雇用保険被保険者証を紛失したら再発行できる?代理人でも手続き可能?

雇用保険被保険者証を紛失したら再発行できる?代理人でも手続き可能?の画像

この記事のまとめ

  • 雇用保険被保険者証とは、雇用保険に入っていることを証明する書類
  • 雇用保険被保険者証は、転職や失業保険の手続きなどのタイミングで必要になる
  • 雇用保険被保険者証を紛失した場合、ハローワークで再発行できる
  • 雇用保険被保険者証の再発行は、代理人が手続きすることも可能
  • 雇用保険被保険者証を代理人が再発行する場合、身分証明書や委任状などが必要になる

雇用保険被保険者証を紛失してしまった際、「再発行できる?」「 代理人に手続きをお願いしても大丈夫?」など疑問や不安を感じる方も多くいるでしょう。雇用保険被保険者証は、雇用保険に加入していたことを証明する書類。しかし、退職後に受け取って、紛失してしまったという人も中にはいるようです。当コラムでは、雇用保険被保険者証を紛失した際の対処法をご紹介します。いざというときの参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

雇用保険被保険者証を紛失したら再発行できる?

雇用保険被保険者証とは、名前のとおり雇用保険に入っていることを証明する書類のことをいいます。企業が雇用保険の加入手続きをすることで発行され、多くの場合は紛失を防止するために会社が保管します。そして、退職のときに初めて当該社員に渡されるというケースが多いようです。もし、雇用保険被保険者証を退職時に受け取り紛失してしまったという場合でも、ハローワークで再発行することができます。また、自分で再発行に行けない場合は代理人が申請することも可能です
雇用保険被保険者証は、転職や失業保険の手続き、教育訓練給付金の申請のタイミングで必要になります。それぞれのタイミングについては、「雇用保険被保険者証とはどんなもの?提出のタイミングや再発行手続きを解説」で紹介しているので、チェックしておきましょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

雇用保険被保険者証の加入条件

雇用保険に加入できるのは以下の条件を満たしている人です。

  • ・1週間の所定労働時間が20時間以上
  • ・31日以上の雇用が見込まれること

条件を満たしている人は雇用保険に加入しているため、退職の際に会社に雇用保険被保険者証があるか問い合わせておくと良いでしょう。一方、前述の加入条件を踏まえると、1日3〜4時間で週3日働く場合や1週間程度の短期アルバイトは加入対象外になります。アルバイトの方で条件を満たしているのか気になる方は、こちらのコラム「アルバイトで雇用保険なしは違法?加入は義務?条件や未加入時の対応」を参考にしてください。

雇用保険被保険者証ってどういうもの?

雇用保険への加入を証明する雇用保険被保険者証ですが、記載されている「被保険者番号」は、1人につき1つの番号が割り当てられるのが原則です。そのため、会社が変わっても引き継いで使用していきます。

雇用保険被保険者証はどこで再発行できる?

雇用保険に加入していたのにも関わらず手元に雇用保険被保険者証がない!という人は、退職後に紛失してしまった可能性があります。手元に雇用保険被保険者証がない場合は、ハローワークで再発行することが可能なので、必要に応じて手続きを行いましょう

再発行に必要なものは以下のとおりです。

  • ・身分証明書
  • ・印鑑
  • ・前に努めていた会社(雇用保険被保険者証を受け取った会社)の住所、名称、電話番号が分かるもの

必要なものを用意して最寄りのハローワークに行きましょう。雇用保険被保険者証の再発行で訪れた旨を伝えれば「雇用保険被保険者証再交付申請書」という書類への記入を求められます。記入した書類を担当職員に提出すれば、早ければ即日に新しい雇用保険被保険者証が交付されるようです。紛失以外に、汚してしまったり破れてしまったりした場合も再交付対象なので、焦らず対処しましょう。
また、このほかにもインターネットや郵送での申請も可能です。再発行の手続きに関しては、「雇用保険被保険者証の再発行に必要なものは?即日対応してもらえる?」でも詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてください。

代理人でも再発行できる?

ハローワークは、原則として平日の9時から17時が基本開庁時間です(場所により延長や土曜開庁あり)。そのため、本人(雇用保険被保険者)が忙しくてハローワークに行けない…というケースもあるでしょう。そのような場合は、代理人でも申請することが可能です

代理人申請を行う場合は、以下のものが必要になります。

  • ・雇用保険被保険者(本人)の身分証明書のコピー
  • ・代理人の身分証明書
  • ・委任状

委任状には決まったフォーマットはないため、代理人の住所と氏名、連絡先を記入してから「私は、上記の者を代理人と認め、雇用保険被保険者証再発行の手続きに関する一切の権限を委任いたします」という一文を入れます。そして、最後に雇用保険被保険者(本人、委任者)の住所と氏名を書いて捺印すればOKです。また、代理人に再交付を頼む場合は前に勤めていた会社の情報(所在地と名称、電話番号)を伝えることを忘れないようにしましょう

このように、雇用保険被保険者証を紛失した際は再発行することができます。しかし、中には「条件は満たしていたのに前職で雇用保険に加入していなかった…」という場合もあるようです。雇用保険は、労働者の意思に関係なく会社が加入するものなので、条件を満たしていたにも関わらず雇用保険に加入していない場合は勤務環境に問題がある可能性もあります。

「勤務環境の良い企業で働きたい」と考えているなら転職エージェントに相談してみてはいかがですか?ハタラクティブは、専任アドバイザーが企業を訪問して求人内容を確認しています。そのため、勤務条件や職場環境など、求人サイトでは分かりにくい情報をお伝えすることが可能です。さらに、あなたの希望する条件や適性から判断して求人を紹介。納得できる条件で転職をしたいと考えている方はぜひご利用ください。

この記事に関連するタグ