新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 退職届はいつまでに出す?提出のスケジュールと必要な手続きをご紹介

退職届はいつまでに出す?提出のスケジュールと必要な手続きをご紹介

公開日:

最終更新日:

退職届はいつまでに出す?提出のスケジュールと必要な手続きをご紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・退職届をいつまでに出したら良いかは、就業規則をチェックするのが大切
  • ・退職届をいつまでに提出したら良いか分かったら、早めに上司へ退職の意思を伝える
  • ・退職届は直属の上司に提出する
  • ・退職届を提出したあとは、自分の仕事の後任者へ引き継ぎを丁寧に行う
  • ・退職日までに、お世話になった人への挨拶を忘れずにする

監修者:多田健二

キャリアコンサルタント

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!



退職届はいつまでに出したら良いのでしょうか。退職届をいつまでに提出するべきかは、就業規則をチェックすれば分かります。いつまでに提出したら良いかが分かったら、早めに上司へ退職の意思を伝えましょう。
このコラムでは、退職の意思が決まってから実際に退職するまでのスケジュールをご紹介します。また、退職届と退職願の違いについても解説。今の職場を退職したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

退職届とは?

退職届とは、会社の意向に関係なく退職を申し出るための書類です。受理されると退職となり、基本的に撤回できません。退職願は会社の判断を待たなくてはなりませんが、退職届はその必要はありません。退職届と退職願の違いについて詳しくは以下でご説明します。

退職願との違いは?

退職願は退職届と違い、会社の承諾があってから退職に至るのが特徴で、場合によっては却下されることもあります。退職願は、自己都合で契約の解除を願い出たいときに提出する書類です。
なお、辞表は肩書きがある人や公務員が提出するもののため、一般的な社員の場合は提出することはありません。
労働者は基本的に、退職届の提出をもって会社を辞められます。しかし、一方的なやり方によって社内で何らかのトラブルが起こったり、双方にわだかまりが残ったりする可能性もあります。
円満に退社するためにも、まずは退職願という形で自らの意思を伝えるのが好ましいでしょう。

退職届はいつまでに出す?

退職届を提出するタイミングは、就業規則をチェックすると良いでしょう。ここでは、退職届を出す際のポイントをご紹介します。

就業規則をチェックしよう

退職届をいつまでに提出するべきかは、会社の就業規則に書いてあります。就業規則に書いてある期限よりも早めに提出しておくと、スムーズに進むのでおすすめです。法律では、退職届けを退職日の2週間前(14日前)までに提出すれば良いとされています。しかし、1カ月前までの提出が規定されている企業が多いようです。トラブルを回避するためにも、就業規則に合わせて提出しましょう。なお、退職届は直属の上司に提出します。

退職日までのスケジュール

退職の意思が固まり、退職届を提出して実際に仕事を辞める日までのスケジュールをご紹介します。以下を確認し、自分が退職する際の目安にしてください。

退職の意思を上司に伝える

退職の意思が固まったら、上司にその旨を伝えます。いつまでに退職の意思を伝える決まりなのか、就業規則で確認した時期より早めに上司に相談すると良いでしょう。退職理由を伝えるときの注意点は、在籍している会社に対して不満を並べたり、批判的になったりしないようにすることです。自身のキャリア形成のためや家庭の事情などの理由を述べるようにしましょう。また、現在在職している会社やこれまでお世話になった人たちへの感謝を伝えるのも大切です。

退職届の提出

上司と相談し退職日が決まったら、退職届を提出します。なお、退職届は直属の上司に提出しますが、書面には社長名を記入しましょう。
退職を引き止められたり、「辞めたら訴える」と言われたりしたとしても、法律では2週間前に退職の意思を伝えていれば、退職できることになっているので、自分の意思を強く持つことをおすすめします。

引き継ぎを行う

担当している仕事の引き継ぎは、退職日までに必ず行いましょう。後任者は、上司と相談して決定します。進行中の業務内容を後任者に伝えつつ、マニュアルや業務リスト作成なども行っておくと、効率的な引き継ぎが可能です。引き継ぎがしっかりとできていないと、退職後に連絡が来る可能性もあるので、丁寧に行いましょう。

必要があれば有給休暇を使い切る

有給休暇が残っていれば、使い切ることを忘れないようにしましょう。有給休暇がどのくらい残っているのかは、会社に確認しておくと安心です。退職日から逆算し、いつまでに有給休暇を消化しなければいけないのか考えましょう。有給休暇の消化が必要な場合は、余裕を持って退職日を設定するのをおすすめします。

退職前にしておくことは?

退職の準備では退職届を提出するだけでなく、保険・年金関係の手続きや挨拶、備品の返却を行います。以下で詳しくご紹介しているので、見てみましょう。

保険・年金関係の手続き

退職にあたり、保険証返却や年金手帳の受け取りなど、保険・年金関係の手続きが必要です。退職後に間を空けずに働く場合としばらく間を空けてから働く場合では、手続きの内容が異なります。いずれにしても、所属企業の労務・総務などの担当者と適宜確認を取り、間違いがないようにしましょう。

挨拶や備品の返却など

退職前には、挨拶や備品の返却をするのも忘れないようにしましょう。今までお世話になった人に感謝の気持ちを伝えることは大切です。また、備品の返却もきちんと行い、誤って会社の物を持って帰ってしまわないように気をつけましょう。制服がある場合は、自宅での洗濯で良いのか、クリーニングに出す必要があるのか、会社でクリーニングに出すのかなどの確認が必要です。

ほかにも、退職後に必要になる可能性があるので、職場から離職票や源泉徴収票を発行してもらうことも忘れないようにしましょう。
いくつかある手続きをもれなく行い、円満退社を目指すことをおすすめします。

今の職場を退職したい、転職したいと考えている方には、若年層向けの転職エージェントであるハタラクティブのご利用がおすすめです。
ハタラクティブでは、これまで多数の就職および転職に関わった経験を有する就活アドバイザーが求職者をサポート。1対1のカウンセリングから企業別面接対策まで、きめ細やかな支援が同サービスの特色となっています。転職をご検討中の方は、ぜひお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ