退職までの気まずい雰囲気は、どうやって乗り越える?

退職までの気まずい雰囲気は、どうやって乗り越える?の画像

この記事のまとめ

  • 退職の意思を伝えたあとに同僚との関係が悪化し、気まずさを感じることがある
  • 退職を後ろめたく感じ、気まずいと思い込んでいる可能性もある
  • しっかり引き継ぎを行ったり、それまで以上に意欲的に働くことで気まずさは和らぐ
  • 退職に批判的な方とは距離を置き、ある程度割り切ることも必要
  • 退職日までの気まずさを解消するには、早めに転職活動を始めることも一つの方法

退職の意思表示は、辞める日の1〜3ヶ月前に行うのが一般的です。実際に退職するまでの期間に、職場で気まずい思いをすることもあるでしょう。
居心地の悪さを感じないためには、きちんとした退職の手順を踏むことや会社や仕事への不満を口にしないことが大切です。「なぜ気まずいのか」や「気まずさを和らげる方法」などについて考えてみましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

退職する日までは気まずい?

退職する意思を会社に伝えた後、上司や同僚に対して「気まずい…」と感じる方もいるでしょう。
ここでは、退職の意思表示を伝えてから辞めるまでの期間に、気まずい思いをする理由を解説します。「職場で居心地の悪さを感じたくない」「気まずい思いをするのは嫌だ」という場合は、ぜひ参考にしてみてください。

気まずさを感じる理由

上司や同僚へ退職を切り出すと、「気まずい…」と感じることが考えられます。退職すると聞き、「辞めるのであればもう仲間ではない」と思う方がいるようです。なかには、退職の意思を伝えた後に冷たい視線を送られたり、嫌がらせをされたりする場合も。「辞めると言ったら態度が変わった」と感じるのは、上司や先輩社員が「入社当初から熱心に指導してきた」「今後に期待していた」と裏切られたように思っている場合があります。
また、新卒入社して間もなく退職することがなかなか理解されず、「気まずい…」と感じることもあるもの。「甘えている」「逃げている」と感じる方もいるため、気まずい雰囲気になることもあるでしょう。
そのほか、退職が決まってから仕事の手を抜くことがあると同僚との関係がより悪化したり、気まずさを感じたりする原因になると考えられます。

思い込みや考え過ぎの場合もある

「退職することで上司や同僚に影響が出る」と考え、「迷惑をかけてしまう」「後ろめたい」と感じることも少なくありません。
しかし、退職することに対して冷たい視線を送ってくる方ばかりではありません。後ろめたく感じて気まずいと思い込んだり、考え過ぎたりしている可能性もあります。
仕事の引き継ぎや挨拶回りなど、退職までの手続きをきちんと行えば気まずさは薄れるでしょう。

「仕事を辞めたいけど言えない」とお悩みの方は「仕事を辞めたいけど言えない!退職を切り出すのが怖いときの対処法とは?」のコラムも参考にしてみてください。仕事を辞めたいけど言えない理由や対処法、退職を伝える際のコツを紹介しています。

気まずさを和らげる方法

気まずさを和らげるには、以下のようないくつかの方法があります。

  • ・会社や仕事の不満を言わない
    ・引き継ぎをしっかり行う
    ・それまで以上に意欲的に仕事をする
    ・退職に批判的な人とは距離を置く
    ・割り切る

会社や仕事の不満を言わないことや引き継ぎをしっかり行うことは、退職するうえで大切なマナーともいえます。今後もその会社で働く上司や同僚に「不快な思いをさせない」「極力迷惑をかけない」ことを意識すれば、気まずさは軽減するでしょう。
また、辞めるからといって手を抜いたり適当に仕事をしたりせず、それまで以上に意欲的に働けば気まずい雰囲気になりにくいといえます。

退職することに対して、あまりにも批判的な方とは距離を置くのも一つの手段です。退職することを快く思わない方がいるときは、ある程度は割り切ることも必要といえます。
引き継ぎや挨拶といったことに集中し、退職日まで過ごしましょう。

「退職までの期間をどのように過ごせば良いか」とお悩みの方は、「退職までの期間の過ごし方を紹介!円満に辞めるためにすべきことを解説」のコラムもチェックしてみてください。なぜ退職までの期間がつらくなってしまうのか、その原因を紹介しています。

退職の意思を伝える時期

退職を決意したら、遅くても1ヶ月半前には上司に伝えるのがベター。退職の意思を伝えるときは「お詫びの枕詞+退職の意思表明」をしっかり意識しましょう。
ただし、企業によって細かい流れは異なるため、企業の指示に従うようにしましょう。

早めに転職活動を始めよう

気まずい雰囲気を必要以上に気にしないようにする方法の一つは、早めに転職活動を始めることです。次の職場が決まっていると、気まずさはそれほど気にならなくなるでしょう。

在職中に転職活動を始めると、なかなか時間を確保できない場合もあります。しかし、退職後に転職活動を始めようと思っていると、先延ばしにしてしまうことも。
厚生労働省の「令和2年転職者実態調査の概況(個3.転職について) (3)転職活動を始めてから直前の勤め先を離職するまでの期間(p.20)」によれば、転職者の多くは転職活動を始めてから直近の勤務先を離職するまで、1ヶ月以上3ヶ月未満の期間を要しています。具体的には、「1ヶ月以上3ヶ月未満」が28.8%、「転職活動期間なし」が23.6%、「1ヶ月未満」が18.3%でした。転職活動に必要な期間は個人によって異なりますが、一般的には1ヶ月以上3ヶ月未満の期間を要するようです。無職の期間が長くなればなるほど転職活動において不利になるうえに、焦りも出やすくなります。そのため、早めに転職に向けて動き出すと良いでしょう。

早めに転職先を決めることで、気持ちに余裕をもてることもあります。また、マナーを守り正しい手順を踏んだうえで退職し、転職先が決まれば、快く送り出してくれる方は多いでしょう。
働きながら転職活動をしたいと考えている方は、「働きながら転職活動するのは無理?メリット・デメリットや成功のコツを紹介」のコラムも、ぜひご一読ください。働きながら転職活動をするメリット・デメリットについて解説しています。

参照元
厚生労働省
令和2年転職者実態調査の概況

在職中に転職活動を始めるのであれば、転職エージェントを活用するのがおすすめです。
若年層向け転職エージェントのハタラクティブでは、経験豊富なキャリアアドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを実施。人生相談や面接対策など、幅広く対応しています。また、面接日や入社日の調整も行っているため効率的です。所要時間1分程度でできる、性格から分かる適職診断も行ってみましょう。転職活動に不安がある方は、ぜひハタラクティブへご相談ください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ

目次