退職交渉はいつするのがベスト?マナーや注意点とは

退職交渉はいつするのがベスト?マナーや注意点とはの画像

この記事のまとめ

  • 退職の意思は、退職希望日の2~3ヶ月前に伝えよう
  • 円満退職のポイントは、早めに退職交渉を行い後任者への引き継ぎを済ませること
  • 退職希望日や有給消化にこだわり過ぎないといった、上司や同僚への配慮も必要
  • 収入面を考えると、転職先が決まってから退職するのが理想的

退職交渉をスムーズに進めるには、マナーを守り適したタイミングで伝えることが重要です。退職交渉が上手くいかなかった場合、転職先が決まっているのになかなか退職できないということにもなりかねません。今回のコラムでは、退職交渉のマナーについて解説します。適した伝え方を心得て、円満退職を目指しましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

◆退職交渉はタイミングが大事

退職の意思は、適した時期にマナーを守って伝えることが重要です。退職までの流れや、退職交渉のマナーについて考えてみましょう。

【退職までの流れ】

・直属の上司に退職の意思を伝える
・上司と相談して退職日を決める
・退職願を提出する
・後任者に引き継ぎを行う
・退職する

例え転職先が決まっていたとしてもすぐに退職できるわけではなく、手順を踏む必要があります。スムーズに退職できず転職先の入社日を延期してもらうようなことになっては、転職先の企業に計画性がない、交渉が上手くできないといったイメージを与えてしまうかもしれません。しっかりと先を見据えて、退職交渉をするようにしましょう。

【退職のマナー】

法律上は、退職届の提出から2週間後に退職できることになっています。しかし実際には、後任者を探したり業務の引き継ぎを行ったりする時間が必要となるため、退職の意思は早めに伝えるのがマナーです。
最初に直属の上司に口頭で伝えます。担当している業務が中途半端にならないよう、区切りがいいところまで責任を持って取り組む、または後任者にきちんと引き継ぐようにしましょう。

【退職交渉のベストなタイミング】

退職交渉を行う時期は、退職希望日の2~3ヶ月ほど前がベストと言えます。余裕を持って伝え、しっかり引き継ぎを行うことで円満に退職できるでしょう。退職の交渉は、上司が忙しい時間帯を避けて行います。話しかけづらいようであれば、メールでアポイントを取っておくと良いかもしれません。


◆退職の意思を伝えるときの注意点

退職交渉をする際には、以下のことに気をつける必要があります。

【強い意思を持って伝える】

退職の意思を伝えても、慰留されることが少なくないでしょう。相談という形で伝えたり迷っているような表現をしたりすると、引き留められスムーズに退職できない可能性が出てくると考えられます。退職を決意したのであれば、強い意思を持って伝えることが大切です。
話を切り出しづらいからと言って、飲み会の場で話すことや大人数がいる場でそれとなく報告するようなことは避け、マナーに沿ってきちんと伝えましょう。

【退職希望日や有給消化にこだわり過ぎない】

円満に退職するには、上司や同僚への配慮が必要だと言えます。自分の都合ばかり押し通そうとしては、上司や同僚に迷惑をかけてしまうかもしれません。退職希望日や有給消化については、こだわり過ぎず状況に応じて対応するように心がけましょう。


◆退職はいつするのがベスト?

退職するのは、転職先が決まってからというのが理想的です。退職して自由な時間が増えてからの方が転職活動はしやすいかもしれませんが、転職先がなかなか決まらないと収入を得られない時期が長くなってしまいます。そうなれば焦りが出て空回りしてしまい、結果転職先を妥協しなければいけないということにもなりかねません。
そのため、できるだけ仕事と転職活動を両立させた方がいいでしょう。

働きながら転職先を探す際、活動に費やせる時間が限られたり急募の求人に応募しづらくなったりすることもあり、思うように転職活動を進められないと感じるかもしれません。そのような場合は、転職エージェントを活用するのがおすすめです。
ハタラクティブでは、入念なヒアリングを実施し希望に応じたお仕事をご紹介します。面接日程の調整も行っているため、スケジュール管理を徹底し効率良く転職活動に専念できるでしょう。まずは、お気軽にハタラクティブにご相談ください。

関連タグ