行い、あなたにぴったりの求人をご紹介します。さらに、応募書類の添削や面接対策のアドバイス、選考のスケジュール調整といったサポートも万全。効率よく就職・転職活動を進めたい方は、ぜひハタラクティブにご連絡ください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ