1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 雇用保険被保険者証とは?紛失時の再発行方法や渡される時期を解説

雇用保険被保険者証とは?紛失時の再発行方法や渡される時期を解説

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・雇用保険被保険者証とは、雇用保険に加入したときに発行される証明書のことを指す
    ・雇用保険は2つの加入条件を満たすことで加入できる
    ・雇用保険被保険者証は退職時に手渡しや郵送で渡されるケースが多い
    ・雇用保険被保険者証を紛失した際は、ハローワークで再発行できる

雇用保険被保険者証とは?紛失時の再発行方法や渡される時期を解説の画像

「雇用保険被保険者証って何?」「いつもらえるの?」と疑問に感じる方も多いでしょう。退職の際に初めて本人へ渡されるということもあるため、なかには目したこともないという人もいるのではないでしょうか。雇用保険被保険者証とは「雇用保険に加入したときに発行される証明書」のことを指します。このコラムでは、その概要や再発行方法、雇用保険の加入条件などを詳しく解説します。

監修者:室谷彩依

キャリアコンサルタント

就職アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!


雇用保険被保険者証とは

雇用保険被保険者証とは「雇用保険に加入したときに発行される証明書」のこと。雇用保険への加入手続きは、最初に就職した企業が行います。雇用保険被保険者証は紛失防止のために企業側が保管し、退職の際に初めて本人へ渡されるというケースが多いようです。


雇用保険被保険者証はどのような書類?

雇用保険は転職をしてもそのまま引き継がれるため、転職の際は新しい就職先の企業から雇用保険被保険者証の提出が求められます。
また、証明書に記載されている「資格取得等確認通知書」という部分には前職の会社名などが書かれていますが、転職先の会社に提出する際には提出しなくても問題ありません。


雇用保険に加入する条件

ここでは雇用保険に加入する2つの条件をご紹介します。正社員の方は、ほとんどの場合、雇用保険に加入していると考えられます。条件次第ではパートやアルバイトでも加入手続が必要です。
しかし、すべての従業員が無条件で雇用保険に加入できるわけではないので注意しましょう。


1週間で20時間以上労働していること

まず、1週間の所定労働時間が20時間を超えていなければなりません。そのため、週に数回、短時間のアルバイトなどの勤務は加入対象外です。所定労働時間とは、休憩時間を含む拘束時間ではなく、給与の発生する「労働に従事していた時間」を指します。


31日以上継続して雇用される見込みがあること

さらに、31日以上引き続き雇用されることが見込まれている必要があります。したがって、1日や1週間のみの勤務では加入対象外であり、保障を受けることはできません。


雇用保険被保険者証はいつ発行されるの?

雇用保険被保険者証は、会社がハローワークに雇用保険被保険者資格取得届を提出してからハローワークで発行される書類です。そのため、ハローワークの手続き次第ですが、通常は1カ月程度でもらえます。
紛失防止で雇用保険被保険者証を本人に渡さず会社で保管しているところも多く、その場合であれば、受け取るのは退職時です。
退職時に手渡しもしくは郵送されますが、なかなか届かない場合は会社の対応が遅れている恐れがあります。失業保険を早く受給するため、または早く再就職先を見つけた場合のためにも会社へ問い合わせを行い、早めに受け取るようにしましょう。


雇用保険被保険者証に有効期限はある?

雇用保険被保険者証には、被保険者番号というものが記載されており、転職して所属する会社が変わった場合でも同じ番号が引き継がれます。
ただし、7年以上雇用保険適用下で働いていない場合、その番号はハローワークから抹消されてしまうので注意が必要です。離職してから再就職するまでに時間が空いた場合には、再就職先に新しく雇用保険被保険者証の発行手続きをしてもらわなくてはいけません。条件を満たしていれば、事業主が加入の手続きをしてくれますが、念のため自分から申告しておくと良いでしょう。

雇用保険被保険者証と離職票の違い

退職の際は、雇用保険被保険者証のほかにも離職票が渡されます。
離職票は、正式名称を「雇用保険被保険者離職票」といい、ハローワークで失業保険給付の申請をする際に、失業中であることを証明するために必要な書類です。
名称が似ていることから雇用保険被保険者証と混同されがちですが、離職票は退職した旨を証明するもので、転職先から提出を求められることはほとんどありません。
離職票は退職後から10日前後で受け取れます。10日程度経過しても届かない場合は、念のため退職した企業に問い合わせてみましょう。なお、雇用保険に加入していない人は離職票が交付されないので注意が必要です。


離職票の種類について

離職票は「離職票Ⅰ」と「離職票Ⅱ」の2種類があります。
離職票Ⅰはカードタイプで、氏名やマイナンバー、退職する企業名、払い渡しを受ける金融機関などが書かれています。離職票Ⅱには、氏名や退職した会社の名称、住所、退職前の賃金額や退職理由などが記されたものです。
これらの情報を元に失業給付の判断がされることになります。
失業保険給付の手続きが遅れてしまうと、失業保険が途中で打ち切られる可能性もあるので、失業保険給付を受ける際は離職票の速やかな提出を心がけましょう。

雇用保険被保険者証を紛失時の再発行方法

ここでは、紛失してしまった際の再発行の方法と、その依頼先をご紹介します。
退職から再就職までの期間に、雇用保険被保険者証を紛失してしまうケースは珍しくありません。雇用保険被保険者証は小さな書類のため、気を付けて保管しないと失くしてしまいがちです。


ハローワークで再発行できる

雇用保険被保険者証を紛失してしまった場合は、ハローワークにその旨を伝えると「再交付申請書」という書類を渡されます。氏名や住所、前職の会社名などを書き込んで提出しましょう。申請が通れば即日発行が可能です。
ハローワークは基本的に土曜・日曜・祝日や年末年始が休みであったり、再発行ができる時間帯が決まっていたりするため、自分の行くハローワークの対応時間をあらかじめ確認しておきましょう。


インターネットでの電子申請

平日の日中に再発行の手続きをする時間がとれない方は、電子申請がおすすめです。電子申請は電子政府の総合窓口「e-Gov」から手続き可能で、24時間いつでも利用できます。ただし、電子申請には認証局が発行するICカード型電子証明書と、ICカード型電子証明書を読み込むためのカードリーダーを準備する用意があるので注意しましょう。


代理申請

代理人による雇用保険被保険者証の再発行も可能です。通常の持ち物に加え、委任状と代理人の本人確認書類を追加で持っていくことで、再発行してもらえます。


郵送での申請

雇用保険被保険者証の再発行は、郵送で申請することも可能です。郵送での申請の場合、返送までに通常1週間程度時間がかかります。そのため、即日必要な場合は窓口で申請をするほうが良いでしょう。郵送の場合、切手を貼付した返信用封筒を入れるのを忘れないようにしてください。


再発行する際に必要な物

ここでは、再発行の手続きに必要なものを解説します。うっかり忘れてしまわないよう、事前にチェックしておきましょう。


本人確認ができるもの

まず第一に本人確認ができるものが必要です。「運転免許証」「マイナンバーカード」「雇用保険受給資格者証」「写真付き住民基本台帳カード」「パスポート」など、同時に住所も確認できるものを用意しましょう。


印鑑

普段持ち歩くものではないので、忘れないようにしてください。
シャチハタなどスタンプ式の印は使用できないので、朱肉を使う印鑑を持っていきましょう。


退職した会社の情報

雇用保険被保険者証を再発行する際には、退職した会社の情報も控えておく必要があります。会社の正式名と住所、電話番号をメモして行きましょう。特定の書類を用意する必要はなく、メモ書きで問題ありません。

雇用保険被保険者証が必要になる3つのタイミング

雇用保険被保険者証を受け取ったは良いものの、どのようなタイミングで使われるのか分からない方もいるでしょう。ここでは、雇用保険被保険者証が必要になるタイミングを3つに分けてご紹介します。


1.失業保険の給付金を受け取るとき

失業保険の給付金を受け取るときは、ハローワークに被保険者番号を提示する必要があります。失業手当とは、次の転職先を決めずに仕事を辞めた場合でも最低限の生活を送れるよう、経済的支援が受けられる制度のことです。
被保険者番号を確認するのに雇用保険被保険者証が必要なので、準備しておきましょう。


2.教育訓練給付金の支給を受けるとき

教育訓練給付金の支給を受けるときにも、雇用保険被保険者証が必要です。
ハローワークでは、雇用保険に3年以上加入している人の、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的に、能力開発の取り組みや中長期的なキャリア形成を支援しています。
教育訓練給付金は、そうした教育訓練受講に支払った費用の一部が支給されるものです。その手続きの際に、ハローワークで雇用保険被保険者証の提出が求められます。


3.転職するとき

転職するタイミングでも雇用保険被保険者証が必要です。日本国内で働く場合、外資企業に就職して海外赴任になったとしても、海外現地採用でない限り雇用保険制度が適用されます。
転職先で入社する際に必要な書類の1つに、必ず雇用保険被保険者証が含まれます。厳密には必要なのは番号のみなので、コピーでも問題ありませんが、念のため手元に現物があることも確認しておくと良いでしょう。


転職を検討している方は、若年層に特化した就職・転職支援サービスのハタラクティブへお気軽にご相談ください。
ハタラクティブでは、プロのアドバイザーがマンツーマンであなたの就職・転職活動をサポートします。
ここにしかない求人情報や企業情報も多数取り揃えているので、希望条件に適した転職先がきっと見つかるでしょう。サービスは全て無料なので、安心してご利用いただけます。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる