雇用保険被保険者番号は転職後も同じ?変わることはある?

雇用保険被保険者番号は転職後も同じ?変わることはある?の画像

【このページのまとめ】

  • ・雇用保険被保険者番号とは、雇用保険被保険者証に記載されている11桁の番号
  • ・転職や引っ越しなどで雇用保険被保険者番号が変わることはなく、継続して使う
  • ・雇用保険被保険者番号は失業給付や転職のための求職登録、教育訓練などで必要になる
  • ・雇用保険被保険者証を紛失した場合は、ハローワークで再発行の手続きが可能

退職時や転職時に、必要になるのが「雇用保険被保険者番号」です。「いったいどの番号のこと?と思った時には、雇用保険被保険者証をチェックしましょう。転職時に番号が変わる場合があるかどうか、事前に基礎知識を身に付けておくと安心です。
このコラムでは、雇用保険被保険者番号の確認方法や必要な場面について解説。紛失時の対処法も紹介しているので、困った時の参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

雇用保険被保険者番号とは?

雇用保険の加入を証明する11桁の番号で、雇用保険被保険者証に記載されているものです。雇用保険の番号には企業を示す「事業所番号」と被保険者個人を示す「被保険者番号」があり、被保険者証には被保険者番号が記載されています。その他の記載内容は、被保険者の氏名、生年月日などです。
雇用保険被保険者証は、就職した会社で「雇用保険の加入時に発行される証明書」です。基本は労働者が入社した際に、事業主が手続きを行います。そのまま会社で保管してされる場合が多く、退職時に離職票などとともに本人に手渡されるのが一般的な流れです。
転職先でも雇用保険は引き継がれるため、転職時の手続きでは「雇用保険被保険者証」を提出する必要があります。転職先の会社で、雇用保険被保険者証に記されている被保険者番号を確認するためです。
雇用保険被保険者証についてさらに詳しく知りたい方は、「知っておきたい!雇用保険被保険者証のこと」のコラムをご覧ください。基礎知識を分かりやすく解説しています。

転職したら番号は変わる?

雇用保険被保険者番号は、1人につき1つの番号と決まっています。「雇用保険被保険者証」は入社する会社ごとに発行されますが、番号は退職や転職をしても変わることはなく、継続して使用するのが基本です。企業に所属し、雇用保険料を納めている限り、同じ保険証・同一番号を使い続けることになります。
そのほか、結婚や離婚などによる姓の変更や、引っ越しによる住所の変更があっても、雇用保険被保険者番号は変わりません。ただし、姓の変更があった場合は、雇用保険被保険者証の氏名の変更手続きが必要です。

雇用保険被保険者番号から職歴は分かる?

新しい職場にも雇用保険被保険者証が引き継がれ、以前と変わらない番号を使い続けるとなれば、「被保険者証や被保険者番号から、過去の職歴が分かってしまうのでは?」と不安を感じる方もいるのではないでしょうか。結論からお伝えすると、雇用保険被保険者証から職歴は分かりません
雇用保険被保険者証に記載されているのは、被保険者番号と氏名、生年月日のみです。転職先企業は、これら以外の情報を入手することはできないので安心してください。

ただし、雇用保険被保険者証が雇用保険被保険者資格等確認通知書とつながっている場合、通知書の方には、前の職場の名前や働き始めた時期が記載されています。前職に関する情報を知られたくない場合、事前に通知書と被保険者証を切り離しておきましょう。
転職先に提出するのは被保険者証のみで、通知書を提出する必要はありません。

転職で雇用保険被保険者番号が変わるケースとは?

基本的には、同一番号が引き継がれる雇用保険被保険者番号ですが、過去の就労状況や転職のタイミングによっては、番号が変わるケースもあるようです。
雇用保険から外れて7年が経過すると、雇用保険被保険者番号データは削除されるといわれています。このため、「妊娠・出産のために退職し、7年経過した後に再就職した」という場合には、以前と同じ番号は使用できない可能性が高いです。
再就職先の企業に、「7年間雇用保険に加入していない」旨を伝えて、新規で番号を取得してもらう必要があるかもしれません。

とはいえ、実際には、「離職期間7年と言われても…過去の保険加入状況がよく分からない」という場合もあるかと思います。この場合、以前の雇用保険被保険者番号が使えるのかどうか、事前にチェックしておくことが大切です。最寄りのハローワークへ出向き、氏名や被保険者番号を伝えれば、現在の状況を教えてもらえるでしょう
転職時の手続きについては、「雇用保険被保険者証ってどんなもの?転職時に必要となる理由とは」でも詳しく解説しています。併せてご覧ください。

雇用保険被保険者番号はいつ必要?

退職後、ハローワークで行う失業給付の申請の際に必要になります。他に介護や育児関係の休業給付の申請などにも使用しますが、その場合は所属先の企業が手続きを代行してくれることがほとんどなので心配ないでしょう。
一方、失業給付の手続きには個人での申請が必要です。失業給付は退職後から再就職まで生活を維持するために重要なもの。退職したら、会社から雇用保険被保険者証を必ず受け取り、紛失しないように気をつけましょう。
もし退職時に手渡しされず、後日に離職票などとまとめて郵送される場合は、手元に届いたら必要な書類が揃っているか確認することをおすすめします。

また、教育訓練給付金の支給を受けるためにも、雇用保険被保険者番号が必要です。
教育訓練給付金とは、指定の訓練を受講した場合に給付されるお金のこと。雇用保険に3年以上加入している人であれば利用でき、給付されたお金は受講費の一部に充てられます。
転職時には、「スキルアップのため」「就職先の選択肢を広げるため」といった理由で、教育訓練を希望する方も多いもの。雇用保険被保険者証を、忘れずに準備しておきましょう。

転職先に提出するのは雇用保険被保険者証の原本

転職先が決まったら、雇用保険被保険者証を提出して、雇用保険の再開手続きを取ってもらうことになります。この時に提出するのは、基本的に、雇用保険被保険者証の原本です。
転職先企業の担当者にとって必要なのは、雇用保険被保険者証に記された雇用保険被保険者番号ですから、コピーを提出しても手続き上は問題ありません。
とはいえ、わざわざコピーを取るのも手間がかかるもの。基本的には原本を提出しましょう。
ただし、雇用保険被保険者資格等確認通知書がセットになっている場合、こちらは切り離して構いません。雇用保険被保険者証のみを提出すれば大丈夫です。
雇用保険について気になったら「雇用保険に加入義務はあるの?加入条件や保険の意味を解説!」のコラムもチェックしてみてください。

雇用保険被保険者証を紛失したらハローワークへ

普段、目にする機会が少ない雇用保険被保険者証は、退職をきっかけに紛失に気づくケースも多いものです。紛失した場合でも、最寄りのハローワークに行けば再発行してもらえるので、安心してください。再発行の手続きに必要なものは、以下のとおりです。

・身分証明書
・印鑑
・雇用保険被保険者証再交付申請書

雇用保険被保険者証再交付申請書は、ハローワークの窓口で入手できます。申請書には氏名や住所、性別といった本人確認事項のほか、最後に所属していた事業所の名前や住所の記載を求められます。
事前に情報をまとめていきましょう。
取得年月日や被保険者番号、紛失の理由など、「どう書けば良いのか分からない…」と感じる箇所もあるでしょうが、窓口の職員に質問すれば大丈夫です。日付や番号などは、職員の方で調べてもらえます。再発行申請は無料で行えますし、手続きに難しいところもありません。非常に重要な書類ですから、紛失に気づいたら、できるだけ早いタイミングで再発行してください。

雇用保険被保険者番号以外にも、転職の際に必要な書類が分からない場合や、不安なことがある時はぜひハタラクティブにご相談ください。
退職や転職の手続き、求職活動を一人で行うことに不安を感じる人は多いでしょう。
ハタラクティブでは、専任のアドバイザーがきめ細やかにヒアリングを行い、一人ひとりの転職活動をバックアップ。転職時に悩みがちな履歴書作成の添削や、面接対策などをマンツーマンでサポートします。「効率的に転職活動を進めたい」という方は、お気軽にご相談ください。

雇用保険被保険者証番号の継続についてのQ&A

雇用保険被保険者番号とは、雇用保険の加入者1人1人に与えられる11桁の番号のことです。ここでは、転職に伴う雇用保険被保険者番号に関するお悩みをQ&A方式でお答えします。

雇用保険被保険者番号は何を見ればわかりますか?

雇用保険被保険者番号は、雇用保険証に記載されています。この雇用保険証は会社に入社した際に発行されるものです。入社または退職のときに会社から渡されるので、大切に保管しておきましょう。雇用保険者証については「知っておきたい!雇用保険被保険者証のこと」をご覧ください。

雇用保険被保険者証を失くした…どうしたら良い?

雇用保険被保険者証はハローワークで再発行ができます。万が一雇用保険に未加入だった場合は、すぐに適切な書類を用意して申請したほうが良いでしょう。「雇用保険の加入は義務!入らないとどうなる?条件や未加入時の対応」でも詳しく解説しています。雇用保険は各種手当を受けるために必要な保険です。いざという時のために、しっかり確認しておきましょう。

パートやアルバイトでも雇用保険被保険者番号は必要ですか?

パートやアルバイトでも条件を満たしていれば、雇用保険に加入することができます。そのため、勤務先から雇用保険被保険者番号の提出を求められることがありますので準備しておくと良いでしょう。「フリーターは雇用保険に加入できるのか?」というコラムでは、雇用保険についてのメリットをご紹介しています。

雇用保険被保険者証と離職票は何が違いますか?

雇用保険被保険者証は、保険に加入していることを証明する書類です。対して離職票とは、離職後に発行される証明書のことを指します。それぞれの詳しい違いは「アルバイトは離職票がもらえる?雇用保険未加入では?届かないときの対処も」で解説していますのでご覧ください。雇用保険被保険者番号は再就職のときに必要なので確認しておくことをおすすめします。なお、転職の際に必要な書類がわからなかったり、不安なことがあるときはハタラクティブにご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION