働きながら転職活動するのは無理?詳しいやり方や成功のコツをご紹介

働きながら転職活動するのは無理?詳しいやり方や成功のコツをご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 働きながら転職活動を行う方がメリットは大きい
  • 働きながら転職活動を行う際は職場に悟られないよう行う
  • 働きながら転職活動することは収入の不安がなくブランクが発生しないという利点がある
  • 働きながらの転職活動には、活動時間の制限や緊急募集への応募困難といった短所もある

働きながら転職はなかなか時間がとれず難しいと感じる方は多いでしょう。働きながらの転職活動を成功させるには、転職の軸となる価値観を明確にすることが大事です。転職を検討しているのであれば、計画的に進めるようにしましょう。このコラムでは、働きながら転職活動する際のやり方やメリットをご紹介。また、仕事をしながらの転職活動を成功させるコツも解説するので、転職を考えている方はご覧ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

働きながら転職活動する4つのメリット

働きながら転職活動する4つのメリットの画像

ここでは、働きながら転職活動する4つの利点についてご紹介。働きながら転職活動を行うことには、以下のようなメリットがあります。

1.収入の不安を考えずに転職先を選べる

1つ目のメリットは、収入の不安なく転職先を選べることです。仕事を辞めてから転職活動を行うと、次の就職先が決まるまでの間は収入がありません。すぐに新しい仕事が決まれば良いですが、転職活動が上手くいかないと貯金が日ごとに減り不安になってしまうでしょう。
働きながら転職活動を行えば今までどおりの収入があるため、経済面の不安はありません。転職活動に必要な費用はどうしても出てきてしまいますが、収入がない状態に比べれば気持ちに余裕を持って転職活動に取り組めるでしょう。

2.職歴にブランク期間が発生しない

2つ目のメリットは、職歴にブランク期間が発生しないことです。企業によってはブランク期間がある応募者に不安を覚えることもあるため、転職活動が難航する場合もあります。
働きながら転職活動をすれば、ブランク期間は発生しません。即戦力として役立つと評価される可能性も高くなるでしょう。

3.途中で転職活動を中止できる

3つ目のメリットは、途中で転職活動を中止することもできるという点です。現在の会社に不満があり転職活動を始めたものの、他の会社と比較することで今の職場の良さが分かる場合もあります。
仕事を辞めてから転職活動を始めた場合、退職した会社の良さに気付いても戻ることはできません。そのため、働きながら転職活動をする方が良いといえるでしょう。

4.転職活動がうまくいかなくても今の仕事を続けられる

4つ目のメリットは、働きながら転職活動を行えば新しい仕事が決まらなくても、焦らず今の仕事を続けられることです
仕事を辞めてから転職活動が上手く行かなかった場合、無職になってしまいます。無職の期間が長ければ企業の目が厳しくなり、さらに転職活動が難航するという悪循環に陥ってしまう可能性も。転職活動に失敗した際のリスクを回避するという意味でも、働きながら転職活動を行う方が良いでしょう。

働きながら転職活動をするメリットやコツについては、「在職中でも転職はできる?コツやメリットを紹介」のコラムでも紹介しています。ぜひご参照ください。

働きながら転職活動する4つのデメリット

ここでは働きながら転職活動する4つの短所について解説します。働きながら転職活動を行うのにはメリットがある反面、以下のようなデメリットがあることも知っておきましょう。

1.時間が制限される

働きながらでは、転職活動に割ける時間が制限されるデメリットがあります。応募書類の作成も仕事が終わってからか休日に行わなくてはならず、面接日時の調整も働きながらでは大変です。面接日が平日ならば、会社を休む必要もあるでしょう。有給休暇が取りにくい職場であれば時間の確保も難しく、転職活動がしにくくなる可能性があります。

期間を定めて転職活動の長期化を防ごう

働きながら転職活動をする場合は、期間を定めることが大事です。働きながらの転職活動は、収入面で安定していることで焦りがなくなり、長期化する恐れがあります。転職活動の長期化を防ぐためには、3ヶ月以内や半年のように具体的な期間を設けておきましょう。

2.退職の話がこじれる場合がある

働きながら転職活動をして新しい仕事が決まっても、退職を切り出したときに話がこじれる場合があります。再就職先の内定が出たからといって自分だけの都合で退職日を決めてしまうと、トラブルになってしまうでしょう。
退職の際は仕事の引継ぎなどを考慮し、今の職場に迷惑をかけないタイミングで辞める必要があります。「どうせ退職するのだから迷惑をかけても良いだろう」という考えは危険です。転職した先で今の会社と取引が発生することも考えられるので、辞める際は円満退職を目指しましょう。

3.緊急募集には応募できない

働きながらの転職活動では、早急に人材を求めている緊急募集には応募ができないという欠点があります。働きながら転職活動をしていると、内定をもらってもすぐに転職はできません。企業がどうしても欲しい人材であれば少しは待ってもらえるかもしれませんが、すぐに入社できないことで不採用になる可能性が高いでしょう。

4.面接先で入社可能時期が明確に答えられない

働きながら転職活動をしていると、面接先で入社可能時期を聞かれても明確に答えられないというデメリットがあります
しかし、入社可能時期は転職活動で質問されるため、聞かれたら答えられるように決めておかなければなりません。大まかでも構わないので、あらかじめ決めておきましょう。
一般的に面接から1~3ヶ月後までが理想的な入社時期とされています。入社可能な時期が極端に遅いと志望度が低いとみなされる可能性も。在職中の入社可能時期を伝える際は、なぜその時期になるのか具体的な理由もあわせて伝えるようにしましょう。

働きながら転職活動する際のやり方

働きながら転職活動する際のやり方の画像

ここでは、働きながら転職活動する際の7つの手順について解説します。実際に働きながら転職活動をする場合、どのように行えば良いのか見てみましょう。

自己分析し転職を計画する

転職の目的と退職のタイミングを考えたら、自己分析をして転職を計画しましょう。一度就職をして社会経験やスキルを持った今、改めてもう一度自己分析をする必要があります。
転職活動には履歴書や職務経歴書、ポートフォリオ、面接など、自分自身を説明しアピールする場が多く、長所や強みを企業に理解してもらわなければなりません。そのため、働きながら転職活動する際は、自己分析を用いて今現在の自分の長所を掘り起こしておきましょう。

企業の情報を収集する

自己分析ができたら、自分の転職の目的に合った求人を探すため、企業の情報を収集しましょう。
企業の情報収集はインターネットや本などで行うことが多いです。ただし、インターネットで企業の情報収集を行う際、会社のパソコンを使用するのはNG。履歴を通して働きながら転職活動を行っていることが悟られてしまう可能性があるため避けましょう。
また、企業情報は、業界や企業の特徴だけではなく将来性や離職率などさまざまな情報を収集する必要があります。

転職先への条件を絞り込んで応募する

企業の情報を収集したら、転職先へ求める条件を絞り込み応募しましょう。自分の中で転職の目的について優先順位を決め、最も優先したい条件、2番目、3番目と設定します。
最も優先したい条件については妥協せず、2番目、3番目を考慮しながら企業の募集要項を見ることで、応募するかどうかの線引きがしやすくなり、志望先を絞り込むことができるでしょう。
このとき注意したいのが、同時期に応募し過ぎないことです。応募したすべての求人で書類審査を通過した場合、毎日のように面接があるということになりかねません。働きながらの転職活動だと、日程調整に苦労するだけでなく、会社に転職活動を悟られる可能性もあるので気を付けましょう。

履歴書や職務経歴書を作成する

書類審査を通過したら、履歴書や職務経歴書を作成します。自己分析した内容を基に、志望動機や自己PRなどを詳しく記入し、応募する企業が求める人材であることをアピールしましょう。

面接を受ける

企業の多くは面接日に平日を指定してくるため、働きながら転職活動を行う際は、有給休暇や半日休暇を取って面接に挑みましょう。
職種や業界にもよりますが、中途採用では即戦力になる人やコミュニケーション能力の高い人、リーダー性がある人が求められることが多い傾向にあります。そのため転職活動では、自己分析に基づき自分のスキルやキャリアをアピールするのがおすすめです。

内定をもらったら退職の意思を伝える

働きながらの転職活動で無事内定をもらったら、直属の上司に退職の意思を伝えましょう。退職日については上司と相談し、繁忙期を避け業務の流れを考慮して決めます

引継ぎや退職準備を進める

会社に退職が認められたら、引継ぎや退職準備を進めます。退職までの引継ぎスケジュールを作り、それに従って進めると良いでしょう。後任者と一緒に実務を引き継ぐだけでなく、業務の内容や目的、流れなどを書類やデータとしてまとめて渡すのが親切でしょう。

在職中の転職活動は違法?

在職中に転職活動を行っても違法にはなりません。しかし、仕事をサボって面接に行ったり、社用のPCや電話を転職活動に使用したりすることがバレると、懲戒解雇になる場合も。会社の就業規則をしっかりと確認しておき、円満退社できるよう心掛けましょう。

働きながら転職活動は難しい?成功させる6つのコツ

働きながら転職活動は難しい?成功させる6つのコツの画像

ここでは働きながら転職活動したいときのコツを6つご紹介します。以下のコツを実践すれば、働きながらでも効率的に転職活動ができるでしょう。

1.転職の軸となる価値観を明確にする

働きながら転職活動をするときは、軸となる自分の価値観を明確にすることが大切です。転職先を選ぶときに軸となる以下の考え方の例を参考にしてみてください。

・仕事とプライベートをしっかり分けたい
・将来独立するためのスキルやキャリアを身につけたい
・今あるスキルを活かせる仕事に就きたい
・語学力を活かして働きたい
・妊娠や出産などのあとも働き続けられる職場が良い

このように、自分の「やりたいこと」あるいは「やりたくないこと」の基準を一つひとつ書き出すと、軸となる価値観が見えてくるでしょう。

2.転職を検討中だと職場に悟られないようにする

転職を検討していることが周囲に悟られると、仕事をしながら転職活動を行うことが難しくなります。転職を考えていることを安易な気持ちで同僚に話してしまうと、知られたくない人にまで漏れてしまう場合も。どうせ辞めるから構わないと思うかもしれませんが、働きながらの転職活動が必ずしもうまくいくとは限りません。転職活動がうまくいかなかった場合、転職そのものを諦める可能性もあります。そのような場合に転職活動をしていたことが周りに知られていると、職場に居づらくなってしまうでしょう。

3.有給休暇を活用する

働きながら転職活動をするときは現職の有給休暇の残日数を確認し、面接に活用します。働きながらの転職活動は、出勤日と面接日が重なることも多々あるでしょう。
職場によっては、有給休暇で丸1日仕事を休む以外に、午前や午後といった半日の有給休暇を利用できる場合もあります。転職先の面接日が決まり次第、なるべく早めに有給休暇を申請しましょう。

4.プライベートのメールアドレスで転職活動する

転職活動をする際に、求人サイトや応募先企業の連絡先を自社で使用するメールアドレスにしていると、他の社員に転職活動をしていることを悟られてしまう可能性があります。働きながら転職活動をする際には会社用のメールアドレスではなく、プライベートのメールアドレスを使用するようにしましょう。

5.転職に必要な費用を試算し準備しておく

働きながら転職活動を行うにあたって、事前にどれくらいの費用が必要になるのかを試算し、準備しておくことも重要です。転職活動には交通費や証明写真代など、さまざまな出費が必要となります。事前に転職活動に掛かる費用を試算して準備をしておかなければ、予想外の出費が痛手となることも考えられるでしょう。

6.オンライン面接を利用する

オンライン面接を活用することで、効率良く転職活動を進められる可能性があります。新型コロナウイルス感染症の影響により、オンライン面接を導入する企業は増加傾向に。オンライン面接なら移動時間を省けるため、働きながらでも面接が受けやすいでしょう。

働きながら転職活動を行うためのコツについては、「仕事しながら転職するには?成功の秘訣をご紹介」のコラムもぜひご参照ください。

働きながら転職活動をしない場合の4つのメリット

ここでは、退職してから転職活動を行う4つのメリットについて解説します。さまざまな理由から働きながらの転職活動ができないという場合でも、以下のようなメリットがあるでしょう。

1.退職後は転職先の充分な情報収集ができる

退職後は情報収集に十分な時間を確保できるため、転職活動を集中して行うことができます。働きながら転職活動を行うと、仕事が終わってから応募書類を作成したり、面接の調整が大変だったりという理由から、転職活動に十分な時間を確保することが難しいでしょう。そのため、退職後の方が十分に検討して納得のいく転職ができると考える方も多いようです。

2.複数社の同時応募がしやすい

退職して転職活動を行う場合には、仕事の予定を考える必要もないため、複数社の同時応募がしやすいというメリットがあります。働きながらの転職活動では、一度に複数社に応募した場合面接の日程調整が難しくなるでしょう。

3.失業保険を受け取りながら転職活動できる

退職をしてしまうと転職活動中に給与はもらえませんが、失業保険を受け取りながら転職活動をすることはできます。失業保険を受け取るためには、ハローワークに申請し、定期的に休職の報告をしなければなりません。手間はかかりますが、無収入になることは避けられるでしょう。ただし、失業保険の受給期間は限られているので注意が必要です。

4.資格取得やスキルアップの時間ができる

働きながら転職活動する場合と比べ、退職後は自由な時間が増えるため、資格を取得したり転職に有利となるスキルを磨いたりできます。自由時間を無為に過ごしてしまうと転職成功は遠ざかってしまう可能性があるため、退職してできた時間を有意義に使いましょう。

在職中と退職後のどちらに転職活動をするかお悩みの方は、「転職活動のやり方とは?在職中と退職後どっちが良い?」のコラムもあわせてご参照ください。

働きながら転職活動をしてリスクを抑えよう

働きながらの転職活動にはデメリットもあるものの、退職後の転職活動よりもリスクが低いためおすすめです。「働きながらの転職活動は仕事との両立ができず時間が足りない」という場合は、就職エージェントなどを利用して第三者のサポートを得ることで、転職活動を効率化させられるでしょう。

転職でお悩みの方は若年層向けの就職エージェント、ハタラクティブの利用がおすすめです。ハタラクティブでは、就職や転職に関する情報を網羅している専門アドバイザーが相談に乗り、一人ひとりの適性を見極めたうえで適した企業をご紹介。もちろん、面接対策や書類添削も実施しています。サービスはすべて無料なので、ぜひお気軽にご相談ください。

働きながら転職するには?よくあるQ&A

ここでは、働きながら転職したいと考えている人によくある質問をQ&A形式で解決していきます。

第二新卒ですが仕事を辞めてから転職活動しても良い?

問題ありません。ただし、職歴が浅い状態で転職活動を行い、長期化してしまうとブランク期間が長くなる場合も。スキルや経験があまりない状態でブランク期間が長くなると、選考で不利になる可能性があります。そのため、できる限りスキルや経験を身につけてから転職活動をした方が安心です。詳しくは「第二新卒が転職を成功させるポイント」のコラムを参考にしてみてください。

働きながら転職活動するのは辛いですか?

辛いと感じる人もいるでしょう。働きながら転職活動をすることには、「時間が制限される」「退職の話がこじれる場合がある」といったデメリットがあります。転職活動は自己分析や面接対策のようにやることも多く、働きながらだとプライベートの時間が大幅に減るでしょう。そこからストレスが溜まり、辛いと感じることもあります。

働きながら転職活動する際にハローワークは利用可能?

可能です。ハローワークでは仕事探しだけでなく、転職活動に関する相談をしたり、アドバイスを受けたりすることができます。しかし、在職中の場合は、転職の意思があったとしても紹介状を出してもらえないことも。そのため、ハローワークで紹介状を出してもらう場合には、退職する時期を明確にしておきましょう。詳しくは「在職中にハローワークで転職活動できる?登録メリットやサービス内容を解説」のコラムもご覧ください。

働きながら転職活動するのに有効的な方法は?

転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントのハタラクティブでは、仕事の紹介だけではなく、面接対策や応募書類の添削とサポートを受けることが可能。面接日のスケジュール調整もエージェントが行ってくれるので、働きながら効率良く転職活動を行えます。「在職中で転職を考えている」「働きながら転職活動を進めたい」という方は、お気軽にご相談ください。

関連タグ