退職交渉に最適なタイミングとは?マナーや注意点を解説

退職交渉に最適なタイミングとは?マナーや注意点を解説の画像

この記事のまとめ

  • 退職交渉のタイミングは、退職希望日の2~3ヶ月前が理想的
  • 退職交渉は、業務の引き継ぎや人員補充などを考慮し早めのタイミングを心掛ける
  • 直属の上司へ切り出す際は、忙しい時間帯などを避けたタイミングが好ましい
  • 退職交渉には、退職希望日や有給消化にこだわり過ぎないなどの配慮も必要
  • 収入面を考えると、転職先が決まってから退職交渉をするのが理想的

退職交渉をスムーズに進めるには、マナーを守り適切なタイミングで伝えることが重要です。このコラムでは、退職交渉時のマナーや退職までの流れについて解説します。退職交渉が上手くいかなかった場合、現在の職場のみではなく転職先にも迷惑をかけてしまうことも。上司への適切な伝え方や最適なタイミングを把握して、円満退職を目指しましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

退職交渉をするタイミングとは?

退職交渉は、最適な時期にマナーを守って伝えることが重要です。退職交渉を行う時期は、退職希望日の2~3ヶ月ほど前が最適といわれています。就業規則や業務の流れ、引き継ぎなどを考慮したタイミングで、上司に切り出しましょう。
そのほか、切り出す相手である上司のスケジュールや退職理由の伝え方に工夫するなど、現在の職場に迷惑をかけない、いわゆる円満退職を目指すことが社会人のマナーです。
退職交渉をする際に、「退職交渉をスムーズに進めるには」も併せて読んでおくと、円満に退職できるでしょう。

転職の内定をもらってから退職交渉をする

退職する際はスケジュールが重要。退職を決めたら転職スケジュールを立てて転職活動を行い、内定をもらってから退職交渉を始めるのがスムーズです。求人情報をチェックして応募し、面接や入社試験を受け、内定をどれくらいの時期にもらえるようにするかの目標を立てると、無闇に焦ることなく順調に進むことでしょう。
また、転職先の企業には「○月△日から勤務可能です」など、入社時期を明確に示します。

退職までの流れ

たとえ、転職先が決まっていたとしてもすぐに退職できるわけではなく、手順を踏む必要があります。スムーズに退職できず、転職先の入社日を延期してもらうようなことになっては、転職先の企業に計画性がない、交渉が上手くできないといったイメージを与えてしまうかもしれません。しっかりと先を見据えて、退職交渉をするようにしましょう。

直属の上司に退職の意思を伝える

「直接切り出すのが気まずい」と感じメールで伝えたいと考える人も多いようですが、退職交渉のマナーとしては、直接退職の意思を伝える場を設けましょう。

上司と相談して退職日を決める

次に、自分の希望する退職日を提示し、上司とスケジュールや有給休暇を考慮しながら最終出勤日や退職日を決めます。

退職願を提出する

企業によっては、会社指定の書式への記入や、自分で退職願を書き提出することもあります。その場合、インターネット上にあるテンプレートを参考にしても良いでしょう。

後任者に引き継ぎを行う

後任者や同じ部署のメンバーに、自分が携わっていた業務の引き継ぎを行います。退職後も、業務が円滑に進むように努めましょう。

退職する

最終出勤日を迎えます。最終日にバタバタしないように、自分の業務や引き継ぎ、身の回りの片付けを計画立てて行いましょう。

退職理由はどう伝える?円満退職を叶える方法とは」では、退職までの流れについての詳細を解説しています。

退職交渉をする際の3つのマナー

退職交渉する際、下記の3つのマナーを守ることが重要。自分の希望ばかりではなく、業務や部署全体、上司の置かれている状況に配慮が必要です。

1.就業規則を守る

退職交渉する前に、自社の就業規則を確認しましょう。法律上は、退職届の提出から2週間後に退職できることになっています。しかし、引継ぎ期間や人員補充などの理由で、就業規則に「退職する場合は退職希望日の30日前までに申告する」と記載されていることが多いでしょう。就業規則に則り、退職することが決まったら、早めに伝えるのがマナーです。

2.繁忙期を避ける

社内の業務上、繁忙期に退職をすることは、不可能ではないものの円満退社ではなくなることも。忙しい時期に人手が無くなり、今までお世話になった上司や同僚、取引先など周りへ迷惑をかけてしまうことを念頭に置き、退職交渉を進めましょう。

3.上司のスケジュールを確認し配慮する

上記の繁忙期に含まれることもありますが、退職交渉の場を設ける際には、上司のスケジュールも把握しておく必要があります。大きな商談や打ち合わせの前などの、準備で忙しいタイミングや時間帯は避けたほうが無難です。
話しかけづらいようであれば、事前にメールでアポイントを取っておくと良いでしょう。

円満に退職するためには、部署や上司、規則などに気を配る必要があります。「退職交渉時のトラブルを防ぐために!マナーを知ろう」にも、円満退職のためのコツを解説しているので、ぜひご一読ください。

退職交渉の3つの注意点

退職交渉をする際には、以下のことに気をつける必要があります。

1.強い意志を持って伝える

退職の意思を伝えても、慰留されることもあるでしょう。相談という形で伝えたり迷っているような表現をしたりすると、引き留められスムーズに退職できない可能性が出てくると考えられます。退職を決意したのであれば、強い意思を持って伝えることが大切です。その際、転職先の情報を伝える必要はありませんが、次の目標やキャリアに向かっている意思が固いことを示し、「ありがたいお話ですが」と断ります。
話を切り出しづらいからといって、飲み会の場や大人数がいる場で曖昧に報告せず、「退職交渉の場」できちんと伝えましょう。

2.不満を言わない

退職の意思を伝えると、多くの場合、理由について聞かれるでしょう。その際、職場や仕事の不満を言うのは避けるべきです。たとえ不満があったとしても、「△△の仕事に挑戦したいため」「将来フリーランスとして独り立ちするために、次のステップへ進む必要があると感じました」など、ポジティブな理由に置き換えて伝えます。

3.退職希望日や有給消化にこだわり過ぎない

円満に退職するには、上司や同僚への配慮が必要だといえます。自分の都合ばかり押し通そうとしては、上司や同僚に迷惑をかけてしまうことも。退職希望日や有給消化については、こだわり過ぎず状況に応じて対応するように心がけましょう。

退職を引き止められたときの対処法は?

退職交渉をしたときに、上司に引き止められて困ったという経験をした人も多いようです。対処法として効果的なのは、退職交渉は、相談ベースではなく報告する姿勢で臨みましょう。「△月末をもって退職いたします」と明確な退職の意思を表すことが重要です。曖昧なまま話が終わると、手続きが進まず希望日に退職できなくなることもあります。
また、引き止めにより退職を取りやめた場合には、会社に居づらくなるといった退職交渉前よりも苦しい環境に陥る可能性もあるでしょう。

理想的な退職のタイミングとは?

退職するタイミングは、転職先が決まってからが理想的です。転職先から、口頭ではなく書面で「内定」を受け取ってからが好ましいでしょう。退職して自由な時間が増えてからの方が転職活動はしやすいかもしれませんが、転職先がなかなか決まらないと収入を得られない時期が長くなってしまいます。そうなれば焦りが出て、結果転職先を妥協しなければいけないことにもなりかねません。
そのため、できるだけ仕事と転職活動を両立させた方がいいでしょう。

働きながら転職先を探す際、活動に費やせる時間が限られたり急募の求人に応募しづらくなったりすることもあり、思うように転職活動を進められないと感じるかもしれません。そのような場合は、転職エージェントを活用するのがおすすめです。
ハタラクティブでは、入念なヒアリングを実施し希望に応じたお仕事をご紹介します。面接日程の調整も行っているため、スケジュール管理を徹底し効率良く転職活動に専念できるでしょう。まずは、お気軽にハタラクティブにご相談ください。

退職交渉に関するQ&A

退職交渉に関する不安や疑問をQ&Aで解説します。

メールで退職交渉をしても大丈夫?

メールで退職の意思を伝えるのはマナー違反です。忙しい時期や時間帯は避け、直属の上司に対面で退職交渉を行いましょう。口頭で切り出しづらい場合は、事前に上司へメールでアポイントをとり、時間をとってもらうのがおすすめです。また、メールで退職意思を伝えて、その後改めて退職交渉の場を設けて対面で正式に伝えることもできます。退職時のマナーは、「退職のルールを知ろう!転職先が決まったらやるべきこと」でも解説しています。

退職交渉をするタイミングが難しいです。

退職交渉のタイミングは、退職日から2〜3ヶ月前までに切り出すのが一般的。引き継ぎ業務や業務の進行、上司のスケジュールを考慮する必要があります。また、働きながら転職活動を実施し、転職先から内定通知を受け取ってから退職交渉を行うのが理想的です。「ハタラクティブ」では、働きながらの転職活動を効率的に進められ、退職交渉時のアドバイスも受けられます。また、「【円満退職するために】相談の仕方やタイミングまとめ」でも、適切なタイミングについて解説しているので参考にしてみてください。

円満に退職交渉するコツとは?

退職交渉は、マナーやタイミングが重要です。就業規則を守ったタイミングで退職交渉を行い、退職理由に現在の職場の不満を言わないといったことで円満退職が見込めるでしょう。また、引き止められた際の対処法として、退職の意思を伝えるときに、相談するより報告をする姿勢を持つことです。そのほか、退職日までのスケジュールを立て、引き継ぎ業務をしっかり行うことで円満退職に繋がります。詳しくは、「円満退職をするコツは?タイミングや伝え方に要注意!」でも解説しているので、参考にしてください。

この記事に関連するタグ