一ヶ月前ではもう遅い?退職の意思を伝えるタイミング

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 一ヶ月前ではもう遅い?退職の意思を伝えるタイミング

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・退職を決意してから退職日まで、平均して3ヶ月程度はかかる
    ・上司や同僚、取引先に迷惑をかけないように、退職の意思は余裕を持って伝えよう
    ・円満退職するためには、周囲のことを考えて、計画的に行動することが大切

社会人として働いていると、誰でも一度は転職や退職について考えることがあるでしょう。退職するときは、勤めている会社で手続きを行わなくてはいけません。
上司に退職の意思を伝える時期は、いつ頃が良いのでしょうか。ここでは、退職するまでの期間にやるべきことや、円満退職のポイントについてまとめました。

◆退職を決めてからどれくらいで退職できる?

退職を決めてから、実際に退職するまでは3ヶ月程度かかる人が多いようです。
退職を決意したら、上司へ申告、仕事の引き継ぎ、有給消化など、退職日までに行わなくてはいけないことがたくさんあります。そのため、早期に退職しなくてはいけないような、やむを得ない事情がない限り、3ヶ月程度は必要になると認識しておいたほうが良いでしょう。
退職したいと思ったら、仕事の引き継ぎにどのくらいかかるか、有給休暇は何日分残っているかなどを確認しておきましょう。

また、人手不足などから退職交渉がスムーズに進まず、長引いてしまうことも珍しくありません。
自分の想定以上に引き継ぎに時間がかかってしまう場合や、引き継ぎができる人材がおらず、後任者を新たに採用しなくてはいけないケースもあるでしょう。
ほかにも、退職するということは決めたものの、転職活動に時間がかかってしまいなかなか退職できないという人もいます。

◆退職の意思を伝えるのは一ヶ月前では遅い?

それでは、希望する退職日の一ヶ月前に退職の申告をするのは遅いのでしょうか。
前項で説明したように、退職を申し出てから退職日までには、業務の引継ぎや後任の選定などを行わなくてはいけません。
小規模の会社や人手不足の部署など、後任者を新しく採用しなくてはいけない場合では、一ヶ月前の申告だと遅い可能性もあります。しかし、業務を引き継げる人物がおり、業務の引継ぎが一ヶ月以内に終わるのであれば、申告が一ヶ月前でも遅すぎるということはないでしょう。
上記のように、その時の会社の状況や自分の業務内容などによって変わるため、「一ヶ月前では遅い」とは一概には言えないのです。

また、有給休暇は退職する前に消化してしまいたいもの。退職日までに残っている有給は、基本的に全て使用することができます。
有給休暇の残日数によっては、有給休暇を消化するだけで一ヶ月以上かかってしまう場合もあるでしょう。
退職の意思を申告する際は、有給休暇を取得する日数も考慮して考えることが大切です。

退職の意思を伝える時期は、法律的には退職日から起算して2週間前に申し出れば良いとされています。
しかし実際は、上記のように会社の状況や業務量、有給休暇の残日数などにより、早い時期に申告したほうが良い場合が多いのです。
そのため、退職の意思は余裕を持って、2~3ヶ月前に直属の上司に伝えるのが理想的と言えるでしょう。
会社によっては「○日前までに申告する」と定められている場合もあります。就業規則よりも民法の「2週間」のほうが効力が強いのですが、会社の規則として決められた期間があるならば、そちらに従ったほうが無難です。

◆円満に退職するために

勤続年数に関わらず、お世話になった会社はできるだけ円満に退職したいものです。
円満退職をするためには、一体どのような点に気をつけたら良いのでしょうか。

【退職の意思を確認する】

上司に退職の意思を伝えたとき、引き留められることが多くあります。
一度引き留めに応じてしまうと、その後撤回するのが難しくなってしまうもの。強い引き留めにあっても気持ちは変わらないか、再確認しましょう。
また、必ずしも希望通りの転職先が見つかるとは限りません。転職が上手くいかないと、退職したことを後悔してしまいがち。
本当に退職して良いのか、キャリアプランを基にもう一度考えてみましょう。

【退職理由は個人的なものにする】

退職の意思を伝えると、ほとんどの場合上司から退職理由について尋ねられます。そのとき、会社に対する愚痴や不満といったネガティブな理由は避けましょう。
不満を改善することで引き留められると思われてしまうだけでなく、会社に残る人の心象を悪くしてしまいます。
「将来的にやりたいことができた」「結婚するため」など、個人的かつポジティブな理由にすることで、受け入れてもらいやすいでしょう。

【引き継ぎリストを作成する】

自分が今まで担当していた業務をリストアップし、誰にどの業務を引き継ぐのかまとめることで引き継ぎ洩れを防げます。
業務ごとにマニュアルを作成したり、取引先の担当者の人柄や特徴などをまとめた顧客リストを作成したりするなど、後任者がスムーズに仕事に移れるように丁寧に対応することが大切です。

円満に退職するためには、上記のポイントに気をつけましょう。

転職活動や退職についてお悩みの方は、エージェントを活用するのはいかがでしょうか。
ハタラクティブでは、アドバイザーが退職願の書き方や提出する相手をアドバイスするとともに、入社準備などをサポート。入社後も定期的に連絡し、ミスマッチがないかフォローしています。
退職考えている方、転職したいと思っている方は、まずお気軽にハタラクティブにご連絡ください。

 

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ